ベルボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都のとあるホテルに勤務するベルボーイ(2007年5月19日)

ベルボーイBellboy)とは、ホテルにおけるサービス業の一つ。ベルホップBellhop)やベルマンBellman)、ベルスタッフBellstaff)などとも呼ばれている。女性の場合はベルガールBellgirl)などと呼ばれる。

概要[編集]

ホテルにおいて宿泊客がチェックイン若しくはチェックアウトする際に、客の荷物などを部屋やロビーまで持ち運びし、案内することを業務としている。それ以外にも、客室や非常口などの設備の説明、タクシーの手配も行うなど、基礎的なコンシエルジュとしての役割を果たす場合もある。原則として、ドアマンなどと同様にケピ帽等の制服の着用が義務付けられている。

呼び名の一つであるベルホップという名称は、荷物を持ち運びさせる従業員を呼ぶ際にカウンターにあるベルを鳴らし、そのベルが鳴る度に手空きの従業員が飛ぶ様にやって来た(hop)ことに由来するとされている。

歴史的に、この仕事は新人ホテルマンの登竜門であるとされている。業務に就く上では、客にとっては最も身近な存在となるので、ホテル全体に関する知識や接客技術全般、豊かな社交性、気配りの上手さなどが、必要不可欠な要素となっている。

また、アメリカ合衆国ヨーロッパの大部分の国々では、日本とは違い彼らに対してチップを渡すことが、慣例となっている。

必要とされる資格[編集]

ベルボーイが作中で扱われる作品[編集]

関連項目[編集]