八咫烏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熊野本宮大社鳥居の横に掲げられた八咫烏の

八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話において、神武東征の際に、高皇産霊尊によって神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラス(烏)である[1]。一般的に3本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わっている[1]

概要[編集]

弓弦羽神社の八咫烏

熊野三山においてカラスはミサキ神(死霊が鎮められたもの。神使)として信仰されており、日本神話に登場する八咫烏は単なるカラスではなく太陽の化身と考えられ、信仰に関連するものと考えられている[2]近世以前によく起請文として使われていた熊野の牛玉宝印(ごおうほういん)にはカラスが描かれている[2]

新撰姓氏録』では、八咫烏は高皇産霊尊の曾孫である賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)の化身であり、その後鴨県主(かものあがたぬし)の祖となったとする[3]奈良県宇陀市榛原の八咫烏神社は建角身命を祭神としている。

(あた)は長さの単位で、親指と中指を広げた長さ(約18センチメートル)のことであり、八咫は144センチメートルとなるが[4]、ここでいう八咫は単に「大きい」という意味である[1]

戦国時代には、紀伊国雑賀衆を治めた鈴木家の家紋・旗ともなっている。

金鵄との関係[編集]

八咫烏は『日本書紀』や『古事記』に登場するが、『日本書紀』には、やはり神武東征の場面で、金鵄(金色のトビ)が登場する[2]。金鵄は、長髄彦との戦いで神武天皇を助けたとされる[2]

八咫烏と金鵄は、しばしば同一視ないし混同される。

3本足の意味[編集]

月岡芳年大日本名将鑑」より「神武天皇」。シーンは金鵄のものだが、黒い「金鵄」が描かれている。

ヤタガラスの3本足の意味には諸説ある。古事記日本書紀には3本足であるとは記述されていない[4]中国では古代より道教と関連して奇数を表すと考えられており、中国神話では太陽に棲むといわれる[4]

古来より太陽を表す数が3とされてきたことに由来するとする見方は、宇佐神宮など、太陽神に仕える日女(姫)神を祭る神社(ヒメコソ神社)の神紋が、三つ巴であることと同じ意味を持っているとする説である。

なお、前述のように記紀には八咫烏が3本足だという記述はなく、後世に中国や朝鮮の伝承の鳥「三足烏(さんそくう)」と同一視され、3本足になったともいわれる[4]。元々賀茂氏が持っていた「神の使いとしての鳥」の信仰と中国の「太陽の霊鳥」が習合したのである[3]

世界の3本足のカラス[編集]

上述のように三足烏の伝承は古代中国の文化圏地域で見られる。三脚の特色を持つ三脚巴やその派生の三つ巴は非常に広範に見られる意匠である。

シンボルマーク[編集]

現代では、日本サッカー協会のシンボルマークの意匠として用いられている事で知られている[4]。これは1931年(昭和6年)に採用されたものであり、東京高等師範学校東京教育大学を経た、現在の筑波大学)の漢文学者であり、日本蹴球協会(日本サッカー協会の前身)創設に尽力した内野台嶺らの発案を基に、日本に初めて近代サッカーを紹介した中村覚之助内野台嶺東京高等師範学校の先輩でもある)に敬意を表し、出身地である那智勝浦町にある熊野那智大社の八咫烏を元にしたものである。

アルテリーヴォ和歌山のエンブレムにも使用されている[5]

軍事方面においても、戦前は帝国軍人後援会の会章および会員徽章等に用いられており、戦後は陸上自衛隊中央情報隊以下の情報部隊の部隊マークに採用されている。

小惑星[編集]

群馬県大泉町の天文家・小林隆男は、1997年(平成9年)に発見した小惑星仮符号1997 AY1)に「八咫烏」と命名、2004年(平成16年)8月9日に(9106)八咫烏として登録された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『古事記の本』 学研
  2. ^ a b c d 戸部民夫 『日本神話 神々の壮麗なるドラマ』 新紀元社
  3. ^ a b 山北篤 『東洋神名事典』 新紀元社
  4. ^ a b c d e 斉藤ヒロコ「伝説の翼 #08八咫烏」、『BIRDER』第26巻第8号、文一総合出版2012年8月、 65頁。
  5. ^ http://www.nwn.jp/kakokizi2011/20111217/7a/7.html ニュース和歌山 アルテリーヴォ エンブレム一新

関連項目[編集]

外部リンク[編集]