矢野良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
矢野良子
RYOKO Yano
トヨタ自動車アンテロープス  No.12
Yano ryoko toyota.jpg
名前
本名 矢野良子
愛称 リョウ
ラテン文字 RYOKO Yano
日本語 矢野良子
基本情報
日本の旗 日本
誕生日 1978年12月20日(35歳)
出身地 徳島県
身長 178cm
体重 74kg
選手情報
ポジション F
背番号 12
経歴
1997-2005
2005-2009
2009-
ジャパンエナジー/JOMO
富士通
トヨタ

矢野 良子(やの りょうこ、1978年12月20日 - )は徳島県出身の女子バスケットボール選手である。ポジションはフォワード。178cm。ニックネームは「リョウ」。「花の78年組」の一人。2004アテネオリンピック日本代表

経歴[編集]

三人姉妹の末っ子で、矢野優子は次姉。

姉たちの影響でバスケを始め、徳島県立城北高等学校卒業後の1997年に次姉が所属していたジャパンエナジー(現JX-ENEOS)に加入。当初のポジションはセンターフォワードであった。萩原美樹子WNBA移籍後はチームのエースとして活躍し、Wリーグ優勝4回、皇后杯全日本総合選手権(オールジャパン)優勝6回に貢献した。2003-04シーズンWリーグプレーオフMVPも受賞。

2005年富士通レッドウェーブに移籍。2006年の第72回オールジャパンでチームの初優勝に貢献。以後2008年の第74回大会まで3連覇を達成。

Wリーグでは2006-07シーズンにレギュラーシーズンMVPを獲得した。2007-08シーズンはプレーオフで古巣JOMOを下しチーム初のリーグ優勝を達成し、MVPを獲得した。異なるチームでのWリーグプレーオフMVPは史上初。2008年、富士通プロ契約を締結。日本女子バスケットボール選手では、大神雄子に次ぎ2人目となる。

2008-09シーズン終了後に富士通を退団し、トヨタ自動車アンテロープスに移籍。1シーズン目の2009-10レギュラーシーズンで1位となり、同MVPを獲得。2013年の第79回オールジャパンではトヨタの初優勝に貢献した。

日本代表歴[編集]

1996年、U-18日本代表に選出され、U-18アジア選手権で準優勝。翌年のU-19世界選手権に出場した。

バスケットボール女子日本代表には2001年に初選出され、アジア選手権で準優勝。翌2002年の世界選手権に出場。

2004年1月、仙台市で行われたアジア選手権兼アテネオリンピック予選では準優勝してアテネオリンピック出場権を獲得。準決勝の韓国戦では34得点を挙げ、逆転勝利の立役者となった。同年8月、アテネオリンピックに出場。

その後、2005年アジア選手権2008年北京オリンピック世界最終予選2012ロンドンオリンピック世界最終予選にも出場した。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]