キョロちゃん (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キョロちゃん
ジャンル ハイ・ファンタジーブラックユーモア
子供向けアニメ
アニメ
監督 本郷みつる錦織博
シリーズディレクター 本郷みつる
シリーズ構成 影山由美
キャラクターデザイン 高倉静香
音楽 栗コーダーカルテット
アニメーション制作 グループ・タック
製作 テレビ東京NAS
SPEビジュアルワークス
放送局 テレビ東京
放送期間 1999年7月1日 - 2001年3月29日
話数 全91話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

キョロちゃん』は、1999年7月1日から2001年3月29日までテレビ東京系列で放送された、森永製菓の菓子キャラクターキョロちゃんを主人公にしたテレビアニメ。全91話。

概要[編集]

キョロちゃんというキャラクターを使いつつ、ギャグだけでなく寓話的な話やスラップスティックなコメディなど、バラエティに富んだ作品となった。世相や社会を風刺したような、子供向け番組らしからないエピソードもある。もちろん、チョコボールもアニメに登場している。

2007年5月26日からCS放送のキッズステーションで再放送され、2009年7月から独立UHF放送局東京メトロポリタンテレビジョンでも再放送された。過去では、同じCS放送のカートゥーン ネットワークでも森永製菓の提供で再放送されたことがある。

あらすじ[編集]

探検家でもあるマツゲール博士は、エンゼルアイランドの遺跡の探検中に、生まれたばかりの不思議な鳥を発見する。博士はこの鳥に「キョロ」と名付け、探検の相棒として一緒に世界各地を回ることにした。

それから3年後、博士はキョロちゃんのふるさとであるエンゼルアイランドに船で向かっていたときに、嵐に遭遇し船が難破してしまう。キョロちゃんはエンゼルアイランドにたどり着いたものの、マツゲール博士は行方不明になってしまった。エンゼルアイランドでパチクリたちと友達になったキョロちゃんは、博士の無事を祈りつつ、エンゼルアイランドでの生活を始める。


登場キャラクター[編集]

キョロちゃんの登場キャラクターはキョロちゃんを除き、商品キャラクターとしては存在せず、すべてアニメ独自のキャラクターである。世界観をキョロちゃんに合わせているために、エンゼルアイランドの住人やゲスト登場キャラクターは一部例外を除いて、鳥をモチーフにしている。また、キャラクター名は、目やその周辺に関する表現の物からきている(例: キョロちゃん→目をキョロキョロさせる動作から ミッケン→「眉間」から)。

主人公[編集]

キョロちゃん
- 伊東みやこ
設定年齢は8歳で、別名「茶色きタマの勇者」。エンゼルアイランドの神殿の中にあったタマゴから生まれた男の子で、幼少期はマツゲール博士と一緒に世界を探検していた。その後数年を経てさまざまな困難の末、マツゲール博士と別れて、エンゼルアイランドに帰ってくる。
性格は明るく素直でピュアな心を持つが、天然ボケでもあり、本人に悪気はなくともその言動が周囲を混乱させることが多い。
主な特徴はくちばしで、木を切り倒してカヌーを作ったり、落ちてきた巨大な岩を真っ二つにしたり、強力なドリルを破壊することも可能。ダイヤモンドより硬い、硬度11の素材でできている。
優れた運動能力と戦闘能力を持つ。困った時は頭を使えと教わっていたが、掛け算はわからないなど頭は良くない模様。しかし、ある拍子で左脳がずれた時には超天才キョロちゃんに変わり、知能犯による事件を解決したり、科学論文を大学のメジリッジ博士に送ったりもする。
怪盗ギロッシュにあこがれており、ギロッシュを真似て、怪盗キョロッシュになることがある。普段はいい子だが、まれに「悪いキョロちゃん」に豹変して憎めない不良振りを見せることもあった。

キョロちゃんの友人[編集]

