おかしな二人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おかしな二人』(原題:The Odd Couple)は、1965年に初演されたニール・サイモンによる喜劇、ならびにこれを原作とした映画、テレビドラマ。

概要[編集]

妻と離婚したずぼらな性格のスポーツ記者、オスカー・マディソンの部屋に、彼のポーカー仲間で几帳面な性格のニュース記者、フェリックス・アンガーが「妻に逃げられた」と転がり込んできた。ニューヨークの同じ部屋に住みながら性格が180度違う2人が巻き起こす騒動を描いたコメディ。1965年にブロードウェイで上演された舞台ではオスカーをウォルター・マッソー、フェリックスをアート・カーニーが演じた。マッソーはこの作品でトニー賞 演劇主演男優賞を、また演出のマイク・ニコルズも同賞の演劇演出賞を受賞した。

その後もキャストを変えて、再上演がされている。

映画[編集]

おかしな二人[編集]

舞台の好評を受けて、1968年に映画化された。フェリックス役はジャック・レモンに変更された。

スタッフ
  • 原作・脚色:ニール・サイモン
  • 監督:ジーン・サックス
  • 製作:ハワード・W・コッチ
  • 撮影:ロバート・ハウザー
  • 音楽:ニール・ヘフティ
キャスト
  • フェリックス・アンガー:ジャック・レモン
  • オスカー・マディソン:ウォルター・マッソー
  • ヴィニー:ジョン・フィードラー
  • マレー:ハーバート・エデルマン
  • ロイ:デヴィッド・シェイナー
  • スピード:ラリー・ヘインズ
  • セシリー・ピジョン:モニカ・エヴァンス
  • グェンドリン・ピジョン:キャロル・シェリー

おかしな二人2[編集]

1998年公開。

前作から30年後、依然ニューヨークに住み続けるフェリックスと、ニューヨークを離れフロリダ州サラソータで老後を過ごすオスカーだったが、フェリックスの娘ハンナとオスカーの息子ブルースがロサンゼルスで出逢い結婚することになり、2人の結婚式に出席すべく再会したフェリックスとオスカーが、結婚式までの道中でまたも騒動を巻き起こす。前作同様レモンがフェリックスを、マッソーがオスカーを演じた。

スタッフ
  • 原作・脚本:ニール・サイモン
  • 監督:ハワード・ドイッチ
  • 製作:ニール・サイモン、ロバート・W・コート、デヴィッド・マッデン
  • 撮影:ジェイミー・アンダーソン
  • 音楽:アラン・シルヴェストリ
キャスト
役名 俳優 日本語吹替
フェリックス・アンガー ジャック・レモン 金内喜久夫
オスカー・マディソン ウォルター・マッソー 永井一郎
ブルース・マディソン ジョナサン・シルヴァーマン 鳥畑洋人
ハンナ・アンガー リサ・ウォルツ 幸田夏穂
保安官 リチャード・リール 掛川裕彦
フェリス メアリー・ベス・ペイル 赤司まり子
テルマ クリスティーン・バランスキー 藤生聖子
ホリー ジーン・スマート 山像かおり
ジェイジェイ レックス・リン 宗矢樹頼
リロイ ジェイ・O・サンダース 斎藤志郎
リコ ホアキン・マルティネス 宝亀克寿
スチュワーデス エイミー・ヤスベック

テレビドラマ「おかしなカップル」[編集]

映画の大ヒットを受け、1970年ABCにてドラマ版が開始された。フェリックス役はトニー・ランドールが、オスカー役はブロードウェイ版でマッソーの降板後にオスカー役を演じていたジャック・クラグマンがそれぞれ演じた。テレビドラマ化に際し、フェリックスの職業がファッションカメラマンに変更されている。テーマ曲は映画版のヘフティの曲が使われた。テレビ版もヒットし、5シーズンも続く長寿作品となった。日本では1971年にフジテレビで「おかしなカップル」のタイトルで放映された。

キャスト
  • フェリックス・アンガー:トニー・ランドール(声:近石真介小松政夫
  • オスカー・マディソン:ジャック・クラグマン(声:大平透
  • 日本版ナレーション:永井一郎

派生作品・リメイク版[編集]

  • 1977年には、フェリックスとオスカーをそれぞれ猫と犬に置き換えたアニメ作品「それ行け!わんニャン」(原題:The Oddball Couple)が制作され、日本でも放映された。
  • 1982年には、“Barney Miller”のロン・グラスがフェリックスを、“Sanford and Son”のデモンド・ウィルソンがオスカーをそれぞれ演じたリメイク版“The New Odd Couple”がABCで放映されたが、本家ほどの人気は得られず、1シーズンで打ち切られた。
  • 1983年には、翻案されたテレビドラマ「さらば女ともだち」がテレビ朝日で放送される。主演の2人は数年前から「おかしな二人」を舞台で演じていた杉浦直樹石立鉄男で、脚本はその舞台の脚本と演出を手がけていた福田陽一郎
  • 2011年9月には、宝塚歌劇団にてバウホールで公演があった。脚本・演出は石田昌也、オスカー・マディソン役を轟悠、フィリックス・アンガー役を未沙のえるが務めた。
    2012年に東京特別公演として再演された際には、フィリックス・アンガー役を華形ひかるが演じた。