スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパイキッズ4D:
ワールドタイム・ミッション
Spy Kids 4: All the Time in the World
監督 ロバート・ロドリゲス
脚本 ロバート・ロドリゲス
製作 ロバート・ロドリゲス
エリザベス・アヴェラン
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 ジェシカ・アルバ
音楽 ロバート・ロドリゲス
カール・シール
撮影 ロバート・ロドリゲス
ジミー・リンゼイ
編集 ダン・ジマーマン
製作会社 トラブルメーカー・スタジオズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ディメンション・フィルムズ
日本の旗 松竹/アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年8月19日
日本の旗 2011年9月17日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $27,000,000[1]
興行収入 $54,516,384[1]
前作 スパイキッズ3-D:ゲームオーバー
テンプレートを表示

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』(原題: Spy Kids 4: All the Time in the World)は、2011年アメリカスパイアクション映画。『スパイキッズ』シリーズの第4作である。

本作は3D映画であるが、これに「匂い」を加えた「4D映画」と宣伝された。これはスクリーン上に1〜8の番号が表示された際、映画館入場時配布のカードの番号部分をこする事でその場面の「匂い」を再現するというものである。

今作は第1作公開からちょうど10年となる。前作までの主人公カルメン・ジュニ姉弟のいとこ、マリッサの義理の子であるレベッカ・セシル姉弟が、新「スパイキッズ」として活躍する。

ストーリー[編集]

OSSの敏腕スパイ・マリッサは、出産を機に引退。夫のウィルバーと、彼の双子の連れ子、レベッカとセシル、そしてベビーの5人で暮らしていた。しかし、引退して1年、史上最悪の悪党・タイムキーパーが再び姿を現し、マリッサはOSSに復帰する。マリッサが任務で留守をしている時に悪者が家を襲い、双子たちはスパイロボット犬のアルゴノートと一緒にOSS本部に逃げた。初めてマリッサの正体を知った彼らは、クロノスサファイアを使い時空崩壊を目論むタイムキーパーの野望を阻止するべくスパイキッズとして立ち上がる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マリッサ・コルテス・ウィルソン ジェシカ・アルバ 宮島依里
レベッカ・ウィルソン ローワン・ブランチャード 諸星すみれ
セシル・ウィルソン メイソン・クック 吉永拓斗
ウィルバー・ウィルソン ジョエル・マクヘイル 森川智之
スパイ・ベビー ベル・ソローザノ
ジェニー・ソローザノ
こおろぎさとみ
アルゴノート(声) リッキー・ジャーヴェイス 間宮康弘
タイムキーパー ジェレミー・ピヴェン 山路和弘
カルメン・コルテス アレクサ・ヴェガ 清水理沙
ジュニ・コルテス ダリル・サバラ 常盤祐貴
イサドール・マチェーテ・コルテス ダニー・トレホ セリフなし
コンピュータ(声) ミシェル・ラフ 田中敦子

参考文献[編集]

外部リンク[編集]