パチクリ
声 - 本田貴子
エンゼルアイランドに住む男の子で、キョロちゃんの最初の友達。
ちょっと生意気な感じのいたずらっ子。直感型の思考を持ち、行動力は高い。叔父のメグロと一緒に住んでおり、家事全般を取り仕切っている。
一人称は「おいら」だったが、後に「俺」に変化。空手好き。体の色は青。
クリン
声:上村貴子
パン屋の女の子。おしゃまでかわいらしく、女の子らしい一面を見せることもある反面、ちょっとわがままだったりヒステリックな面を見せることもある。姉のマスカーラが結婚しないことを気にかけている。
方向音痴で、配達の手伝いで失敗したりもする。
ミッケン
声 - 間宮くるみ
常に本(もしくは辞書)をタマゴのから状のズボンの中に入れて持ち歩き、趣味は読書とジグソーパズルという物知りな男の子。キョロちゃん達よりも1歳年下。
いつも礼儀正しく、敬語を使い、子供としては冷静。ピンチに陥ると冷静さを失い泣き出すのが弱点。
知識レベルは非常に高く、大人でさえも舌を巻く博識。しかし、超天才状態の時のキョロちゃんには遥かに及ばない。
よく赤ちゃんに間違えられるのが最大の悩みで、自分の容姿を恨んだこともある。体の色は黄色。

キョロちゃんと一緒に住んでいる、住んでいたキャラクター[編集]

パフー
ストーリー後半から登場したキョロちゃんのペット。エンゼルアイランドにしか存在しない生物で、生物名は「いじけ虫」。その名の通りすぐにいじける性格である。小柄ながら大食であり、躾がしっかりと行き届いていないためにさまざまなことでキョロちゃんを困らせたりもする。「パフー」としか鳴けないが、キョロちゃんに意思を伝えることは可能。名前はその鳴き声に由来している。
マツゲール博士
声 - 納谷六朗(ナレーターも兼任)
登場するキャラクターでは唯一の人間。キョロちゃんの育ての親でもある。研究者であり、冒険者としての面も持つ。何を研究しているかについては触れられていない。
エンゼルアイランドの秘密を探るために再度、エンゼルアイランドにキョロちゃんと一緒に渡り、一時は別れ離れになったが、再会する。その後、また世界を冒険するためにキョロちゃんと離れて暮らしている。
ストーリーの最後に、その回に起きたことをキョロちゃんが手紙に書き、それを受け取ったマツゲール博士が朗読するという演出がある。キョロちゃんの友達が博士に手紙を書く場合もあったり、ストーリーに登場したキャラクターがマツゲール博士に出会うこともある。

キョロちゃんの友人の家族[編集]

メグロ
声 - 水内清光
パチクリの叔父。職業不定。パチクリと2人暮らしだが、家事はすべてパチクリにまかせっきりである。料理は上手いがそれもあまりやらない。その中でシチューが得意料理で、パチクリも彼のシチューが大好物である。
自称「詩人」で川柳をたしなみ、自分の書いた俳句を本にして売っていることもあるらしいが、あまり売れていない[1]
基本的に自由奔放、自適自由な生活をしているために、夕飯のお金を工面することすら困難になる時もある。自由奔放の生活の中にも哲学的思考を基にし、世界を把握しようとしているようにも見られる。そのためか、メグロの書いた絵本には、独特な世界観がある。場合によっては、子供が読むべき物ではない。
一時期、メグロさんブームとして、メグロの服装を真似、メグロのような気の向くままに生活するスタイルが流行ったこともある。
マスカーラ
声 - 金丸日向子
島一番のおいしさを誇るパン屋の店長で、クリンの姉。クリンとの2人暮らしである。
エンゼルアイランドでは右に出るものはいないと言われる美女で、アイドル的存在である。そのため、エンゼルアイランドを紹介したコマーシャルにも出演。基本的な性格は優しいが、おっちょこちょいなのが玉にきず。
多重人格の持ち主でもあり、きれい好きな性格ゆえに汚い部屋に5分以上いると「お掃除戦士」に変身したり、自身の怒りゲージが臨界点を超えると「超怒り戦士マスカーラ」に変身する。しかし、変身した時のことは覚えていない(私物などに関する記憶はある)。
マナジリ
声 - 塩屋浩三
ミッケンの父で、リンクルは母親。ジロリの玩具工場で新型の玩具のデザイナーとして働いている。玩具と子供をこよなく愛す。あまりにもできの良い息子を持つあまり、自分を情けなく思うことがある。
くしゃみが大きい。また危機を感じた時の声が雪崩を起こせるくらいに大きい。
経営コストの削減のための人員整理でリストラ対象になったことがある。リストラ対象になってはいるが、意外にもヒット商品の開発を数多くしている。
リンクル
声 - 定岡小百合
ミッケンの祖母で、マナジリの母である。変な現象が起こっても何でも分かってしまう、ちょっと不思議な老人。
いつもは食べ物に絡んだ会話しかしない、また一緒にいることが多いマクモーとはちぐはぐな会話がほとんど。
若い頃は、スタイルは抜群で綺麗な女性であった。また、都会の料理学校に奨学生として入学した経歴も持つ。その時に、ミッケンの祖父に当たる人と結婚している。お菓子会社にCMソングを作って送り、自身で歌い、出演していたこともある。

