森林組合法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森林組合法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和53年5月1日法律第36号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 森林組合等について
関連法令 森林組合合併助成法など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

森林組合法(しんりんくみあいほう)は、森林所有者の協同組織の発達を促進することにより、森林所有者の経済的社会的地位の向上並びに森林の保続培養及び森林生産力の増進を図り、もつて国民経済の発展に資することを目的として制定された法律である。

構成[編集]

  • 第一章 総則(第1条 - 第8条の2)
  • 第二章 森林組合
    • 第一節 事業(第9条 - 第26条)
    • 第二節 組合員(第27条 - 第41条の2)
    • 第三節 管理(第42条 - 第73条)
    • 第四節 設立(第74条 - 第82条の2)
    • 第五節 解散及び清算(第83条 - 第92条)
  • 第三章 生産森林組合(第93条 - 第100条)
  • 第四章 森林組合連合会(第101条 - 第109条)
  • 第五章 監督(第110条 - 第119条)
  • 第六章 罰則(第120条 - 第123条)
  • 附則

関連項目[編集]