フック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フック
Hook
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ジム・V・ハート
マライア・スコッチ・マルモ
原案 ジム・V・ハート
ニック・キャッスル
原作 J・M・バリー
製作 キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
ジェラルド・R・モーレン
製作総指揮 ジム・V・ハート
ドディ・アルファイド
出演者 ロビン・ウィリアムズ
ダスティン・ホフマン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ディーン・カンディ
編集 マイケル・カーン
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年12月11日
日本の旗 1992年6月20日
上映時間 144分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $70,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $300,854,823[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $119,654,823[1]
日本の旗 23.3億円[2] (配給収入)
テンプレートを表示

フック』(原題: Hook)は、1991年公開のアメリカ映画

40歳の大人になった永遠の子供、ピーター・パンが、宿敵フック船長と再び闘うSFコメディファンタジーアクション作品。ヒット・メーカーとして有名なスティーヴン・スピルバーグ監督作品として話題になった。日本での公開は1992年6月。

ピーター・パンの作品が大好きで、映画化をかねてから熱望していたスティーヴン・スピルバーグが7000万ドルの制作費を投じて作ったファンタジーコメディー超大作。

ストーリー[編集]

40歳の弁護士であるピーター・バニングは、アメリカの企業付きの弁護士で猛烈な仕事人間であり、家族を省みずに仕事に熱中するあまり、家族から軽蔑されていた。そんな一家が妻の祖母・ウェンディのいるイギリスに里帰りした晩、子供達が何者かに誘拐されてしまう。誘拐犯が残した脅迫状には、フック船長の名前が記してあった。

途方に暮れていたバニングに、祖母であるウェンディは、バニングこそがかつてのピーター・パンであったことを告げる。しかし、かつての記憶を完全になくし、自分がピーター・パンであったことすらも忘れてしまったバニングは、すぐには信じようとしない。そんな時、突然妖精のティンカーベルが現れた。バニングはティンカーベルと共にさらわれた子供たちを救うために、半ば強引に連れ去られる形で再びネバー・ランドへと向かう。

ネバーランドに暮らすロストボーイたちはピーター・パンの帰還を聞いて喜ぶが、目の前に現れたよれよれの中年男がかつてのピーター・パンであるとは信じられず、ロストボーイのリーダーである少年ルフィオも彼を断じて認めようとしなかった。しかし、彼に寄り添った1人のロストボーイの少年の言葉に、子供たちはバニングが本物のピーターパンであると信じるようになり、彼が再びピーターパンとなって空を飛べるよう、協力して特訓に精を出すのだった。

一方、バニングの子供であるジャックとマギーをさらったフック船長は、ろくに父親に顧みられることのなかったジャックの心情に漬け込み、自分が本当の父親だと吹き込んでジャックを懐柔してしまう。フック船長のカギ爪を盗むため、海賊たちのベースボール大会に忍び込んだバニングは、ジャックがフックを父親として慕っている状況を目撃し、奮起して空飛ぶ力を取り戻そうと決意して諦めずに空を飛ぼうとする。そのはずみで自分がかつて住んでいた家の中に転がり落ちたジャックは、部屋の中を見渡す内に、ついにピーター・パンとしての記憶と空飛ぶ能力を取り戻す。

武装したロストボーイたちと共にフックの海賊船に乗り込んだバニングは、フック船長の相手をルフィオに任せ、子供たちをようやく保護する。一方、フック船長相手に奮戦していたルフィオは次第に追い詰められ、剣に胸を貫かれて絶命してしまう。子供たちのためにその場を去ろうとするも、執念深く復讐を遂げようとするフック船長の言葉を聞いて決着をつけることを決意し、ついにバニングとフック船長の一騎打ちが始まった。卑怯な手段でバニングを追い詰めたフック船長だが、すんでの所でロストボーイたちがフック船長の嫌いな時計を一斉に取り出した。時計の音に苦しみながら慌てふためくフック船長に、巨大なワニのハリボテが倒れこんだ。そして、フック船長はワニの口に飲み込まれて消え去ってしまった。

全てが終わった後、別れの寂しさに沈むロストボーイたちを元気づけたバニングは、ロストボーイの1人、サッドバッドをピーター・パンの後継者に指名し、ピーター・パンの剣を託して家族の待つ現実世界へと帰っていくのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

興行収入[編集]

  • 北アメリカ:約1億1600万ドル[1]
  • 全世界:約3億ドル[1]

ゲーム[編集]

映画を原作としたアクションゲームエピックソニーレコードより発売される。

大人になり、飛ぶことを忘れたピーターパンのための練習モードが存在する。

それとは別に以下のゲームが存在する。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Hook (1998)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月9日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去配給収入上位作品 (配給収入10億円以上番組) 1992年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]