デュエル・マスターズ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デュエル・マスターズ
ジャンル カードゲーム
漫画:デュエル・マスターズ
作者 松本しげのぶ
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 1999年5月号 - 2005年3月号
巻数 全17巻
漫画:デュエル・マスターズFE
作者 松本しげのぶ
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 2005年4月号 - 2008年6月号
巻数 全12巻
漫画:デュエル・マスターズSX
作者 松本しげのぶ
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 2008年7月号 - 2011年3月号
巻数 全9巻
漫画:デュエル・マスターズビクトリー
作者 松本しげのぶ
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 2011年4月号 - 2014年3月号
巻数 全10巻
漫画:デュエル・マスターズVS
作者 松本しげのぶ
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 2014年4月号 -
テンプレート - ノート

デュエル・マスターズ』は、トレーディングカードゲームマジック:ザ・ギャザリング」および「デュエル・マスターズ」を題材にした、1999年5月号から『月刊コロコロコミック』で連載されている松本しげのぶ作の漫画、またはそれを原作としたテレビアニメである。

目次

概要[編集]

1999年、当時流行していたトレーディングカードゲームの元祖である『マジック:ザ・ギャザリング』を主題に据えた漫画として連載開始。2002年、『コロコロコミック』の出版社である小学館とマジック:ザ・ギャザリングの発売元であるウィザーズ・オブ・ザ・コーストの協力で、マジック:ザ・ギャザリングのゲームシステムを基盤に、主要対象年齢を『コロコロコミック』の読者層に設定した新カードゲーム『デュエル・マスターズ』が開発された。これを機に、作品はデュエル・マスターズカードを題材とした内容に変更、現在まで続くスタイルを確立した。この変更にともない、単行本第7巻からタイトルロゴが一新された。

ただし連載の途中で題材を変えたり、連載が10年以上もの長期だったために物語上矛盾や不自然な点が非常に多い。また、連載開始当初はゲームの進行状況が曖昧だったが、デュエルの神殿編中盤から各プレイヤーのターンがより細かく描写されるようになり、ゲーム進行が明確になった。一方、近年はクライマックスシーンなどゲーム描写の一部のみがクロースアップされるなど、細部まで描かれない傾向にある。

これまでに2度リニューアルされている。

  • 第1部『デュエル・マスターズ』(1999年5月号 - 2005年3月号・全17巻)
  • 第2部『デュエル・マスターズFE(ファイティングエッジ)』(2005年4月号 - 2008年6月号・全12巻)
  • 第3部『デュエル・マスターズSX(スタークロス)』(2008年7月号 - 2011年3月号・全9巻)

現在は下記の新シリーズを連載している。

  • デュエル・マスターズビクトリー』(2011年4月号 - 2014年3月号・全10巻)
  • デュエル・マスターズVS(バーサス)』(2014年4月号 - 連載中)

その他のDM漫画に『デュエル・マスターズ外伝』(『別冊コロコロコミック』連載・全1巻)・『デュエル・マスターズファイトッ!』(『コロコロイチバン!』・連載終了)・夢実テルが主人公を勤める『新星輝デュエル・マスターズフラッシュ』(『別冊コロコロコミック』・全1巻)・火文明を舞台にした『デュエル・マスターズファイター焔』(作者:足立たかふみ 『別冊コロコロコミック』・全2巻)・『デュエル・マスターズ激王伝ゲット』(作者:倉谷友也 『別冊コロコロコミック』・全2巻)・『デュエル・マスターズ覇王伝 ガチ!!』(作者:藤崎聖人 『コロコロG』・全2巻)・『Duel Masters Rev.』(作者:高橋伸輔 『週刊少年サンデー』)などもある。

カードゲームに関するテクニカルアドバイザーとして、無印第1巻からFE第3巻まで中村聡が、FE第4巻以降は真木孝一郎が起用されている。

あらすじ[編集]

デュエル・マスターズ[編集]

デュエルの神殿編(1 - 7巻)[編集]

本作は、デュエリスト「NAC(ナック)」が日本に帰国するところから始まる。勝舞はこの時、父・勝利が行方不明ということを知る。

勝舞はその後、「黒い死神」と呼ばれる黒城とデュエルをするも僅差で敗れるが、この敗北を通じてもっと強くなることを決意し、デュエルの神殿で修行を始める。苦しい修行の末、勝舞はデュエルの神殿を卒業し、白凰が率いる日本最強のチーム「白い騎士団」に加入するよう求められるが、勝舞は白凰の他人を切り捨てる性格を知り激怒、加入を拒否する。

そして勝舞は白凰の部下、白い騎士団四天衆とデュエルすることになる。果たして白凰の考えとは。

バトルアリーナ編(8 - 13巻)[編集]

デュエルの神殿での修行を終えた勝舞は、赤ちゃんデュエリストのジョージと出会う。厳しい修行に耐えられないというジョージの話を聞いた勝舞は、ジョージの師匠のDr.ルートに挑むが敗北。勝舞は瀕死になり、Dr.ルートの手術を受けるも、自分の未熟さと敗北の恐さを知り、デュエルができなくなってしまう。しかし、白凰とジョージの言葉がその恐怖心を打ち砕く。その後は勝舞もDr.ルートのもとで、白凰やミミらと共に修行を開始する。

月日は流れ、勝舞は白凰、ミミ、ジョージと共にバトルアリーナに参加。トーナメント出場を果たしたのは、勝舞、白凰、ミミ、黒城などの他に、バケツマン、不亞幽といった謎のデュエリストもいた。彼らの正体とは。

不亞城編(14 - 17巻)[編集]

バトルアリーナで勝舞は不亞幽を倒し日本一のデュエリストになったが、決勝戦終了後、ボルメテウス・ホワイト・ドラゴンの覚醒と同時に、不亞幽の兄であるザキラが登場する。勝舞達は、幽が兄・ザキラに利用され悪事を働いていたことを知る。ザキラのやり方に激怒した勝舞はザキラの後を追いデュエルをするが、ザキラの圧倒的な力の前に敗北寸前に追い詰められる。そこへDr.ルートが登場し、ザキラは白凰の記憶を奪い逃走。勝舞とれく太は、白凰の記憶を取り戻すために旅に出る。

ザキラ率いる謎のデュエリスト集団、その正体と目的とは。

デュエル・マスターズFE[編集]

スペイン編(1 - 4巻の途中)[編集]

ザキラに敗れた勝舞は、さらに強くなるためスペインへ旅立つ。スペインで、死んだと聞かされていた父・勝利と再会。黒城とも再会しつつデュエルに敗北後、勝舞は地獄の特訓を開始。その頃ザキラはデュエルマスターのトーイを倒し、デュエルマスターの居場所を見つけ出し、アフターR(レボリューション)を各国に派遣する。修行中の勝舞と黒城の元にも、ザキラの送り込んだリッチ&シズカが襲い掛かるが、勝舞と黒城はこれを撃退。勝舞は次なるデュエルマスターを探すためにエジプトに向かう。直後、洗脳された白凰(ホワイト)が勝利の元にやってきて、勝利を倒す。

エジプト編(4巻の途中 - 7巻の途中)[編集]

勝舞、れく太、エスメラルダ、キュースマンの一行は途中で散り散りとなり、勝舞は何とかエジプトへ到着。そして、現地で出会ったデュエリストのホルス、ジェドと共に「楽園」と呼ばれている場所へ向かう。しかし、それは天帝トトがデュエルマスターを捕まえるための罠だった。勝舞はトトにデュエルを挑むも敗北し、敗北後に勝舞はれく太、エスメラルダ、キュースマンと再会。ジェドとホルスもトトによって強制的にデュエルさせられる。そんな中、れく太が偶然持っていた勝利のカードを勝舞は受け取り、それを使い新たなデッキを組み始める。ジェドに勝利したデュエルマスター・ホルスは、現れたザキラに捕えられる。勝舞は再びトトに挑み、エスメラルダはザキラと闘う。それぞれ勝舞とザキラが勝利するが、そこに現れたルートの協力でホルスとエスメラルダとトーイは救出され、勝舞達は日本へ向かう。

世界大会編(7巻の途中 - 12巻)[編集]

日本に帰国した勝舞達は空港でミミ達と再会し、Dr.ルートの一番弟子である天地龍牙と出会う。世界大会前日の夜、Dr.ルートの家にデュエルマスターを探しにきたバベルがルートとデュエルをし、勝舞とボルメテウス・武者・ドラゴンの力によりバベルは命を助けられる。このデュエルにおいてルートが使った神のカードが世界中に放った光や、その後の勝舞とのデュエルによって白凰は記憶を取り戻す。翌日に開催された世界大会、ガルドは大会開始より数時間後、前回と同様に世界大会の崩壊およびデュエリスト全滅を画策。UFO内部にてガルドメンバーが集結している中、記憶の戻った白凰は回復中のザキラを殺そうとしたが、イエスマンに阻まれてデュエルとなり、白凰は倒されて地の底に沈められる。激怒する勝舞はザキラにデュエルを挑み、勝利する。すると、デュエルマスターの証が勝舞のもとに集まり、白凰を蘇らせる。

デュエル・マスターズSX[編集]

ザキラ率いるガルドとの戦いが終わり、勝舞達は毎日デュエルを楽しんでいた。一方、ガルドは南極にて「別任務」を行っていたキサナドゥを迎えにいく。しかしキサナドゥは「自分はキサナドゥではなく、地上最初の決闘者『アダム』の部下である」と名乗り、ガルドメンバーのデュエル以外では死なない能力を消し、UFOとメンバーの大半を爆破する。ザキラとデュエルを行い敗北するも、自分の分身によって生き残ったガルドメンバーを殲滅し、ザキラを拉致する。たった1人逃げ延びたアッシュは勝舞達に助けを求める。南極に着いた勝舞達の前に、復活したアダムと、その親衛隊が現れる。勝舞達はザキラを救うため、サドネス、テラー、パッション、ハプニングを倒す。一方で、白凰、れく太、ミミ、龍牙は倒され、アッシュも捕まってしまう。ザキラもアダムを倒そうとしたがアダムの圧倒さにより、アッシュと共に死んでしまう。そんな危機的状況の中、勝舞はアダムの元へたどり着き、最終決戦に挑む。激しいデュエルの末、アダムは改心し勝舞や全人類と共に世界の滅亡を食い止めた。勝舞のデュエルマスターの力により、仲間達は蘇った。皆と再開するのもつかの間、折れた塔が勝舞の上に落下していき・・・。

デュエル・マスターズビクトリー[編集]

ドラゴン龍編(1 - 4巻)[編集]

勝舞の消息から更に月日は流れ、今度の主人公は勝舞の弟の勝太。しかし、あまりに強すぎた勝舞の実力と名声は逆に劣等感となり、勝太はデュエマが大嫌いだった。そんな時、町で最強と謳われるドラゴン龍とのデュエマに巻き込まれた事から、ドラゴンへの敵愾心と敗北の悔しさからのデュエマへの勝太のチャレンジが始まった。そして、ぶっちゃけやヨーデル、べんちゃん達デュエ友との出会い、更に何時の間にか勝太達は宇宙規模のとんでもないトラブルが地球に迫っている事を知り、"永遠のプリンプリン"のカードを巡ってドラゴン、オンセン達ライバルとの壮大なる闘いが幕を開ける。

クラス編(5 - 7巻)[編集]

オンセン達"エイリアン"との熾烈な戦いが終わり、勝太達のクラス5年2組でもデュエマは大人気。いつものぶっちゃけ達3バカの他にも個性的なクラスメイト達に囲まれたありふれた日常の毎日も、アイドルグループ"YA・RA・SI"の出現と共に終わりを告げる…。果たして勝太は平和な日常を取り戻せるのか?

カツドン編(8 - 10巻)[編集]

やっと平和な日常に戻ったらしい勝太の廻りに、再び怪しい影が忍び寄る。勝太がサッカーの試合をしていたとき、どこからか現れた謎の生き物。勝太はその生き物を"カツドン"と名付け一緒に暮らすことになる。そんな時に現れたクリーチャー戦士や周囲に集まる異様な"お友達"連中、更には勝太の周囲も何やらおかしな事になり…。やがて勝太とカツドンの凸凹コンビは、強大な敵と巨大な野望との戦いに再三再四身を投じる事となる。…果たして勝太達に安寧の日々は訪れるのか?戦え勝太!がんばれカツドン!今日もカレーパンが君達を待っている!

