若草のシャルロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
若草のシャルロット
アニメ
監督 岡部英二
シリーズ構成 雪室俊一
脚本 雪室俊一
キャラクターデザイン 高橋信也
音楽 鈴木宏昌
アニメーション制作 日本アニメーション
製作 日本アニメーション、朝日放送
放送局 朝日放送
放送期間 1977年10月29日 - 1978年5月27日
話数 全30話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

若草のシャルロット』(わかくさのシャルロット)は、1977年(昭和52年)10月29日から1978年(昭和53年)5月27日まで、テレビ朝日系で毎週土曜日19:00 - 19:30の枠にて全30話が放送された、朝日放送日本アニメーション製作の少女向けアニメである。

本作の音楽は、『海のトリトン』以来5年ぶりにアニメーションに参加した鈴木宏昌

キャラクターデザイン高橋信也も、本編には全く参加していない。

ストーリー[編集]

カナダケベック州にある、開拓牧場の一人娘・シャルロットは、父・アンドレと平穏に暮らしていた。しかし彼女が12歳の誕生日を迎えると、アンドレは重要な秘密を打ち明ける。母・シモーヌは生きていること、そして自身はフランス大貴族・モントバーン家の跡取りであったが、身分を嫌ってカナダへ渡ってきたことを。

アンドレはシモーヌをフランスから呼び戻そうとしたが、その矢先、事故死してしまう。父亡き後、牧場を乗っ取ろうとする人の陰謀にも負けず、けなげに生きていく。

やがて、母と祖父に会うためフランスへ。謎の少年・ナイトをはじめ人々の蔭からの支えにより、母との再会を果たす。メイフラワーが咲き誇る5月に、シャルは自分の幸せをかみしめると同時に、父が亡くなってからのこれまでの苦労を思い出しながら、助けてくれた人たちへの感謝の気持ちで胸が一杯になるのだった。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「若草のシャルロット」
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲・編曲 - 鈴木宏昌 / 歌 - かおりくみこ
エンディングテーマ「メイフラワー」
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲・編曲 - 鈴木宏昌 / 歌 - かおりくみこ、フィーリング・フリー

両曲を収録したEPレコードは、日本コロムビアから発売された。

声の出演[編集]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 作画監督 放映日
1 誕生日の出来事 岡部英二 北島信幸 1977年
10月29日
2 ママなんかいらない 吉田浩 野沢和夫 11月5日
3 とんでけ!いやな夢 笹木勝 富永貞義 11月12日
4 胸に光る星スピカ 吉田浩 水村十司 11月19日
5 パパは生きている うわ三太 渋谷哲夫 11月26日
6 天国から夢の馬車 笹木勝 富永貞義 12月3日
7 牧場の王女さま 吉田浩 水村十司 12月10日
8 雪のなかのナイト こうたつま 北島信幸 12月17日
9 クリスマスの手紙 吉田浩 須田勝 12月24日
10 春をよぶ雪まつり 永木たつひろ 1978年
1月7日
11 パリからの使者 富永貞義 1月14日
12 大西洋の小さな翼 水村十司 1月21日
13 ママに会える日 小金井華子 須田勝 1月28日
14 貴族なんて大きらい 吉田浩 富永貞義 2月4日
15 ママに会えた朝 岡部英二 北島信幸 2月11日
16 めぐり逢い 笹木勝 水村十司 2月18日
17 75点のしあわせ 吉田浩 富永貞義 2月25日
18 炎のなかの小さな泉 熊瀬哲郎 西城隆詞 3月4日
19 パリにさようなら 吉田浩 水村十司 3月11日
20 海の中の小さなまきば 笹木勝 西城隆詞 3月18日
21 なつかしのアンドレ牧場 岡部英二 富永貞義 3月25日
22 パパの牧場の灯が消える 吉田浩 水村十司 4月1日
23 はじめての野宿 笹木勝 4月8日
24 二つのたたかい 吉田浩 富永貞義 4月15日
25 フロックからの便り 水村十司 4月22日
26 夕やけのマリー 熊瀬哲郎 西城隆詞 4月29日
27 パパの亡霊 吉田浩 富永貞義 5月6日
28 ママが村長に 水村十司
西城隆詞
5月13日
29 花の森の別れ 水村十司 5月20日
30 ビューティフル・メイ!! 富永貞義 5月27日
朝日放送制作 テレビ朝日 土曜19時台前半(1977年10月 - 1978年5月)
前番組 番組名 次番組
若草のシャルロット