雪の女王 (NHKアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

雪の女王 〜THE SNOW QUEEN〜』(ゆきのじょおう ザ・スノウクイーン)は、アンデルセン生誕200年(2005年4月2日)を記念して制作されたテレビアニメ作品。同名のアンデルセン童話『雪の女王』を元に構成された。2005年5月22日から2006年2月12日までNHKアニメ劇場枠(毎週日曜19時30分 - 19時55分)で放送された。全36話(製作発表時は39話予定)。2006年5月4日5月5日(10時05分 - 11時20分)に総集編が放送された。総集編は全6話。また、2011年4月4日から5月24日まで、NHK BSプレミアムBS深夜アニメ館にて再放送された。

概要[編集]

ストーリーは『雪の女王』をベースとしながら、アンデルセン童話と比較してゲルダの年齢が高めに設定されていたり、ゲルダが自分の明確な意志でカイを探し求める旅に出る、雪の女王を善意の人として描いている、などの改変がある。

また、ゲルダと旅をする吟遊詩人のラギは、アニメオリジナルのキャラクターである。

内容的には「ガンバの冒険」、「白鯨伝説」、「宝島」などの過去の出崎作品同様ロードムービー的な要素が強く、意外にメルヘン色は薄い。また終盤では「復活する魔王との戦い」をメインとしたヒロイックなストーリーも展開された。

他のアンデルセン童話の要素も数多く織り込まれている。特に第19話「マッチ売りの少女」はアンデルセンの原作とおりの悲惨な境遇に憐憫を誘われた視聴者が衝撃を受けた。

また、アンデルセン童話を伝説として紹介した上でアニメオリジナルのストーリーを加えることもある。完全にアニメオリジナルのストーリーも多い。

作画は全体的に劇画風となっている。特徴として静止画が挿入されたり、画面を二分割にしたり、キャラクターをたくさん並べる演出が多用されている。

登場人物[編集]

雪の女王
氷の城に住む女王。オリジナルキャラクターである赤トロルと青トロルを従者としている。自分の城に飾ってあった鏡の破片が目に入ったカイを自分の城に連れ、治るまで彼の面倒を見る優しい一面を持つ一方、彼が風の化身に連れ去られた時、甲冑に身を包んで騎乗して立ち向かうという勇敢な一面を併せ持つ。
ゲルダ
幼馴染のカイが雪の女王に連れ去られたのを受け、周囲がその生存を絶望視する中、ひとり彼を探しに旅に出る。11歳。人間愛に溢れ、他人の善意と良心を信じて疑わない純粋な魂と、一度決めた信念を貫き通す心の強さを兼ね備えた少女。カイ探しの道中、宿を借りる代わりに困っている人を助け、成長していく。旅先で吟遊詩人ラギと出逢い、彼と行動を共にする。ラギとの別れ等といった茨の道の果てに氷の城でカイと再会し、十数年後結ばれる。
本劇中ではラギとともに旅をしたことで心身ともに大きく成長したのか、山賊に対してドロップキック飛び蹴りをして撃破するなど11歳の少女とは到底思えないほどに優れた武技も見せるようになる。
カイ
ゲルダの幼馴染。12歳。普段は心優しい少年だが、鏡の欠片が目に入ったのを境に性格が一変し、冷淡な少年になってしまう。それを哀れんだ雪の女王に氷の城に連れられ、ゲルダが来るまでそこで生活する。
ラギ
オリジナルキャラクター。旅の吟遊詩人。ゲルダと行動を共にする。軍務に就き、部下を率いていた経歴があり、武芸の腕は目を見張るものがある。寡黙で無愛想だが、面倒見が良い。ゲルダと共に氷の城へ向かう途中、氷の裂け目に落ちて死んだかに見えたが、実は生きており、氷の城で彼女と再会した。雪の女王と面識があり、何故自分の部下を見殺しにしたのか彼女に問い直し、助けようとしたが既に手遅れで自分だけしか息がなかったという真実を知った後、氷の城を後にし、ゲルダに別れを告げて去る。

声の出演[編集]

ゲスト[編集]

配役の序列[編集]

川澄綾子が声を演じたゲルダは、雪の女王に次ぐ準主人公[1]であったが、新聞の番組表に川澄の名前が載ったことは一度もなかった。載っていたのは高嶋政宏や仲村トオル、あるいはゲストの芸能人の名前で、監督の出崎統の名前が載ったこともある。また、新聞欄や雑誌のキャスト欄では、NHKの見解としては涼風真世は主演なので筆頭で載るのは当然としている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「スノーダイヤモンド」
作曲・編曲 - 千住明 / バイオリン演奏 - 千住真理子
エンディングテーマ - 「大好きな君に」
作詞・作曲・歌 - 小田和正