デュエル・マスターズVS[編集]

ハンターとエイリアンからオラクルとアウトレイジに架けての戦いは苛烈なものとなり、その影響でデュエマの聖地と呼ばれてきた八尾町では"デュエマ禁止令"が発令されてしまった…。それから2年、勝太は14歳、中学2年となっていた。デュエマ解禁セレモニーのさなかにカレーパンを巡って諍いとなったが勝太はもう、自分のデッキがない。そこで勢いで出掛けた町の外れで"カードショップ滝川"を発見、入院中の同室だった滝川るるに再会する。彼女は勝太の為に組んだ新しいデッキを託す。再びデュエマに身を投じた勝太の前に、かつてのクラスメイトで別の学校に進学したべんちゃんや、デュエマ最強の男と謳われているルシファー達四天王が現れ、昨日の友は今日の敵、そして勝太が新たなデュエマの世界"ドラゴン・サーガ"及び"龍解"の存在を知った時から、再び謎の陰謀が日常に翳を落とす…。

登場人物[編集]

主人公[編集]

切札 勝舞(きりふだ しょうぶ)
- 小林由美子
初代主人公。デュエルバカと呼ばれるほどのデュエル好き。口調は少し荒っぽく、敬語を使うことはほとんどない。自信家で負けず嫌い、懐が深く大らかな熱血少年。名前の読みは「切り札」と「勝負」から。
マジック:ザ・ギャザリング時代
伝説のデュエル・マスター切札勝利(マジック:ザ・ギャザリング時代の設定)の息子。
黒城に敗れたことがきっかけで神殿に向かい修行。当初は「スリヴァー」や「地震」を中心とした赤緑速攻デッキを使っていたが、透達とのデュエルをきっかけにスリヴァーデッキを封印する。
デュエル・マスターズカード時代
小学5年生。FE1巻から小学6年生。デュエルが大好きで、父・勝利から教わった「勝っても負けてもデュエルが終われば友達」という言葉を常に信じてデュエルを楽しみ、自分・仲間・デッキ・ドラゴンを信じて最後まで戦う。誕生日は10月7日。
無印にて不亞城へ向かいザキラと戦い、後一歩のところでシールド・トリガーで勝機を逃し敗北。FEではスペインへ修行に向かい、父・勝利や黒城と再会。リッチを倒した後、エスメラルダとともにエジプトに向かう。エジプトではトトに一度は敗れるが、2戦目で倒す。その後Dr.ルートによって日本に帰り、翌日に世界大会に出場。大会中、白凰を殺された怒りからザキラと再び激突。追い詰められるが、「超聖竜ボルフェウス・ヘヴン」と「ラスト・バイオレンス」で勝利し、デュエルを愛する心を認められ、デュエルマスターの証を得る。
『ビクトリー』時代
アダムとのデュエマの後、折れた塔に埋もれ海に沈んだ(そのため、大規模な葬式まで行われた)と思われたが、無事に生還している。しかし、その時のショックか記憶喪失になり、自分が凄いデュエリストだということすら忘れている。現在は映画スターやメジャーリーガーなど数々の職業を転々とし、自分探しの旅に出ている。勝太とはたびたび会っており、そのたび勝太は説得しているらしい。数年たってもデュエマの実力は変わらず、クリーチャーと会話が出来る能力も健在。アニメ版でも旅に出ており、何日も帰ってきていないのだが詳細、目的は不明。尚、彼の功績を記念し銅像が建立されている[1]
  • 切り札
    • 「地震」(マジック:ザ:ギャザリング時代) / 「シヴ山のドラゴン」(マジック:ザ・ギャザリング時代) / 「クリムゾン・ワイバーン」 / 「機神装甲ヴァルボーグ」
  • 切り札ドラゴン
    • 「ボルシャック・ドラゴン」 / 「バルキリー・ドラゴン」 / 「バザガジール・ドラゴン」 / 「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」 / 「ボルバルザーク・紫電・ドラゴン」 / 「聖霊龍騎セイント・ボルシャック」 / 「戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ」 / 「超聖竜シデン・ギャラクシー」 / 「ボルシャック・NEX(ネックス)」 / 「神羅ドラグ・ムーン」 / 「超竜サンバースト・NEX」 / 「神羅ライジング・NEX」 / 「ボルシャック・クロス・NEX」 / 「爆龍トルネードシヴァXX(ダブルクロス)」 / 「時空の火焔ボルシャック・ドラゴン、勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス」 / 「時空の剣士GENJI(ゲンジ)・XX、剣豪の覚醒者クリムゾンGENJI・XX」 / 「時空の支配者ディアボロスZ(ゼータ)、最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ」 / 「時空の神風ストーム・カイザーXX、奇跡の覚醒者ファイナルストームXX・NEX」
      アニメでは火文明を軸にしたドラゴンデッキを使用。
切札 勝太(きりふだ かった)
声 - 小林由美子
二代目(『ビクトリー』以降)主人公。『スタークロス』で、アダムVS 勝舞のデュエマ中、勝舞の回想シーンで初登場。名前の読みは「切り札」と「勝った」から。
勝舞の弟。生まれてから意識がないらしく、本編では詳しいことが何も明かされていない[2]。その後、勝舞のデュエルマスターの力で仮死状態から目覚め現在に至る(ちなみに目覚めたきっかけを作ったのは好物であるカレーパン[3])。兄の勝舞と比べられるためデュエマは嫌いなのだったが、仲間達につれられていく内にデュエリストとして成長してき、いつしかコンプレックスを克服してデュエマ嫌いもなくなり、当代最強デュエリストとしての名声(いわゆる"レジェンド")を博する。更に『VS』では2年ぶりに"デュエ魂"に燃え、"龍解"にも目覚めていく。彼の額にVの文字が浮かび上がる時は"ビクトリーモード"となり、性格が180度変わってカードの声が聞けるなど勝舞と同じ能力を持つ。勉強はあまりできず、べんちゃんの「石橋を叩いて(渡る)」という質問に「巨大UFOを呼ぶ」と間違えた。カレーパンが大好きで、一店舗分のカレーパンを平らげ入店禁止を食らっていることもある。逆にアンパンが嫌い。また、『VS』では伸びていた後ろ髪を切り落としており、全体的に髪の毛のボリュームが若干減っている。
当初は勝舞と同じ火・自然文明を使い、後に火・闇文明のヒューマノイドやレッド・コマンド・ドラゴンを中心としたデッキ、そして『カツドン編』及びアニメ『ビクトリーV3』では水・火文明のアウトレイジ中心のデッキを使う。更に『VS』からは新しい火文明中心デッキ『熱血の戦闘龍』をるるに組んでもらい、以降の自デッキとする。
  • 切り札
    • 「機神勇者スタートダッシュ・バスター」 / 「激竜王ガイアール・オウドラゴン」 / 「狼虎サンダー・ブレード」 / 「雷獣ヴォルグ・ティーガー」 / 「星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン」 / 「暗黒GUY(ガイ)・ゼロ・ロマノフ」(漫画) / 「爆裂ダッシュ!グレンセーバー政」(漫画) / 「唯我独尊ガイアール・オレドラゴン」(アニメ) / 「無限鉄拳オニナグリ」 / 「黄金世代(ゴールデンエイジ)鬼丸『爆』」 / 「鬼無双 カイザー『勝』」 / 「オフコース・カイザー『龍』」 / 「涙の終撃(ラストアタック)オニナグリ」 / 「勝利宣言(ビクトリー・ラッシュ)鬼丸『覇(ヘッド)』」 / 「十弐制覇(ビクトリー・トゥエルブ)鬼『王者(チャンピオン)』」 / 「獣鬼装甲トラマルGGG(トライジー)」 / 「黄金龍(ゴールデン・ドラゴン)鬼丸『王牙(オーガ)』」 / 「超絶奇跡(グレイト・ミラクル)鬼羅丸(きらまる)」 / 「逆転王女(プリンセス)プリン」 / 「天頂秘伝ゼニス・レクイエム 秘」 / 「頼むぜ!カツドン」→「武闘龍(カンフードラゴン)カツドン」 / 「百万超邪(ミリオネア)クロスファイア」(アニメ) / 「秘拳カツドン破(パ)」 / 「無法秘伝 悪・即・斬」 / 「暴剣王邪(クロスファイア)ハリケーン」 / 「爆竜勝利バトライオウ」 / 「龍覇グレンモルト」 / 「銀河大剣ガイハート、熱血星竜ガイギンガ」 / 「将龍剣ガイアール、猛烈将龍ガイバーン」

主要人物《 初代 - 『SX』編 》[編集]

