エンゲリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エーンゲリスまたはエンゲリスEngels, (ロシア語: Э́нгельс))は、ロシア連邦サラトフ州に位置する都市。ヴォルガ川の東岸の港湾都市で、州都サラトフとはヴォルガ川を挟んで対岸(北緯51度29分00秒東経46度07分00秒)に位置し、1965年より市内にが架けられている。

沿革[編集]

サラトフとエンゲリスを結ぶ橋

ロシア帝国により1747年に「ポクロフスカヤ解放区(Покровская слобода)」としてウクライナ人入植者によって開礎されたが、ドイツ出身のエカチェリーナ2世の時代にドイツからの入植が推奨され、多くのドイツ人が入植し、ヴォルガ・ドイツ人文化の中心都市となっていた。1914年都市の地位を得て「ポクロフスク(Покровск)」に改名される。

ソビエト連邦成立後の1924年サラトフ州内にヴォルガ・ドイツ人自治ソヴィエト社会主義共和国が建国されると、その首都に昇格し、1931年にはエーンゲリスと改名された。その名称は、マルクス主義を大成させたドイツ人思想家、フリードリヒ・エンゲルスに由来する。しかし1941年6月22日独ソ戦開戦により、同年8月にヨシフ・スターリン政権がヴォルガ・ドイツ人の強制移住とその自治共和国の廃止を決定したため、9月中にドイツ人は町から全て追い出された。その後、エンゲリス市は再びサラトフ州に組み込まれ、ロシア人やウクライナ人などのスラヴ系民族やタタール人が新たな住民となった。スターリン死後の1965年にヴォルガ・ドイツ人追放令は無効とされたが、その帰郷はソビエト連邦解体などによってもほとんど進まず、現在でもロシア人が最も多く住む街となっている。

大規模な重化学工業コンビナートや、ロシア空軍戦略爆撃機部隊である第37航空軍の基地が所在している。

人口の推移[編集]

2002年全ロシア国勢調査によると、次の通りである。