島田満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

島田 満(しまだ みちる、1959年5月19日- )は、東京都出身の日本女性脚本家である。早稲田大学教育学部国文科卒業。日本脚本家連盟理事。

テレビアニメを執筆の中心にし、1980年代前半のデビューから、2000年代まで20年以上第一線で活躍するベテラン。代表作はテレビアニメ『ロミオの青い空』など。一時期”しまだみちる”名義で活動していた時期があった。

略歴[編集]

幼い頃からディズニー東映動画の長編アニメーションを好んでいたという。

大学在学中には、映画研究会の実写の自主製作映画に3本出演した。1981年、大学3年の時に東映動画が10年ぶりに新人採用を行なうことを知り、演出家の新人研修生の試験を受験。試験には合格したものの、当時の東映動画では女性を演出家として採用しない方針だったため、脚本を執筆したらどうかと勧められた。これにより七條敬三東映動画プロデューサーの下でテレビアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』の脚本を執筆、1982年2月10日放映の第42話「ジャングルの王者パーザン」でデビューを果たした。

番組担当プロデューサーだった七條は、他にもこの番組で井上敏樹を脚本家デビューさせ、タツノコプロ出身の小山高生を東映動画で初めて執筆させるなど、新しい血の導入に積極的だったことが、島田にも幸いした。なおこの時の東映動画の研修生募集の合格者には、演出が、佐藤順一・有迫俊彦・梅澤淳稔・江幡宏之・大久保唯男貝澤幸男・芝田浩樹・島田満・西尾大介。作画が、新井浩一・安藤正浩・井手武生・鈴木郁乃・中鶴勝祥・梨澤孝司・濱洲英喜といった面々である。島田と共に後の東映動画を支えていくメンバーとなっていった。

以後、『Dr.スランプ アラレちゃん』には新人ながらレギュラーとして定着して、1か月に1本のペースで執筆。その後も多くの人気作品に参加し、順調にキャリアを重ねていった。フリーの島田は東映動画以外の作品にも携わり、特に1990年代世界名作劇場日本アニメーション制作)には、島田の存在は欠かせないものであった。

1980年代にはアニメ業界で一種アイドル的な存在で、美人脚本家と謳われた。アニメ雑誌にエッセイや小説を連載。単発の記事にもしばしば登場した。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

イメージアルバム[編集]

著書[編集]

  • ぼくらのペレランディア! (1986年)小説
  • お菓子の国のテディベア(2003年)童話 PHP社(井川恵美 挿絵) 
  • 子どもがスヤスヤ眠る夢みるお話(2005年)童話 PHP社(井川恵美 挿絵) 韓国でも出版された
  • ロミオの青い空 脚本集上・下(2004年)fukkan.com(放送10年後、新作2本の脚本が新しく追加された)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]