ピーターパンの冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーターパンの冒険』(ピーターパンのぼうけん)は、フジテレビ系の「ハウス世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。放映期間は1989年1月15日から同年12月24日で全41話。

世界名作劇場
通番 題名 放映期間
第14作 小公子セディ 1988年1月
~1988年12月
第15作 ピーターパンの冒険 1989年1月
~1989年12月
第16作 私のあしながおじさん 1990年1月
~1990年12月

概要[編集]

原作はジェームス・マシュー・バリーの『ピーター・パンとウェンディ』(Peter Pan and Wendy)。魔法や妖精が登場するという、世界名作劇場シリーズでは唯一のファンタジー作品である。ピーター・パンの服の色は茶色である(ディズニーアニメで緑の服が定着しているが、実は原作の服の色は「筋だらけになった枯れ葉と木からにじみ出る汁でできた服」という事になっているため枯れ葉色に近い茶色が原作に近い服の色である)。

前半は原作に沿いネバーランドでの暮らしとフック船長率いる海賊たちとの小競り合いを描く「フック船長編」。後半は原作にはないオリジナルの展開として、魔法の鏡と少女・ルナをめぐり、ピーターパンとフック船長、そして魔女・ダークネスによるネバーランドの存亡を賭けた三つ巴の戦いを描く「ダークネス編」となる。

名作劇場で関連商品がもっとも売れている「あらいぐまラスカル」が客演している。また本作の主人公はウェンディである[1]

登場人物[編集]

ピーターパンの最主要人物[編集]

ピーター・パン
声 - 日高のり子
ウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリング
声 - 松井菜桜子
ジョン・ジュリアン・ダーリング
声 - 羽村京子
銀色のシルクハットをかぶり、蝶ネクタイをしてステッキを持つ。将来の夢は海賊になる事だが、性格は臆病で理屈っぽい。タイガーリリーに恋している。
マイケル・ダーリング
声 - 渕崎ゆり子
無邪気で素直な性格の男の子。しょっちゅうお風呂に入る夢を見ては、おねしょをしてしまう。

ピーターパン以外のネバーランド住民[編集]

ティンカー・ベル
声 - 島本須美
カーリー
声 - 三田ゆう子
度胸があり喧嘩も強い。刺つきの帽子を被っている。
スライトリー
声 - 江森浩子
丸々と太った体に豚のような鼻が特徴。家の仕掛けや乗り物などは彼が作った物。かっこいいメカを見ると、それが海賊の武器であっても見とれてしまう。
トートルズ
声 - 伊倉一恵
原作での名称は、「トゥートルズ」。三人の中で一番背が高い反面、気が小さい。おっとりした心の優しい性格をしている。
ラスカル
声 - なし
ネバーランドに住む野生のアライグマ。ピーターパンの家にしょっちゅう入って来る。
時計ワニ
声 - なし
ネバーランドに住む、頭に花の咲いたワニ。どこかで時計を食べたせいで、お腹から時計の音がする。フック船長の右手を食べて以来味をしめて、彼を食べようと狙っている。頭に2本の花、背中には草のようなものが生えている。空間を自由に行き来する事ができ、神出鬼没に現れる。
人魚達
ネバーランドの人魚の泉に棲む、上半身女性で下半身魚類の精霊。いつもは泉の泡で遊んでいる。ティンカー・ベルの作戦を聞いて、ウェンディたちを泉の中へ引きずり込んで溺れさせようとしてしまった。頭に花を着けた個体や、貝殻の上部分を被った個体がいる。ピーターパンと踊ったことがあるらしい。

ピカニニ族[編集]

