浮き輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

浮き輪(うきわ)は水上に浮かぶために使用する空気が入った浮きぶくろ。フロート(float)、フローター(floater)とも呼ばれる。一般的にはビニール製のものが用いられる。幼い子供や泳げない人の遊泳の補助や釣り等のアウトドア、及び水難事故の救助などに用いられる。

浮き輪の種類[編集]

O型[編集]

玩具用浮き輪の補助気室
北斎漫画に描かれた浮腹巻

最も一般的な浮き輪で、ドーナツ状の形をしている。身体を輪の中心に入れ、両脇もしくは両腕で体を支えることで水中に浮かぶ。幼児用のものには溺れない様に、ズボンのように穿くタイプのものがある。幼児用浮き輪は一般的に45cm~60cmの直径を持ち、表面にアニメ等のキャラクターが描かれた塩化ビニール製のものが主流で外周がハートや星の形をしたものもある。対象年齢としては、3歳~9歳位までで、体重30kg程度なら確実に浮くことが出来る。1980年代からは80cm以上の大きさの物も出回るようになった。このような直径の大きい浮き輪は玩具安全基準を満たす条件として76cm以上のものは5リットルの補助気室が必要なため空気を入れる場所が2箇所以上あるのが普通である。一方で水難救助に用いられる浮き輪は、輪に穴が開かないように硬い浮き輪が使用され、浮力も大人が浮いていられる程度確保されていることが多い。

U型・V型[編集]

主にアウトドアに使用される浮き輪で、前方が開いているUの字及びVの字の形をしており、着脱が容易な形となっている。前方が開いているので、前進する時の抵抗が少ない。遊泳に使用されるU型の浮き輪は逆に後方が開いている。前方に装着されているフックを握り、バタ足がしやすいように作られている。

H型[編集]

その他の浮き輪[編集]

レジャー用のイルカシャチバナナ水上バイク等を模した浮き輪は、上に跨る事で浮遊感を楽しむ。体が水中に入る部分が少なく、移動するのは困難であるので、誰かに押してもらう等する事で移動する。

腕用浮き輪は主に子供の水泳の練習に用いられる。両腕に装着する事で、小さい浮力を作る。

浮き輪使用の注意事項[編集]

浮き輪の危険性[編集]

子供用の浮き輪はあくまでも玩具である。本来は浮き輪がなくても溺れない水深でのみ、子供に使わせるものであるが、以前からこのルールを守らないことに起因する水の事故が発生している。泳げない幼児をビニール製の浮き輪だけで遊ばせることはリスクが多い。 また、O型のズボンのように穿くタイプのものは入浴用の商品もあり、安全性が高いように感じるかもしれないが、幼児が転覆して起き上がれず、溺死する事故が発生している。必ず傍に付き、目を離さない事が大切である。

浮き輪使用の制限[編集]

近年は、浮き輪使用禁止のプールが増えている。安全性の観点からもあるが、一般の競泳用プールでは、他の利用者の邪魔になるためということもある。また、浮き輪を使用する年齢の幼児は、遊泳中に放尿することが多く、水質管理面で幼児の入場を制限するために禁止することもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]