小公子セディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界名作劇場
通番 題名 放映期間
第13作 愛の若草物語 1987年1月
~1987年12月
第14作 小公子セディ 1988年1月
~1988年12月
第15作 ピーターパンの冒険 1989年1月
~1989年12月

小公子セディ』(しょうこうし-)は、フジテレビ系の「世界名作劇場」枠で放映されたテレビアニメ。放映期間は1988年1月10日12月25日で全43話。

原作は、フランシス・ホジソン・バーネットの『小公子』。

概要[編集]

タイトルが「セドリック」(Cedric)ではないのは、視聴者である子供に呼びやすくするためである。日産セドリックは原作「小公子」主人公の名が車名の由来であるが、これらの商標とは関係がない。

原作では主人公の父親が既に他界しているのに対し、本作で生前のストーリーが付与されていた。 放映話数が43話と短くなったため、未使用の伏線や設定があることを当時のスタッフがDVDの解説で述べている。

全体的に原作に準拠した大人しいストーリー設定であり、執拗ないじめシーンが話題になった同じ原作者の作品である『小公女セーラ』のようなヒット作にはならなかった。

オープニングはそれまでの世界名作劇場のオープニングに含まれている要素をすべて盛り込んだと演出した櫻井美知代が述べており、非常に季節感や動きのある美しい内容に仕上がっている。

主演の折笠愛は、この作品が声優デビューとなった。

あらすじ[編集]

ニューヨークのブルックリンに住むセディ(セドリック)は優しい両親や下町の友達に囲まれ、楽しい生活をおくっていた。しかし、セディ(Ceddie)の父親ジェイムズが亡くなってしまう。ジェイムズの死を知ったセディの祖父ドリンコート伯爵は、セディを跡継ぎにするためイギリスに連れて来る。ドリンコート伯爵の方針で母親とも離れ離れに暮らさなければならなかったセディだが、その持ち前の明るさと思いやりで、伯爵の心を溶かしていく・・・。

登場人物[編集]

セドリック・エロル
声 - 折笠愛
愛称セディ。野球好きで、無邪気で優しく思いやりのある少年、おじいさんであるドリンコート伯爵を心から愛し、厳格なおじいさんを変えていく。
ジェイムズ・エロル
声 - 小川真司
セディの父で新聞の編集をしているが、過労が祟って、心筋梗塞のため亡くなる。
アニー・エロル
声 - 宗形智子
セディの母。米国人嫌いの伯爵のため、セディとの別居を強要されてしまうが、その事実を従容として受けとめ、伯爵を義父として立て仰いでいる。ドリンコート邸にそっくりの肖像画(伯爵の奥様の肖像?)があった。
ドリンコート伯爵
声 - 渡部猛
厳格な癇癪持ちでアニーやセディに対し冷たく当たるが、セディの無邪気さと純粋な優しさに心を動かす。持病は痛風である。
ウィリアム・ハビシャム
声 - 阪脩
ドリンコート伯爵家の顧問弁護士。

ニューヨーク編[編集]

キャサリン
声 - 佐久間レイ
セディのニューヨーク時代の友達で、セディのお姉さん格である。
サラ
声 - 吉田理保子
キャサリンの母。アパートの管理人をしている。アニーの良き友人。
サイアス・ホッブス
声 - 上田敏也
八百屋を営む。セディが大好きなおじさんである。しかし、貴族が大嫌いだそうである。
ディック・ティプトン
声 - 柴本広之
靴磨きの職人。セディがイギリスに渡るとき、ネッカチーフを交換した。
エリザ
声 - 横田みはる
セディの通う小学校の先生。
エリック
声 - 伊倉一恵
ミッキー
声 - 三田ゆう子
ロイ
声 - 高山みなみ
セディの友人達。野球が大好きな少年達である。

イギリス編[編集]

