プラネット・テラー in グラインドハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラネット・テラー in グラインドハウス
Planet Terror
監督 ロバート・ロドリゲス
脚本 ロバート・ロドリゲス
製作 エリザベス・アヴェラン
クエンティン・タランティーノ
ロバート・ロドリゲス
製作総指揮 ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
音楽 グレーム・レヴェル
カール・ティール
撮影 ロバート・ロドリゲス
編集 ロバート・ロドリゲス
製作会社 ワインスタイン・カンパニー
配給 日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 日本の旗 2007年9月22日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 デス・プルーフ in グラインドハウス
テンプレートを表示

プラネット・テラー in グラインドハウス』(Planet Terror)は、2007年アメリカ映画ロバート・ロドリゲス監督によるアクションホラー映画である。2本立て映画『グラインドハウス』(Grindhouse)の1編「プラネット・テラー」に、アメリカでの2本立て公開時にカットされたシーンを加えて、1本の作品としたもの。

なお、『グラインドハウス』には実在しない映画の予告編が数本入っており、その中の1本「マチェーテ」(Machete)の予告編が本作の冒頭にも入っている。『マチェーテ』は後に本編化され、2010年9月3日に北米で公開された。

ストーリー[編集]

テキサスの田舎町のある夜、J.T.(ジェフ・フェイヒー)のバーベキュー・レストランにやって来たゴーゴーダンサーのチェリー・ダーリン(ローズ・マッゴーワン)は、元恋人の解体屋レイ(フレディ・ロドリゲス)と再会した。その頃、軍の部隊長マルドゥーン(ブルース・ウィリス)と生物化学の科学者アビー(ナヴィーン・アンドリュース)の取り引き中に、生物兵器DC2(コードネーム「プロジェクト・テラー」)のガスが噴き出してしまう。町中にDC2が拡がり、感染者がゾンビと化して人々を襲い始めるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チェリー・ダーリン ローズ・マッゴーワン 岡本麻弥
エル・レイ フレディ・ロドリゲス 中井和哉
ウィリアム・ブロック(医師) ジョシュ・ブローリン 手塚秀彰
ダコタ・マックグロウ・ブロック(医師) マーリー・シェルトン 玉川紗己子
トニー・ブロック(ウィリアムとダコタの息子) レベル・ロドリゲス
アール・マックグロウ(テキサス・レンジャー、ダコタの父) マイケル・パークス 大塚周夫
J.T.ヘイグ(バーベキュー・レストラン「ボーン・シャック」店主) ジェフ・フェイヒー 小川真司
ヘイグ保安官 マイケル・ビーン 佐々木勝彦
トロ副保安官 トム・サヴィーニ
カルロス副保安官 カルロス・ガラルドー
アビー(科学者) ナヴィーン・アンドリュース 江川央生
マルドゥーン中尉 ブルース・ウィリス 内田直哉
兵士(レイプ魔) クエンティン・タランティーノ 青山穣
架空の映画『マチェーテ』の予告や劇中内のテレビ映画ナレーター コーリー・バートン 中田譲治

音楽[編集]

公開[編集]

アメリカでは、2007年4月6日に2本立ての『グラインドハウス』として2624館で公開され、週末興行成績で初登場4位になった。

日本では、アメリカ公開版『グラインドハウス』が同年8月24日から31日までの8日間限定でTOHOシネマズ 六本木ヒルズとTOHOシネマズ なんばの2館で公開された。その後、9月22日から『プラネット・テラー in グラインドハウス』がTOHOシネマズとみゆき座系列ほかで全国公開された。

『グラインドハウス』のもう1編「デス・プルーフ」(監督クエンティン・タランティーノ)は、『デス・プルーフ in グラインドハウス』として9月1日からTOHOシネマズとみゆき座系列ほかで全国公開された。

外部リンク[編集]