紙やすり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紙やすり

紙やすり(かみやすり、紙鑢)とは、研磨加工に用いる紙状のシートに研磨材を塗布した工具サンドペーパー研磨紙などとも呼ばれる。

なお本項では、研磨剤の接着してある基部がであるものを主に説明する。を基部とするものに関しては研磨布紙を参照。

概要[編集]

この工具は、厳密に言うと消費する性質であるため部材の範疇にも含まれる。特に材料を削り取るための研磨材を(厚紙や油紙など)に接着してあるものでは、必要に応じて適時切り取って使う場合もあることから、文字通り使い捨てで、研磨材が剥離(剥がれ落ちてしまうこと)しきったり削った材料が付着して目詰まりを起こした際には捨てられる。

に研磨材を接着してあるものの方が耐久力が強く、また目詰まりしても叩いて削り屑を落とせるようになっているものが多いが、やはり研磨材が剥離してしまった場合には捨てるしかない。この辺りは金属製の工具であるやすり(鑢)よりも耐久力が低い。

ただし研磨材の質にも拠るが、概ね金属製のやすりよりも安価で広範囲の研磨に向き、素材の表面に付着したや不要な塗料などの被膜を削り落としたり、或いは広範囲を削って滑らかな曲面を削りだす・曲面の表面を滑らかにさせるといった用途に用いられる。

研磨材の種類により金属用・木工用合成樹脂用など様々な種類があり、また特に目の細かいものは工作対象の表面を光沢ある状態にまで加工できるなど、金属製の棒やすりにはない性質を持っている。同様の加工は、粉末の研磨材を使ったり、あるいはペースト状の基材に研磨材を練り込んだもの(歯磨剤はその一種)を利用することでも可能だが、紙やすりの方がより広い面積を均一に加工する用途に向き、また余り周囲を汚さずに作業できるなどの利点が見られる。

広範囲の切削に向く反面、素材を大きく削り取ったり、深く溝を穿つような加工には向かない。

種類[編集]

耐水性の物と非耐水性のものがある。耐水性のものは研磨材の質がよいものが多いが、その分高価である。非耐水性のものは安価であるが耐久性が低いものが多く、木工用など限られた用途にのみ利用される。布に研磨材を接着してあるものは大抵は耐水性で、また接着剤も強固であるため、電動サンダー(振幅する板にやすりを付けた、平坦な面を研磨する工具)など動力工具に取り付けて利用される。

研磨材の粒度によって「目」の粗さが定義され、目の粗いものほど数字が小さく、目の細かい物ほど数字が大きい。一般に数字に「番」をつけて呼称する。

メッシュ状の布やすりも存在し、こちらは目詰まりが更に少ない。手で叩くことで研磨材の隙間に詰まった加工屑を簡単に取り除くことが出来る。

使い方[編集]

以下に大まかな利用方法を示す。

  • 研磨したい対象物の表面に研磨面を押し付けて、こするように用いる。
  • 一般のやすりよりも幅が広いため、あらかじめ平面を設定した台(木片や専用の保持具)に貼り付けて使用することで広い平面を平らに研磨することができる。
  • 細く切って使用することで、工芸や模型作成などのように狭い部分や細かい部分の研磨にも好適である。
  • 目の細かいものは、グリースなどで潤滑しながら研磨することで、より表面を滑らかに加工できる(耐水性のもののみ)。補助的に、粉末やペースト状の研磨材を利用しても利用可能。
  • 電動工具に取り付けて高速で動かすことで、作業効率を向上させることが出来る。

製造方法[編集]

その他[編集]

  • 材料
    • 砥粒(研磨材
    • 基材 - 紙と布がある。紙の場合、厚み(坪量)でAwt,Cwt,Dwt,Ewt,Fwtなどの種類がある。布の場合は、Jwt、Xwt、Swtなどの種類がある。
    • 接着剤 - 基材に砥粒を接着するのに用いられる。にかわ(記号G)と合成樹脂(記号R)が使われる。接着剤は2層となっており、G/GあるいはR/Rと表示される
    • 乾燥状態でも目詰まりが起きにくいようにするため、金属石鹸等の潤滑剤を含むものもある。
  • 規格
    • JIS規格
      • JIS R6251 - 研磨布
      • JIS R6252 - 研磨紙
      • JIS R6253 - 耐水研磨紙
    • ISO規格
      • ISO 3366 - Coated abrasives

関連項目[編集]