角古 れく太(かどこ れくた)
声 - 今井由香
勝舞の幼なじみで親友。勝舞といつも一緒に行動している。勝舞の仲間では唯一、勝舞を「勝ちゃん」と呼び、勝舞がどんな危険な場所に行く時も必ずついていく。名前の読みは「カードコレクター」から。
寝坊ぎみな勝舞を朝には起こしにきたり人任せな勝舞に代わり切札家の家事をやらされることもしばしば。
デュエル・マスターズカード時代
小学5年生。誕生日は2月14日。デュエルはかなり弱いがしかし未熟者だった伍大翔に、初心者のために手を抜きつつパーフェクト勝ちしたこともある。原作で初めてまともなデュエルの場面が見られたのはFEのクレオバトラー戦で、ダイナモデッキを使用。
アニメでは勝舞をあと一歩まで追い詰めるほどの実力で火・自然・闇の進化クリーチャーデッキを使用。
  • 切り札
    • 「護法の精霊アムシオン」(クレオバトラー戦) / 「電脳鉄人センジュオー」(クレオバトラー戦) / 「ワンケングレンオー〜月下咆哮〜」(アニメ) / 「密林の総督ハックル・キリンソーヤ」(アニメ) / 「爆進メガ・バースト」(アニメ) / 「爆進イントゥ・ザ・ワイルド」(アニメ)
切札 勝利(きりふだ しょうり)
声 - 浜田賢二
勝舞、勝太の父で、世界最強と言われる伝説のデュエリスト。
マジック:ザ・ギャザリング時代
存在のみが登場したが勝舞にとって重要な存在である。
デュエル・マスターズカード時代
3年前にザキラに殺されたとされていたが、スペインの城で保護されていた。デュエルをすると命を削られる呪いをゲドーにかけられている。ホワイトに倒され体は死に、魂も死にかけるが、黒城に救われる。日本で開催された世界大会に彼と思しき人物が登場しているが、勝舞とザキラの決戦後も、勝舞達は彼が生きていることは知らないままである。
ほとんどは火単体あるいは火・自然デッキ。アニメでも火・自然デッキを使用。「ボルシャック・大和ドラゴン」を勝舞が使用しているのに対し「ボルシャック・ドラゴン」を使い続けている(ただし作中で一度だけ「ボルシャック・大和ドラゴン」を使用)。
  • 切り札
    • 「ボルシャック・ドラゴン」 / 「ボルベルグ・クロス・ドラゴン」 / 「超竜ヴァルキリアス」 / 「ボルメテウス・サファイア・ドラゴン」
難波 金太郎(なんば きんたろう)
声 - 芝原チヤコ
れく太とともに読者への解説にまわることが多い。
マジック:ザ・ギャザリング時代
白い騎士団のメンバー。マナを自在に操るマナデッキの使い手。勝舞に負けたことがきっかけで神殿を追放される。その直後、三国に敗北して落ち込みデュエルをやめようとしていた勝舞に叱咤。「ポータル三国志」のカードの戦い方などを教え、勝舞達と共に行動するようになる。
デュエル・マスターズカード時代
元白い騎士団の一員で、マナを自在に操る男。世界大会予選、勝舞を相手に初めてデュエルが見られ、5色デッキを使用。
アニメ「デュエル・マスターズ」ではマナ破壊を主軸とした火・自然デッキで勝舞を追い詰めた。(クロスでは水文明も使用、「フォース・アゲイン」を使い龍神メタルの能力を連続で使用した)
  • 切り札
    • 「金属細工師」(白い騎士団時) / 「転換」(白い騎士団時) / 「役畜」(白い騎士団時) / 「幻流星ミスター・イソップ」 / 「剛勇王機フルメタル・レモン」 / 「龍神メタル」(アニメ) / 「超竜バジュラ」(アニメ)
黄昏 ミミ(たそがれ ミミ)
声 - 中島沙樹
第1部では小学6年生で、第2部からは中学1年生。空手は20段(後に40段に昇格)であり、戦車で壊せないほど頑丈な扉をパンチ一撃で破壊するほど。
アニメ版では、この年齢からは考えられない[4]ほどの巨乳の持ち主(漫画版もアニメ版ほどではないが巨乳である)。
マジック:ザ・ギャザリング時代
青緑デッキを使用。
2人目の四天衆で「奇襲のミミ」の異名を持つ。後にヒロインの位置が定着する。可愛い振りをして油断させる作戦で戦っていたが、勝舞とのデュエルに敗北後は、その戦法を使うことはなくなる。ハイランダー戦で勝舞とデュエルするが敗北。その後、勝舞の姿と昔の自分の姿を重ね、勝舞が牛次郎を怒らせた際に自らが土下座し、牛次郎にデュエルをするように頼む。
デュエル・マスターズカード時代
元白い騎士団四天衆。勝舞より1歳年上で、FE1巻から中学1年生。空手40段で、必殺技の「黄昏地獄拳」は「黄昏地獄拳・百連拳」や「黄昏地獄拳・流星乱舞」などバリエーション多数。しかし黄昏地獄拳が通用しない場面も度々存在する。龍牙の実力はたいしたことがないと思っているが、龍牙を励ます場面もある。白凰への憧れは仲間の中でも特に強く、白凰を前にすると顔を赤くすることが多い。勝舞がなんらかの理由で自信をなくした時、勝舞を励ます場面も度々ある。
バトルアリーナ1回戦で黒城と戦い、真のデュエリストに目覚めて逆転するも、さらに逆転されて敗北。FEではスペインへ修行に行く勝舞を見送り、日本に舞台が戻った時に再登場。SXではとばっちりな形で南極へ。
初期は、水・自然のマナ加速デッキを使用。アニメでは現在水文明中心のデッキを使用、ほぼ単色だが他の文明のカードが入ることもある。
『ビクトリー』時代
『ビクトリー』からは、ニュースキャスター(アナウンサー)を勤めており、髪の毛は茶色に染め、胸もさらに大きくなった。
黄昏地獄拳も健在で、アニメでは勝太から「怪力ゴリラ女」と称されるほど(発言者はミミに空の彼方まで蹴飛ばされている)。
アニメ版では、黄昏ミミファンクラブが少女時代から存在し『ビクトリー』ではさらに会員が増えた(主要人物にもファンは多数存在する)。
  • 切り札
    • 「マスティコア」(マジック:ザ・ギャザリング時代 ハイランダー戦) / 「自然の類似」(マジック:ザ・ギャザリング時代 ハイランダー戦) / 「占い」(マジック:ザ・ギャザリング時代 ハイランダー戦) / 「セファリッドの皇帝アボシャン」(マジック:ザ・ギャザリング時代) / 「アストラル・リーフ」(デュエル・マスターズカード時代 初期) / 「金剛の超人(ブレーブ・ジャイアント)」 / 「キューティ・ハート」 / 「アストラル・ラッシュ」 / 「エンペラー・ギュルム」 / 「超神羅ギャラクシー・オペレーションθ(シータ)」 / 「時空のスター・G・ホーガン、イチバンの覚醒者オーシャン・G・ホーガン」
白凰(はくおう)
声 - 皆川純子
勝舞のライバル。公式戦無敗の圧倒的実力の持ち主。
マジック:ザ・ギャザリング時代
数年前突然マジック界に現れ日本Jr最強へと登りつめた、名前以外全てが謎の完全無敗の天才デュエリスト。4万人の団員がいる日本一のデュエリスト集団、白い騎士団のリーダー。冷酷残忍な性格だが、かつては優しく明るかったという。
デュエル・マスターズカード時代
勝舞の親友にして最高のライバル。公式戦無敗の圧倒的実力で、元気で明るく心優しい性格のカード好き少年。デュエルには真面目だが日常生活では不真面目なところも、勝舞とは事あるごとにムキになり対立喧嘩、そのたびにカードで対決し勝っている。書道40段。勝舞より2歳年上で、12月25日生まれ。
バトルアリーナで牛次郎に裏デュエルを挑まれ、勝利するものの爆破され重傷を負い、本戦を辞退。大会終了後に現れたザキラに記憶を奪われ幼児化。ゲドーに連れ去られて洗脳され「ホワイト(W)」となり、母親や勝舞達に敵対感を持つ。スペインでは勝利とデュエルして勝利を倒し、それが洗脳が解けた後に自分をさいなむことに。Dr.ルートの神のカードの光でいったん洗脳は解けるが、再びゲドーに洗脳され、勝舞とのデュエルで完全に戻る。世界大会中、イエスマンと戦うも敗北して重傷を負い死亡するが、勝舞がデュエルマスターの力を手に入れたことにより復活。しかしホワイトとなっていた頃の影響が残り、怒りによって闇の顔を見せることもある。
デッキは光文明中心で、光・水・自然・闇など。アニメでは現在光単色の白騎士デッキを使用。またどんな戦略の相手にも対応できるように、常に10個ものデッキを持ち歩いている。
  • 切り札
    • 「浄化の精霊ウルス」 / 「光輪の精霊シャウナ」 / 「ホーリー・スパーク」 / 「聖霊王アルカディアス」/ 「聖霊王エルフェウス」 /「龍聖霊ウルフェウス」 / 「聖霊王アルファディオス」 / 「スーパー・スパーク」 / 「白騎士の精霊王HEAVEN(ヘヴン)」 / 「白騎士の無限龍ウルフェリオス」 / 「時空の幸運ファイブスター、天運の覚醒者ライトニング・ファイブスター」
黒城 凶死郎(こくじょう きょうしろう)
声 - 岸尾だいすけ
残酷非情なデュエルをし、戦ったものはカードをやめていくことから「黒い死神」の異名を持つ。
マジック:ザ・ギャザリング時代
暗黒デッキの使い手。勝舞とデュエルして勝ち、勝舞が神殿で修行するきっかけとなる。その後神殿に進入し、四天衆最強の愛善を倒し白凰の新しいパートナーとなるが、黒城は「白凰を倒し日本最強の座を手に入れる」という目的があり、白凰もそれを知った上で黒城を仲間にする。その直後勝舞の挑発に乗って勝舞と再戦することとなり、今度は敗北し白凰により爆破される。
デュエル・マスターズカード時代
自ら「黒い死神」「孤独の絶望の神」と名乗るデュエリスト。死神を名乗ることになった背景にはザキラが深く関与し、「ザキラに全てを奪われた」という。4月13日の金曜日生まれ。勝舞に友好的な態度は見せないが、実力は認めており、ライバル意識も強い。スペインの城で修行中に体力の限界となって倒れるも、勝舞が目の前に現れた直後に力を取り戻している。
FEでは勝舞とともにスペインの城で修業をしてシズカを倒す。その後は神の使い2人とゼウスに頼まれ、体が死んでいる勝利を救う。最強の闇使いである南極のデュエルマスターを探すべく南極に行き、南極のデュエルマスターの死を日記で確認し、イエスマンと戦い敗れるが、南極のデュエルマスターの魂によってサザンクロスと共に日本に辿り着く。勝舞とザキラの戦いの後は記念写真に後姿が映っており、その後もサザンクロスと行動を共にしている。
初期は闇単色デッキ。FEではクロスギアを含む闇・自然デッキ。アニメでは現在闇単色の死神デッキを使用。
  • 切り札
    • 「生ける屍」(マジック:ザ:ギャザリング時代) / 「黄昏の呼び声」(マジック:ザ:ギャザリング時代) / 「ファイレクシアの盾持ち」(マジック:ザ:ギャザリング時代) / 「ざくろ石のヒル」(マジック:ザ・ギャザリング時代)/「のたうつウンパス」(マジック:ザ・ギャザリング時代) / 「魔刻の騎士オルゲイト」 / 「悪魔神バロム」 / 「悪魔神ドルバロム」(デュエル・マスターズカード時代 FE) / 「死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル」(アニメ) / 「死神明王XENOM(ゼノム)」(アニメ) / 「封魔妖スーパー・クズトレイン」(アニメ)/ 「時空の凶兵ブラック・ガンヴィート、凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート」(アニメ)
三国(みくに)
声 - 坂口候一
マジック:ザ・ギャザリング時代
1人目の四天衆。体格の大きな男。名前の由来はマジック:ザ・ギャザリングのポータル三国志のカードを使うことから。
赤単色速攻デッキで頭に血が登っていた勝舞を完封するが、再戦で敗れる。その後神殿を去るが、勝舞vs白凰戦の際に観客として見に来ており、デュエルに敗れマスターに殺されそうになった白凰を守り、心を取り戻した白凰やミミ、金太郎たちと再び神殿で修行を続けることになる。
デュエル・マスターズカード時代
元白い騎士団四天衆で、「速攻の三国」の異名を持つ。無印では髪が長かったが、『FE』では短髪になった。詳しいデュエルの描写がないが、世界大会ではガルドのラブと戦っている場面がある。
アニメ「デュエル・マスターズ」では火・水の速攻デッキで勝舞を一度破った。水のブロッカーや「スパイラル・ゲート」が入っている以外は、「不死身男爵ボーグ」や「機神装甲ヴァルディオス」といったヒューマノイドを主軸にするなど当時の勝舞と似ているデッキだった。他にも数々の大会で優勝してることや白凰に挑んだ過去など原作にないシーンが追加されていた。
『クロス』では火単の速攻デッキを使用した。このデッキは小型クリーチャー重視のデッキのため、これといった切り札はない。
邪藩 牛次郎(ジャパン ぎゅうじろう)
声 - 志賀克也
マジック:ザ・ギャザリング時代
3人目の四天衆。デュエルに勝つためには、相手のデッキ調整や手札を盗み見るなど不正行為をする卑劣な性格。老けた顔だが、12歳でIQ200(後に400)の天才。デュエルの神殿では言葉と青ドローゴーデッキ(中身は「パーミッション(Permission)」に近い)で勝舞を苦しめる。しかし、熱くなり不必要な打ち消しを打ったために隙をつかれ敗北。名前の読みは「ジャパン(日本)牛耳ろう」から。
デュエル・マスターズカード時代
元白い騎士団四天衆。バトルアリーナで三国と愛善を人質にした上で白凰に裏デュエルを仕掛け、負けるも白凰の腰に付けておいたベルトを爆破して白凰を瀕死に。
『チャージ』ではやぐらの下敷きにしている。直後に火・闇・自然のサバイバーデッキ(光・闇・自然のウェーブストライカーデッキ)を使い、勝舞とデュエルして追い詰めるも敗北。幽と共にバトルアリーナを潰そうとしていたが、幽に裏切られ失敗に終わる。バトルアリーナ後、幽に復讐するため再登場。幽を精神的に追い詰めて連れて行こうとするが、作戦がミミ達にばれ、幽とのデュエルにも敗北。
FEでは7巻にて2コマのみ登場。ミミや三国と同じ学校に通っている模様。ヒーローズカード「アクア・ベララー」にFEの姿が描かれている。
『クロス』では「茶番 馬太郎」というロボットの振りをして世界大会1次予選に参加。大会中、白凰に復讐するため『チャージ』の時に似た展開があり、白凰にパーフェクトデュエルで敗北しつつも、『チャージ』と同様に白凰をやぐらの下敷きにして瀕死に。こちらの設定では神殿で勝舞と会っていないため、白凰を瀕死にさせた時が勝舞と初対面だが、牛次郎は勝舞を知っている。その後は再びロボットとして大会に参加するが、1次予選最後の勝舞との対戦中にミミ、ジョージ、龍牙によって相手のデッキや手札を盗み見る作戦がばれた上に正体もばれ、激怒した勝舞の「超竜サンバースト・NEX」と「ルピア・ラピア」に倒される。
  • 切り札
    • 「アストラル・リーフ」 / 「クリスタル・ランサー」 / 「クリスタル・パラディン」(『チャージ』) / 「シータ・トゥレイト」(『チャージ』 サバイバーデッキ) / 「ブレイドラッシュ・ワイバーンδ(デルタ)」(『チャージ』 サバイバーデッキ) / 「星雲の精霊キルスティン」(『チャージ』 ウェーブストライカーデッキ) / 「クリスタル・ツヴァイランサー」(『チャージ』 不亞幽戦 水・自然デッキ) / 「大勇者ふたつ牙(デュアル・ファング)」(『チャージ』 不亞幽戦 水・自然デッキ) / 「超電磁マクスウェルZ」(『クロス』 水・闇デッキ) / 「猛菌魚雷ヤサカノフカ」(『クロス』 水・闇デッキ) / 「サイバー・G・ホーガン」(『クロス』 水・闇デッキ)
  • 作製したロボット
    • 茶番 馬太郎(ちゃばん うまたろう)
      • ロボットのふり(人が搭乗しておらず、電子頭脳で動いているふり)をするためのロボット。世界大会1次予選に参加。
    • レッツデュエ郎DX
      • 牛次郎が乗るロボット。当初は喋らなかったが、番外編で喋りだしたことに牛次郎も驚き、牛次郎と全く異なり真面目な性格。背中のロケットブースターで飛行可能で、腕を巨大ドリルや大砲に変形できる。
      • アニメ「デュエル・マスターズ」では52馬力という設定が明かされた。
愛善 真(あいぜん まこと)
声 - 藤田圭宣
マジック:ザ・ギャザリング時代
4人目の四天衆。愛と誠をモットーにしているが、怒りが頂点に達すると髪型が変わる。スペッド・レッドのデッキを使う。
勝舞と勘違いした黒城に火炎死決闘でデュエルを挑むが敗れる。白凰に見捨てられ裁きのドラゴン(火炎死決闘に敗れたデュエリストを焼き殺す装置)の裁きを受けそうになるが勝舞に助けられる。白凰が勝舞に敗れ心を取り戻してからは、再び神殿で修行を続ける事に。
デュエル・マスターズカード時代
元白い騎士団四天衆。三国と同様、詳しいデュエルの描写が存在しない。世界大会編でガルドに挑む時に手が光っていたことから、真のデュエリストに目覚めているようである。
原作でのデッキは不明だがアニメでは毎回火・光のデッキを使用。
  • 切り札
    • 「地震」(マジック:ザ・ギャザリング時代) / 「聖皇エール・ソニアス」(アニメ) / 「ダブルソード・レッド・ドラゴン」(アニメ)
ジョージ 釜本(ジョージ かまもと)
声 - 若本規夫
「さすらいのダンディ赤ちゃんジョージ」を自称する。性別男の赤ちゃん。
FE12巻登場人物紹介ページには名前が「釜本譲司」とされている。
デュエル・マスターズカード時代
Dr.ルートの弟子でもあり、1歳10か月(FEからは3歳)だが、かなり大人びており、サングラスをかけている。
神殿編終了後からレギュラーとして登場。初登場時にミミが全く歯がたたない実力を持つ。
その正体は、日本のデュエルマスターであり、FEの勝舞とザキラの決戦中に判明し、他のデュエルマスター達もその事は知らなかった。
原作では水中心のデッキを使い、『クロス』ではドリームメイト種族を多用した火・自然デッキを使用。
  • 切り札
    • 「キング・オリオン」 / 「クリスタル・ジャベリン」 / 「独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍」 / 「密林の総督ハックル・キリンソーヤ」 / 「大作家ゴーダイゴ」 / 「時空の役者カンクロウ、大見得の覚醒者ジャングル・カンクロウ」
天地 龍牙(あまち りょうが)
声 - 関智一
デュエル・マスターズカード時代
勝舞がエジプトから日本に帰ってきた時に初登場したミミの幼馴染み。Dr.ルートの一番弟子で、3年前にルートの元を飛び出し、突然帰ってきた。勝舞にデュエルを挑むが全くかなわず敗北。語尾は「ぜよ」。実家は超大金持ちでもある。原作では仲間から「天地」と呼ばれ、白凰だけ「天地くん」と呼ぶ。
ミミに負け続けているためミミをライバルとし、自称「黄昏ミミの宿命のライバル」。しかしミミからは全くライバル扱いされず、「ただの幼馴染み」「実力は白凰様の足元にも及ばない」などと言われている。公式サイトに「片思い!?」と書かれていることなどから、ミミに恋している節もある。
自然単色あるいは自然中心のジャイアントが多いデッキを使い、アニメでは自然・火のジャイアントデッキを使用。
  • 切り札
    • 「大宇宙シンラ」 / 「維新の超人(リョウマ・ジャイアント)」 / 「剛撃戦攻ドルゲーザ」 / 「禁門の超人(キジマ・ジャイアント)」(アニメ) / 「西南の超人(キリノ・ジャイアント)」(アニメ) / 「宇宙巨匠ゼノン・ダヴィンチ」(アニメ)
      また、デッキの中に「神羅トルネード・ムーン」が確認できる。
グレート・バケツマン
声 - 鈴木晶子
単に「バケツマン」と呼ばれることもある。
デュエル・マスターズカード時代
頭にバケツを被り、年齢も正体も不明だが、凄まじい実力のデュエリスト。ミミとは別の意味で驚異的な運動力を持ち、海の上を走り、海の上を連続でジャンプすることができ、乗り物で海を渡るのもイカダやタライを使う。不亞幽とは相思相愛で、幽に何かあると取り乱す。バトルアリーナで勝舞に「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」を渡す。FEでは幽と共に南アメリカへデュエルマスターを探す旅に出て、後にアメリカのデュエルマスターを見つける。アニメでは小型獣中心の自然・光デッキを使用。
  • 切り札
    • 「インビンシブル・パワー」 / 「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」 / 「太陽王ソウル・フェニックス」(アニメ) / 「斬雪妖精バケット・バケット」(アニメ『クロス』)
不亞 幽(ふあ ゆう)
声 - 西村ちなみ
名前の読みは「who are you?(あなたは誰?)」から。
デュエル・マスターズカード時代
ザキラの妹ながら、悪を嫌うデュエリスト。残虐な言動・行動をしていたが、ザキラに囚われている子供達を救うための演技であった。しかしザキラに騙されており、助けようと思っていた子供達にも騙されていた。バケツマンと同等の超高速デュエルをしている。アニメでは、光・闇・水のナイトデッキを使用。
  • 切り札
    • 「超神龍アブゾ・ドルバ」 / 「勇猛機動ライオン・アームズ」 / 「幽騎士ブリュンヒルデ」(アニメ) / 「幽玄武士オラシオン」(アニメ) / 「魔光大帝ネロ・グリフィス」(アニメ)
Dr.ルート
声 - 田中完
デュエル・マスターズカード時代
医者として天才で、桁違いの実力のデュエリスト。かつてヤエサルの主治医を務めていた事もある。ジョージの師匠であり、修行から逃げたジョージを連れ戻すため、勝舞とデュエルになり勝舞を倒す。勝舞は瀕死となるが、手術を行い勝舞を助ける。その後は勝舞とミミの師匠になり、白凰の師匠でもある。
勝舞とのデュエルではキマイラを切り札とした闇単色デッキを使用。バベルとのデュエルでは闇・火・水デッキを使い、アニメ第1期ではサバイバーデッキを使用。
  • 切り札
    • 「ギガベロス」 / 「ギガルゴン」 / 「ヘリオス・ティガ・ドラゴン」 / 「竜極神ゲキ」 / 「竜極神メツ」
NAC(ナック)
実在のカードゲームデザイナー・プレイヤーの中村聡がモデル。子供達に大人気のアジア最強のデュエリストで、勝利の親友。
マジック:ザ・ギャザリング時代
勝利と共にデュエル修行の旅に出るが、ガルドに敗北。その後1人で日本に戻り、勝舞に勝利は行方不明になったと嘘をつきデュエルをやめようとするが、勝舞に止められ勝舞とデュエルをし、勝舞が自分で編み出したコンボに感動し、デュエルを続ける事に。
デュエル・マスターズカード時代
南極のデュエルマスターを探すため南極に行き、遭難するものの黒城に助けられる。その後、黒城とサザンクロスは南極のデュエルマスターの魂によって日本にワープするが、NACは南極に取り残されている。
3年前にラブとデュエルしたときのデッキは火・光の速攻デッキだったが、それ以外のデュエル描写が無いので現在のデッキは不明。ネバーを倒し、キサナドゥやイエスマンとは戦うことを避けている。