メロン夫人
声 - 斉藤昌
ドリンコート伯爵家のメイドの長。母親と別れて暮らすセディに同情し、とても優しい。
ジェファーソン
声 - 北村弘一
ドリンコート伯爵家の執事。
ジェーン・ショート
声 - 山田栄子
セディの付きのメイド。若くてとても優しい。当初はセディを「若君」と呼んでいたが彼と触れ合ううちに「セディ」と呼ぶようになり、主従以上の絆で結ばれる。
ニューイック
声 - 郷里大輔
ドリンコート伯の領地の支配人。ケチで強欲、小作人には冷たい。
コンスタンシア・ロリデル
声 - 水城蘭子
ドリンコート伯の妹でロリデル男爵夫人。セディにとっては大叔母にあたる、セディやアニーに親切なおばあさん。非常におしゃべりで快活な老婦人である。
ハリー・ロリデル
声 - 永井一郎
コンスタンシアの夫、ロリデル男爵。とても無口。
ブリジット
声 - 松井菜桜子
ドリンコート家に長期滞在している。セディの遠縁にあたる少女。米国育ちのセディを小馬鹿にするも、自身が犯した事件をきっかけに和解し、セディとの絆が生まれる。
ハリス夫人
声 - 榊原良子
ブリジットの母親。ドリンコート伯とはかなり縁の近い親戚のようである。セディに対し意地悪である。
ケティ
声 - 島美弥子
英国でアニーが住まわされた家の家政婦のおばあさん。とても親切な人である。
コッキー
声 - 堀江美都子
ドリンコート伯邸の近くに住むおしゃまな少女。両親がおらず祖母であるケティに育てられている。セディを兄と慕い、母と別れて暮らす彼を支えた。原作には登場しない。
モーダント神父
声 - 峰恵研
ドリンコート伯爵領にある教会の司祭。セディの父の若い頃をよく知っている、親切な神父である。村の貧しい人をいろいろ助けて回っている。
ピーター
声 - 鈴木みえ
村の少年。セディには親切で、いろいろな遊びをおしえてくれる。
ビービス
ドリンコート伯爵の息子、ジェイムズの兄。本来の後継者。
ミンナ
声 - 増山江威子
ジェイムズの兄ビービスの元妻(愛人?)と名乗り、ドリンコート伯爵家の跡取りが我が子トムであると名乗りを上げた。
トム
声 - 近藤玲子
ジェイムズの兄の子とされ、セディとは従兄弟という事になっている。
デューガル
ドリンコート伯爵の飼っている大型犬。セディの心が分かった優秀な犬で、セディになついた。
リトルプリンス
セディの為に伯爵がプレゼントした白馬。
シーリム
ドリンコート伯爵の馬。
ライラ
コッキーの飼っている太めの猫。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「ぼくらのセディ」
歌 - 西田ひかる / 作詞 - 山上路夫 / 作曲 - 森田公一 / 編曲 - 大谷和夫
エンディングテーマ - 「誰かを愛するために」
歌 - 西田ひかる / 作詞 - 山上路夫 / 作曲 - 森田公一 / 編曲 - 大谷和夫
シングルは、西田ひかる公式のデビューシングル「フィフティーン」よりも早く発売されている。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 絵コンテ 作画監督
1 1988年
1月10日
ニューヨークはぼくの街! 楠葉宏三 しまだひであき
2 1月17日 ぼくにおじいさんがいた!!
3 1月24日 おじいさんは悪いひと? 本木久年
4 1月31日 ぼくはなにも知らなかった! 前田英美
5 2月7日 死なないで父さん! しまだひであき
6 2月14日 母さん、ぼくは泣かないよ! 池野文雄 山崎登志樹
7 2月21日 ぼくが母さんを守る! 楠葉宏三 本木久年
8 2月28日 母さんは、絶対に悪くない! しまだひであき
9 3月6日 母さんが…倒れた! 池野文雄 山崎登志樹
