航空ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
航空自衛隊 第11飛行隊ブルーインパルスによるアクロバット飛行

航空ショー(こうくうショー)は航空機をテーマにしたイベント。 新型機の見本市(発表と商談)、広報活動などのために行われる。アトラクションとしてアクロバット(曲技飛行)も行われる場合が多く、一般人への公開も行われる。

欧米[編集]

イギリスファーンボロー国際航空ショーフランスパリ航空ショーなどは商談目的のショーであり、開催中は商談中心のトレードデーと、一般公開されるパブリックデーに分かれており、出展機の数など規模が大きいことで世界的にも知られている。それ以外では各国の軍用飛行場や民間飛行場等で開催されることが多く、各種軍用機民間機の地上展示、あるいは展示飛行が行われ、年によっては空軍等が保有するアクロバット飛行チームによる曲技飛行が行われる場合もある。

欧米で行われる航空ショーには、軍の広報活動を目的としたショーの他、上記の様に航空機の販売や宣伝を目的とした見本市としてのショーもあり、その様なショーにおいては航空機の展示の他、各国の航空機メーカーによる説明会や展示ブース等も多数設けられており、メーカーによる顧客(民間企業から軍まで様々)への盛んな製品紹介・販促活動が行われる。その一方で、毎年アメリカ合衆国ウィスコンシン州オシュコシュで開催されるEAAエアベンチャー (EAA AirVenture Oshkosh) のように、自作機を持ち寄って披露しあう(軍も毎年ゲスト参加している)を代表とする民間イベントも多数実施されている。

日本[編集]

民間アクロバットチームによるアクロバット飛行

日本の場合は航空自衛隊による航空祭が全国各地の基地で毎年行われ自衛隊機の他、開催基地によってはアメリカ軍機の展示やアクロバット展示飛行チームブルーインパルスによる曲技飛行も行われる。また、海上自衛隊陸上自衛隊在日米軍の航空機を運用する基地・駐屯地等においても同様の基地祭を行っている。

日本での航空ショーというと、自衛隊で開催される基地祭など自衛隊に対する広報目的で行われるものが多数を占めるが、その一方で航空関連団体主催のものや、国土交通省が提唱する空の日(9月20日)関連の行事など、民間航空ショーの開催も増えつつある。近年では国内でも民間アクロバットチーム(チーム・ヨシ・ムロヤWP Competition Aerobatic Teamなど)が年間を通じて航空祭だけでなく、様々なイベントでフライトを行っており、アクロバット飛行を国内で目にする機会もかなり増えてきた。

事故[編集]

航空ショーでは、新型機の性能をアピールするためにその性能ぎりぎりの飛行を行うことがあり、時には限界を超えた操縦によって墜落事故が起こっている。事故の内容によっては、その機種の商談に影響を及ぼすことがある。

主な航空ショー[編集]

南北アメリカ[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ブルーエンジェルスによるアクロバット飛行

カナダの旗 カナダ

ヨーロッパ[編集]

イギリスの旗 イギリス

フランスの旗 フランス

ドイツの旗 ドイツ

スイスの旗 スイス

ハンガリーの旗 ハンガリー

ロシアの旗 ロシア

アジア[編集]

日本の旗 日本

静浜基地航空祭
エアフェスタ浜松でのサンダーバーズによるアクロバット飛行

中華人民共和国の旗 中国

中華民国の旗 中華民国台湾

  • 台湾空軍航空祭 (台湾各地)

韓国の旗 韓国

シンガポールの旗 シンガポール

インドの旗 インド

オセアニア[編集]

オーストラリアの旗 オーストラリア

外部リンク[編集]