雪印乳業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雪印乳業株式会社
Snow Brand Milk Products Company, Limited
Snow Brand Milk Products (head office 2).jpg
雪印乳業(現:雪印メグミルク)本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2262 2009年9月25日上場廃止
札証 2262 2009年9月25日上場廃止
略称 雪印
本社所在地 日本の旗 日本
160-8575
東京都新宿区本塩町13番地
本店所在地 065-0043
札幌市東区苗穂町6丁目1番1号
設立 1950年昭和25年)6月10日(創業:1925年大正14年))
業種 食料品
事業内容 バターチーズマーガリンなど
代表者 井戸田正(代表取締役社長)
資本金 148億46百万円(2009年3月31日現在)
売上高 単体 1,455億円
連結 2,946億円
2009年3月期)
純資産 単体 516億円
連結 700億円
(2009年3月31日現在)
総資産 単体 1,526億円
連結 2,037億円
(2009年3月31日現在)
従業員数 1,397名(2009年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 雪印メグミルク株式会社:100%
(2009年10月1日現在)
テンプレートを表示

雪印乳業株式会社(ゆきじるしにゅうぎょう、Snow Brand Milk Products Co., Ltd.)は、かつて存在した乳製品製造販売する会社。

2009年平成21年)10月1日には、日本ミルクコミュニティと共に経営統合の上設立された持株会社雪印メグミルクの子会社となったが、その後2011年(平成23年)4月1日には、日本ミルクコミュニティと共に雪印メグミルクへ吸収合併された。

概要[編集]

雪印乳業(現:雪印メグミルク)本社(別角度から)

1925年大正14年)創業。かつてはバターチーズなどの乳食品事業や、牛乳乳飲料などの市乳事業、育児品、アイスクリーム、冷凍食品、医薬品なども手掛ける、総合乳業メーカーのトップであり、グループ全体の連結売上高が1兆円を超える巨大食品グループであった。

しかし、後述する2度にわたった不祥事発覚後は、乳食品事業以外の各部門を分社化し、バターチーズマーガリンの製造を主な事業とするようになった。この乳食品事業部門は、その後もシェアが1位であった。

社章は結晶の中に、北海道を象徴する北極星を組み合わせたものである。「スノーブランド」(雪印)としても知られている。

営業上の本社(現:雪印メグミルクの本社)は東京都新宿区本塩町13番地(最寄駅は四ッ谷駅)であったが、登記上の本店(現・雪印メグミルクの登記上の本店)は札幌市東区苗穂町6丁目1番1号(最寄り駅は苗穂駅:敷地内には、同社の北海道支店と資料館、持株会社時代の雪印メグミルクの登記上の本店、および旧日本ミルクコミュニティの北海道事業部と札幌支店・札幌工場もある。)であった。

沿革[編集]

不祥事・事件[編集]

雪印八雲工場脱脂粉乳食中毒事件[編集]

1955年(昭和30年)に、東京都で学校給食に使用された脱脂粉乳による集団食中毒事件が発生した(雪印八雲工場脱脂粉乳食中毒事件)。前年、北海道八雲町の工場内で、たまたま停電と機械故障が重なる日があった際、原料乳の管理が徹底されず、長時間にわたり原料乳が加温状態にさらされたことから、溶血性ブドウ球菌が大量に増殖したと考えられている。また、前日の原料乳が使い回されるといった杜撰な製品管理も重なり、被害が拡大したとされる。

雪印集団食中毒事件[編集]

2000年(平成12年)の6月から7月にかけて、近畿地方を中心に雪印乳業の乳飲料による集団食中毒が発生した(雪印集団食中毒事件)。食中毒の原因は北海道広尾郡大樹町にある大樹工場で製造された低脂肪乳の主原料だった脱脂粉乳製造時の停電事故による毒素(エンテロトキシン)の発生にあった。

雪印牛肉偽装事件[編集]

2002年(平成14年)にはハムソーセージなどの肉製品の製造・販売を行っていた子会社雪印食品による雪印牛肉偽装事件BSE対策として、国が疑いのある肉を買い上げる制度を悪用)が発覚。

雪印グループ全体が存続の危機に立たされ、事業全体の再編成を余儀無くされる結果となった。さらに、雪印食品から発生した問題は、日本の農畜産業に内在する不正隠匿体質を暴露する結果となったり、グループ創業の地である北海道の農畜産業までもが存亡の危機にまで追い込まれるなどしたため、単なる食品メーカー1社の不祥事では済まされなかった。