主要人物《 『ビクトリー』編 》[編集]

一部の登場人物は続編である『VS』にも登場。

ドラゴン 龍(ドラゴン りゅう)
声 - 竹内幸輔
勝太のライバルとなるクールガイ。各地のデュエマ大会で優勝を続ける実力者。名前の通り同じ単語を重ねて使う癖がある。正体は「フォーエバー・カイザー」(後に「オフコース・カイザー『龍』」)という守護者で、プリンプリン王女を守るクリーチャーであった。そしてカードになったプリンプリンを探すため、人間の姿となり人間界に来ていたのだった。正体がドラゴンでの所以でどんぐりが好物で、「7×3」を「10」と、「2+3+3」を「5」と言い間違える程計算が苦手。アニメでも右近、左近の2人組と共に、彼が『』と呼ぶカード「永遠のプリンプリン」を探し求め、『ビクトリーV』以降では雑木林にある隠れ家にひっそりと暮らしている。カツドン編最終回で、クリーチャーが地球にいることは犯罪であるという理由で地球を去ることとなったがおいてけぼりにされ、そのまま地球に残ることになった。アニメでは地球に残りたいという心境を知ったプリンプリンに人間にしてもらい、涙ながらプリンと別れ地球に永住することとなった。
火・水・闇(または火・水・光)文明の3色で構築されたデッキを使う。
  • 切り札
    • 「魔水晶スタートダッシュ・リバイバー」 / 「超竜アバレ・ムゲン」(漫画) / 「聖竜ボルシャック・ウルフェウス」(アニメ) / 「永遠(とわ)のリュウセイ・カイザー」(=自分自身)
武家 茶太郎(ぶけ ちゃたろう)
声 - 石野竜三
通称「ぶっちゃけ」。クールな三枚目。時折「ぶっちゃけ…」と物事の核心を突き、語尾に「~(なん)だな」と付ける。硬派だが美女に弱く、ミミの大ファンでもある。『VS』でも勝太と同じ学校に通う。女子にキモがられる程アイドルにどハマりしており、アフロヘアは大増量している。
自然・火文明のビーストフォークデッキを使う。
  • 切り札
    • 「バンカラ大親分メンチ斬ルゾウ」 / 「諸肌の桜吹雪(フキスサブ・ハナフブキ)」 / 「鼓笛獣(ホルンボルン)五朗丸」
世出原 ルイ(よではら ルイ)
声 - 中司ゆう花
通称「ヨーデル」。大金持ちのおぼっちゃまであり、何でもお金で解決しようとする癖がある。ヨーデルを歌うような話し方をする。勝太同様、頭はあまり良くなく、アメリカ大陸を「鬼が島」と間違えた(ちなみに勝太は「火星」と答えた)。『VS』では勝太と別のお金持ち学校に通うが…。
光・闇文明のメカ・デル・ソル、イニシエートデッキを使う。
  • 切り札
    • 「豪遊!セイント・シャン・メリー」 / 「剛力の使徒イグナッチオ」 / 「宇宙刃(コスモコスモス)ニケ」
勉 達也(べん たつや)
声 - 平田絵里子
通称「べんちゃん」。クラス一の秀才で、「キラーメガネ」の通り名で知られる実力者。しかし、最近は塾や勉強で忙しく、デュエマをする機会がない。漫画、アニメともに勝太に大会への出場を依頼したのち、自身も本当はデュエマが好きだということを自覚する。アニメ『ビクトリーV』ではワガママモード9人目の犠牲者でもある。『VS』では勝太と別の有名進学校に通う。
水・光文明のリキッド・ピープルデッキを使う。
  • 切り札
    • 「超次元キラーメガネ・ホール」 / 「弩級合身!ジェット・カスケード・アタック」 / 「アクア・インテリジェンス 3rd G(サード ジー)」 / 「電脳提督アクア・ジーニアス」 / 「真実の名(トゥルーネーム)アカデミー・マスター」 / 「超合金(チョーアルケミー)ロビー」 / 「龍素記号iQ(アイキュー)サイクロペディア」 / 「零次龍程式トライグラマ」 / 「龍覇メタルアベンジャー」 / 「真理銃エビデンス、龍素王Q.E.D.」
プリン
声 - ゆりん
クリーチャー世界の王女。正体は「永遠のプリンプリン」。エイリアンに故郷の星を襲われドラゴンによって人間界に送られカードとなり、何故か大会の優勝賞品となっていた。勝太によって助けられた後、ドラゴンと共にパン屋を営んでいる。魔法でカードを実体化できる。カードのときとは容姿や性格が異なっており、相当にわがまま。その後、クリーチャーが地球にいることは犯罪であるという理由でカツドンと共に地球を去った。
アニメでの名称は「プリンプリン」。エイリアンに狙われて勝太やドラゴン達によって助けられた後も元の世界に帰らず、現在はドラゴンたちと共に暮らしている。『ビクトリーV』では勝太について人間界の様子を探っており、わがままで勝手な行動を起こそうとしてはドラゴンたちを困らせている。オサムとは幼馴染であるが、まだ結婚したくないにも関わらずオサムに執拗に結婚を迫られた。「信じらんない!」が口癖。『V3』終盤で、カツドンたちを見習って一歩前へ進もうと自分の世界へ帰るために旅立った。

ドラゴン龍編[編集]

オンセン
声 - うえだゆうじ
火の熱さと水の冷たさをあわせ持つ謎多きデュエリスト。デュエルになると頭の形状が変わる。無類の温泉好き。ドラゴン龍とは因縁があるらしい。正体はクリーチャー軍団のリーダー「極楽!オンセン・ガロウズ」というクリーチャーであった(しかしオンセン自身は憑依されていただけで本当は普通の人間である)。アニメではデュエマ狩りのリーダー的存在で、勝太同様カードの声を聞ける力を元から持つ。元々は体が弱く、強い体を手に入れるため人間界に来てカードとなったエイリアンと契約。プリンプリンを利用してディメンジョンゲート(クリーチャーの世界への扉)をこじ開け人間界を征服させるようエイリアンに利用されていた。『ビクトリーV』でも回想シーンとして登場し、『V3』でもモブとして登場している。
火・水・闇文明の3色で組まれたエイリアンデッキを使う。
  • 切り札
    • 「死海竜ガロウズ・デビルドラゴン」 / 「復活の祈祷師ザビ・ミラ」 / 「オンセン・無敵タイム」 / 「超次元ガロウズ・ホール」 / 「極楽!オンセン・ガロウズ」 / 「ガロウズ・極楽・カイザー」 / 「必殺!絶対絶望!!」 / 「絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン」(アニメ)

クラス編[編集]

百獣 レオ(ひゃくじゅう レオ)
声 - 寺島拓篤
目立ちたがりのはちゃめちゃ転校生。一人称は「オレ」。テレビで有名なスーパーアイドルグループ『ヤラシ』の元リーダー(アニメでは加入自体していない)。勝太をライバル視している。元々は孤児で孤児院のような処で育てられた。孤独恐怖症で独りでいるのが怖く、引き取られた後も寂しいという気持ちが続き、もっと愛されたいがために世界一の人気者になる条件でオサムに魂を売りアイドルになったのだが、5年2組の仲間がいるだけで最高だと気づきグループを脱退すると決心した。漫画では最終的に全てが片付いた後は奈巳と共に転校し、本当の両親と一緒に暮らすことになった。アニメでは、好きなことが止まらなくなって暴れだす現象、いわゆる「ワガママモード」を引き起こした張本人であり、みんなが抑えつけられた欲望を自由にするため5年2組の生徒のほとんどがレオの催眠術により毎回騒動を起こし、それを勝太のせいにして人気者になろうとしていたが、後にヤラシに騙されたことに気づきみんなに謝罪する。なお、アニメにおいて転校したかどうかは不明。
光・水文明のエンジェル・コマンド、サイバーロードなどの「ブロッカー」が中心のデッキを使う。
  • 切り札
    • 「ヘブンズ・ゲート」 / 「偽りの名(コードネーム)オレワレオ」 / 「偽りの名オレオレ・ライオネル」 / 「電脳護聖ビョイト」 / 「『俺』の頂ライオネル」 / 「真実の名(トゥルーネーム)ラララ・ライオネル」 / 「真実の名バウライオン」 / 「真実の名ホワイト・オブ・ライオネル」 / 「『十尾』の頂バック・トゥ・ザ・オレ」
南藻 奈巳(なんも ない)
声 - さとう実琴
存在感のない転校生。いつもニコニコしていて、意外とクラスメイトのことをよく見ている。彼もまた捨て子でレオと同じく小さな家で育てられた。レオが引き取られた時一緒に暮らすことになり、以来レオとは友達以上の関係になりいつもレオにくっついている。漫画ではレオと同様、人気者になりたいがために両親を捨て、オサムの仲間にしてもらい、最終的には全てを片付けレオと共に転校した。アニメでは事実上ワガママモード最後の犠牲者で、レオを守るために勝太に立ちふさがる。また、トライワールドで最も多くのポイントを稼ぎ、クラスメイトで唯一勝太に勝利した影の実力者でもある。レオ同様、アニメにおいて転校したかどうかは不明。
光文明単色のガーディアンデッキを使う。後に闇文明のガーディアンを混ぜて更に強化された。
  • 切り札
    • 「守護聖天タース・ケルケルヨ」 / 「献身の守護者ヤーラ・セ・ナイス」 / 「大行進・スパーク」 / 「『無情』の極シャングリラ」 / 「無情秘伝LOVE×HETE(ラブアンドヘイト)」 / 「『破滅』の頂ユートピア・エヴァー」(漫画)

