ラスカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラスカル(Rascal)は、『はるかなるわがラスカル』やそのアニメ作品『あらいぐまラスカル』(とその関連作品)などに登場するアライグマ

概要[編集]

初出は『はるかなるわがラスカル』であり、後述するように実話であり、作者であるスターリング・ノースが少年時代に出会ったアライグマがモデルである。

日本ではその『はるかなるわがラスカル』を原作としたアニメ作品『あらいぐまラスカル』によってその存在を広く知られることとなる。

『はるかなるわがラスカル』でのラスカル[編集]

この『はるかなるわがラスカル』は、その時点では多少の脚色はあるものの、ほぼ実話であり、少年時代の作者が出会ったアライグマがそのモデルとされている。

ディズニー実写版[編集]

1969年の実写版。ラスカル[1]

「世界名作劇場」シリーズでのラスカル[編集]

世界名作劇場」シリーズでは、多くのグッズを制作している。

『あらいぐまラスカル』でのラスカル[編集]

あらいぐまラスカル』は、『はるかなるわがラスカル』を原作とした作品だが、日本では、こちらの方が広く知られている。

アニメ制作当初から、主題歌のオープニングテーマとエンディングテーマの両方の歌詞に「ラスカル」の名が組み込まれる(エンディングテーマでは曲名自体に組み込まれている)ことなど、主人公のスターリング以上の扱いを受けていたが、アニメ終了後もそれは変わらず、世界名作劇場の紹介などでは他の主人公と並んで描かれることが多い。

アニメのデザインは、実際のアライグマよりレッサーパンダに近いものとなっている。

『ピーターパンの冒険』でのラスカル[編集]

ピーターパンの冒険』では、同じ「世界名作劇場」シリーズということもあり、客演している。

『ぽかぽか森のラスカル』でのラスカル[編集]

ぽかぽか森のラスカル』は、『あらいぐまラスカル』の放映開始30周年記念として制作されたアニメ作品であるが、登場人物は擬人化した動物たちであり、その設定は『あらいぐまラスカル』とは無関係なものとなっている。

ラスカル役は、仲西環。ラスカルは、ぽかぽか森に暮らすアライグマという設定になっている。

その他のラスカル[編集]

2011年、日本アニメーションによる「あらいぐまラスカル」放送35周年記念事業の一環として、新たなキャラクターデザインの「RASCAL little trip」「Toy RASCAL」「まるりんラスカル」が発表された[2]

余談[編集]

主に『あらいぐまラスカル』での知名度から、日本ではアライグマの代名詞として「ラスカル」が用いられるケースも見受けられる。

『あらいぐまラスカル』は飼育の難しさから野性に戻すというストーリーであるにもかかわらず、日本では同作品の影響でアライグマを飼う人間が増えたが、その凶暴性や餌の難しさなどから、山などに捨てられ野生化するといった問題が起きた。

脚注[編集]