メジャー (測定機器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巻尺

メジャー英語: Tape measureまたはMeasuring tape)は、目盛が振られたを用いて長さを測定する道具の総称である。巻尺(まきじゃく)、コンベックス(短縮形としてコンベ)、スケール等、呼称はタイプによって様々である。建築作業や洋裁のほか、大型の巻尺は陸上競技での計測などにも用いられており、長さの測定に幅広く用いられている。

帯の材質は金属樹脂などで、ケースに収納されている帯を必要に応じ送り出して、記入された数字を見て計測する。2メートルから10メートル程度を測る製品が多い。また、特定の長さで留めておくためのストッパーが内蔵されているものもある。

日本で販売されるメジャーには計量法によりメートル単位で目盛りが付けられているが、例外もある(後述)。

日本ではTJMデザイン(TAJIMA)、ムラテックKDS(KDS)が、欧米ではブラック・アンド・デッカー(スタンレー)などが主要メーカーである。

メジャー[編集]

メジャー

柔らかいビニル製の巻尺。金具の先端より測り、体のサイズを測るのによく使用される[1]。英語表示は、Cloth Tape, Tape Line, Tape Measure[2]。JISB7522規格名称「繊維製巻尺」では、繊維を素材として、合成樹脂で処理した帯状の巻尺と定義されている。

鋼鉄製は温度の影響が大きく、布製は湿度の影響が大きい。

和裁用に、メートル単位の目盛と鯨尺の1に相当する1/26.4メートル刻みの目盛を表裏に併記したものも市販されている[3]

コンベックス[編集]

コンベックス。内側用に本体の幅寸法が表示されている。

コンベックスは、作業用に最も多く使用されている巻尺である。英語では、Steel Tape, Tape Ruleと表示する[4]。英語のConvexは、凸面の意味で薄い金属製の凸面テープは、直立させて高さを測れる利点がある。名前の由来もこの断面形状から商品名が付けられ国内では一般名称化している。JISB7512の規格名称「鋼製巻尺」の種類別での呼称は、「コンベックスルール」、テープ断面が樋状になった直立性に優れた巻尺と定義されている。

日本で市販されているコンベックスにはメートル単位のみのものの他に、建築作業での利便性からメートル単位と1に相当する1/33メートル刻みの目盛が併記された「相当目盛」のものが市販されている[3]。また、建築上よく使う長さ[5]ごとに目印が記入されているものもある。日本以外の国ではインチフィート目盛のヤード・ポンド法単位のものも市販されていることがある。

コンベックスのテープ先端のツメは目盛り方向にガタが有りスライドする構造になっている。これはツメを押し付けて測定する場合と、逆にツメを引っ掛けて測定する場合にツメの厚みを加減してゼロの位置(0点補正)を決める為である。テープの端の目盛りがゼロになっている訳ではない。

コンベックスはテープを自動で巻き取る機構が付いている、又、テープが出た状態を保持するロック機構付のタイプが多い。特殊な使い方として、箱の内側を底で測る場合には、あらかじめコンベックス本体の幅を測っておくと良い。底でテープの先端と本体の後部を使い測った寸法に、本体の幅を足せば内側の寸法となる[6]

2008年頃より「落としても建材を傷つけにくく握りやすい」本体を弾性樹脂でカバーしたタイプが発売され主流になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『ものづくり 道具のつかい方事典』株式会社岩崎書店、2002年発行、168頁
  2. ^ 工具名の英訳一覧
  3. ^ a b 計量法により取引や証明に尺貫法の単位を使うことが禁止されているため、尺や寸ではなくメートルを基準にして目盛が付けられ、さらに「取引・証明以外用」と併記されている。
  4. ^ 工具名の英訳一覧
  5. ^ 日本でのツーバイフォー工法でよく用いられる、1尺5寸に相当する455mmの場合が多い。
  6. ^ 青山元男『DIY工具選びと使い方』株式会社ナツメ社、2008年11月発行、210-211頁

関連項目[編集]