挿入歌[編集]

「ホワイト・アンド・ブルー」
作詞 - 津島健太 / 作詞 - 千住明 / 歌 - 涼風真世
「夢であえるね」
作詞 - 津島健太 / 作詞 - 千住明 / 歌 - 川澄綾子

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
第1話 ゲルダとカイ 十川誠志 出崎統 矢野篤 八崎健二 2005年
5月22日
第2話 オーロラの街 高橋滋春 鈴木伸一 5月29日
第3話 鏡のかけら 山崎友正 大河内忍 6月5日
第4話 旅立ち 濁川敦 斎藤浩信 6月12日
第5話 はじめての道 富田祐弘 矢野篤 立中順平 6月19日
第6話 えんどう豆と少女 島田満 熨斗谷充孝 小林ゆかり 6月26日
第7話 悪い王様 中村誠 鏑木ひろ 八崎健二 7月3日
第8話 花園の魔法使い 十川誠志 山崎友正 大河内忍 7月10日
第9話 バラの妖精 岡崎幸男 鈴木伸一 7月17日
第10話 クラウスの夢 富田祐弘 濁川敦 斎藤浩信 7月24日
第11話 赤い靴 島田満 出崎統
四分一節子
熨斗谷充孝 小林ゆかり 7月31日
第12話 幸運の梨の木 十川誠志 出崎統
矢野篤
矢野篤 をがわいちろを 8月7日
第13話 白い馬車 出崎統 鏑木ひろ 八崎健二 8月14日
第14話 道づれ 中村誠 山崎友正 大河内忍 8月21日
第15話 ハンスの挑戦 富田祐弘 岡崎幸男 村上勉 8月28日
第16話 吟遊詩人ラギ 十川誠志 濁川敦 斎藤浩信 9月4日
第17話 あの女はろくでなし 金春智子 矢野篤 望月謙 9月18日
第18話 氷の海へ 島田満 鏑木ひろ 八崎健二 9月25日
第19話 マッチ売りの少女 富田祐弘 榎本守 小林ゆかり 10月2日
第20話 カイへの手紙 (総集編) 10月9日
第21話 3つのくるみ 十川誠志 出崎統 山崎友正 大河内忍 10月16日
第22話 サーカスの奇跡 中村誠 濁川敦 清水義治 10月23日
第23話 パラダイスの園 十川誠志 岡崎幸男 清水恵蔵 10月30日
第24話 月夜の人魚姫 金春智子 本多康之 望月謙 11月6日
第25話 王家の鍵 島田満 鏑木ひろ 八崎健二 11月13日
第26話 ホルガー伝説 十川誠志 熨斗谷充孝 小林ゆかり 11月20日
第27話 大氷河の危機 濁川敦 斎藤浩信 11月27日
第28話 不思議なカラス 富田祐弘 山崎友正 大河内忍 12月4日
第29話 山賊の娘 中村誠 岡崎幸男 清水恵蔵 12月11日
第30話 山賊の掟 島田満 本多康之 望月謙 12月18日
第31話 山賊の絆 鏑木ひろ 八崎健二 2006年
1月8日
第32話 賢者と風使い 金春智子 前島健一 湖川友謙 1月15日
第33話 氷の城 十川誠志 山崎友正 大河内忍 1月22日
第34話 ラギの復活 中村誠 岡崎幸男 清水恵蔵 1月29日
第35話 迫る魔王 十川誠志 濁川敦 斎藤浩信 2月5日
第36話 故郷へ 矢野篤 八崎健二 2月12日

総集編サブタイトル[編集]

  • 第1話 鏡のかけら
  • 第2話 旅のはじまり
  • 第3話 新しい仲間
  • 第4話 オーロラの下で
  • 第5話 悲しみをこえて
  • 第6話 ふたりのバラ

関連書籍[編集]

  • NHKアニメ劇場 雪の女王 (文:中村誠)NHK出版
  • 雪の女王/ピアノ・ソロ・アルバム ドレミ楽譜出版社 2006年1月30日発行

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ だが、作中3話目の最後のセリフ(ラギ:仲村トオル)で、「この物語の主人公・ゲルダ」と明言している。

外部リンク[編集]

NHK総合 NHKアニメ劇場
前番組 番組名 次番組
雪の女王