マリア・テレーザ・デ・フィリッピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・テレーザ・デ・フィリッピス
基本情報
国籍

イタリアの旗 イタリア

年 = 1958 - 1959
F1での経歴
所属チーム マセラティポルシェ 
出走回数 3
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1958年ベルギーGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1958年イタリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

マリア・テレーザ・デ・フィリッピス(Maria Teresa de Filippis、1926年11月11日 - )は、イタリア出身の元F1ドライバー

F1史上初の女性ドライバーとして、記録に名を残している。

経歴[編集]

兄弟と自動車で競い、勝った経験からレースに興味を持ち、足を踏み入れる。スポーツカーレースで活躍し、1955年よりマセラティの公式ドライバーとなる。

1958年、ノンタイトル戦であるF1シラクーザGP参戦し、5位でフィニッシュ。その後、自身が所有していたマセラティで第2戦モナコGPに出走し、初めてF1にエントリーした女性ドライバーとなった。この際は予選落ちとなったが、第5戦ベルギーGPにも参戦すると、予選を19位で通過しF1デビュー。決勝でも、10位完走を果たしている。

その後、第9戦ポルトガルGP・第10戦イタリアGPにも参戦し、共に予選を通過(決勝はどちらもリタイヤ)。翌1959年開幕戦モナコGPでは、ポルシェのF2マシンで参戦したが予選不通過となり、同年をもってレースから引退した。

その後、現役時代に縁の深かったマセラティ社で名誉会長を務めている。

エピソード[編集]

  • 当時F1に参戦していたルイジ・ムッソは恋人であり、結婚の話も持ち上がっていた。フィリッピスのデビュー戦である1958年ベルギーGPでは、2人揃って決勝に進出したが、ムッソは続く第6戦フランスGPで事故死。2人揃ってのレースはこれが唯一となった。
  • ピーター・コリンズジャン・ベーラ等、ムッソ以外のトップドライバーとも仲が良かったが、その多くは事故で逝去。フィリッピスの引退には、これらからの失意もあると言われる。
  • F1で決勝に進出した女性は、フィリッピスとレラ・ロンバルディの2名のみ。(共にイタリア出身でもある。)

注釈[編集]


関連項目[編集]