ブライアン・キース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・キース
Brian Keith
Brian Keith
5 Against the House』(1955年)予告編より
本名 Robert Alba Keith[1]
Robert Keith Richey Jr.[2]
別名 ロバート・キース・ジュニア
生年月日 1921年11月14日
没年月日 1997年6月24日(満75歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ベイヨン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州マリブ
身長 185 cm[2]
職業 俳優
ジャンル テレビ、映画、舞台
活動期間 1933年 - 1986年
配偶者 フランシス・ヘルム(1948年 - 1954年)
ジュディ・ランドン(1954年 - 1969年)
ヴィクトリア・ヤング(1970年 - 1997年)
家族 ロバート・キース(父)
ヘレナ・シップマン(母)
公式サイト The Official Brian Keith Web Site
主な作品
ニューヨーク・パパ英語版』(1966年 - 1971年)

ブライアン・キースBrian Keith1921年11月14日 - 1997年6月24日)は、アメリカニュージャージー州出身の俳優。名脇役として知られる俳優ロバート・キースの息子である。

来歴[編集]

1921年にニュージャージー州ベイヨンで俳優ロバート・キースと舞台女優ヘレナ・シップマンの間に生まれ、両親の巡業に伴い、旅の中で育つ[2]ハリウッドで子役としての活動を始め、1924年に父と共演したサイレント映画Pied Piper Malone』で子役デビューする。両親の離婚に伴い、ニューヨーク州ロングアイランドで祖母に育てられる[1]

1927年に父ロバートが女優ペグ・エントウィスルと再婚するが、1929年に離婚。原因の1つはロバートに離婚歴があり、息子ブライアンがいることをペグに隠していたからとされる[3][4]

ラジオや舞台で演技の仕事をした後[2]、1941年に[1]アメリカ海兵隊に入隊、第二次世界大戦に従軍する。退役後に本格的に俳優として活動を始め、1946年にブロードウェイデビュー[5]、1952年にコロンビア映画と契約し[6]、映画だけでなくテレビにも出演するようになる。

1966年から1971年までCBSで放送されたシチュエーション・コメディニューヨーク・パパ英語版』が大ヒット。プライムタイム・エミー賞主演男優賞(コメディ部門)に3度ノミネートされる。本作は日本でも放送された。1972年から1974年までNBCでシチュエーション・コメディ『The Brian Keith Show』が放送される。

1997年6月に拳銃自殺。同年4月の娘デイジーの自殺と本人の肺気腫肺癌を苦にしたと見られる[5]。その後、2008年になってハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにテレビ部門で星を授与される[7]

主な出演作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c About Us” (英語). The Official Brian Keith Web Site. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e Biography for Brian Keith” (英語). IMDb. 2011年7月28日閲覧。
  3. ^ "Girl Ends Life After Failure In Hollywood", Syracuse Herald, September 20, 1932, p. 5
  4. ^ "Pulled Hair - Stage Star Gets Divorce After Tale of Fight With Husband", The Pittsburgh Press, May 3, 1929, p. 47
  5. ^ a b Brian Keith movies, photos, movie reviews, filmography, and biography” (英語). AllMovie. 2013年4月14日閲覧。
  6. ^ ブライアン・キース(Brian Keith) のプロフィール”. allcinema. 2013年4月14日閲覧。
  7. ^ Biography for Brian Keith” (英語). ターナー・クラシック・ムービーズ. 2013年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]