カツドン編[編集]

カツドン
声 - 高木渉
ドラゴンの見習い。漫画でははるばる宇宙からやって来て、勝太と勝三にどんぶり型の宇宙船を壊されてから勝太の家に小間使いとして居候することになると同時に、勝太の家族で良きパートナーとなった。本名は「003」であり、カツドンという名は勝太が命名した。以前はイズモの部下であり、星々で暴れまわっては破壊活動を繰り返していた。関西弁で話すのが特徴。勝太同様、カレーパンが大好物。巨大なヌンチャクを武器にしている。イズモとの決戦後、クリーチャーが地球にいることが犯罪であることを知り、プリンと共に勝太に別れを告げた。
アニメではアウトレイジの書の発掘と共に現れた。当初は「カツドン」や「ドン」などとしか喋らなかったが、第4話から仲間が目覚めた影響からか普通に話すようになった。オラクルとの戦いを終えた後は、新たな世界の創造のため仲間たちと共に旅立っていった。
アウトレイジ種族のエグザイルクリーチャー軍団「チームエグザイル」の一員でもあり、能力「ドロン・ゴー」によって「武闘(カンフー)将軍 カツキング」に進化する。さらに漫画では修行の成果で、アニメではヨルムンガルドの試練を乗り越え、レイジクリスタルの力で「無敵(アウトロー) ドン・カツドン」と「無敵剣(アウトローカリバー) カツキングMAX」、さらに勝太自身の成長によって「無法伝説(アウトレイジビクトリー) カツマスター」にもなれるようになった(漫画では凶悪化する故、カツマスターへのドロン・ゴーを禁じていたが、勝太の呼びかけで正気を取り戻した)。イズモとの決戦では、レイジクリスタルとオラクルジュエルの二つの秘宝の力により「神撃の(ゴッドイーター)カツドン DASH(ダッシュ)」となり、クライマックス・ドロン・ゴーで「絶頂神話(クライマックス)カツムゲン」となった。
なおアニメでは、ドン・カツドンとカツマスターまでのドロン・ゴーは自身の腹の中に隠してあるレイジクリスタルの力によるものなので、イズモにレイジクリスタルを奪われてからは、カツマスターになれなくなっている。また、クライマックス・ドロン・ゴーを会得してからはオメガクライマックスを所有している。デュエルマスターズVSにはカツドンそっくりのハムスターが登場している。
プラマイ・ゼロ
勝太の隣のクラスである不良少年。左目の上にある3本の傷が特徴。
相棒のブータンと共にカツドンの持つアウトレイジの玉=レイジ・クリスタルを狙う。初戦はカツドンのカードをバラバラにする程の冷徹さを見せたが、勝太がヨミを倒してからはその実力を認め、夏休み明けに決闘を申し込んだ。元々は優等生であったのだが、ある事件が原因で世の中が馬鹿らしくなり不良になってしまう。そんな時にブータンと出会い、レイジ・クリスタルを使いブータンを世界の王にしようとするが、勝太との激闘の末、友達ができ心から笑えるようになった。
闇文明中心のアウトレイジデッキを使う。
漫画のみのキャラであり、アニメには非登場。アニメでは代わりにプラマイ零(れい)(#デュエル・マスターズ ビクトリーV3を参照)というキャラが登場する。
  • 切り札
    • 「不死帝(デッド・オア・アライブ)ブルース」 / 「豚魔槍(ピギーブルース)ブータン」

主要人物《 『VS』編 》[編集]

滝川 るる(たきがわ るる)
声 - 丹下桜
10年前(4歳当時)に勝太と同じ病院同じ病室にいた女の子。祖父(声 - 鈴木琢磨)が店長を務めるカードショップの看板娘で何故か怪力の持ち主。当時の病気は現在も完治していない(漫画では完治している様子)。病室で勝太に元気を分けてもらいそれ以来勝太を「かっちゃん」と呼んでいる。カツドンと別れデッキを失ったが再びデュエマに身を投じる事になった勝太の為に専用デッキを組んでおいたり、勝太のデュエマに備え龍解のカードを見つけておいたりと何かと一生懸命。前髪を上げると広い額が見え、それ故に「でこちゃん」の愛称[5]を持つ。

切札一家[編集]

切札勝舞、切札勝太、切札勝利については上記の主人公及び主要人物を参照。

切札 舞(きりふだ まい)
声 - 雪野五月
勝舞、勝太の母。名付け親はテクニカルアドバイザーとして本作に貢献した中村聡(NAC)。
マジック:ザ・ギャザリング時代
家事は、れく太や(デュエルに負けたときの)勝舞に任せきり。
デュエル・マスターズカード時代
勝舞が誰かとデュエルで負けた場合、その日は料理以外の家事を全部勝舞にやらせるルールを作っている。れく太が家に来た時は、れく太に家事全部をやらせるのも定番。『ビクトリー』においてもカツドンに小間使いをさせている。デュエルでは「ドラゴンマスク」となることがある。ワイバーンを中心とした火・自然・水のデッキを使用。
アニメではチャージで「無双竜騎ボルバルザーク」(現在は使用できないカードである)のデッキと「聖天使グライス・メジキューラ」のデッキの2種類を使用。
  • 切り札
    • 「聖剣炎獣バーレスク」
切札 勝三(きりふだ かつぞう)
声 - 青森伸
勝舞、勝太の祖父で、勝利の父親にあたる。83歳。『ビクトリー』が初出で勝太の面倒を見ている。よほどのデュエル好きで、かなりの腕前。常に「勝」の一文字が刻まれた兜を着けている。
アニメ『ビクトリー』の終盤で切札家の基本とも言える、マナブーストと「コッコ・ルピア」のコスト軽減によってドラゴンを展開する火・自然中心のデッキを使い、先攻5ターン目に20体ものクリーチャーを場に並べる離れ業を見せた(現在はこの時使われた「母なる紋章」や「ボルバルザーク・エクス」に制限がかかっているため、実質不可能に近い)。
  • 切り札
    • 「ボルバルザーク・エクス」 / 「ボルシャック・ドラゴン」
勝丸(かつまる)
声 - 嶋村侑
勝太のペットの。勝三同様『ビクトリー』からの登場で、兜を着けている。

主要人物の仲間[編集]

初代 - 『SX』編[編集]

ゴブリン
声 - 麻生智久
マジック:ザ・ギャザリング時代から登場。デュエルの神殿(正式名称「JDC」)にて、神殿の案内人。ゴブリンに似ているため、勝舞達に勝手に名付けられる。当初は「ゴブリン」と呼ばれるのを嫌っていたが、本名として定着し、伍大翔達が神殿に来た時は「念仏エルフィン」と言われ、自分で「ゴブリン」と名乗っている。昔はデュエルマスター・ヤエサルに仕えていた。
神谷 透(かみや とおる)
声 - 福山潤
漫画ではマジック:ザ・ギャザリング時代のみの登場。勝舞とともに神殿で修行をしたデュエリスト。連勝で浮かれていた勝舞にメタゲームの重要性を示す。「神の怒り」「集い」などで勝舞の速攻を打ち破ったが、最終決戦の際に敗北し、その後は友人となる。
アニメ第1期では神殿の刺客として勝舞と戦おうとするが、黒城に敗れる。
リキッド・ピープルとビーストフォークによる手札、マナの増強から進化へ繋げていく、自然・水デッキを使用。
切り札:「クリスタル・パラディン」 / 「大勇者ふたつ牙(デュアル・ファング)」
蛇美羅(じゃみら)
声 - 吉野裕行
マジック:ザ・ギャザリング時代に登場。神殿の修行の際、勝舞が最初に倒した相手。デッキは「ポイズンデッキ」。
自称「毒蛇王」の少年。デュエル・マスターズカード時代にも番外編にのみ登場。伍大翔にでまかせを言ううちに尊敬され、勝手に師匠にされたが、負け続けている。
マスター
マジック:ザ・ギャザリング時代のみに登場。デュエルの神殿にいる男で、白凰の性格を変えた張本人。ガルドを恨んでいる。神殿編終了後は白凰の回想に登場しただけである。
最終回のカラーページでゼウスと同一人物なことが判明した。
アニメ「デュエル・マスターズ」では導師と呼ばれている。
ユーキ
声 - 檜山修之
超絶美形赤ちゃんであり、ジョージに勝つほどの実力を持つ真のデュエリスト。移動用に自分が操縦する飛行機も持っている。落ち着いた態度が多いが、ホタルという彼女がおり、ジョージにからかわれて顔を真っ赤にする一面も。
光単色のブロッカー中心のデッキを使う。
切り札:「ダイヤモンド・カッター」 / 「銀界の守護者ル・ギラ・レシール」
ヤカンマン
声 - 下山吉光
グレート・バケツマンの部下。登場当初は素顔であるが、バケツマンの部下だと判明してからは頭にヤカンを被る。デュエルが強いだけでなく、自身の運動力や戦闘力も並外れている。勝舞をザキラの攻撃からかばって命を落とす。
光・水のデッキを使う。
切り札:「陽炎の守護者ブルー・メルキス」
キュースマン
ヤカンマンの息子。勝舞達とともに戦う決意をし、エジプトへ向かう。頭に急須をかぶっている。

『ビクトリー』編[編集]

リキシ
声 - 梁田清之
オンセンの仲間。その名に相応しい巨漢。デュエルの戦法はパワフルで、「バフォフォフォ」と豪快に笑う。アニメでは「最強横綱ツッパリキシ」に憑依されていた。
火、自然、闇文明の3色で構築されたデッキを使う。
切り札:「雲龍ディス・イズ・大横綱」 / 「最強横綱ツッパリキシ」 / 「不知火(しらぬい)横綱ニバイ・ニバーイ」
シャチホコ
声 - 矢部雅史
オンセンの仲間。シャチホコを彷彿とさせる被り物とグラサンが特徴。勝利のためには手段を択ばない策士。語尾に「~デスマス」と付けて話す。アニメでは「天下統一シャチホコ・カイザー」に憑依されていた。
火、光、闇文明の3色で構築されたデッキを使う。
切り札:「シャチホコ・GOLDEN(ゴールデン)・ドラゴン」 / 「天下統一シャチホコ・カイザー」 / 「地獄のMISSOKATSU(ミソカツ)・カイザー」
五朗丸(ごろうまる)
声 - 加瀬康之
チームエグザイルの一員。ぶっちゃけのパートナー。「~じゃい」が口癖で、オヤジ臭い言動が特徴。時代劇が大好き。ホルンで強力な風を起こす。
ドロン・ゴーで「獣音鼓笛(マッターホルン)グローバル」に進化する。
ロビー
声 - 喜多村英梨
チームエグザイルの一員。ベンちゃんのパートナー。「~でR(アール)」が口癖で、ベンちゃん同様計算能力が高い。また、コンピューターの操作も得意。ビームを放つ銃を持つ。
ドロン・ゴーで「絶超合金(ムッチャアルケミー)ロビンフッド」、「練金魔砲(オリハルコンウィザード)ロビン・チャンプ」に進化する。
ニケ
チームエグザイルの一員。ヨーデルのパートナー。「アダモステー!」など奇妙な言葉を発し(アニメでは人語を喋らずサウンドエフェクトを用いている)、ヨーデルやロビーなどにはその言葉が理解できる。マフラーが伸び、ハサミに変化することができる。
ドロン・ゴーで「宇宙美刃(コスモビューティー)ミケランジェロ」に進化する。
ブータン
声 - 中原麻衣柳田淳一(ブリティッシュ時)
チームエグザイルの一員。ゼロのパートナー。「~ブー」が口癖。レイジクリスタルの力で世界の王にしてもらうためゼロに協力を持ちかける。矛を武器にしている。
アニメでは零のパートナー。零を熱愛しており、彼女にアプローチしては制裁を食らっている(本人はそれでも嬉しい様子)。勝太たちよりも前に、覆面デュエリストの正体を知ってしまう。
ドロン・ゴーで「地獄魔槍(ヘルブルース)ブリティッシュ」に進化する。アニメ第36話ではオラクルの記憶を取り戻した零に連れ去られ、零とイズモの術によりオラクルの「神豚(シェントン)ブータンPOP(ポップ)」にされてしまう。同時にドロン・ゴーも「神豚槍(シェントンギヌス)ブリティッシュROCK(ロック)」「神聖牙(シェンチュリー)UK(ウルトラナイト)パンク」となってしまった。後の黒零VS白零の対決で、オラクルとしての黒零に対して本当の気持ちをぶつけ、白零のブータンはアウトレイジとしての「豚魔槍ブータン」に戻り、白零を勝利へと導いた。