ネバーランドに棲むインディアンの集団。初めてのお客さんには姿を見せない仕来りがあるらしい。

タイガーリリー
声 - 川村万梨阿
ピカニニ族族長の娘。気が強く勇敢で、海賊とも対等に渡り合える。「3歳の3月3日の満月の晩に影を踏まれた女の子は踏んだ相手を殺さないと幸せになれない」という言い伝えを信じており、自分の影を踏んだフック船長の命を狙っている。二房の三つ編みとフードをしている。ウェンディと一緒に行動していたこともある。武器は短剣である(19話では剣を使っている)。この作品では、彼女そっくりの少女ルナが登場している。
ピカニニ族族長
声 - 銀河万丈
タイガーリリーの父親でピカニニ族の族長。いつも無愛想な表情をしており、村に行ったら食べられて戻らなくなるという噂でネバーランドの住人から恐れられているが、実際はきさくな性格の持ち主で、会った人たちはピカニニ族の仲間入りをして帰ってこなくなるというのが真実である(劇中では、居心地がよくなったと言われている)。ピーターパンとは旧知の仲で、昔ピーターパンにだまされた事を未だに覚えている。ジョンが歌った歌詞を、呪文だと思い笑い出した描写もあった。

海賊[編集]

フック船長
声 - 大塚周夫
スミー
声 - 緒方賢一
海賊船で裁縫や料理、洗濯など、フック船長の身の回りの世話が主な役割にして水夫長を務めているおじいさん。幼少期のフック船長とその母親を知る数少ない人物。争いを好まず、ピーターパンや子供たちにも優しく接してくれる。フック船長同様、23話で姿を消したが、26話で再登場した。
ビル
声 - 郷里大輔
フック船長の手下。海賊の中で最も大柄な怪力の持ち主。手下たちの間に上下関係は無いが、仕切ることが多くリーダー的存在と見られる。
チェッコ
声 - 山寺宏一
フック船長の手下。海賊の中で一番小柄だが、ナイフ投げの名人でターバンには何本ものナイフを刺している。ずる賢い一面を持つが基本的に間が抜けている。居眠り癖があり、それがフック船長の逆鱗に触れることもしばしば。
アルフ・メンソン
声 - 玄田哲章
フック船長の手下。右目に眼帯を付けていて、骸骨のような顔をしている。凶暴だが怖い話が大の苦手。
スターキー
声 - 平野正人
フック船長の手下。尖った鼻と厚い唇が特徴的。手下の中で唯一、字の読み書きができる(が、少々つたない)。妹がいて、手紙のやり取りもしている。ウェンディを妹と重ね合わせて優しく接してあげたことも。
ロバート
声 - 二又一成
フック船長の手下。色黒で目が大きい。拳銃の使い手で、怖い話が好き。

ダークネス[編集]

ルナ
声 - 川村万梨阿
タイガーリリーそっくりの少女で、ダークネスの孫。ダークネスの野望を阻止するために黒い鏡の鍵を持って逃げ出すが、結局は囚われてしまい、黒い鏡の力で闇の魔女となってしまう。強大な魔力でネバーランドを滅ぼそうとしたが、黒い鏡の中に囚われていた光の心に闇の心が倒された事で光の魔女として覚醒する。
ダークネス
声 - 京田尚子
ダークネスの城に住む魔術師の老婆。黒い鏡の力を使ってネバーランドを支配しようと企む。自分の体が衰えているため、ルナに跡を継がせようと考えている。
黒マントA
声 - 小林通孝
ダークネスの手下。
黒マントB
声 - 島香裕
ダークネスの手下。
黒マントC
声 - 西川幾雄
ダークネスの手下。

その他[編集]

