ビニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビニール(vinyl)は、ビニル基 CH2=CH- を持つ化学物質の重合によって合成される高分子樹脂繊維の総称。特にポリ塩化ビニル(polyvinyl chloride、PVC)を指すことが多い。

概要[編集]

本来、ビニル基を持つ物質に限っていうべきであるが、日常の用語としては、ポリ塩化ビニル以外の軟質プラスチックも全て「ビニール」と呼ぶ例も多く、これは日本独特の表現である(「ビニール袋」は英語ではplastic bagである)。特に食品包装、食器関係では、ポリ塩化ビニルに添加される可塑剤内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)だという指摘もあり、実際にポリ塩化ビニルであることはほとんどない。反対に、水道管などに使われる硬質ポリ塩化ビニルをビニールと呼ぶことは希で、塩ビまたはPVCと略称されることが多い。

いわゆる「ビニール」製のもの[編集]

工業・産業用途なども含めた、プラスチックの薄膜全般については、フィルムを参照。

主にビニール製のもの[編集]

主にビニール製ではないもの[編集]

関連項目[編集]