デュエルマスター[編集]

デュエルを極めし者で、凄まじく強いデュエリスト。元はヤエサル1人だったが、死の直前にデュエルマスターの証を7つに分け、世界中の7人の子供達に託した。デュエルマスターは、自分以外のデュエルマスターが近くにいる時に共鳴反応を起こす。『FE』でガルドに狙われ、トーイ、ホルス、エスメラルダが捕われたことがある。日本で世界大会が行われている時、全員が日本に集まった。

ジョージ釜本については#主要人物《 初代 - 『SX』編 》を参照

ヤエサル
声 - 梅津秀行
3年前のデュエルマスター。アイルランド沖の要塞島にガルドと住んでおり、ザキラの師匠でもある。勝利がザキラに敗れた後、102歳で老衰で息を引き取ったが、その直前にデュエルマスターの証を7人の子供達に託した。
トーイ
声 - 高橋美佳子
南太平洋の名もなき島のデュエルマスター。登場時点ではデュエルマスターで一番幼いと言われていたが、後にジョージが「最年少デュエルマスター」とされている。父や長老も恐れる圧倒的な潜在能力を持ち、デュエルマスターになる前から真のデュエリストに目覚めており、ザキラとの戦いでは自分の島の半分を消し去るほど。ザキラに倒されて捕まるが、後にエスメラルダやホルスと共にジェドの手で脱出。その後はエスメラルダやホルスと共にザキラの呪いにかかっていたが、世界大会の前に解ける。『FE』1巻の時期から3年前に開催された世界大会では勝利とNACに同行した。『クロス』では火・闇デッキを使用。
切り札:「暗黒王デス・フェニックス」 / 「暗黒鳳ゼロ・フェニックス」(『クロス』)
エスメラルダ
スペインのデュエルマスター。3年前にガルドに襲われた時に切札勝利に救われたが、同時にガルドによって両足を失い、義足になっている。『FE』最終決戦まで車椅子に乗っていたが、決戦後にDr.ルートによって本物の足を移植されて歩けるようになった。
リッチを倒した勝舞とともにエジプトへ向かう。エジプトのトトの城の中でロボットに見つかるが逃れ、ザキラと戦う。「究極銀河ユニバース」を操りザキラを追い詰めるが、敗れて捕獲される。普段は眼鏡と帽子をつけているため不細工に見えがちだが、素顔は美人。勝舞に伝えてはいないが、勝舞を愛している。
切り札:「ザ・ユニバース・ゲート」 / 「究極銀河ユニバース」
ホルス
声 - 東さおり
エジプトのデュエルマスター。6歳で、泣き虫だが優しい性格。楽園(パラダイス)でジェドとデュエルをするまで一度もデュエルの経験がなく、デュエルマスターとして目覚めた時、心の中に抑えていたジェドへの怒りなどの感情が爆発し、ジェドにデュエルを挑む。ホルスが勝つが、カードを放したとたんに元の性格に戻り和解。直後にザキラに捕まるが、ジェドにより救出。
切り札:「超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー」
アニメでは「海王龍聖ラスト・アヴァタール」や「戦攻竜騎ドルボラン」を使用するも黒城に敗れた。
スカイ
声 - 牧口真幸
南極のデュエルマスターで、最強の闇使いの少年。子グマの時から育てていたサザンクロスとともに南極探検隊にまぎれて逃げてきたが、ガルドの追っ手に追いつかれ、対決直前に証をサザンクロスに託し、デュエルマスターにする。ガルドとデュエルするも敗北し、死亡した模様。
原作では名前が不明で、顔もはっきりとしていないが、『クロス』では「スカイ」という名前で登場。一人称も原作では「オレ」に対し、アニメでは「僕」。原作でNACと面識がないのに対しマッキーと知り合い。バベルに狙われて戦い生死不明となり、回想シーンの扱いで59話と60話に登場。サザンクロスに「死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル」を託し、黒城の新たな切り札となる。
サザンクロス
声 - 田中完
スカイに証を託されてデュエルマスターとなった熊。顔に大きな十字の傷がある。勝手に黒城に懐き、黒城は邪魔に感じている。勝舞がザキラを倒した後は日本を離れていったが、その後も黒城と行動を共にしている模様。黒城には「クマ公」と呼ばれる。
ウマ・カーン
声 - 嶋村カオル
インドのデュエルマスター。勝舞とザキラの決戦中に日本に到着し、「ヘヴィ・デス・メタル」の危険性を話す。
アニメでは「神羅トルネードムーン」などを使用したがキサナドゥに敗れる。
ピクシー
声 - 城雅子
アメリカのデュエルマスター。アメリカで遊んで暮らしていたが、幽に説得されて日本へ。勝舞とザキラの決戦中は非常に真面目な態度が見られる。自分のデュエルを「天才的デュエル」と呼び、「超神星ビッグバン・アナスタシス」から5体神を揃えるコンボで幽を圧倒するほど。

ガルド(「不亞家」「不亞一族」)[編集]

最悪のデュエリスト集団。マジック時代に何度か話が出ていたが、後に登場した不亞家がガルドであると、勝舞がザキラに敗北した時に判明する。「不亞家」などと称しているが、ザキラの妹の幽以外は全員ザキラの親戚ではなく、世界中から集められた者達である。

真のデュエル以外で負けること以外では何をされても死なないが、一員となる時に交わした契約を破ると死んでしまう。UFOのような飛行機を使っているが、超能力を含むこれら全てはアダムが用意したものであったとSXにて明らかとなる。全部で26人おり(不亞 幽を除く)、それぞれAからZまでの称号を持ち、AからZにいくほど強く、Aより下は番号で呼ばれる(頭に「コードネームナンバー」が付く)。桁違いに強いRからYは、アフターR(アフターレボリューション)と呼ばれる。

かつてはデュエルマスターを守るためだけに生まれてきた者の集団であった。悪の組織となったばかりの3年前は、1000兆円の財産を持つ大富豪でもあった。長はかつてはZの称号を持つゼウスであったが、ゼウスはザキラに倒され、Zの称号がザキラのものとなる。デュエルマスターを守っていた頃、何百何千の仲間が散っていったことからザキラはデュエリストに憎しみを抱き、デュエルマスターの証を得ることとデュエリストの全滅を企む。

