出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本では独自の心理的効果を上げる目的で神社仏閣宗教施設などに多く設置される。多くは信者寄進による

(のぼり)は、日本におけるの形式のひとつ。長辺の一方と上辺竿にくくりつけたものを指す。

起源[編集]

関ヶ原の戦い (関ヶ原合戦屏風)

平安時代以来、武士たちは軍容を誇示したり、自軍と敵軍との識別をおこなうために、長いの短辺に木を通してで吊り上げてになびかせる、の高い流れ旗を軍団の象徴として掲げた。

時代が下って室町時代になると武家の一族間での争いが増加し、同じ流れ旗と同じ家紋を用いる敵味方の判断に混乱を生じるようになった。このため、布地の長辺の一方と上辺のあわせてふたつの辺を旗竿に結びつけることで流れ旗との識別を容易にしたが発案され、全国の武家へと徐々に広まっていったとされる。

幟はそれまでの流れ旗に置き換わっただけではなく、管理がしやすいことから戦国時代を経て幅広く利用されるようになった。と呼ばれる馬印や旗差物などに幟が用いられ、日本における軍旗の一形式となった。

形状[編集]

近代までの軍用の幟は、綿もしくは織物を用いた。布の寸法は由来となった流れ旗に準じ、高さを1丈2尺(約3m60cm)、幅を二(約76cm)前後が標準的であった。このほか、馬印に用いられる四方(しほう)と呼ばれるほぼ正方形の幟や、四半(しはん)と呼ばれる縦横比が3対2の比率(四方の縦半分ともされる)の幟が定型化する。もっともこれらはあくまで一般的な寸法であり、家によって由緒のある寸法を規定することや、流行に左右されることもあった。

また旗竿への留め方によって、(ち)と呼ばれる布製の筒によって竿に固定する乳付旗(ちつきばた)と、旗竿への接合部分を袋縫いにして竿に直接縫い付けることによって堅牢性を増した縫含旗(ぬいふくめばた)に区別できる。

旗竿は千段巻と呼ばれる紐を巻いた漆塗りの樫材や竹を用い、幟の形態に応じて全体をトの字型あるいはL字を逆さにした形状にして布を通した。

現代の幟[編集]

大相撲の力士を応援する幟

現代の幟は、おもに広告用の資材として利用されている。前述の乳付旗に準じた形状の幟であり、何点かの乳を使って前述の逆L字状の竿に結わえて固定する。布の寸法の比率に基準はないものの、空間を効率的に利用しつつ布面に文言を記載するために縦長の形状になる。

形状

様々なタイプのものが開発されてきている。ダブルのぼりは、今までののぼり旗のスタイルにはない、まったく新しい形状のもの。旗の中心と上部に棒袋をつけのぼりのポール、かんざしをすべて隠せるようになり、高級感の演出が可能になった。

材質など

かつては旗竿にを使用したこともあったが、昨今では金属パイプ塗料を塗布表面処理を施した既製品や、合成樹脂素材で成形した既製品を利用している。

布も耐候性を主眼に合成繊維が用いられるようになっている。薄い生地を用いて片面印刷になっているものが多い。

また、軍用品として戦場で兵卒が常に携行することをふまえていた近世以前とは違なり、「台座に固定して無人での管理を前提としていること」も、特徴である。

問題点

一方で、道路歩道などに設置される広告用の幟には、通行の妨害になる,景観を損ねる,歩行者や車からの見通しを妨げ、交通安全の観点から危険といった批判も多い。また、台風などの強風時には、土台ごと転倒したり飛ばされる危険もある[1]

幟が使われる主な事例

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『本朝軍器考』新井白石著
  • 『日本合戦図典』笹間良彦著、雄山閣出版、1997年

関連項目[編集]