レッドブル・RB4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッドブル・RB4
2008年カナダGPでデビッド・クルサードがドライブするRB4
カテゴリー F1
コンストラクター レッドブル
デザイナー イギリスの旗 エイドリアン・ニューウェイ
(チーフテクニカルディレクター)
イギリスの旗 ジェフ・ウィリス
(テクニカルディレクター)
先代 レッドブル・RB3
後継 レッドブル・RB5
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット モノコック
サスペンション(前) アルミニウム製アップライト, アッパー、ロウワーウィッシュボーン プッシュロッド, トーションバー・スプリング アンチロールバー, マルチマティック・ダンパー.
サスペンション(後) アルミニウム製アップライト, アッパー、ロウワーウィッシュボーン プッシュロッド, トーションバー・スプリング アンチロールバー, マルチマティック・ダンパー.
エンジン ルノー RS27-2008 2400cc V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き, 19,000 RPM Limited
トランスミッション 7速 ハイドロリック・パワーシフト
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン ポテンザ
OZ ホイール 前:12.0 to 12.7in x 13in
OZ ホイール 後:13.7in x 13in
主要成績
チーム レッドブル・レーシング
ドライバー 9. イギリスの旗 デビッド・クルサード
10. オーストラリアの旗 マーク・ウェバー
初戦 2008年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
18 0 0 0
テンプレートを表示

レッドブル・RB4 (Red Bull RB4) はレッドブル・レーシング2008年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはエイドリアン・ニューウェイ

開発[編集]

基本的には旧車のRB3を正常進化させたマシンである。マクラーレンMP4-23などと同様にブリッジウィングを使っている。また、サイドのエアロパーツはフェラーリのF2008ような形をしている。エンジンカウルの盛り上がったこぶが特徴的でもある。このパーツは、後にルノーウィリアムズも取り入れた。

開幕前2月のヘレステストからエンジンエアインテーク後方のエンジンカバー部を水平に伸ばし、垂直尾翼のような形状の「シャークフィン」を導入した。このようなデバイスは、インディカー・シリーズではペンスキーが1994年のPC-23に初採用し、その後チップ・ガナッシなどの一部チームも追随したが、大きく広まらずに消え去っていた。シャークフィンは後にルノーに始まり、トロロッソフェラーリトヨタホンダフォース・インディア(マクラーレンはホッケンハイムテスト、ウィリアムズはポールリカールテストで使用)と、途中撤退のスーパーアグリ以外の全チームが採用した。

スペシャルカラー[編集]

最終戦ブラジルGPでは、このレースをもってF1から引退するデビッド・クルサードのRB4が特別仕様のカラーリングで出走した。マシンは脊髄損傷者への支援基金「Wings for Life」のイメージカラーである白にペイントされた[1]レギュレーションではチームの2台のマシンは同じカラーリングでなければならないと決められているが[2]、今回はF1全チームの同意を得て登場することになった。しかし、決勝ではスタート直後に多重接触に巻き込まれ、0周リタイアに終わった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
TUR
トルコの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
EUR
欧州連合の旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BRA
ブラジルの旗
2008 9 イギリスの旗デビッド・クルサード Ret 9 18 12 9 Ret 3 9 Ret 13 11 17 11 16 7 Ret 10 Ret 29 7
9 オーストラリアの旗マーク・ウェバー Ret 7 7 5 7 4 12 6 10 Ret 9 12 8 8 Ret 8 14 9
  • ドライバーズランキング
    • デビッド・クルサード 16位
    • マーク・ウェバー 11位

脚注[編集]

  1. ^ “クルサード、引退レースを特別カラーリングのマシンで走る”. F1-Gate.com. (2008年10月31日). http://f1-gate.com/coulthard/f1_2196.html 2012年3月7日閲覧。 
  2. ^ 1999年には新規参戦するブリティッシュ・アメリカン・レーシングラッキーストライク555の異なるブランドカラーを使おうとしたが、この規定により許可されなかった。