不亞・ザキラ (Z)
声 - 安元洋貴 / 幼年時代:田中敦子
本名はザキラ・ジョール。ガルドの長。イギリス出身。ザキラという名前はゼウスとのデュエル決着後に、オアシスから授かった。旧名はコードネームNo1。(コードネームNo1以前の名前は不明)3年前、世界大会に集まった全てのデュエリストを倒している。Dr.ルートやNAC(『チャージ』ではナイト)がその強さを恐れ、デュエルマスターのトーイやエスメラルダ、世界最強と言われた勝利を倒し、日本一となった勝舞を二度も倒すほどの実力者。初登場時はDr.ルートとNACを前に相手が悪いと判断したが、理由は不明。悪を嫌う自分の妹をしもべとして利用したり、人の命はカード1枚より軽いと言うなど、非常に冷酷な性格。4年前にゼウスを倒しガルドのリーダーとなった時に13歳であるため、現在の年齢は17歳。
デュエルでは敗北しなくとも大きなダメージを受ける場面があり、原作では勝舞との2戦目での「ボルスレッド・ファイアードラゴン」による攻撃で左腕を消滅(FEにて鋼鉄の義手を装着)。エジプトではエスメラルダとの戦いで、服が破れやすいキャラで、全裸のままで、治療の途中、UFO墜落のダメージに加え、インドを襲撃した際に入手した三体神攻撃時の衝撃から絶対安静状態となっていたが、世界大会にて勝舞を倒すべく、三体神「ヘヴィ・デス・メタル」を携え出向く。デュエルマスターではないため神の裁きで滅ぶはずであったが、神に認められかつての肉体に再生。勝舞を窮地に追い詰めるが、4年前に勝舞と白凰が一緒に作ったデッキに敗北。
SXでは南極でキサナドゥの攻撃からアッシュをかばい重傷を負い、拉致される。その後キサナドゥより精神干渉を受けるが、全てザキラの計算どおりに事態は進んでいた。期が熟した頃、ザキラはキサナドゥの拘束を掻い潜り、逆に操りアダムを倒すため接近するもアダムに敗北し、アッシュと共に死亡。
学生時代は15歳で一流大学に飛び級合格する秀才。そこで初めてアッシュと出会う。社会を知るために大学に入ったが、つまらなかったという印象しか持てず、退屈な世界をデュエル・マスターズカードで変えてやろうと思っていた。
『クロス』でも勝利、白凰、黒城の誰も勝てない圧倒的な強さを誇る。勝舞にも一度は勝ち、2戦目でも勝舞を絶望させるほどの強さを見せるが、ザキラには永遠にデュエル・マスターの証を手にできないと気づいた勝舞に敗れる。その後は合法的にデュエマ界を我がものとするため、自身は勝舞に負けたことによる傷を癒しつつ、手下を世界大会に出場させ、勝舞達の妨害をし、各地のデュエリストを倒して恐怖を植え付けさせている。大会で復讐しようとしたが、結局敗北して姿を消し、その後、アニメに出ることはなかった。
  • 切り札
    • 「凶星王ダーク・ヒドラ」 / 「暗黒王デス・フェニックス」 / 「超神星アポロヌス・ドラゲリオン」 / 「黒神龍グールジェネレイド」 / 「龍神ヘヴィ」 / 「龍神メタル」 / 「破壊神デス」 / 「暗黒凰ゼロ・フェニックス」 / 「邪眼皇ロマノフⅠ世」 / 「大邪眼バルクライ王」 / 「邪眼皇アレクサンドルⅢ世」(『クロス』) / 「超神星DEATH(デス)・ドラゲリオン」(『クロス』) / 「大邪眼バルクライ王」(『クロス』) / 「邪眼将デス・ロマノフⅤ世」(『クロス』) / 「時空の封殺ディアスZ(ゼータ)、殲滅の覚醒者ディアボロスZ」(『クロス』)
不亞 幽
ザキラの妹。上記の不亞 幽を参照。
アッシュ (A)
声 - 水田わさび
不亞家最弱のデュエリスト。火・水デッキを使用。イギリス出身。原作では出番が少なかったが、『チャージ』では登場が多い。、『クロス』では、未登場。SXでニセキサナドゥに仲間の大半が殺されるが、ザキラに命を救われ、勝舞達に助けを求める。
元々は非常に優秀な頭脳で、わずか3歳で一流の大学に入学していた。そのため他大生からひどいいじめを受けていたが、ザキラとオアシスに出会い、デュエル・マスターズカードの面白さを知ると共に、ザキラと深い親交を持つようになった。
切り札:「猛菌剣兵チックチック」
ブラー (B)
声 - 小林希唯
原作では16巻のJの台詞に名前が出た以外は、ガルドメンバー集合の際に登場。語尾は「ブラ」。ケニア出身。
『チャージ』では火・水デッキで「クリスタル・パラディン」や「襲撃者エグゼドライブ」を使用。黒城の「悪魔聖霊アウゼス」に敗れる。
『クロス』では回想シーンにて、ジョージを拾ったキャサリンと戦うが敗北。世界大会2次予選ではジョージとの因縁の対決となり、対戦中の言葉でジョージを精神的に追い詰めて仲間にしようとするが、キャサリンの声に励まされたジョージに逆転され敗北。なお回想シーンでは水単デッキだったがジョージとの試合では火・闇デッキを使用した。
切り札:「クリスタル・パラディン」(『チャージ 』) / 「襲撃者エグゼドライブ」(『チャージ』) / 「クリスタル・アックス」(『クロス』) / 「弾丸透魂スケルハンター」(『クロス』) / 「邪神C(チェスター)・ロマノフ」(『クロス』) / 「邪神R(ロック)・ロマノフ」(『クロス』)
チャッピー(車掌さん)(C)
声 - 三宅健太
不気味な格好をした男で、不亞城に向かう途中で勝舞と戦うが敗北。マレーシア出身。闇単色のヘドリアンデッキを使う。
『チャージ』では闇・自然文明を使用。
『クロス』では回想シーンでジョージを狙うが、ジョージとのデュエルに敗北。その後火・闇デッキを使い白凰と対戦する。白凰を精神的に限界まで追い詰めるも、「白騎士の無限龍ウルフェリオス」のメテオバーンで敗北。
切り札:「凶星王ダークヒドラ」 / 「憤怒の猛将ダイダロス」(『チャージ』) / 「パワード・スタリオン」(『チャージ』) / 「邪神M(マッド)・ロマノフ」(『クロス』) / 「魔弾クリティカル・デストロイヤー」(『クロス』)
デリシャス (D)
声 - 松来未祐
不亞城の見張り番で、いつも眠たそうな少年。ニュージーランド出身。
『チャージ』で勝舞を襲った最初のガルドであり、1日をほとんど寝て過ごす設定も登場。
『クロス』では世界大会1次予選で勝舞と戦い、勝舞を眠くして追い詰めるが、勝舞は「ボルシャック・NEX」に起こされ、一気に逆転され敗北。デッキは自然デッキ。
切り札:「雷炎賢者エイジス」(『チャージ』) / 「伝説のサンテ・ガト・デ・パコ」(『クロス』) / 「呪林の格闘士フォクシー」(『クロス』)
エルリオ (E)
声 - 根本圭子
不亞城の見張り番だが泣き虫。FEで服装が変わった。ニュージーランド出身。
『チャージ』では「悪魔神ドルバロム」のカードそのものに意識を乗っ取られて黒城と戦う。その後デュエルに敗北し「ドルバロム」は黒城の手に渡る。その際は闇・自然のマナブーストを得意としたデッキを使うが、本来は光・火のデッキを使用。
『クロス』では世界大会1次予選で黒城と戦うが敗北。
切り札:「鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー」(『クロス』) / 「死皇帝ハデス」(『クロス』)
フォース (F)
声 - 山口眞弓
不亞城の門番。目はヘアバンドのようなもので覆っていて、巨大な鍵を持っている。デリシャスやエルリオとは昔からの親友(3人揃ってデッキが光と火で構成されているのはこの為)で、不亞城に来た時は新たにブラーやチャッピーとも友情を結ぶ。5人の中ではリーダー的存在。オーストラリア出身。
『チャージ』では「友情を捨てた」と発言し、勝舞を追い詰めるが、逆転され敗北。
『クロス』では光・水デッキを使い世界大会1次予選で白凰と戦う、体がボロボロの白凰を苦戦させるが、白凰は一気に勝負をつけた。
切り札:「グロリアス・ヘブンズアーム」 / 「天海の精霊シリウス」(『クロス』)
ゲドー (G)
声 - 樫井笙人
白凰の母親を殺し、勝利に呪いをかけ、白凰をさらった張本人。イギリス出身。白凰を洗脳し、彼の側近となる。「これは洗脳ではなく再教育」と言うが、勝利から見てはどう見ても洗脳であった。初登場時(白凰の母親を殺した時)は全く別の姿をしていた。切札家のカード強奪に失敗した後にザキラが構築した水・闇デッキを手に入れ、さらに切札家のカードによって火傷を負った体に改造手術を施し、今の姿になった模様。
ゲーム版第2作に同名のキャラクターが登場するが、同一人物かは不明。
切り札:「魔皇グレンベルク」
ヘンドリクス (H)
声 - 酒井敬幸
鋼鉄の手を持ち、不亞家で唯一、覚醒したカードを掴む事ができる野生児。クアトロに育てられたが失敗作だという。光・水・自然のデッキを使う。その外見のわりに「雷鳴の守護者ミスト・リエス」や「パクリオ」などトリッキーなクリーチャーを好む。バナナ(特にエクアドル産)が好物。ブラジル出身。ニセキサナドゥに殺される。
『クロス』ではイメルダと共に二次予選最初の相手として登場するが勝舞に敗れる、このときはゴッドデッキを使用。
切り札:「バイオレンス・ヘヴン」(『クロス』)
イメルダ (I)
声 - 千葉千恵巳
通称「おちゃめデュエリスト」。よくヘンドリクスと共に行動する。おもちゃのギロチンを使ってれく太を人質に取り(アニメではオリに閉じ込めたれく太をヘンドリクスの口に放り込む)、勝舞から覚醒したカードを奪う。アルゼンチン出身。
『チャージ』では「ラッキー・ダーツ」を効率よく使うため、デッキのほとんどが呪文という特殊な光・火・自然デッキを使用。
『クロス』では世界大会2次予選に登場。自然・水・光・闇の四色ゴッドデッキを使い、真のデュエマを発動して龍牙を倒す。その後の勝舞との戦いでも勝舞を追い詰めるが、「ゼン・アク」を倒され敗北。
切り札:「ラッキー・ダーツ」(『チャージ』) / 「超絶神ゼン」(『クロス』) / 「究極神アク」(『クロス』) / 「創造神サガ」(『クロス』) / 「蒼神龍スペル・サモニオン」(『クロス』) / 「神誕の大地ヘラクレス」(『クロス』)
ジェイソン (J)
声 - 石野竜三
不亞幽の教育係で、キルミーとコンビ。キルミーと共に白凰や勝利と戦うが、いずれも敗れている。勝利に敗北後、リッチに止めを刺される。その後、ガルドメンバー集合の際に姿を大幅に隠して登場。SXでは元の姿に戻っていた。顔が「J」の形になっている。ドイツ出身。SXでアッシュを逃がすためにニセキサナドゥの分身と戦うが、その多さに圧倒され死亡。水・光のグラディエーターデッキを使う。
『クロス』では世界大会二次予選の最後で勝舞と戦うが「ボルメテウス・武者・ドラゴン」の能力で切り札を破壊され攻め手が尽きてしまい敗北する。光・闇のブロッカーデッキを使用。
切り札:「聖皇エール・ソニアス」 / 「光器マリアンナ」 / 「神羅ダークネス・ロマノフ」(『クロス』)
キルミー (K)
声 - 増田ゆき
ジェイソンと同じく不亞幽の教育係で、幽にデュエルを教えた人物。アッシュとイメルダの教育係でもある。ジェイソンと共にリッチに倒された。ガルドメンバー集合の際は姿を大幅に隠して登場し、SXで元の姿に戻っている。デンマーク出身。SXでアッシュを逃がすためにニセキサナドゥの分身と戦うが、その多さに圧倒され死亡。マナコスト3以下のクリーチャーしか入れていない火・自然デッキを使う。
『クロス』では白凰の母の敵として登場しスノーフェアリー中心の自然単色デッキを使用、ちなみにその時バケツマンと同じ「斬雪妖精バケット・バケット」も使用した。最終的にミミに敗れる。
切り札:「ダイヤモンド・ブリザード」 / 「ダイヤモンド・フォール」(『クロス』)
ラブ (L)
声 - 伊藤健太郎
刀を持つ用心棒的デュエリストで、NACを破る実力。中国出身。火・水デッキを使う。SXでアッシュを逃がすためにニセキサナドゥの分身と戦うが、その多さに圧倒され死亡。
『チャージ』では自然が加わるが、黒城の「悪魔神ドルバロム」に敗れる。
『クロス』でも『チャージ』と同様に火・水・自然のデッキを使用。白凰と対戦するも、敗北。
切り札:「炎槍と水剣の裁」 / 「パシフィック・チャンピオン」 / 「聖凱亜イカロス」 /「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」(『チャージ』) / 「クリスタル・ツヴァイランサー」(『チャージ』) / 「超神羅ギャラクシー・デスティニー」(『クロス』) / 「大勇者 銀河の誘発(サルタヒコ)」(『クロス』) / 「神羅ブリザード・ムーン」(『クロス』)
Dr.マンソン (M)
声 - 小西克幸
ガルドの優秀な科学者。デュエルの分析ができる。『チャージ』では城のシステムと体がつながっているという設定。勝舞が不亞城奥地へ向かう間に他の者にも入られないように、B~Eの分身を機械で出していた。(後に勝舞の「超竜ヴァルキリアス」と「ボルメテウス・サファイアドラゴン」にとどめをさされた後、分身は消滅)「飛行男」「バッド・タンバリン」など、手札破壊能力を持つカードが多い闇・水のデッキを使用。アメリカ出身。
切り札:「奇術王エンドレス・パペット」
ネバー (N)
声 - 三宅華也
蜘蛛のように行動するデュエリスト。NACに敗れる。両手から出す糸は鉄よりも硬いが、ミミの腕力には及ばなかった。光・水のデッキを使用。「予言者マリエル」や「インパクト・アブソーバー」などで、相手の戦法を一つずつ封じていく戦術を得意とする。フィンランド出身。
『クロス』では「ミスタースパイダー」と名乗り二次予選で勝負と戦う、このときは「時空男」と「死神アトミック・デストロイヤー」さらには「邪神C・ロマノフ」を巧みに使い勝舞を追い詰めるも最終的に敗北。
切り札:「神羅ダークネス・ロマノフ」(『クロス』)
オアシス (O)
声 - 谷山紀章
ザキラの大学時代の同期にして親友。ザキラの右腕的存在のジェントルマン風のデュエリストで、敬語を使うのが基本の温和な性格。1年間デュエルマスターを探す旅に出ていた。一度に多人数を相手にデュエルができる(20人が限度)。イギリス出身。水・自然のデッキを使用。SXでアッシュを逃がすためにニセキサナドゥの分身と戦うが、その多さに圧倒され死亡。
『チャージ』では「式神ブゥ」や「覚醒するブレイブホーン」を中心とした自然・光・水デッキを使い勝舞を追い詰めるも敗北、勝舞の強さを感じ取り「気をつけろよ、ザキラ」と最後の言葉を遺した。
『クロス』ではゲドーと並びザキラの片腕と称され、デュエマ世界大会決勝大会の初戦でシズカを倒す。水・闇デッキを使う。
切り札:「永刻のクイーン・メイデン」 / 「時空の脅威スヴァ、神の覚醒者サイキック・スヴァ」(『クロス』)
パーフェクト (P)
声 - 高橋美佳子
ガルドの執事。別名「おまかせPちゃん」。小さな体の見た目と裏腹に、大量の凶器を持っている。出身地は不明。SXでアッシュを逃がすためにニセキサナドゥの分身と戦うが、その多さに圧倒され死亡。
『チャージ』ではカードの解説が多い。『クロス』ではクアトロと共に、ザキラの手下では特に登場が多い。アニメでは『チャージ』『クロス』と、どちらもデュエルの場面はないがゲームでは 主人公の相手として戦うことが出来る。
ゲームでは自然文明がメインなデッキを使う。
切り札:「大昆虫ガイアマンティス」(ゲームのみ)
クアトロ (Q)
声 - 川田紳司
ザキラ親衛隊の隊長。別名「太田Q」。「クアトロ」という名前で呼ばれることは少ない。名前の由来は「オタク」とダイエット後の姿が機動戦士Zガンダムクワトロに似ていることから。原作では行動・嗜好にオタク傾向が見られ、語尾も「オタ」である。原作ではミミを「ミミたん」と呼ぶ。アニメにおいても口調や性格に変わりない。日本出身。SXでアッシュを逃がすためにニセキサナドゥの分身と戦うが、その多さに圧倒され死亡。
『クロス』では決勝大会で再登場し、アニメでは初めてとなるデュエマを披露してミミを破る。
アニメでのゲドーの反応からダイエット後の姿は彼も知らなかった模様。
切り札:「猿神兵アッシュ」 / 「無限掌」 / 「フル・コマンド」 / 「時空の賢者ランブル、恐気の覚醒車ランブル・レクター」(『クロス』)

アフターR[編集]

アフターR(アフターレボリューション)とは、Aから始まりZで終わる不亞家26人のデュエリストの中でも、ザキラを守るために選ばれた実力が桁違いのデュエリスト。実力は世界を混乱に陥れたほど。『チャージ』には原作がまだそこまで進んでいなかったため登場しなかった。

