ウィンザー (オンタリオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィンザー
Windsor Ontario skyline.jpg
標語"The river and the land sustain us."
座標:北緯42度17分 西経83度00分 / 北緯42.283度 西経83.000度 / 42.283; -83.000座標: 北緯42度17分 西経83度00分 / 北緯42.283度 西経83.000度 / 42.283; -83.000
WindsorOntLocation.png
ウィンザーの位置
基礎データ
Flag of Canada.svg カナダ
Flag of Ontario.svg オンタリオ州
行政区 エセックス郡
都市名 ウィンザー
英語名 City of Windsor
創設日 1854年
面積 146.91 km²
標高 190m
人口 2011年[1]
 - 市域 210,891 人
 - 人口密度 1,441.3 人/km²
時間帯 東部標準時(EST)、UTC-5
夏時間 東部夏時間(EDT)、UTC-4
公式サイト

ウィンザー(英語:Windsor)はカナダオンタリオ州南西部のエセックス郡にある都市。別名「バラの市」とも呼ばれる。デトロイト川をはさんですぐ北側はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市に接する。時差はUTC-5東部標準時を採用している。気候は温暖で、人口はおおよそ20万人。主な産業は加工組立、鉱業、観光、農業で、カナダ国内でも有数の自動車工業都市でもある。国境を越えアメリカ合衆国からも多くの人が訪れる。

地理的にはエセックス郡内にあるが、行政としてはエセックス郡から独立し、独自の行政権を持つ市である。

歴史[編集]

1748年フランスからの農民が定住し、モントリオール以西で最古の欧州系移民定住地となった。 当初はプチ・コット(Petite Côte、小岸)と名付けられ、その後ラ・コット・ドゥ・ミゼール(La Côte de Misère、貧困の岸)と呼ばれた。ウィンザーではフランス文化からの名残として、フランス系の通りの名前にその影響が多く見られる。フランス語系の人々もウィンザーやその周辺に大変多い。現在のウィンザーの街路名制度は、川に沿って長く狭く土地利用する当時のフランスの農地分割制度を反映している。

アメリカ独立からすぐの1794年、後にイギリスバークシャーの町の名からとってウィンザーと改名されるサンドウィッチ定住地が拓かれた。サンドウィッチはウィンザーの西側で、1855年にエセックス郡裁判所として建てられたマッケンジー・ハウスなどの古い建物の多い地域である。

ウィンザーはグランド・トランク鉄道が開通した1854年に村制施行され、1858年町制施行され、最終的に1892年に市制施行された。20世紀に入ってからは周辺の町と合併し成長した。

交通[編集]

バス[編集]

市中心部にあるウィンザー国際トランジット・ターミナル(Windsor International Transit Terminal、略称:WITT)を中心に14本の路線が存在し、市のほぼ全域を覆っている。
運賃は全区間一律2.25ドル。定期券は毎月更新が必要で、学生用は55ドル。5枚綴りの回数券も発売されており、これは大人10.5ドル、学生8ドル。

空港[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

教育[編集]

大学[編集]

中等教育学校[編集]

  • Assunption College Cathoric School
  • Cathoric Central
  • Century
  • Ecole Cecondaire E.J. Lajeunesse
  • F.J. Brennan
  • Forster
  • Herman
  • Holy Names
  • Kennedy
  • Massey
  • PASS(Windsor West)
  • PASS(Windsor East)
  • River Side
  • St.Joseph's
  • St.Michael's H.S.
  • St.Michael's Adult
  • Walkerville

主な企業[編集]

ウィンザー出身の人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]