電動サンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファイル:Schwingschleifer.jpg
オービタルサンダ
ファイル:BoschBS.JPG
ベルトサンダ

電動サンダー(でんどう-、:Electric Sander)は、木材・金属の研磨・塗装はがし・錆び落とし等に使用される携帯式電動工具である。JIS規格における用語としては「サンダ」。主なタイプは、「オービタルサンダ」「ランダムサンダ」「デルタサンダ」等がある。サンディングディスクを小刻みな振動又は回転させる事により研磨をおこなう。

歴史[編集]

携帯式オービタルサンダを最初に開発したのは、1951年にドイツのFesto(現在のフェスツールFestool)社で、現在サンディング作業現場で一般的に使われているダブルアクションサンダの原点である。フェスツール社は、1965年には全てのサンダを人体に有害な粉塵から護るため強制吸塵する集塵式にしている[1] [2]。 世界初のランダムアクションサンダは、1988年にボッシュ社が開発した[3]。 ベルトサンダは、1926年にポーターケーブル社(PORTER-CABLE)のEmmonsによって開発された[4]

種類[編集]

  • オービタルサンダ(Orbital sander)
サンダのなかで最も一般的なタイプ。四角形のサンディングディスクを数ミリメートルの小さな振動により動かして材料を研磨する。材料を削るほどの力は無いが、塗装前に表面を平滑に仕上げたりフローリングのワックス落としに適している。使用時は、サンダの動きに合わせて軽く擦る様に材料の上を動かして研磨する。強く押し付けるとディスクが目詰まりをおこしてしまう。その為、研磨面にいくつかの穴があり、研磨クズが吸引出来るようなタイプの製品が多い。
  • ランダムサンダ(Random orbit sanders)
ランダムアクションサンダ、ランダムオービットサンダと呼ばれる事もある。サンディングディスクは円形で、オービタル駆動しながらディスク全体が回転して材料を研磨する。オービタルサンダに比べより力強い研磨が行なえる。目の粗いサンドペーパーを使用すると研削に近い作業も出来るので、金属の錆落としや塗装前の下地処理も可能である。
  • デルタサンダ(Delta sander)
サンディング面が三角形のサンダ。三角形になっている事により、狭い隅部分の研磨も可能である。サンディング面の動きは細かな振動であり、使用時はゆっくりと軽く擦る様にして操作する。サンディングペーパーの種類も豊富で、木材の磨き用・つや出し用だけでなくタイル磨き用もある。
  • ベルトサンダ(Belt sander)
ベルト状につながれたサンディングベルトを連続的に循環させて研磨する。広い面の研磨が出来、ベルトが一定方向に移動するので研磨クズの排出能力が非常に高く、作業スピードも速い。ベルトを支える部分が金属製の為、綺麗な平面加工が可能である。上下逆にして作業台に取付けて、卓上サンダとしても使用出来る。サンディングベルトは、木工用・鉄工用・石材用等材料に合わせて専用の物を使用する。
  • ディスクサンダ(Disc sander)
回転のみで研磨を行なうタイプ。

主なメーカー[編集]

リョービ日立工機マキタボッシュブラック・アンド・デッカー・フェスツール(Festool)・デュオルト(DEWALT)

脚注[編集]

  1. ^ Festool History
  2. ^ 株式会社ハーフェレ ジャパン 電動工具「FESTOOL」
  3. ^ ボッシュ電動工具の歴史
  4. ^ ポーターケーブル社の歴史

参考文献[編集]

関連項目[編集]