ヘルシンキ・ヴァンター国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
Helsinki-Vantaan lentoasema
Helsinki-vantaa aerial.jpg
IATA: HELICAO: EFHK
概要
空港種別 公共
運営者 Finavia
供給都市 ヘルシンキ
所在地 ヴァンター
拠点航空会社
標高 55 m / 179 ft
座標 北緯60度19分02秒 東経024度57分48秒 / 北緯60.31722度 東経24.96333度 / 60.31722; 24.96333座標: 北緯60度19分02秒 東経024度57分48秒 / 北緯60.31722度 東経24.96333度 / 60.31722; 24.96333
ウェブサイト 公式ウェブサイト
地図
HELの位置
HEL
フィンランド内の位置
滑走路
方向 全長 表面
m ft
04R/22L 3,440×60 11,286 舗装
04L/22R 3,060×60 10,039 舗装
15/33 2,901×60 9,518 舗装
統計 (2009年)
利用者数 12,589,400[1]
離発着数 91,952[1]
出典:AIP Finland[2]

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港フィンランド語:Helsinki-Vantaan lentoasema、スウェーデン語:Helsingfors-Vanda flygplats、英語:Helsinki-Vantaa Airport)は、フィンランド共和国ヴァンターにある国際空港である。ヘルシンキ国際空港、バンター空港と呼ばれることもある。

概要[編集]

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
ヘルシンキ・ヴァンター国際空港・滑走路33

フィンランド共和国首都ヘルシンキの北15kmに位置する。フィンランド最大の空港であり、北欧のみならず、中欧東欧や、アジア各都市へ向けた便のハブ空港として機能している。また、日本と欧州を結ぶ最短飛行距離の空港である上に、乗り継ぎ所要時間も短いため、毎年多くの日本人観光客が利用する。

フィンランドのフラッグキャリアであるフィンランド航空が、当空港を拠点空港としている。1983年、ヘルシンキから東京(成田)へ、ヨーロッパの航空会社では初となる、ノン・ストップ便の就航を果たして以来、注目を集めるようになった。それから、香港北京上海バンコクシンガポールデリーと路線が拡大している。また、2013年7月1日からアジアの航空会社としてはじめて日本航空東京/成田線の就航を開始した[3]

略歴[編集]

以前からあったヘルシンキ・マルミ空港が手狭になってきたこともあり、1952年にヘルシンキで開催された夏季オリンピックにあわせて開港された。

2009年12月11日に全面リニューアルした。利用者の増加にあわせたもので、長距離線用の出発ゲートを増やしつつ、新しいバゲージハンドリングシステムを導入してMCTを維持。同時にフィンランド航空もアジアと欧州をつなぐ戦略の強化のため、同空港にラウンジとスパをオープンした[1]

施設[編集]

ターミナル1
ターミナル2

2011年12月15日、フィンランドのスーパー「Alepa(アレパ)」がオープンした。場所はターミナル2のホール2Bの到着フロアで、制限区域外。営業時間は24時間365日[2]

2012年2月9日、世界初の空港内「アングリーバード」ショップがオープンした。アングリーバードはフィンランドRovio Mobile社が開発したゲームで、スマートフォンiPhone用のゲームから現在ではAndroid端末機種やタブレットPCでも楽しむことができ、世界中に多くのファンを持つ。ショップは国際線が就航するシェンゲン協定非加盟国エリアの、ターミナル2にオープンした。[3]

クオリティハンター[編集]

フィンランド航空とヘルシンキ・ヴァンター国際空港では、就航都市の空港などを調査する「クオリティハンター」が活動している。クオリティハンターはフィンエアーのヨーロッパ、アジア、北アメリカ中東のフライトを利用し、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港の乗り継ぎを体験するもの。2011年には、アジア在住者の中では、唯一日本人女性が1名選ばれた[4][5]

