ポリアンナ効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリアンナ効果(ポリアンナこうか、: Pollyanna Effect)は、心理学用語のひとつ。1964年アメリカ合衆国の心理学者チャールズ・E・オスグッドが、「書かれた言葉においては、ネガティブ(否定的、悲観的、後ろ向き)な言葉よりもポジティブ(肯定的、楽天的、前向き)な言葉の方が大きな影響を及ぼす」ことを説明するのに使った例え。

一般的には、

  • ポジティブな感情を伴った記憶ほど思い出し易く、ネガティブな感情を伴った記憶は思い出しにくい。
  • 一般に人は肯定的な評価を好む。
  • (特にマスマーケティングにおいて)否定的評価は肯定的な評価に比べて集まりにくい。

などを指す。

これは、1913年エレナ・ホグマン・ポーターが書いたベストセラー小説『少女パレアナ(Pollyanna)』および『パレアナの青春(Pollyanna Grows Up)』(テレビアニメ愛少女ポリアンナ物語」でも知られる)の主人公ポリアンナに由来して名付けられた。

関連項目[編集]