よく登場するキャラクター[編集]

グリグリ警部
声 - 森田順平
警察の警部でエンゼルアイランドの警察官の中では一番の能力をもつ。問題が起きたときにはすぐにかけつけるなど頼りがいもあるが、よく失敗もする。
貧乏で甲斐性なしなために、マスカーラに好意を寄せているが告白しようとも踏ん切りがつかず、いつも後手に回っている。
警察官であるが、一度も制服を着ている姿は出てこない。また、パトカーラリーに出るために私用に改造し、レースで使ったことがある。

また、怪盗ギロッシュの正体でもある

マクモー
声 - 大竹宏
一人暮らしで、いつもリンクルと散歩や日向ぼっこに行く。優しく物知りで、自動車の運転免許と、バイクの免許を持っている。
若い頃リンクルに恋をしていたが、リンクルが都会のお菓子つくりの学校に行ってしまったために、結局その恋は成就せずに終わった。
母親を敬愛し、誕生日(命日)の時には必ず、母親の好きだった花を遺影に飾る。
ドン・ジロリ
声 - 梅津秀行
エンゼルアイランドでは右に出るものがいない大富豪で、エンゼルアイランドの経済を取り仕切る人物。元々の系譜をたどると海賊に繋がり、昔から栄えていた名家だが、ジロリの新婚時代は現在のような大富豪ではなく、結婚式も夫婦二人でこぢんまりしたものだった。ラリーを開催できるほどの広さの私有地を持ち、私有地内には豪邸に入りきらないほどの宝物が隠してある。
肩書きは、おもちゃ会社の社長であるが、実際にはおもちゃ製造だけではなく、多種多様なビジネス事業を展開している。しかし、そのビジネスは時には非道かつ冷酷な手段で展開され、さまざまな人から非難の声があがっている。
妻のメメリッチョには頭が上がらないことも多い。その反動からか、高級クラブに通ったりもする。
学生時代は相撲部で、学生横綱に輝いた経歴も持つ。
本作における、主な風刺担当キャラの1人。
メトリ
声 - 橘U子
情報通で、噂好き、流行好きでミーハーなおばさん。元々は宇宙で活躍する、正義の味方として活躍していた異色な経歴を持つ。趣味はコスプレで、政治家やレースクイーンに変身する。
基本的に彼女に情報が漏れた瞬間に、エンゼルフィールド中にその情報は瞬時に伝わってしまう。しかし、その情報は異常にも誇張されたり、ありもしない情報に変わるために、捏造に近くなることもある。スキャンダルが大好きで、常におもしろいネタを探している。キョロちゃん新聞の敏腕編集長として、不正や、政治家の収賄をスクープした。
常に安いものを求め、バーゲンでは敵なしでもある。試食コーナーでウインナー売りのバイトをしていたこともある。
デメントン
声 - 大川透
エンゼルアイランドの現職の総理(大統領)。スキャンダルが多いが、支持率が高いことが特徴。金と権力には目がなく、数度収賄などで逮捕されている。前職のローガンとは、選挙以外のところでもいろいろと競っており、負けず嫌いな性格である。趣味は尺八。
本作における、主な風刺担当キャラの1人。
ローガン
声 - 塩屋浩三
エンゼルアイランドの前職の総理(大統領)で、副総理。次期総理を狙っている。その狼狽した風貌から温厚にも見えるが、意外にせこい。デメントンと同じく、金と権力には目がない。現職のデメントンより年齢は上。遊園地である、エンゼルランドの経営者としての顔ももっている。
本作における、主な風刺担当キャラの1人。
メメリッチョ
声 - 水原リン
ドン・ジロリの妻。夫であるジロリを深く愛しており、ジロリの儲け話を常に応援している。
チロリ・ジロリ
声 - 志賀克也
ドン・ジロリの息子で御曹司。威張りちらし、周囲の迷惑をかえりみず好き放題の、いわゆる悪ガキ。マスカーラさんのことが好きで、時々パンを買いに行っている。
コントとタクト
声 - 喜田あゆみ大平泉
チロリの子分。コントは緑色で背が低く、タクトはピンク色で背が高い。常に一緒に行動しているが、兄弟ではない。

その他のキャラクター[編集]