その際、両社のサービスを様々な視点から観察、評価、そしてレポートするミッションが与えられている。いわば、サービスレベルを確認する一般人ながらも、サービスに妥協を許さない旅行者として行動している。2010年には4名のクオリティーハンターが選ばれ、2011年は人数を増やし、世界各国の約2,000名の応募者の中から、7名が選ばれた。調査の規模や範囲を広げ、フィンエアーとヘルシンキ・ヴァンター国際空港のサービスを改善する。[6]

クオリティハンターは、約7週間をかけて、サービスの質を7つのカテゴリーについて観察。専用のウェブサイト「Quality Hunters, Season 2」のブログにレポートし、多くの人と共有する。この専用サイトは閲覧者が、クオリティハンターへ調査内容を提案、コメントができ、書き込みをしたユーザーから、ヘルシンキ経由のロングフライトをVIP待遇で体験できるチャンスもある。[7]

就航路線[編集]

ターミナル1[編集]

航空会社 目的地
ラトビアの旗 エア・バルティック リガ
フィンランドの旗 Air100英語版 ポリ英語版
ドイツの旗 ジャーマンウイングス ベルリン/テーゲル
スウェーデンの旗 ゴットランズフリーグ英語版
運航は スウェーデンの旗 ゴールデン・エア
[季節運航] : ヴィスビュー英語版
アイスランドの旗 アイスランド航空 レイキャヴィーク
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルトミュンヘン
ノルウェーの旗スウェーデンの旗デンマークの旗 スカンジナビア航空 コペンハーゲン
ノルウェーの旗スウェーデンの旗デンマークの旗 スカンジナビア航空
運航は、フィンランドの旗 ブルーワン
コペンハーゲン、ニースオスロ/ガーデモエンストックホルム/アーランダ

[季節運航] : ジュネーヴキッテラ英語版クーサモ英語版スプリト英語版

トルコの旗 サン・エクスプレス英語版 イズミール [2014年3月1日就航予定]
ポルトガルの旗 TAP ポルトガル航空 リスボン
スペインの旗 ブエリング航空 バルセロナ

ターミナル2[編集]

航空会社 目的地
フィンランドの旗 フィンランド航空 国内線 : イヴァロ英語版ヨエンスー英語版、キッテラ、クオピオ英語版、クーサモ、オウルロヴァニエミ英語版ヴァーサ英語版

日本 : 東京/成田大阪/関西名古屋/中部

アジア : バンコク北京/首都重慶デリー香港上海/浦東ソウル/仁川シンガポール

中東 : テルアビブ/ベン・グリオン

ロシア : モスクワ/シェレメーチエヴォサンクトペテルブルクエカテリンブルク

ヨーロッパ : アムステルダム、バルセロナ、ベルリン/テーゲル、ブリュッセルブダペスト、コペンハーゲン、デュッセルドルフ、フランクフルト、ジュネーヴ、ヨーテボリ英語版ハンブルク、ロンドン/ヒースロー、マドリード、マラガ、マンチェスターミラノ、ミュンヘン、オスロ/ガーデモエン、パリ/シャルル・ド・ゴールプラハローマ、ストックホルム/アーランダ、ウィーンヴィリニュスワルシャワチューリッヒ

北米 : ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ

[季節運航] : アンタルヤベルゲンドバイドゥブロヴニク英語版ハノイクラクフリュブリャナ、ニース、パルマ・デ・マリョルカトロントヴェネツィア西安

フィンランドの旗 フィンランド航空
運航は フィンランドの旗 フライビー・ノルディック
国内線 : ヨエンスー、クオピオ、クーサモ、オウル、タンペレ英語版トゥルク、ヴァーサ

ヨーロッパ : ベルリン/テーゲル、ブリュッセル、ブダペスト、コペンハーゲン、デュッセルドルフ、フランクフルト、ジュネーヴ、ヨーテボリ、ハンブルク、マンチェスター、ミュンヘン、オスロ/ガーデモエン、リガ、プラハ、サンクトペテルブルク、ストックホルム/アーランダ、ストックホルム/ブロンマタリン、ヴィリニュス、ワルシャワ、チューリッヒ

