出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
様々な鋸。左側は丸太を縦挽きに製材するための「前挽き」。右側は伐採用の「窓鋸」。(三木市立金物資料館

(のこぎり、のこ)とは、一枚の鋼板の側面に多くの刃(歯・目)をつけた工具である。

概要[編集]

主として木材金属を切断するために使用される工具である。通常、鋸といえば木工用をさし、金属用の鋸は金鋸(かなのこ)と呼ばれる。またプラスチック用の鋸もある。氷の切断には(氷鋸)を用いる。特殊なものでは外科手術用の鋸もある。

鋸は、刃である金属部分と柄からなる。金属部分のうち、先端の部分を「末」、手元に近い部分を「元」、柄と連結して細くなっている部分を「首」という。

両側面に刃のある両刃鋸と、片側のみに刃のある片刃鋸とがある。

引きノコと押しノコ[編集]

鋸は押す、あるいは引くことによって材料を切断する。日本トルコイランイラクネパールでは、多くの場合、引く方向に刃がついている。[1]。中でも日本の鋸は厚さは薄く、切断に力をあまり必要としない。欧米では押す方向に鋸の刃がついており、その屈曲を防ぐために厚く作られている。引くか押すかの違いは、でも見受けられる。

構造[編集]

両刃鋸の場合、両側の刃はそれぞれ「縦挽き」「横挽き」の場合がほとんどで、形状と使い道が異なる。片刃鋸の場合、「横挽き」であることが多い。

縦挽きとは、木目の方向に沿って切るための刃である。抵抗が少ないため歯が大きく、上刃(背)と下刃(腹)とからなる。ががり目とも言う。

横挽きは、木目と直角に切るための刃であり、繊維を断ち切る必要があるため歯は細かく、なげしひがきと呼ばれる切れ刃(傾斜)がついている。また、江戸目ともいう。横挽きの歯は上刃(背)、下刃(腹)と上目(天刃)とからなっている。

なお、鋸の刃先と刃元には、親目(検刃・検歯)がある。両端部の歯を保護し、刃渡りの両端が滑らかに挽けるようになっている。地方によっては鬼歯と呼ぶこともある。

あさり[編集]

材料に切り込むと、材料のすでに切断した部分と鋸とが接触し、切断の抵抗が増す。その抵抗を減らして軽く挽くため、鋸の歯を一枚ごとに左右に振り分けてある。それを「あさり」という。 それによって鋸の厚み以上の切り幅で材を切断することになり、摩擦による抵抗を少なくできる。また木屑も外に排出しやすくなる。あさりの量は、材質やその乾燥状態、また鋸の出来によって調整する。また意図的にあさりを出さずに使うこともある。

世界の歴史[編集]

エジプト遺跡で発掘された鋸は刃が柔らかい製で、使われていた時代は紀元前1500年まで遡る。刃をたわまさないように、引いて使用した。古代ローマになって刃は鉄製で堅くなり、個々の歯を左右に交互に突き出させる「あさり」ようになり刃の動きがスムーズになった。堅い胴付鋸も古代ローマで発明された。大鋸(枠鋸。現在の弓鋸)は、金属製の細い刃を木枠に取り付け紐でぴんと張るもので、19世紀に入ってからも長い間最もよくつかわれた鋸である。17世紀半ばにオランダとイギリスで、幅広の歯で木製のピストル型をした柄の鋸が使われ始める。これは現在の一般的な鋸である。1874年にフィラデルフィアのヘンリー・ディストンが「背が斜めになった刃」を発明している[2]

日本での歴史[編集]

富嶽三十六景・遠江山中」に描かれた、前挽き鋸による製材風景

古墳時代の出土品が、日本における鋸の初見である。この鋸の刃は金切り鋸の刃のように細く、長さも10センチ程度。おそらくは金属やシカの角など、特定の硬いものの加工用に用いられていたと考えられている。鋸は細かい刃を切り出し、それぞれを研いで「あさり」をつけるなど、製作には精密な技術と多大な労力が必要とされる。そのため古代・中世の社会では鋸はほとんど普及せず、ちょうな槍鉋で樹木の伐採から製材までをこなしていた。斧で樹木を伐採して手ごろな大きさに断ち切り、で引き割って大まかな形を取り、ちょうなや槍鉋で表面を仕上げる。このような状況ゆえに、のように木目が通って引き割りやすい針葉樹が日本では建造材として好まれるようになった。

鎌倉時代に、丸太や木材を横に切断できる横挽き鋸が普及し、建築現場で使用されるようになった。その様子は石山寺縁起絵巻などの絵巻物に見ることができる。しかしこの種類の鋸では木材を縦に挽き割ることができず、角材や板を作り出すには、弥生時代さながらに丸太に楔を打ち込んで引き裂くよりほかに無い。そのため、良材を原料にしなければ作りえない板は、大変に高価なものだった。しかし室町時代に、大陸や朝鮮半島から二人挽きの大型縦挽き鋸「大鋸」(おが)が伝来。以降は節の多い粗悪な材や繊維の入り組んだ広葉樹でも挽いて加工が可能になり、安価に手に入れられるようになった板や角材は庶民にも普及した。