怪盗ギロッシュ
声 - 森田順平
グリグリ警部の裏の顔である。現在のギロッシュは第128代目で、意外と由緒ある怪盗。信条にもとづき、基本的にお金持ちからしか物を盗まない。
キョロちゃんの憧れの人物であり、ギロッシュ本人も時々目掛けている。
行動・言動は怪盗というよりヒーローのそれに近い。
ニラミ警視
声 - 塩沢兼人納谷六朗[2]
怪盗ギロッシュ逮捕のために都会の警視庁から派遣された警視IQ3000(2000に下がった時がある)で頭脳明晰、宇宙基地のような邸宅に住んでいる御曹司でもあり、目立ちがりやで、プライドが高い。どんな難解な事件も解決してきたが、ギロッシュはキョロちゃんの妨害などを含むさまざまな要因で取り逃している。そろばん検定5級。
シバシバ
声 - 森田順平、定岡小百合
エンゼルアイランドに時折出没する怪物。
マユちゃん
声 - 田中理恵
一般公募によって生まれた女の子のキャラクターで、エンゼルアイランドに引越ししてきたという設定。キョロちゃんたちの友達ということになっている。頭にバンダナをいつも巻いている。エンゼルアイランド一の美少女と言われ、ファンは数多い。多少わがままな性格が玉にきずでもあり、妄想癖気味でもある。「マユ、- かもー!」が口癖。
キョロちゃんと一度付き合っていたが、それはマユちゃんの一方的な思い込みであった。
マユちゃんのお父さん
声 - 大川透
前述のマユちゃんの父。キョロちゃんいわく「笑っていても、怒っていても、顔が怖い」というほどの強面(実際に怒るともっと怖い)。それが原因で、パチクリやミッケンなどがマユちゃんに会いたいと思っても、決心がつかなかった。ただし、娘のマユからはその顔が好きであると言われている。クッキーやお菓子つくりの腕はなかなか。
タナカさん
声 - 堀本等
キョロちゃんの家のテレビから出て来た、棒人間をモチーフにした中年男性。家族は、妻、息子、娘の4人家族で、ペットの犬がいる。
タナカさんが住んでいる世界はパラレルワールドとも言いがたい、まったく別次元の世界である。また、その世界に住むものはすべてタナカさんであり、男女ともに容姿はあまり変わらない。
何より好きなものはお笑いであり、関西人譲りの笑いセンスを持っている。それがきっかけで、仕事を退職して、お笑い芸人になろうとしたことがある。
北風かんたくん
声 - 矢島晶子
冬にキョロちゃんが作った雪だるま。
葉で作った名刺と、にんじんの携帯電話を持ち歩いている。冬の時期にしか来ない。
メンタマルちゃん
声 - 釘宮理恵
メンタマル星に住んでいるメンタマル星人の幼い女の子。
中年男性のような容貌。おならは花のにおいがする。
I-31号
声 - 後藤敦
地球侵略のために宇宙からやってきたロボット。
キョロちゃんを使って侵略をするつもりだったが、本を読み感動し、絵本を読むロボットとして世界各地を回っている。
キョロちゃんからは、あいちゃんと呼ばれている。
いさ子
声 - さねよしいさ子
本編には登場せず、主に番組冒頭の視聴上の注意や次回予告に登場する。円と線で描かれた俗に言う「棒人間」。次回予告ではくだけた口調でお喋りしている。

魔神[編集]

それぞれ、その回で重要な役目を果たす。なお、エンゼルアイランドの地下にも魔神に似たデザインの遺跡がある。マクモー曰く「良い子の願い事を叶えてくれる。悪い子がお願いするとどうなるか」ということから大抵、パチクリがひどい目にあう。

時間の魔神
時間を司る魔神。
分身の魔神
分身を司る魔神。
変身の魔神
変身を司る魔神。3日間の間、その魔人に自身の望むものに変身できる。
キョロちゃんは「魔法使いのおじいさん」、パチクリは「怪獣、映画スター、スーパーヒーロー」のどれになるか悩んでいたが、魔人が煙で囲み、キョロちゃんが「魔法使いの」を付け忘れて「おじいさんになりたい」と言ってしまったため、2人一緒に「ただのおじいさん」に変身してしまった。一度事故で壊れてしまうが、変身から3日目の丁度の時刻に再生し、期限通りにキョロちゃんとパチクリを元の姿に戻した。
ナンモカンモ
キョロちゃんとパチクリが2人一緒に変身した老人の姿。チロリ、クリン、マスカーラと出会った際に、その名前を呼んだことからマスカーラに超能力者と思われてしまい、パチクリの悪知恵により上記の名前を名乗り、チロリに以前、自分に罪を被せたことをマスカーラの前で暴露した。

