マシュー・ペリー (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マシュー・ペリー
Matthew Perry
マシュー・ペリーMatthew Perry
第62回プライムタイム・エミー賞にプレゼンターとして出席したペリー
本名 Matthew Langford Perry
生年月日 1969年8月19日(45歳)
出生地 マサチューセッツ州ウィリアムズタウン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主な作品
フレンズ

マシュー・ペリーMatthew Perry, 1969年8月19日 – )はアメリカ合衆国俳優である。マサチューセッツ州出身。本名はマシュー・ラングフォード・ペリー (Matthew Langford Perry)。身長185cm。

経歴[編集]

子供時代[編集]

ジャーナリストでピエール・トルドーの秘書でもあったカナダ人の母と、アメリカ人俳優のジョン・ベネット・ペリーの間に生まれる[1][2][3]。カナダとアメリカの両方の市民権を持っている。彼が1歳の誕生日を迎える前に両親は離婚し、以後カナダのオンタリオ州で育つ。

学生時代はカナダのトップクラスのジュニアテニスプレーヤーで、プロを目指していたが、15歳の時、ロサンゼルスに住む俳優である父の元に引越したことがきっかけで、演技に興味を持ち始める。

俳優として[編集]

1987年のテレビシリーズ『Second Chance』でデビューし、1994年から放送が始まったテレビドラマ『フレンズ』で主人公の1人チャンドラー・ビング役を演じ有名になった。

主な出演作[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

トリビア[編集]

  • 映画『愛さずにはいられない』(1997年)では、父親で俳優のジョン・ベネット・ペリーが、ペリー演じるアレックスの父親役で共演している。
  • テレビドラマ『フレンズ』に出演中、ペリーの体重があまりにも増えたため、ワーナー・ブラザーズ社側からクレームがつき、共演者のジェニファー・アニストンにパーソナルトレーナーをしてくれるように頼んだことがある[要出典]
  • 映画『ロスト・イン・スペース』のウェスト少佐役は当初ペリーにオファーがあったが、最終的に共演者のマット・ルブランクが演じる事となった[要出典]
  • 一時、薬物(処方薬)依存とアルコール依存に悩まされた時期があり、2001年には歯の痛み止めの薬物中毒になりリハビリ施設にも入った[4]。この間フレンズ放送および映画「隣の狙撃主」の撮影は中断され、フレンズ復活後の初回は椅子に座ったままであった。[5]
  • 右手中指の一部が欠損している(幼少時にドアに手を挟まれたため)。
  • アイスホッケーのオタワ・セネターズのファンであり、シーズンオフのゲームにペリー自身もよく参加している。
  • アイスホッケーではウェイン・グレツキーや他のNHL選手とも親交が深くチャリティーゲームを主催しては自らも氷に乗ってプレーすることが多い。
  • テレビシリーズ『愉快なシーバー家』でシーバー家の長女キャロルの恋人サンディを演じた。最後は飲酒運転で交通事故死をして降板という設定。その回のエピソードが終わった後、キャロルの兄役で主役のカーク・キャメロンが俳優カーク・キャメロンとして視聴者に向けて「飲酒運転は絶対にいけない」というコメントをする。しかし数年後、キャロル役のトレイシー・ゴールドが飲酒運転による交通事故で家族に重傷を負わせてしまった。ペリー自身も2000年と2001年に交通事故を起こしているが、後者の際には「ドラッグもアルコールも関係していない」と説明された[6]

参照[編集]

[ヘルプ]