タッカー (工具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タッカーと針(ステープル)
ハンマータッカ
電動タッカ

タッカー: tacker, tucker)は、木工や建築用工具で布状や網状のものを針で固定する工具である。建築用ホッチキスといえる。タッカあるいは鋲打機(びょううちき)とも呼ばれる。英語では、ステープルガンstaple gun)とも呼ぶ。

(ステープル)などの金属片を打ち出すことで、布状や網状のもの、例えば建築ではモルタル下地のラス網や防水・防湿紙・板等を壁や材木等の特定箇所に固定する際に用いる。家具に布や革を張る場合にも使用する。1929年にMorris Abramsによって設立されたアメリカのアローファスナー社がタッカーT50を発売している[1] [2]

建築施工DIYなどで多く用いられ、ホームセンターなどで簡単に購入することができる。使い方は、ステープラー(ホッチキス)と同様であるが、打ち出した針先を受ける部分は基本的に存在しないため、針の射出口及び射出方向に指を置かない等、注意が必要である。

手動(ハンマータッカ)のほかに電動、あるいはエアーコンプレッサーを使用して空気圧で針を打ち出す製品も製造されている。

主なメーカーは、マックスマキタリョービ日本ヒルティ、スタンレー(Stanley)、ラピッド(Rapid スエーデン)、アローファスナー(Arrow Fastener Company LLC)などである。

脚注[編集]

  1. ^ Arrow Fastener Company about us
  2. ^ New York Times. 1981-03-23

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]