エンゼルアイランド[編集]

地理[編集]

キョロちゃんたちが住む、地球上にあるとされている架空の島であり、特徴は島の中央部に位置するアーモンド状の火山である、エンゼルマウンテン。標高は3333mで、エンゼルアイランドの観光名所になっている。この島は火山活動が活発で過去にも大規模な地殻変動を繰り返しており、地震がたびたび発生する。

周囲には多数の島が存在する。その他にミカエルアイランドという島があり、エンゼルアイランドからは船で34日と6時間45分かかる[3]

エンゼルフィールドという市街地があり、街道沿いに集落が形成されている。物語は主にここを中心に展開される。その他にフラミンゴシティーという都市が存在する[4]。島の人口は1万人に満たない[5]

政治・司法制度[編集]

総理(大統領)は有権者の直接の投票によって選ばれている。ただし、ここ最近はデメントンとローガンが交互に総理と副総理に就任しているために、政治の停滞を招き、民主主義本来の目的がなされていない。また、エンゼルアイランドの大統領は裁判官も兼ねているので、三権分立が明確に規定されておらず、司法権の独立が果たされていない。検察官は副総理、弁護士警察官(グリグリ警部)が兼務している。

子供にも選挙権が与えられている。しかし、実際に選挙の本当の意味がわかっている子供はミッケンくらいしかいない。

裁判体制は陪審員制度を採用している。

経済[編集]

エンゼルアイランドの経済はジロリ家の資本によって成り立っている。

受験・大学など[編集]

受験戦争は存在しないが、受験自体は存在する[6]。また、ミカエルアイランドには大学が存在する。

交通機関[編集]

バス以外の有効な交通手段は描かれていない。また、飛行場は存在しないが、郵便物を近隣の島まで船で輸送し、そこにある飛行場より全世界へ空輸することは可能である。

風俗[編集]

リコーダーが盛んであり、年に1度「リコーダー祭」が開かれる[7]。また、高級クラブが存在する[8]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

ハレーションサマー」(1話 - 26話)
作詞・作曲 - つんく / 編曲 - 前嶋康明 / 歌 - ココナッツ娘。
「キョロちゃんでしゅ」(27話 - 91話)
作詞 - 横山準、茶々 / 作曲 - 作曲研究所、近田春夫 / 編曲 - 近田春夫 / 歌 - 茶々

エンディングテーマ[編集]

通学路」(1話 - 26話)
作詞・歌 - Whiteberry / 作曲 - 恩田快人 / 編曲 - 坂井紀雄、恩田快人
「キョロちゃん絵かき歌」(27話 - 91話)
作詞 - ほんごうみつる / 作曲 - 栗原正己 / 編曲 - 栗原正己、近藤研二 / 歌 - さねよしいさ子

オリジナル・サウンドトラック[編集]

「キョロちゃん」 オリジナル・サウンドトラック
1999年10月21日発売 ; SPEビジュアルワークス
  1. ハレーションサマー
  2. SUBTITLE
  3. エンゼルアイランドのテーマ
  4. キョロちゃんのテーマ
  5. キョロちゃんマーチ
  6. キョロちゃんブルー
  7. 愉快な仲間
  8. 愉快な仲間
  9. グリグリ警部
  10. 怪盗ギロッシュ
  11. たくらみ
  12. キョロちゃんレゲエ
  13. キョロちゃんレゲエ
  14. キョロちゃんレゲエ
  15. EYE CATCH
  16. キョロちゃんとミッケンくんのRAP
  17. EYE CATCH 2
  18. 総理な人たち
  19. 悪のテーマ
  20. おとぎばなし
  21. シバシバ
  22. ああ悲惨
  23. 勘違い
  24. エンゼルフィールドはお祭り騒ぎ
  25. エンゼルフィールドはお祭り騒ぎ
  26. マツゲール博士
  27. マクモーじいさんとリンクルばあさん
  28. 愉快な仲間
  29. CLOSING
  30. 通学路

各話リスト[編集]

