シンディ・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンディ・ブラウンCindy Brown1965年3月16日 - )は、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身の元女子バスケットボール選手である。

経歴[編集]

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ではNCAA15位となる2696得点など様々な記録を樹立。

卒業後、欧州リーグを経て1988年、日本の東芝に入団。日本リーグ女子の外国人制度が廃止される1993年まで在籍し、日本リーグでの得点王及びリバウンド賞をそれぞれ2度獲得し、1シーズン目にはリーグとオールジャパンの2冠獲得の原動力となった。

1996年には、女子プロリーグであるABLのシアトル・レインにドラフト2巡目指名を受け入団。

1997年にWNBAがスタートすると、デトロイト・ショックに入団。1998年にはWNBA準優勝となりセカンドチームに選出される。

1999年シーズン途中、ユタ・スターズ(現サンアントニオ・シルバースターズ)へトレードされる。しかし9試合出場にとどまり引退。

ナショナルチーム[編集]

オリンピック
女子 バスケットボール
1988 ソウル バスケットボール

米国代表としてソウル五輪で金メダルを獲得している。

関連項目[編集]