トン・チホーテ
声 - 田の中勇
騎士生活三十年になるおじいさん。強くはないが相当な大ボラ吹きで、フック船長を倒したとデタラメを言いふらした。しかし勇気と目の輝きは本物で、時計ワニを退かせるほど。
プシケ
声 - 神代知衣
常に団体で行動する花の妖精、フローラの子供。ピーターパンをママと呼び懐いている。本当の母親がダークネスに捕まったショックで飛べなくなっていたが、ピーターパンによる猛特訓のおかげで飛べるようになった。
フローラ
声 - 富沢美智恵
フローラのリーダー。フローラは定期的に北の国に咲く花のエキスをとらないと死んでしまうため、飛べないプシケを残して北の国に帰ろうとする。しかしウェンディたちの説得により、彼女だけが最後までプシケを待っていてくれた。
メモリーバード
声 - 辻村真人
雨の巨人の頭の上に住んでいる老鳥で、人間の言葉を話す事ができる。ネバーランドの事は何でも知っている、と言われておりティンカーベルの故郷の事を知っていた。
スチームバード
声 - 不明
ネバーランドに住む、汽車そっくりの鳥。頭の煙突から煙を吹きながら高速で走り回る、その音や様子はまさに汽車そのもの。
ネバーバード
声 - なし
ネバーランドに住む、ペリカンに似た鳥。三年に一度だけ産む卵を食べると、百年長生きできると言われている。

姉弟以外の一般世界住民[編集]

エリザベス・ダーリング
声 - 鈴木弘子
原作での名称は、「メアリー・ダーリング」。ピーターパンに会った事があるらしい。夫のジョージと一緒にパーティーに出かけた。
ジョージ・ダーリング
声 - 玄田哲章
かなり短気で厳格な性格で髭剃りに失敗する事も多い。
ナナ
声 - 山寺宏一
ダーリング家で飼われているメス犬。非常に賢い犬で、子供たちの身の回りの世話もこなす。
ジェーン・モイラー・アンジェラ・ダーリング
声 - 松井菜桜子

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「もう一度ピーターパン」
作詞 - 秋元康 / 作曲 - 井上ヨシマサ / 編曲 - 西平彰 / 歌 - ゆうゆ

エンディングテーマ[編集]