支援企業については国内外から候補が上がったが、所轄官庁である農林水産省の意向で国内企業を主体とすることとなり、主に農協系(メインバンクの農林中央金庫及び全農)が主体となって経営再建の支援をすることとなった。

再編[編集]

各事業部門毎に、他社との提携・分社化により再編された。

現在では、雪印乳業の乳食品部門のほか、日本ミルクコミュニティに移管された「雪印コーヒー」などでも「雪印」ブランドが使用されている(宅配製品を除く)。ほかは旧雪印製品であっても別ブランドとなった。日本ミルクコミュニティ農協全酪連を参照のこと。

主な商品[編集]

現在[編集]

スノーロイヤルスペシャル

バター

  • 北海道バター
  • 北海道バター(10gに切れてる)(特許取得)
  • SNOW ROYAL コクと香りの北海道バター(日本では珍しい発酵バター
  • ガーリック&バター

マーガリン類

  • ネオソフト
  • ネオソフトハーフ
  • ネオソフトキャノーラハーフ
  • ネオソフトべに花
  • リセッタソフト 日清オイリオグループとの共同開発品。
  • バター仕立てのマーガリン
  • 生クリーム仕立てのマーガリン
  • 焦がしバター風味マーガリン
  • ケーキ用マーガリン
  • ラード
  • ショートニング

プロセスチーズ

  • 6Pチーズ
  • スライスチーズ
  • とろけるスライス
  • ベビーチーズ
  • 北海道100チーズ
  • クリームチーズ

ナチュラルチーズ

  • 北海道100さけるチーズ
  • 北海道100カマンベールチーズ
  • 北海道100芳醇ゴーダ
  • 北海道100チェダー
  • 北海道100マスカルポーネ

育児用粉乳 : 2007年9月より発売。製造は「ビーンスターク・スノー」(元は雪印のブランドであった「すこやか」・「つよいこ」を販売)が担当。

  • ぴゅあ
  • たっち

過去[編集]

☆は別会社に移管されたもの。

牛乳・乳飲料類

  • 成分無調整雪印牛乳☆(日本ミルクコミュニティ、現在は雪印の創業地である北海道地区だけでの販売)
  • アカディ☆(日本ミルクコミュニティ、のちに「おなかにやさしく」にリニューアル)
  • 毎日骨太☆(日本ミルクコミュニティ、2010年(平成22年)3月にリニューアル)
  • 雪印低脂肪乳

デザート

  • クリーム&プリン☆(日本ミルクコミュニティ)

別ブランド[編集]

日本ミルクコミュニティ[編集]

2011年(平成23年)4月1日に同社は雪印乳業と共に、雪印メグミルクへ吸収合併された。

  • メグミルク(日本ミルクコミュニティ設立時に作られたブランド)
  • 農協(全国農協直販が発売していたブランド)
  • 全酪(全国酪農業協同組合連合会が発売していたブランド)

雪印乳業[編集]

  • クロバー(旧クロバー乳業が製造販売していたブランド。雪印に合併した後もかなりの間併売していた。)

工場[編集]

吸収合併するまでに存在していた工場[編集]

道内

道外

閉鎖した工場[編集]

かつてスポンサーだった主な番組[編集]

☆マークは雪印グループ(雪印乳業、雪印食品、雪印ローリー、雪印種苗)名義で提供していた番組。

スポーツ活動[編集]

北海道を代表する企業であったこともあり、各種スポーツに力を注いでいた。特に日本アイスホッケーリーグに所属するアイスホッケー部やノルディックスキースキージャンプ)の実業団チームである「チーム雪印」は、数少ないウィンタースポーツを代表する企業スポーツ部として名を知られた。また、雪印は全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の常連チームといわれていた陸上競技部も所有していたが、一連の不祥事に伴うスポーツ活動の撤退に伴い、「チーム雪印」以外は2001年(平成13年)に廃部となった(なお、アイスホッケーチームは地元主体のクラブチーム「札幌ポラリス(のちの札幌アイスホッケークラブ)」に移行)。

唯一残ったスポーツ部となる「チーム雪印」は、ほかの多くの古参企業チームが撤退する中で、選手の雇用や競技のスポンサーなど積極的な支援を続けていた。その後雪印メグミルクへの再編に伴い、「雪印メグミルクスキー部」(英名はTeam Megmilk Snow Brand)へと改称した。

所属選手、スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雪印乳業会社情報(工場・事業所一覧)[リンク切れ]には掲載されていない。
  2. ^ この住所は区画整理事業による換地処分により2008年(平成20年)10月1日に地番が変更されているため現存しない。現在ここは多肥下町1554番地3となっている。

外部リンク[編集]