フォー・ルームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォー・ルームス
Four Rooms
監督 アリソン・アンダース
アレクサンダー・ロックウェル
ロバート・ロドリゲス
クエンティン・タランティーノ
製作 ローレンス・ベンダー
製作総指揮 アレクサンダー・ロックウェル
クエンティン・タランティーノ
音楽 コンバスティブル・エディソン
エスクィヴェル
撮影 ロドリゴ・ガルシア
フィル・パーメット
ギレルモ・ナヴァロ
アンジェイ・セクラ
編集 Margic Goodspeed
エレナ・マガニーニ
ロバート・ロドリゲス
サリー・メンケ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年12月25日
日本の旗 1995年12月9日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000
興行収入 $4,257,354[1]
テンプレートを表示

フォー・ルームス』(Four Rooms)は1995年アメリカ映画で、オムニバス作品。大晦日ロサンゼルスのとあるホテルを舞台に、4つの物語が繰り広げられる。映画全体を通して登場する主人公のベルボーイティム・ロス(日本語吹替:田代まさし)が演じた。クエンティン・タランティーノが3人の監督に声を掛けて作られた。

第1話「ROOM 321 お客様は魔女」[編集]

この日が初仕事になるベルボーイのテッドはスィート・ルームに6人の女性客を案内する。6人の内の5人までは実は魔女で、40年前にこの部屋で石にされてしまった偉大な魔女ダイアナの呪いを解く儀式のために集ったのだった。儀式が始り魔女たちは、それぞれに持ち寄った解呪に必要な貢物を捧げるが、最後のひとりイヴァは貢物を持参できなかったことが判明する。イヴァの担当物は人間の男の精液。魔女たちは、そのときルームサービスを届けに来たテッドから採取しようと目論むのだった。

第2話「ROOM 404 間違えられた男」[編集]

パーティー中の客から氷の注文を受けたテッドだったが、誤って違う部屋に入ってしまう。部屋に入ったとたんテッドは宿泊客のシグフリードから銃を付きつけらる。彼の妻であるアンジェラは椅子に縛り付けられて猿轡をはめられているという異常な状況。テッドはアンジェラの間男に間違われたのだった。テッドは何とか誤解を解こうと必死になる。

第3話「ROOM 309 かわいい無法者」[編集]

一家揃って大晦日のパーティーに出かけようとしていた4人家族であったが、支度するうちに両親は2人の子供をホテルの部屋に置いて夫婦だけで楽しむという考えに傾く。テッドは両親から高額のチップをせしめてベビーシッターすることになったものの、夫婦が出かけたあとは子供たちを部屋に放置しようとする。しかし、残された子供たちは好き放題してテッドを悩ませたあげく、部屋の異臭を気にして原因を探し、ベッドのマットレスから腐乱死体を発見してしまう。

第4話「ペントハウス ハリウッドから来た男」[編集]

勤務初日から散々な目にあったテッドは、上司のベティに電話して即辞めることを告げるが、頼み込まれてベティがホテルに到着するまでは、ペントハウスに宿泊する上客である有名俳優チェスター・ラッシュの接客をすることになった。チェスター・ラッシュとその友人のノーマンとレオにペントハウスに呼び出されたテッドは、破格のチップとチェスターの話術に釣られて危険な賭けに関わることになった。

キャスト・吹替え版 声の出演[編集]

第1話

第2話

  • シグフリード(デヴィッド・ブローヴァル:野沢那智
  • アンジェラ(ジェニファー・ビールス:榊原良子

第3話

  • 男(アントニオ・バンデラス:大塚明夫
  • 妻(タムリン・トミタ:佐々木優子
  • 娘サラ(ラナ・マキシック:坂本千夏
  • 息子ファンチョ(ダニー・ヴェルデュスコ:野沢雅子
  • 死体(サルマ・ハエック)

第4話

  • チェスター・ラッシュ(クエンティン・タランティーノ:広川太一郎
  • ノーマン(ポール・カルデロン:羽佐間道夫
  • レオ(ブルース・ウィリス:樋浦勉
  • アンジェラ(ジェニファー・ビールス)
  • ベティ(マリサ・トメイ)

脚注[編集]

  1. ^ Four Rooms (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]