作品中に森永のお菓子が登場したこともあった。

最終回である、第91話の「フエフエ音楽会」では、栗コーダーカルテットのメンバーがゲスト出演。メンバーを鳥に見立てたキャラクターにリコーダーを吹かせる形でも出演している。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 キョロちゃん誕生! 影山由美 本郷みつる 高倉静香 1999年7月1日
2 総理なお仕事 しぎのあきら 岡崎ゆきお 森中正春 1999年7月8日
3 警部グリグリ 山崎たかし 久城りおん 大坪幸麿 1999年7月15日
4 ひとりぼっちの夜 三條なみみ 小林智樹 山本美也 1999年7月22日
5 小さな冒険者たち 堀井明子 津田真一 森脇真琴 なかじまちゅうじ 1999年7月29日
6 時間よ、もどれ! 島田満 志村錠児 矢野篤 東出太 1999年8月5日
7 怪盗ギロッシュ登場 影山由美 三條なみみ 井之川慎太郎 高倉静香 1999年8月12日
8 キョロちゃんママになる 島田満 奥田誠治 太田博光 尾鷲英俊 1999年8月19日
9 踊れ!エンゼル祭 吉田玲子 岡崎ゆきお 森中正春
林一哉
1999年8月26日
10 パン屋さん戦争 影山由美 三條なみみ 岡嶋国敏 大坪幸麿 1999年9月2日
11 メトリさんが通る 吉田玲子 しぎのあきら 小林智樹 山本美也 1999年9月9日
12 怪盗ギロッシュSOS! 島田満 津田真一 湖山禎崇 なかじまちゅうじ 1999年9月16日
13 メグロさんの静かな一日 吉田玲子 本郷みつる 井之川慎太郎 高倉静香 1999年9月23日
14 変身!超キョロちゃん 島田満 奥田誠治 太田博光 尾鷲英俊 1999年9月30日
15 銀行へいこう 影山由美 三條なみみ 高田耕一 諏訪昌夫 1999年10月7日
16 宇宙人さん、いらっしゃい しぎのあきら 小林智樹 山本美也 1999年10月14日
17 はたらくキョロちゃん 吉田玲子 志村錠児 六崎光幸 1999年10月21日
18 グリグリ愛してる 島田満 津田真一 森脇真琴 なかじまちゅうじ 1999年10月28日
19 キョロちゃん毛がはえる 吉田玲子 三條なみみ 太田博光 尾鷲英俊 1999年11月4日
20 闇夜に蠢く 影山由美 矢野篤 高倉静香 1999年11月11日
21 カモカモカモン! 吉田玲子 しぎのあきら 高田耕一 諏訪昌夫 1999年11月18日
22 キョロちゃん新聞 島田満 志村錠児 六崎光幸 1999年11月25日
23 きらきら星の涙 津田真一 森脇真琴 なかじまちゅうじ 1999年12月2日
24 奥さまは太っ腹 吉田玲子 しぎのあきら 小林智樹 山本美也 1999年12月9日
25 故郷がなくなる日 影山由美 三條なみみ 太田博光 尾鷲英俊 1999年12月16日
26 バイバイ!キョロちゃん 小林常夫 矢野篤 高倉静香 1999年12月23日
27 初夢ジャンボゲーム 志村錠児 六崎光幸 2000年1月6日
28 ニラミ警視あらわる 桶谷顕 太田博光 矢野篤 諏訪昌夫 2000年1月13日
29 竜巻と遊ぼう 三條なみみ 小林智樹 山本美也 2000年1月20日
30 キョロちゃんカゼをひく 島田満 津田真一 森脇真琴 なかじまちゅうじ 2000年1月27日
31 冬の雪だるまつり 太田博光 尾鷲英俊 2000年2月3日
32 楽しい怪しい薬屋さん 影山由美 矢野篤 山本美也 2000年2月10日
33 銀河特急でGO! 小林常夫 小林常夫 志村錠児 六崎光幸 2000年2月17日
34 キョロちゃんがいっぱい 島田満 しぎのあきら 矢野篤 林一哉 2000年2月24日
35 ようこそエンゼルアイランドへ 桶谷顕 津田真一 森脇真琴 なかじまちゅうじ 2000年3月2日
36 となりのタナカさん 影山由美 三條なみみ 小林智樹 山本美也 2000年3月9日
37 怪盗ギロッシュ大結婚!? 島田満 太田博光 末吉裕一郎 2000年3月16日
38 ミッケン君の憂鬱 影山由美 志村錠児 六崎光幸 2000年3月23日
39 キョロちゃんVS三つ子ちゃん 吉田玲子 三條なみみ 京田知己 高倉静香 2000年3月30日
40 クリンちゃんの素敵な誕生日 島田満 津田真一 森脇真琴 なかじまちゅうじ 2000年4月6日
41 キョロカーを作ろう 桶谷顕 しぎのあきら 誌村宏明 諏訪昌夫 2000年4月13日
42 走れ!キョロカー 太田博光 尾鷲英俊 2000年4月20日
43 またまたシバシバ 影山由美 三條なみみ 小林智樹 山本美也 2000年4月27日
44 キョロちゃん子分になる[9] 志村錠児 六崎光幸 2000年5月4日
45 発明王キョロちゃん 小林常夫 津田真一 森脇真琴 なかじまちゅうじ 2000年5月11日
46 侵略ロボットI-31号 影山由美 本郷みつる 高倉静香 2000年5月18日
47 燃えよ!パチクリ 桶谷顕 太田博光 尾鷲英俊 2000年5月25日
48 好き好き・マユちゃん 影山由美 しぎのあきら 誌村宏明 諏訪昌夫 2000年6月1日
49 怪盗キョロッシュ登場 島田満 志村錠児 六崎光幸 2000年6月8日