「夢よ開けゴマ!」
作詞 - 秋元康 / 作曲 - 井上ヨシマサ / 編曲 - 西平彰 / 歌 - ゆうゆ

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 作画監督
1 1989年
1月15日
早く来て! みんなの憧れピーターパン 雪室俊一
島田満
- 川崎博嗣
大久保富彦
2 ネバーランドへGo! Go! Go!
3 1月22日 海賊が出た! 夢と冒険の国ネバーランド 雪室俊一 辻伸一
4 1月29日 登場! 時計ワニはフック船長の友だち? 吉田茂承 大久保富彦
5 2月5日 フック船長はミシンの音が大嫌い! 古川順康 川崎博嗣
大久保富彦
6 2月12日 ジョンの初恋? おてんば娘現れる! 楠葉宏三 遊佐和重
7 2月19日 ウェンディ頑張る! 卵は誰にも渡さない 川崎博嗣
大久保富彦
石之博和
8 2月26日 作戦開始! 時計ワニを笑わせろ! 腰繁男 大久保富彦
川崎博嗣
9 3月5日 ネバーランドの法律? 毎日が誕生日だ! 島田満 楠葉宏三
10 3月12日 怪しげな行動! ジョンを尾行しろ 雪室俊一 辻伸一
11 3月19日 新兵器! 水陸両用シンデレラの馬車? 楠葉宏三 遊佐和重
12 3月26日 海賊も逃げる? マイケルの恐い話! 島田満 黒川文男 沖浦啓之
大久保富彦
川崎博嗣
13 4月16日 救出作戦開始! ピーターパンを助けろ 雪室俊一 楠葉宏三 川崎博嗣
大久保富彦
14 4月23日 スノルム山の悪魔とマイケルの勇気 遊佐和重
15 4月30日 フックを裏切れ! 海賊をやめたチェッコ 黒川文男 大久保富彦
川崎博嗣
16 5月7日 ウェンディ怒る! ピーターパンて大嫌い 島田満 楠葉宏三
17 5月14日 ジョンが眠れない! 眠りの精を捕まえろ 雪室俊一 鈴木孝義
辻伸一
遊佐和重
18 5月21日 勇気を示せトートルズ! 海賊の旗を奪え 楠葉宏三 大久保富彦
川崎博嗣
19 5月28日 フックの決意! 消えた海賊船の謎?
20 6月4日 絶体絶命! ウェンディが霧の谷に消えた 島田満 松見真一
斎藤次郎
沖浦啓之
21 6月18日 ウェンディを救え! 命をかけたティンク 楠葉宏三 大久保富彦
川崎博嗣
22 6月25日 秘密兵器始動! フック船長最後の切り札 辻伸一
23 7月9日 謎が深まる! ティンクの故郷を探せ 雪室俊一 楠葉宏三 ふるたしょうじ
24 7月23日 恐ろしい黒マントの集団と謎の美少女! 辻伸一 大久保富彦
川崎博嗣
25 7月30日 お帰りティンク! 妖精の国はふしぎな国 楠葉宏三 石之博和
26 8月6日 復活フック船長! 空飛ぶ海賊船建造計画 島田満 鈴木孝義 川崎博嗣
大久保富彦
27 8月13日 ジョンの憧れ! 木馬に乗った騎士 雪室俊一 横田和善 ふるたしょうじ
28 8月20日 悪魔になったウェンディ 楠葉宏三 沖浦啓之
29 8月27日 妖精プシケ! 勇気を出して飛びたて 島田満
雪室俊一
辻伸一 大久保富彦
30 9月3日 浮上開始! フックの空飛ぶ海賊船 雪室俊一 矢沢則夫 川崎博嗣
31 9月10日 夢がない! 飛べなくなったピーターパン 楠葉宏三 賀川愛
32 9月17日 海賊と一緒に探せ、白い鏡の謎 辻伸一 大久保富彦
33 10月1日 ルナの涙! 私はダークネスの魔女? 古川順康 川崎博嗣
34 10月22日 汽笛が聞こえる? 幽霊機関車を探せ! 楠葉宏三 谷口守泰
35 10月29日 強敵! 手を組んだフックとダークネス 辻伸一 賀川愛
36 11月5日 冒険中止? みんなの胸がドキドキ痛い! 楠葉宏三 大久保冨彦
川崎博嗣
37 11月19日 史上最大の迷路! ダークネス城への道 古川順康
38 12月3日 黒い鏡始動! ネバーランドが大ピンチ 楠葉宏三 賀川愛
39 12月10日 フックの野望! ダークネス城を乗っ取れ 谷口守泰
40 12月17日 最後の決戦! ピーターパン対フック船長 辻伸一 大久保富彦
川崎博嗣
41 12月24日 さよならピーターパン! 夢と冒険の国 黒田昌郎
なかむらたかし

映像ソフト化 [編集]

  • 本編のDVDは2000年3月25日~同年6月25日発売。全10巻。

その他[編集]

  • 世界名作劇場の作品の中で、英国でテレビ放送された唯一の作品。しかしスタッフクレジットに日本人の名前は一切見られず、サブタイトル画面でも「written by Melora Harte」と、英語版の脚本家の名前が大きく書かれ、日本製の作品であるとはわからなくなっている参考。現在はほぼ忘れられた英語版となっている。
  • 初回放送での第1、2話はスペシャル放送で1時間枠で放送された。サブタイトルは第2話のサブタイトルで表記されていた。のちに、スペシャル放送を切り離して新たに第1話と第2話が制作されたが、その際に本編の一部がカットされた。
  • 三瓶由布子が好きなアニメ作品の一つに挙げている。
  • ピーターパン役の日高のり子は当初はヒロインのウェンディ役としてオファーを受けていた。しかし「少年役に挑戦したい」という考えから、日高本人がピーターパン役での出演を希望し、変更になったという経緯がある。

脚注[編集]

  1. ^ マーチャンダイジングライツレポート1988年10月号