レ・ミゼラブル (1998年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レ・ミゼラブル
Les Misérables
監督 ビレ・アウグスト
脚本 ラファエル・イグレシアス
原作 ヴィクトル・ユーゴー
製作 サラ・ラドクリフ
ジェームズ・ゴーマン
出演者 リーアム・ニーソン
音楽 ベイジル・ポールドゥリス
撮影 ヨルゲン・ペルソン
編集 ヤヌス・ビレスコフ=ヤンセン
製作会社 トライスター・ピクチャーズ
マンダレイ・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画/SPE
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年5月1日
日本の旗 1999年2月6日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $14,096,321[1]
テンプレートを表示

レ・ミゼラブル』(原題: Les Misérables)は、1998年アメリカ映画である。原作はヴィクトル・ユーゴー同名小説。本作ではジャン・バルジャンとジャベールの関係に焦点が絞られている。そのため、ジャベール警部の身投げと共に映画は幕を閉じる。

ストーリー[編集]

囚人のジャン・バルジャンは、窃盗の罪で19年間に及ぶ重労働を課された後に保釈されたが、行く先々で宿泊を断られ、屋外で寝ていたところを司教の館に迎え入れられる。しかし、バルジャンは、夜中にそこで銀の食器を盗み、憲兵に捕まってしまう。翌朝、彼を捕らえた憲兵たちに、司教は「銀器は私が与えたものだ」と伝え、銀の燭台も与えてしまう。司教の慈悲を知り、バルジャンは邪悪な魂から解放される。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジャン・バルジャン リーアム・ニーソン 菅生隆之
ジャベール警部 ジェフリー・ラッシュ 金尾哲夫
ファンティーヌ ユマ・サーマン 日野由利加
コゼット クレア・デインズ 小林さやか
幼少期のコゼット ミミ・ニューマン 川田妙子
マリウス・ポンメルシー ハンス・マシソン 石川禅[2]
テナルディエ ジョン・ケニー
テナルディエ夫人 ジリアン・ハンナ
エポニーヌ [3] シルヴィ・コヴィルィズコヴァ
ガブローシュ シェイン・ハーヴィ
アンジョルラス レニー・ジェームズ
カルノー ジョン・マッグリン
ボーヴェ リーネ・ブリュノルフソン 塩屋浩三
司教 ピーター・ヴォーン 内田稔

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Les Miserables (1998)” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月19日閲覧。
  2. ^ 舞台版でもマリウス・ポンメルシー役を演じている。
  3. ^ 前述のとおり、バルジャンとジャベールの関係に焦点を当てた脚本のため、成人後のエポニーヌは全く登場しない。バルジャンがコゼットをテナルディエから引き取る場面で幼少期の姿が何カットか映る程度でセリフも無い。

外部リンク[編集]