50 みんな、メグロさん 吉田玲子 三條なみみ 小林智樹 山本美也 2000年6月15日
51 ハゲ田チビ丸 島田満 津田真一 太田博光 なかじまちゅうじ 2000年6月22日
52 ドッキリ!お客さま 影山由美 成田歳法 林一哉 2000年6月29日
53 ぱたぱたキョロちゃん 吉田玲子 志村錠児 六崎光幸 2000年7月6日
54 おなかの中の宇宙戦争 桶谷顕 太田博光 尾鷲英俊 2000年7月13日
55 キョロちゃんが止まらない 影山由美 しぎのあきら 誌村宏明 諏訪昌夫 2000年7月20日
56 お坊ちゃまがやって来た 島田満 津田真一 太田博光 なかじまちゅうじ 2000年7月27日
57 パフーと暮らそう 吉田玲子 三條なみみ 小林智樹 山本美也 2000年8月3日
パジャマ・パーティー 影山由美
58 堀の中のキョロちゃん 桶谷顕 太田博光 尾鷲英俊 2000年8月10日
キョロキョロ語講座
59 キョロちゃん便 吉田玲子 志村錠児 六崎光幸 2000年8月17日
お月様のしずく 影山由美
60 ギョロメと遊ぼう 島田満 三條なみみ 樫山聡之 林一哉 2000年8月24日
ミッケン君の逡巡 影山由美 錦織博 誌村宏明 高倉静香
61 ダークキョロちゃん 津田真一 太田博光 なかじまちゅうじ 2000年8月31日
キョロちゃんの眠れナイト 島田満
62 キョロちゃん舞台に立つ 吉田玲子 しぎのあきら 誌村宏明 諏訪昌夫 2000年9月7日
鬼教官マッコイ
63 人気爆発!?パン屋さん 影山由美 太田博光 尾鷲英俊 2000年9月14日
うっかり裁判 桶谷顕 本郷みつる 太田博光
64 パフーの家をつくろう 志村錠児 六崎光幸 2000年9月21日
でかキョロちゃん 影山由美
65 結婚式は大騒ぎ 吉田玲子 三條なみみ 小林智樹 山本美也 2000年9月28日
最高の宝物 影山由美
66 ギョロメ百面相 島田満 津田真一 太田博光 なかじまちゅうじ 2000年10月5日
キョロちゃん歯が抜ける
67 ラッキー!ラッキー! 影山由美 成田歳法 山元秀代 林桂子 2000年10月12日
キョロ爺さん 吉田玲子 三條なみみ 樫山聡之 林一哉
68 ギロッシュVSグリグリ 影山由美 太田博光 尾鷲英俊 2000年10月19日
試食王メトリ 吉田玲子
69 キョロちゃんタマゴになる 桶谷顕 志村錠児 六崎光幸 2000年10月26日
クリンちゃんのメル友
70 回るセールスウーマン 影山由美 しぎのあきら 樫山聡之 諏訪昌夫 2000年11月2日
怪盗キョロッシュ大かつやく 島田満
71 キョロちゃん、決闘する 吉田玲子 津田真一 太田博光 なかじまちゅうじ 2000年11月9日
小さな紙芝居屋さん 影山由美
72 チバシリさん走る 桶谷顕 三條なみみ 小林智樹 山本美也 2000年11月16日
悩めるカミナリ親子
73 キョロちゃんの億万長者 島田満 太田博光 尾鷲英俊 2000年11月23日
想いでのレコード 影山由美
74 天翔るチバシリさん 桶谷顕 志村錠児 六崎光幸 2000年11月30日
キョロちゃん夢をみる 吉田玲子
75 かきかきお絵かき 影山由美 義野利幸 京田知己 林一哉 2000年12月7日
シミシミになろう 桶谷顕 平田豊
76 昼メロの女王 影山由美 津田真一 太田博光 なかじまちゅうじ 2000年12月14日
嗚呼!ドケチの星 島田満
77 恐怖のゆうれい船 吉田玲子 太田博光 尾鷲英俊 2000年12月21日
雪の日のひまわり 島田満
78 キョロちゃんオニになる 影山由美 義野利幸 平田豊 諏訪昌夫 2000年12月28日
キョロちゃんがいない日
79 戦え!キョロレンジャー 吉田玲子 小林智樹 山本美也 2001年1月4日
元気ムキムキ 影山由美
80 ミッケン君の彷徨 青山弘 志村錠児 高田三郎 2001年1月11日
パチクリ忍法帖 桶谷顕
81 テレビ!テレビ! 影山由美 津田真一 太田博光 なかじまちゅうじ 2001年1月18日
雪だるまのお買物 島田満
82 冷蔵庫の秘密 桶谷顕 浜津守 矢野篤 林一哉 2001年1月25日
パフーとパフパフ 影山由美
83 真実の魔神 島田満 太田博光 尾鷲英俊 2001年2月1日
キョロちゃん、弟になる 吉田玲子
84 らぶらぶ♥キョロちゃん 島田満 義野利幸 平田豊 諏訪昌夫 2001年2月8日
となりのタナカさん2 影山由美
85 ニョキ棒で遊ぼう 桶谷顕 小林智樹 山本美也 2001年2月15日
パチクリぢゃ 影山由美
86 恋文(ラブレター) 志村錠児 高田三郎 2001年2月22日
すごい!マナジリさん 吉田玲子
87 むかしむかし 影山由美 津田真一 太田博光 なかじまちゅうじ 2001年3月1日
怪盗ギロッシュ最期の日 島田満
88 I-31号リターンズ 影山由美 浜津守 大西景介 諏訪昌夫 2001年3月8日
ちっちゃいシバシバ
89 誰かがわたしを愛してる 島田満 太田博光 尾鷲英俊 2001年3月15日
ハーブティーの気持ち 影山由美
90 くっついたジロリ 吉田玲子 義野利幸 平田豊 山本美也 2001年3月22日
エンゼルアイランド売ります 影山由美
91 フエフエ音楽会 関島岳郎 本郷みつる 高倉静香 2001年3月29日
不思議なカバン 影山由美 林一哉

