フライス (工具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フライス(Milling cutter)は、円板もしくは円筒体の外周面あるいは端面に多数の切れ刃を設け、これを回転させながら工作物を切削する工具の総称である。[1]

おもにフライス盤マシニングセンタで使われる。主に高速度鋼(ハイス)や超硬合金で作られ、また、切刃部分にcBN焼結ダイヤモンドを使用したものもある。日本語の「フライス」は、ドイツ語の「Fräse」や、フランス語やオランダ語の「Fraise」(襞襟の意味)に由来する。

おもなフライス[編集]

  • エンドミル(Endmill, End milling cutter)
    外周および端面に切刃を持ったフライスで、非直線など複雑に描かれた溝や、盆や皿の内側の様な形状の加工も可能である。
  • 正面フライス(Facemill, Face milling cutter)
    「フェイスミル」とも呼ばれ、工具の回転中心軸に垂直な面の切削に用いられる。
  • 平フライス
    外周に切刃を持ったフライスであり、平面を切削するために使われる。
  • 側フライス(Side milling cutter)
    円盤の様な形のフライスで、外周と両側面に切刃を持つ。溝やスリ割の加工に用いられる。
  • 溝フライス(Slotting cutter)
    溝の加工に用いられるフライスで、外周にのみ切刃を持つ。
  • 角フライス
    側フライスと同じように横側から切削するが、90度以下の角ができるような切削跡になる。
  • ダブテールカッター(dovetail cutter)
    刃先から刃元まで角度がついているフライスで、主にアリ溝切削する為に使われる。
  • 歯切用フライス
    歯車の歯を作成するためのフライス。
  • 総形フライス
    特殊な形状の切刃を予め成形したフライスであり、通常のフライスでは困難な形状の加工などに用いられる。
  • 外丸フライス
    円柱形ではなく、円柱の角の部分が丸くなったフライス。
  • スレッドミル(Threadmill)
    マシニング・センターでのネジ切りに用いられるフライスで、総形フライスの一種と考えることができる。側面にネジの溝が成形されており、回転する工具を螺旋状に動かすことでネジを切る。マシニングセンタには、3軸同時ヘリカル補間機能付いたNCが搭載されている必要がある。NCプログラムの作り方しだいで、おねじ・めねじの両方が加工できる管用めねじ加工の動画

脚注[編集]

  1. ^ 『フライス盤作業の実技』,石塚和夫, 理工学社, 1997年