イギリスの旗 Flybe
運航は フィンランドの旗 フライビー・ノルディック
ユヴァスキュラ英語版カヤーニ英語版ケミ/トルニオ英語版コッコラ/ヤコブスタード英語版マリエハムンノーショーピング英語版サヴォンリンナ英語版タルトゥ英語版ヴァルカウス英語版

[季節運航] : エノントエキア英語版、ヴィスビュー

アイルランドの旗 エアリンガス [季節運航] : ダブリン
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォ
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空
運航は ロシアの旗 ロシア航空
サンクトペテルブルク
ドイツの旗 エア・ベルリン ベルリン/テーゲル
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空 [季節運航] : シカゴ
イスラエルの旗 アルキア・イスラエルエアラインズ英語版 [季節運航] : テルアビブ/ベン・グリオン
ベラルーシの旗 ベラヴィア ミンスク
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ヒースロー
日本の旗 日本航空 東京/成田
デンマークの旗 ジェット・タイム英語版 アンタルヤ英語版
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム
ポーランドの旗 LOTポーランド航空 ワルシャワ
ノルウェーの旗 ノルウェー・エアシャトル アリカンテ、アテネ、バルセロナ、コペンハーゲン、ダブリン、ロンドン/ガトウィック、マドリード[2014年6月4日就航]、マラガ、オスロ/ガーデモエン、オウル、パリ/オルリー、ローマ、ロヴァニエミ、ストックホルム/アーランダ

[季節運航] : ブルガスハニア英語版コルフ、ドゥブロヴニク、グラン・カナリア、イヴァロ、キッテラ、ニース、パルマ・デ・マリョルカ、プラハ、ロードス英語版ザルツブルク、スプリト、テネリフェ南、ヴェネツィア

ロシアの旗 S7航空 モスクワ/ドモジェドヴォ [2014年4月26日就航予定]
ロシアの旗 セヴェルスタリ航空英語版 チェレポベツ英語版
ドイツの旗 TUIfly英語版 [季節運航] : ハノーファー
トルコの旗 トルコ航空 イスタンブール
ウクライナの旗 ウクライナ国際航空 キエフ
スペインの旗 ブエリング航空 [季節運航] : バルセロナ

貨物便[編集]

航空会社 目的地
フィンランドの旗 フィンランド航空カーゴ
運航は、フィンランドの旗 ノルディック・グローバル航空英語版
ブリュッセル、香港、シカゴ、ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ、ソウル/仁川、上海/浦東
スウェーデンの旗 アマポーラフリーグ英語版 マーストリヒト
エストニアの旗 Avies英語版 タリン
イギリスの旗 DHLアビテーション英語版 ライプツィヒ・ハレ
イギリスの旗 DHLアビテーション
運航は、ポーランドの旗 Exin英語版
タリン
アメリカ合衆国の旗 フェデックス・エキスプレス コペンハーゲン
ベルギーの旗 TNT航空 リエージュ
トルコの旗 トルコ航空カーゴ イスタンブール、ストックホルム/アーランダ
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・パーセル・サービス ケルン・ボンマルメ、ストックホルム/アーランダ
スウェーデンの旗 ウエスト・エア・スウェーデン英語版 コペンハーゲン

過去に就航していた航空会社[編集]

過去の就航地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Annual statistics”. Finavia. 2009年3月29日閲覧。
  2. ^ EFHK Helsinki-Vantaa (PDF)”. AIP Suomi / Finland. Finavia. pp. EFHK AD 2.1, pp. 1–7 (2009年12月17日). 2010年2月19日閲覧。
  3. ^ JALグループ、2013年度の国際線路線便数計画(2013年6月1日以降)について

外部リンク[編集]