10 3月13日 いやだ!!イギリスなんか行きたくない! 楠葉宏三 藤井裕子
11 3月20日 ウソだ!!ぼくが貴族になるなんて! 黒田昌郎 しまだひであき
12 3月27日 さようなら!!ぼくの街ニューヨーク! 池野文雄 本木久年
13 4月10日 どうして母さんと離れてくらすの?! 楠葉宏三 山崎登志樹
14 4月17日 猛犬デューガルはぼくの友だち!! 池野文雄 しまだひであき
15 4月24日 母さんの悪口は言わないで!! 楠葉宏三 藤井裕子
16 5月1日 コッキーはおちゃめな女の子!! 櫻井美知代
17 5月8日 うれしい!やっとおじいさんに会える!! 池野文雄 賀川愛
18 5月15日 おじいさん!ぼくがセディです!! しまだひであき
19 5月22日 馬に乗れるなんてほんとうに素敵だ! 山崎登志樹
20 5月29日 おいしい?釣り名人のおくりもの!! 黒田昌郎 しまだひであき
21 6月5日 四ツ葉のクローバーがくれた勇気! 賀川愛
22 6月12日 セディが起こした奇跡!! 楠葉宏三 山崎登志樹
23 6月19日 母親には絶対に会わすな!! 黒田昌郎 しまだひであき
24 6月26日 おじいさんの嫌いなアメリカ人の手紙! 池野文雄 山崎登志樹
25 7月3日 未来の名君セディ、初めての仕事! 楠葉宏三 賀川愛
26 7月10日 落馬!大ケガ!?ぼくが悪いんです! 黒田昌郎 しまだひであき
27 8月14日 いつの日かドリンコート伯爵になる! 池野文雄 山崎登志樹
28 8月21日 プレイボール!伯爵対セディ! 斉藤博 しまだひであき
29 8月28日 伯爵が怒った!ニューイックを呼べ!! 辻伸一 賀川愛
30 9月4日 母さんの病気はぼくがなおす! 黒田昌郎 山崎登志樹
31 9月11日 おじいさんは鬼伯爵なんかじゃない! 鈴木孝義 しまだひであき
32 10月2日 本当だよ!これ母さんの馬車なんだ! 斉藤博 山崎登志樹
33 10月16日 奇跡!きまぐれ?伯爵の決意! 辻伸一 賀川愛
34 10月23日 コッキー危ない!崩れ落ちたレンガ!! 斉藤博 しまだひであき
35 10月30日 助けてセディ!消えたコッキーのなぞ! 山崎登志樹
36 11月6日 サーカスにつれてって!村の収穫祭 鈴木孝義 しまだひであき
37 11月13日 僕におばあさんがいた!母さんの味方? 辻伸一 賀川愛
38 11月20日 危うしセディ!ロンドンからの知らせ!! 楠葉宏三 山崎登志樹
39 11月27日 僕はニセモノ?現れたもう一人の若君! しまだひであき
40 12月4日 僕は、リトルプリンスじゃない! 山崎登志樹
41 12月11日 セディが狙われる?!悪女ミンナの陰謀! 辻伸一 賀川愛
42 12月18日 ミンナの秘密!アメリカからの電報! 楠葉宏三 しまでひであき
43 12月25日 おめでとう!君こそリトルプリンスだ! 山崎登志樹

映像ソフト化[編集]

  • 本編のDVDは2000年3月25日 - 6月25日発売。全10巻。

舞台[編集]

1988年、イマジンミュージカルの制作により、西田ひかる(春公演)、畠田理恵(夏公演)主演で、舞台公演(ミュージカル)も行われた。

コンピュータゲーム[編集]

1988年12月24日にフジテレビよりファミリーコンピュータ用として発売された。ジャンルはアドベンチャーゲーム

セディの家庭教師エンカウントモンスターのように至るところで待ち構えており、それらの敵キャラクターと出会うと突然クイズを出してくるなど、原作やアニメと関係のない突飛な要素が詰め込まれていることから、雑誌『ユーズド・ゲームズ』(のちの『GAME SIDE』)などでバカゲーとして紹介されたことがある。