動翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

動翼(どうよく、操縦翼面: moving surface, flight control surface)は、航空機の構成要素の一種。補助翼方向舵昇降舵などの主操縦翼面(いわゆる舵面)に加え、フラップスポイラーエアブレーキなどの二次操縦翼面を含めた、可動する平板状装置全般を指すことが多い。ただし回転翼(プロペラローター)は動翼とは呼ばれない。

ほかに、ミサイルロケットなどの可動する翼面も動翼と呼ばれる。

動翼に対して、可動しない平板状構造(主翼を除く)は安定板と呼ばれる。

種類[編集]

後方から見た着陸態勢のB-2 スピリット ステルス爆撃機。両翼端のドラッグ・ラダー(スプリット・ラダー)が開いている
主操縦翼面 (primary control surfaces)
二次操縦翼面 (secondary control surfaces)
2役
  • エレボン (elevon) = エレベータ (elevator) + エルロン (aileron)
  • フラッペロン (flaperon) = フラップ (flap) + エルロン (aileron)
  • ラダーベーター (ruddervator) = ラダー (rudder) + エレベーター (elevator)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]