映像ソフト[編集]

ビデオシリーズ
VHS。第1話から第56話まで収録。全14巻で各巻4話収録。
ビデオ新シリーズ
VHS。第57話から第91話まで収録。全9巻で各巻4話収録。最終巻のみ3話収録。
おもしろセレクション
VHS / DVD。傑作選。各巻3話収録で全4巻。4巻をセットにしたBOXも発売された。
DVD-BOX
完全初回限定生産。DVD16枚組で全話収録。

漫画版[編集]

アニメ化にともない、小学館別冊コロコロコミックスペシャルにおいて、「フシギなフシギなおかしキャラ キョロちゃんクエッ!」という題名で鈴木伸彦による漫画が1999年8月号から2000年12月号まで連載された。単行本は全1巻。全8話。

アニメの内容とは違い、オリジナルにアレンジされ、アニメ版のストーリーをほぼ踏襲したギャグコメディの内容となっている。

単行本
  • フシギなフシギなおかしキャラ キョロちゃんクエッ!(漫画:鈴木信彦 小学館 てんとう虫コミックス)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第13話「メグロさんの静かな一日」
  2. ^ 放送中に塩沢が死去したため、交代
  3. ^ 第45話「発明王キョロちゃん」
  4. ^ 第38話「ミッケン君の憂鬱」
  5. ^ 第24話「奥様は太っ腹」
  6. ^ 第26話「バイバイ! キョロちゃん」、第40話「クリンちゃんの素敵な誕生日」
  7. ^ 第91話「フエフエ音楽会」
  8. ^ 第46話「侵略ロボットI-31号」
  9. ^ 第44話のエンディングのクレジットは第27話のものになっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 木曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
キョロちゃん