救命胴衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイズの違う2種の救命胴衣

救命胴衣(きゅうめいどうい)とは、着用者を水上に浮かせ、頭部を水面上に位置させる救命用具のひとつ。主にプール河川湖沼で用いられるが、海上を飛行する航空機にも装備されている。ライフジャケットライフベストとも呼ばれ、その目的や用途によって様々な大きさ・デザインが存在する。

概要[編集]

救命胴衣は、海難・水難事故における非常脱出用の装備に含まれる。救命ボート救命いかだといった装備が「複数人が脱出可能なこと」を想定しその導入・維持管理に多額の費用や設置場所を必要とするのに対し、専ら個人的な生命保護を目的とする救命胴衣は比較的容易に入手・使用可能で、救命ボートを積載できない小型船舶プレジャーボート釣りカヌーといった水辺のレジャー、各種救難隊などでは安全対策上欠かすことの出来ない装備となっている。アメリカでは連邦規則で定められているほか、日本でも2003年6月1日より「船舶職員及び小型船舶操縦者法」が施行され、着用措置が講じられている。また確実に周囲へ救助を要請出来るよう、水濡れに強い単管タイプのホイッスル装備も義務付けられている。

歴史[編集]

1892年、イギリスの雑誌に掲載された漫画。救命胴衣を着用するRNLIのクルーが描かれている。

起源[編集]

救命胴衣の起源は、ノルウェー漁師たちが使用していた木片やコルクであると考えられている。現代の形状に近い救命胴衣は、イギリス王立国家救命艇協会(RNLI:Royal National Lifeboat Institution)の検査官だったウォード艇長によって1854年に製作されたコルク製のもので、その耐候性と浮力を目的に救命艇のクルーに着用されることとなった。

メイ・ウエスト[編集]

メイ・ウエストとは、第二次世界大戦中に連合国側で使用された救命胴衣「Type B-4」の愛称である。カーキ色をした木綿製のベストで、中にゴム製の気嚢が入っていた。大きさは高さ約70cm・幅32cm・厚さ3cm。愛称は、当時の有名なアメリカ人女優の一人、メイ・ウエストに由来する(豊満な女性だったことから)。

普及[編集]

1950年代には日本の藤倉ゴム工業、1960年代には合成繊維によるパーソナルフローテーションデバイス(PFDs:Personal Flotation Device)を開発したアメリカのスターンズ社や、日本のアポロスポーツ社、1970年代には日本アクアラング社など、各国で製造されるようになり普及が進んだ。

種類[編集]

第二次世界大戦中にアメリカ軍で使用していたもの。
護衛艦に搭載される、救命胴衣を着せた救助訓練用の人形

救命胴衣は、その用途や構造、形状によっていくつかの種類に分けられるが、救助時の視認性を高めるため白色もしくはオレンジ色のものが多い。

固型式[編集]

救命胴衣の中では最も単純な構造で、浮力材には発泡スチロールなどの固形物が使用されている。訓練用として用いたり、湖などでのクルージングアミューズメントパークで使われることが多い。

膨脹式[編集]

船舶や航空機では輸送力が限られているため、固形式のように嵩張るものは営業上の不利益が生じやすい。そのため、普段は折り畳まれた状態で保管し、使用時に気体を内部の空隙に送り込むタイプが開発された。救命胴衣の背中もしくは胸に内蔵されたガスボンベから、主に圧縮空気二酸化炭素を注入するものが多い。紐を引いて起動させる手動式のものと、海水に触れると自動的に起動するものがある。

長期の航海や軍隊においては、公海上・外洋を漂流する可能性があるため、懐中電灯発炎筒応急処置用の医薬品食料サメ除けなどが入ったサバイバルキットが付属する。

SOLAS型[編集]

SOLAS条約に基づき、国際的性能基準が定められているもので、大型船舶(旅客船、フェリーなど)に装備されている。外洋での使用を前提にしているため浮力が大きく、意識不明状態に陥っても顔面が上向きになり呼吸が確保されるようになっている。

航空機で使用する際の問題[編集]

救命胴衣は航空機にも装備されており、乗客は客室乗務員から使用方法の説明を受ける。しかし、海上などに航空機が不時着水した場合、機外に脱出する前に救命胴衣を膨らませてしまうと、救命胴衣が邪魔になって脱出できなくなる危険性がある。エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件の際に犠牲者が多数出た原因の一つがこれであり、機長が救命胴衣を膨らませないようにアナウンスしたにもかかわらず、パニックになった乗客らが救命胴衣を膨らませて命を落とした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]