楠葉宏三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

楠葉 宏三(くすば こうぞう、1947年 - )は日本男性アニメーション作家監督愛媛県出身。

略歴・人物[編集]

1971年東京ムービーに入社。日本アニメーションに移籍後、1981年に『フーセンのドラ太郎』で監督デビュー。『世界名作劇場』シリーズの中期から後期の作品を担当し、シリーズ最多7本の監督を務める。2004年よりフリーランス。2005年4月からリニューアルした『ドラえもん』の総監督に就任した。

映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』では総監督として外部打ち合わせや制作現場の環境整備などを務め(実制作のほとんどは監督の渡辺歩に任せっきりだったという)、原作漫画を上手く脚本に置き換える作業などを行った。2010年度の映画『ドラえもん のび太の人魚大海戦』では、総監督ではなく監督に選ばれている。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

世界名作劇場・完結版[編集]

  • 2000年-2001年にかけてBSフジにて放送された再編集版 (全23作品の構成・監督を担当)

脚注[編集]

  1. ^ 第52話で斎藤博監督降板後、実際には監督業をやっていた。
  2. ^ 国内未放送分を担当(第27話-第50話)。国内放送分の第1話-第26話の監督は杉山卓が担当
  3. ^ 2005年4月15日放送分より2012年12月31日放送分までクレジット。

関連項目[編集]