江戸時代にはさらに進歩し、製材用の鋸「前挽き」や細工用の鋸など各用途に適した鋸が分化し、木工技術は大いに繁栄することとなる。

一方、鋸が普及した後でも、は斧のみで大木を伐採していた。鋸での伐採作業は木が倒れる際に裂けることがあり、事故や木材の価値低下につながりかねない。また、大きな音が響く斧での伐採作業と異なり、鋸での伐採作業では音がしないため、盗伐を容易にしてしまう。為政者は山林管理の目的で、斧の使用を奨励していたのである。

明治時代以降は伐採作業にも鋸の使用が広まった。まず木を倒す側に斧で「受け口」を切り込み、反対側の少し上から伐採専用の手引き鋸「窓鋸」や「天王寺鋸」で切り込む。最後に鋸で切り込んだ口に楔を打ち込んで倒す。西洋文明の大々的な伝来で、製材の現場でも水車などの動力で動く鋸が導入され、製材技術の発展はより加速することとなる。

製造[編集]

のこぎりの一例。画像は片刃タイプの替刃式鋸(レザーソー工業製品)

一例として、以下は替刃式鋸の製造法である。

材料には比較的硬度の低い鋼が使われる。厚さは0.3mm - 0.9mm。

これにボラゾンホイールというダイヤモンド砥石を使って刃を作っていく。砥石は円盤状になっており刃元をしっかりと作れる。山がジグザグになるように砥石を斜めに配置し、刃とヒガキを作っていく。

こうしてできた鋸の原型は歪みが強く出る。このため、歪みを直すために歪みを検出し、歪みをとる必要がある。歪みは昔は先のとがった金槌(ひづみづち)でとっていたが、現在ではソロバンの珠の型をした刃を鋸にあてがい、割りを入れて歪みをとる。

歪みがとられた鋸は外側が伸びた状態になっているため、中心を伸ばす必要がある。これを腰入れという。

次に刃に天刃(上目ともいう)をつけ、プレス機(自動機で鎚を刃に当て叩く方法もある)でアサリを作り上げる。こうしてできた刃を焼入れによって硬度を上げる。焼入れには放電が利用される。刃先を放電用のコイルの間に置き、一万ボルトの電圧を千分の五秒前後与え、熱を加える。このように焼入れした場合、外側だけが硬度が増し、熱はすぐ拡散する。これによりいつまでも熱を持っていることで焼きなましの現象を防いでいる。

動力鋸[編集]

電動丸ノコ
チェーンソー

作業の高速化のため、電気モーターやエンジンによって作動するのこぎりが普及している。

電動のこぎり[編集]

電動のこぎりと呼ばれる工具には色々な種類の物がある。

電動チェーンソー
チェーンをプレートの外側に這わせ、回転させて木材を切断する工具。山林用のガソリンエンジン動力の製品も多い。
電動ジグソー
細身の刃を前後運動させ、板を曲線形に切断できる工具。
電気丸のこ
手持ち型:円形の刃を高速回転させ、板を直線形に切断できる工具。ディスクグラインダもおなじ目的に使用できる。
据え付け型:平らな台に組み込まれている円形の刃を高速回転させ、板を直線形に切断できる工具。
電動レシプロソー・電動セーバソー
手で引くのこぎりを自動化したような工具。
電動糸鋸盤
平らな金属の台に穴が開いており、そこに細い刃をセットして使用する。板や棒の方をずらして切断する。

帯鋸(バンドソー)[編集]

手持ちの鋸を伸ばして、円く輪のように繋げた鋸。2つのプーリーで内側から引っ張るようにして用いる。使用する際は陸上のトラックのような形となり、直線の部分で切削を行う。

  • 長所
    • 刃の長さを長くすることで大きな材料の切断も可能なことから、丸太など大きな材料の切断が可能。
    • 丸鋸と比較して材料と刃が接触する面積が小さく、切削抵抗が小さい。
  • 短所
    • 切断には2つのプーリーが必要なため、どうしてもある程度のサイズが必要であること。
    • 摩耗などで切削抵抗が大きくなった場合に刃を輪にする際の接合面などから折れてしまいやすいこと。

その他の種類[編集]

弓鋸

楽器としての鋸[編集]

ミュージックソーあるいはミュージカルソー(Musical saw)と呼ばれる西洋鋸は、工作物の切断用ではなく楽器として利用される。演奏方法は、椅子に座り、取っ手の部分を太腿で押さえ、金属板の部分をS字型に曲げて、バチで叩いて音を出すか、弦楽器用の弓で弾く。前者の奏法を用いる演奏家として、横山ホットブラザースアキラが有名。後者の奏法を用いる演奏家として、都家歌六サキタハヂメ稲山訓央等がいる。

その他[編集]

絶え間なく続く様子を表す引っ切り無しは木材等を切る為に鋸を引くことの切れ目がない事から生じた言葉である。

出典[編集]

  1. ^ 建設通信新聞記事(2011年3月25日第16面)
  2. ^ ヴィトルト・リプチンスキ『ねじとねじ回し』春日井昌子訳、株式会社早川書房、2003年10月31日5版発行、15&16頁。Witold Rybczynski 『ONE GOOD TURN (A Natural History of the Screwdriver and the Screw)』