ホンダ・RA108

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・RA108
2008年イギリスGPを走行中のRA108ドライバーはジェンソン・バトン
2008年イギリスGPを走行中のRA108
ドライバーはジェンソン・バトン
カテゴリー F1
コンストラクター ホンダ
デザイナー 日本の旗 中本修平
ドイツの旗 ヨルグ・ザンダー
フランスの旗 ロイック・ビゴワ
先代 ホンダ・RA107
後継 -
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド トーションスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド トーションスプリング
エンジン ホンダ RA808E 2.4リッター 90度 V8, 19,000 RPM rev limited NA, ミッドエンジン
トランスミッション ホンダ製 カーボン コンポジット, 7速, シーケンシャル セミAT ハイドロリック
オイル エネオス
タイヤ ブリヂストン ポテンザ
BBS 鍛造マグネシウムホイール
主要成績
チーム ホンダ・レーシング F1
ドライバー 16. イギリスの旗 ジェンソン・バトン
17. ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ
初戦 2008年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
18 0 0 0
テンプレートを表示

ホンダ RA108ホンダ2008年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。参戦ドライバーはルーベンス・バリチェロジェンソン・バトン2008年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

開発[編集]

2007年シーズンに使用したRA107は、空力的に攻めた設計をしたせいか非常に不安定なマシンとなり、兄弟チームであるスーパーアグリF1チームが使用したSA07にまで遅れをとった。

2007年に空力設計主任にロイック・ビゴワウィリアムズから加入。彼がRA108へ新たな設計思想を見せたため、シーズン開始時点から、当初の予想よりも開発の進捗度が遅れてしまった。また、チーム代表としてロス・ブラウンが加入したが、RA108の初期開発には関与していない。

フロントノーズ上部についているフィンがダンボウイング、エンジンカウルの側面についている小さなフィンがエレファントイヤー。

フロント周りは、当時のF1では重心を下げる事からノーズは低くなる傾向(ローノーズ化)にあったが、ノーズが他のマシンに比べ高くなっている。これはイギリスGP以降先端が下方にスラントした形状に変更されている。サイドポッドは昨年同様ローバックダウンの処理を行っている。また、RA107では見られなかった大型のバージボードを装着している。

シーズン中もアップデートを行い、「ダンボウイング」や「エレファントイヤー」「シャークフィン」などといった最新のエアロパーツも積極的に導入している。しかし、トップチームに迫るほどの速さを得ることができず、チームは2009年に向けてリソースの大半を向けてしまったため、開発がストップしてしまった。

そして完成したRA109(翌年のBGP001)は09年にリソースを完全に振り向けたというロスの言葉通り非常に多くの時間をかけて丁寧に作りこまれた車となり、ブラウンGPのダブルタイトル獲得により結果的にロスの言葉やホンダF1の技術力を証明することとなったが、景気の劇的な悪化における緊急事態を原因としてホンダがF1から撤退してしまったため、RA108がホンダーレーシングF1チームの最終作となってしまった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録[編集]

入賞はわずか4度に終わり、コンストラクターズランキングではポイント獲得したチームのうちでは最下位となる9位でシーズンを終えた。

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
TUR
トルコの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
EUR
欧州連合の旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BRA
ブラジルの旗
2008 16 イギリスの旗ジェンソン・バトン Ret 10 Ret 6 11 11 11 Ret Ret 17 12 13 15 15 9 14 16 13 14 9位
17 ブラジルの旗ルーベンス・バリチェロ DSQ 13 11 Ret 14 6 7 14 3 Ret 16 16 Ret 17 Ret 13 11 15
  • ドライバーズランキング
    • ジェンソン・バトン 18位
    • ルーベンス・バリチェロ 14位

脚注[編集]

  1. ^ 第13戦以降はブレンボを使用。