スコット・スピード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・スピード
Scott Speed.jpg
基本情報
フルネーム スコット・アンドリュー・スピード
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州マンテカ
生年月日 1983年1月24日(31歳)
F1での経歴
所属チーム '06-'07 トロ・ロッソ
活動時期 2006 - 2007
出走回数 28
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 2006年バーレーンGP
最終戦 2007年ヨーロッパGP
タイトル 0
テンプレートを表示

スコット・スピードScott Andrew Speed, 1983年1月24日 – )は、アメリカ合衆国出身の自動車レーサーであり、2006年にデビューした元F1ドライバー。

特定疾患(いわゆる難病)に認定されている潰瘍性大腸炎と戦いながら、F1のシートを獲得しており、同疾患・難病と戦う多くの人々に勇気を与えた。

略歴[編集]

1983年にアメリカ合衆国、カリフォルニア州マンテカにて生まれる。

1995年、12歳でカートを始め、2000年まで続けた。

2001年にフォーミュラレースに移り、アメリカのフォーミュラ・ラッセルシリーズに参戦、チャンピオンとなる。

2002年にアメリカのバーバー・ダッジ・ナショナルシリーズと同じくフォーミュラ・マツダ・シリーズに参戦。どちらのタイトルも獲得することはかなわなかったが、同年にレッドブルが催したアメリカにおけるドライバー・サーチプログラムでは見事1位となっており、これは後のキャリアへの布石となっている。

2003年は活動の舞台をイギリスに移しイギリスF3にADRチームから参戦。

2004年ユーロカップ・フォーミュラ・ルノードイツ・フォーミュラ・ルノーを制し、これにより翌年のGP2参戦の機会をつかんでいる。また、この年はヨーロッパの各選手権に参戦するかたわら、大西洋をまたにかけ、IRLのレッドブル・チーパー・チームでテストドライバーを担当してもいる。

2005年GP2に参戦。前年iSportチームと交わした契約はナンバー2としてのものであったが、スピードはこれを覆し、シーズン中にナンバー1の座を得て、最終的にニコ・ロズベルグヘイキ・コバライネンに次ぐランキング3位でシーズンを終えた。

2005年9月にはその年初めて開幕した2005年-2006年シーズンA1グランプリにアメリカ代表として最初の3戦だけ出場し、第3戦ポルトガルGPでは4位フィニッシュも果たす。(チーム総合16位)

また、この年はF1レッドブルチームのテストドライバーを務め、アメリカGPでは、サードドライバーに起用され金曜日のフリー走行に出走した。F1の公式セッションでアメリカ人ドライバーが走るのは、実に1993年イタリアGPマイケル・アンドレッティ以来のことであった。秋には、レッドブルが買収したミナルディを改組して設立されたスクーデリア・トロ・ロッソで2006年からデビューすることが発表された。

2006年、F1デビューを果たす。第3戦オーストラリアGPでは8位でチェッカーを受けたが、黄旗区間でデビッド・クルサードを抜いたとしてレース後25秒加算のペナルティーを受け9位に降格となり、初入賞は幻となった。また、レース後の審議中にクルサードに暴言を吐いた。

2007年も引き続きトロ・ロッソに残留したが、チーム批判を繰り返すなどチーム首脳と対立し、第10戦ヨーロッパGP限りで解雇された。後任はBMWザウバーチームの第3ドライバーを務めていたセバスチャン・ベッテル。チームは解雇を発表したものの、その後も最終戦まで不測の事態に備えたリザーブドライバーとしてエントリーされ続けた。但し、レースチームへ帯同することは無かった。

2008年は、活動の舞台をアメリカに戻し、ストックカー選手権の1つであるARCAにレッドブルがメインスポンサーとなっている、エディー・シャープ・レーシングから出場、カンザス・スピードウェイで行われた第4戦で見事優勝を飾った。同年NASCAR最高峰のスプリントカップシリーズにもシーズン途中から参戦している。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム 車番 獲得ポイント ランキング 決勝最高位・回数 表彰台回数 *予選最高位・回数
2006年 トロ・ロッソ 21 0 20位 9位・1回 0回 11位・1回
2007年 18 0 21位 9位・1回 0回 15位・2回

*予選順位はペナルティなどを反映した決勝グリッド

関連項目[編集]

外部リンク[編集]