リッチ (R)
声 - 川島得愛
シズカを溺愛している。彼女を連れてスペインで修行中の勝舞、黒城のもとに奇襲をかける。最後までシズカを溺愛しながら彼女と共に死亡。その後、ガルドメンバー集合の際に姿を大幅に隠して登場。火・自然アクセルデッキを使用。フランス出身。
『クロス』では水・光ナイト中心のデッキを使用。18話でのミミとのデュエルでは闇文明もデッキに加えており、8話では使わなかった「魔光神ルドヴィカⅡ世」も使用。ミミと4回戦っており、初戦はミミが勝ったが、18話や23話ではミミを倒す。40話ではシズカと2人揃って愛を捨てて強くなったつもりだったが、ミミのとどめの攻撃をくらう直前に、愛を捨ててはいなかったと気づく。シズカとの愛を見つめ直すが、ザキラに役立たずとしてデリートされる。
デュエマ世界大会決勝にも登場しここではじめて勝舞と戦う、このときは新たに自然文明も加わり「ゴースト・タッチ」で勝舞の超次元呪文を破壊する活躍を見せるが「スーパー・スパーク」で形勢が逆転。
切り札:「緑神龍ダグラドルグラン」 / 「魔光神ルドヴィカⅡ世」(『クロス』) / 「魔光神レオパルドⅡ世」(『クロス』) / 「時空の豪腕ジャパン、乱打の覚醒者ジャパニカ」(『クロス』)
シズカ (S)
声 - 坂本真綾
強いデュエリストがザキラの手でいなくなったことにショックを受け、3年間眠り続けていた女性。移動時は眠ったままリッチのバイクのサイドカーで運ばれる。デュエルはレオタード姿で手ではなく、逆立ちをして足で行う奇抜なやり方。強い相手に憧れていたあまりにガルドに入り、ザキラの命令によりリッチとの愛を捨てた。勝舞達に敗れた後、リッチとの愛を見つめ直して死亡。その後、ガルドメンバー集合の際に姿を大幅に隠して登場。原作でのその後の去就は不明。サディストな性格。水・光デッキを使う。フランス出身。
『クロス』では水・闇ナイト中心のデッキを使用。8話ではドレス姿で普通にデュエルしていたが、39話・40話では原作準拠である。8話で勝舞に敗北後、ザキラに愛を捨てろと言われて眠り、39話で目覚めるが、再び勝舞に敗北。その後リッチと共に決勝大会で再登場。(この時は、以前までとは全く別の衣装で登場した。)彼女とリッチは勝舞たちとの戦いを経てザキラを裏切ったため、オアシスの「神の覚醒者サイキック・スヴァ」に制裁される。
切り札:「アドミラル・クイーン」 / 「魔光神ルドヴィカⅡ世」(『クロス』)
天帝トト (T)
声 - 西村朋紘
富、権力、頭脳など全てに恵まれた天才デュエリストで、「知恵の神」を名乗る。エジプト出身で、好物はソフトクリーム。エジプトにデュエルマスターを捕獲するための罠「DMホイホイ」を構えている。光・自然デッキで一度は勝舞を倒して、地下世界(ソフトクリーム工場)に閉じ込めるが 勝利のカードを得た勝舞に敗れる。ガルドメンバー集合の際は、全身を包帯で巻いた姿で登場。クレオバトラーを始めとする多数のロボットの部下がおり、全員が動物の姿。グレートメカオー中心の水・光デッキを使う。
『クロス』ではザキラの忠実なしもべの振りをしており、ザキラを裏切ってザキラとその手下を自分のしもべにしようとし、デュエルマスターの証も手に入れてデュエリストの頂点に立つ野望を持っていた。ピラミッドを海に沈ませて、バベル諸共れく太とバケツマンを沈めようとするが、怒る勝舞の「超聖竜ボルフェウス・ヘヴン」と「インビンシブル・フォートレス」に倒され、ピラミッドのシステムが壊れて自分が脱出できなくなり、海に沈んでいった。原作と同じくグレートメカオー中心の水・光デッキを使っていた。
切り札:「グランドクロス・カタストロフィー」 / 「風撃の求道者ラ・バイル」 /「キャプテン・ミリオンパーツ」 / 「無敵巨兵オメガブラックZ」(『クロス』) / 「光器ペトローバ」(『クロス』)
ユー (U)
FE全体でわずかに紹介されただけの謎の人物。(なお、名前が似ているが 不亞 幽とは別人)アメリカのデュエルマスターを狙っていた。ガルドメンバー集合に登場せず、オアシス曰く「別任務」。
バベル (V)
声 - 森田成一
乗り物として意志を持つ機械の虎・ロデムを従えており、裏社会に子分達のネットワークを持つ少年。闇眼という相手のデッキの次のカードが分かる常人外れな目を持つ。(本人が言うには、故郷は光一つ無く そこで生きていく力として必要だったらしい)Dr.ルートとデュエルマスターをかけてデュエルをするが敗北。割って入った勝舞に命を救われる。「緑神龍ジオブリード」や「蒼神龍スペル・グレートブルー」など、ドラゴン中心の光・水・自然のデッキを使用。インド出身。ガルドメンバー集合の時はおしおき室にいた。SXでアッシュを逃がすためにニセキサナドゥの分身と戦うが、その多さに圧倒され死亡。
『クロス』でも光・水・自然のデッキを使用し、ジョージと戦う。ジョージに1戦目は勝つが、2戦目は闇眼が裏目に出て敗北。3戦目はジョージを倒し、50話までに登場したザキラの手下では、パーフェクトやクアトロとともに生き残ったわずかなメンバーでもある。ザキラへの忠誠心は絶対的なものがあり、トトの裏切りに感づいて警戒したり、黒城がザキラと戦っている時、勝舞とのデュエルを始めようとしていながらザキラが心配になり、勝舞とのデュエルを放棄するほど。その後決勝大会で再登場し4度目となるジョージとのデュエマで再度ジョージを打ち破る。
切り札:「超神龍アルグロス・クリューソス」 / 「蒼神龍アル・バビロン」(『クロス』) / 「時空の尖塔ルナ・アレグル、要塞の覚醒者ルナ・アレグリア」(『クロス』)
ホワイト (W)
声 - 皆川純子
白凰がゲドーに洗脳されている時の名前で、言葉遣いは荒っぽく性格も残虐。詳細は上記の白凰を参照。
キサナドゥ (X)
声 - 恒松あゆみ
NACからはイエスマンと共に「ガルド最強のデュエリスト」として恐れられている。球体をまとい、それにより飛行も可能。イエスマンとともに南極のデュエルマスターを狙い、周囲にバリアを張りイエスマンに指示しながら探索していた。出身地は不明。ガルドメンバー集合には登場せず、オアシス曰く「別任務」。ザキラの手下で数少ない女性でもある。
本体はかなり前に消されている。怪物のような素顔を持ち、自らの分身を作れる。アダムというマスターに仕えている。デュエル以外では死なない能力を銃のようなもので消してガルドメンバー大半を始末し、ザキラがデュエルマスターの証の強奪に失敗したことをマスターに死んで詫びろと言い、ザキラと戦う。「タイタンクラッシュ・クロウラー」4体を使ったコンボでザキラを追い詰めたが、逆転され敗北。散り際にアッシュを攻撃するもザキラがかばい、ザキラを拉致する。SX2話では元の姿に戻っている。偽物は自分を「私はキサナドゥではない」と言うが、アダムを守る仲間も含め、他のキャラに呼ばれる時や解説では「キサナドゥ」と言われている。
『クロス』ではイエスマンと共に行動し、イエスマンに指示を出す。23話で初めて自身が戦い、ジョージに圧勝。34話で勝舞に敗北して消滅するが、60話でマッキーが語る南極での回想シーンで復活しており、黒城に倒されているが、世界大会一次予選の会場に姿を見せている。勝舞との戦いでは闇・水デッキを使用。黒城との戦いでは光を含むデッキを使用。その後決勝大会で久々に姿を現し初戦で「超電磁ヘルラッシュM」を使用してウマ・カーンを打ち破る。
切り札:「魔龍バベルギヌス」(『クロス』勝舞戦) / 「黒神龍グールジェネレイド」(『クロス』勝舞戦) / 「キサナティック・X」(『クロス』黒城戦) / 「サイバーX・ザナドゥ」(『クロス』黒城戦) / 「魔光王機デ・バウラ伯」(『クロス』黒城戦)
イエスマン (Y)
声 - 梅津秀行
全身を銀色の鎧で覆った謎のデュエリスト。ギリシャ出身。キサナドゥと共に南極のデュエルマスターと黒城を倒し、日本に向かう。実力はザキラと同格らしいが、ザキラの一言一句には従う強い忠誠心を持つ。世界で初めて「完全決闘(パーフェクトデュエル)」を編み出し、Yの称号を授かって以来、完全決闘をした時に限ればおよそ1000日はシールドを破壊されていない。指からレーザーを撃てる。ホワイトから正気に戻ってザキラに仇を討とうとした白凰を圧倒する実力。光・闇・水・火のデッキを使用。SXでアッシュを逃がすためにニセキサナドゥの分身と戦うが、その多さに圧倒され死亡。
漫画版では最後まで正体は明かされなかった。
『クロス』ではデュエルマスター・ヤエサルがザキラの力でしもべにされた姿。勝舞との1戦目では鎧が黒く、勝舞の言葉に動揺して判断ミスを起こし敗北。勝舞との2戦目ではザキラに新たなデッキを託され鎧が金色になり、勝舞の言葉に動揺はしないが、この時も勝舞が勝つ。45話・46話の勝舞との3戦目に敗北後、ヤエサルに戻る。光・闇・水デッキを使う。
切り札:「聖鎧亜キング・アルカディアス」 / 「光神龍スペル・デル・フィン」 / 「機動聖霊ムゲン・イングマール」 / 「光神龍ザ・イエス」(『クロス』)、「黒神龍グールジェネレイド」(『クロス』) / 「魔龍バベルギヌス」(『クロス』) / 「竜極神ゲキ」(『クロス』) / 「竜極神メツ」(『クロス』) / 「蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド」(『クロス』)

アダムとその仲間[編集]

アダム
大昔クリーチャーの戦争を止め、クリーチャーをカード化させ、デュエルマスターズを広めた人物。
キサナドゥ曰く「地上最初のデュエルマスターであり、地上最強のデュエリスト」。長期の冷凍睡眠の間に記憶喪失してしまい、自分が何者であるか、デュエルとは何かを全て忘れてしまっている。
「デュエル・マスターズ歴王記」によると、人々にデュエルマスターズカードを広め、この世の争いをなくし、楽園を作ったとされているが、その後、世界を海の底に沈めてしまったという(クリーチャーの戦争ではなく人間同士の戦争でイヴを失い激昂。「人類を滅ぼす」決断とともに六体神で人類を海の底に沈めた)
しかし、ザキラとのデュエルによって記憶を全て思い出し覚醒してしまう。
  • 切り札
    • 「神核アトム」 / 「起源神エレクトロン」 / 「起源神ニュートロン」 / 「起源神プロトン」 / 「起源神レプトン」 / 「時空の賢者ランブル、恐気の覚醒者ランブル・レクター」
イヴ
キサナドゥ
上記のガルドを参照。
アポール
勝舞達が南極に来てからの最初の対戦相手で、勝舞に倒される。
バーカン
アポールと共に勝舞達の前に現れ、白凰に倒される。
HAPPENING / ハプニング
アダム親衛隊のリーダー的存在。「大佐」とも呼ばれる。神のカードを使って勝舞と闘い、敗れた。
SADNESS / サドネス
少しずつ水が増えていき、時間がたつと溺れてしまう悲しみの間で待ち受けるデュエリスト。天地と戦うが敗北。命がけで勝舞達を助けるが、水が一杯になる悲しみの間に閉じ込められ、生死不明に。自然・水・闇のナイトデッキを使用。
切り札:「黒騎士ザールフェルドⅡ世」
TERROR / テラー
気持ちの悪い虫がわらわらいる恐怖の間で待ち受けるデュエリスト。勝舞達5人を人質に取った上でミミにデュエルを挑むも敗北。その素顔は異形をしている。
TROUBLE / トラブル
常に空中に浮かぶディスプレイで何かしら分析をしている。50階紛争の間にてパッションと共に登場。アッシュにデュエルを挑む。
PASSION / パッション
初登場時から初決闘まで上半身が地面に埋まっていた。トラブルやテラーが乗れるほど足が大きい。ズボンが破れて水玉模様のパンツが見えている。もともと持っていた脳に、人工の頭脳を2つ付けた「3倍脳」を持つ。その甲斐あって、アダム親衛隊では最も頭が良いと言われている。また、脳を分離させ、頭3つ、腕6本の形態になり、複数人を相手に決闘することも可能。アシュラ観音像のような外観で、顔、髪型もそれらしい。はじめは3つの頭の状態で白凰、ミミ、龍牙にデュエルを挑む。ミミと龍牙を破った後には、「3倍脳」状態になり白凰と闘い続ける。しかし、白凰には敗れる。
SURPRISE / サプライズ(サプライズ猿飛)
勝舞の父である勝利に化けて、デュエルで勝舞を倒す。怒る白凰にデュエルで殺されそうになるものの、辛うじて生き延びる。その後は登場していない。勝舞を相手には火・自然・闇の勝利に似たデッキ、白凰を相手にはシノビデッキを使う。
切り札:「威牙の幻ハンゾウ」

5年2組[編集]

いずれも『ビクトリー』に登場。勝太たちのクラスメート達(と担任)。百獣レオ、南藻奈巳の項目は上記の主要人物(クラス編)を参照。カツドン編及びアニメ『V3』以降も半ばモブキャラ扱いだが登場している。

亜部 真理亜(あべ まりあ)
声 - 山口眞弓
口うるさい上に、外見も残念なクラスの学級委員の女子。誰も決めてないことも「意義なし!」と勝手に決めてしまう自己中心的な性格だが、小熊先生には頭が上がらない。「学級委員として言わせてもらいますけど!」が口癖。眼鏡の下は美少女といえる程可憐な瞳をしている(但し勝太たち曰く「オバケ」)。レオのことが好きで、「レオ様」と呼ぶほど熱愛している。レオの催眠術にかかってもワガママモードにならなかったり、オサムの手によってカードにもされなかった(漫画ではカードにされた)数少ない幸運の持ち主でもある。デュエマの実力はあまりないが、勝太との初勝負では「ヘブンズ・ゲート」と「光器パーフェクト・マドンナ」を駆使し勝太を苦しめ、アニメでもトッキュー8(開封した8パックのカード40枚をデッキとして使うルール)で勝太と勝負した際は持ち前の運の良さで優良なカードを複数入手していたこともありあと一歩のところまで勝太を追い詰めている。結局どの対決でも負けてしまったが、アニメでは勝太やレオは亜部の実力を認めており、決して弱いわけではない。
光文明単色のメカ・デル・ソルデッキを使う。
切り札:「ヘブンズ・ゲート」(漫画) / 「光器パーフェクト・マドンナ」 / 「光器スパーク・ビヨンセ」
下呂 清太郎(げろ せいたろう)
声 - うえだゆうじ
通称「ゲロッパ」。不気味な外見とは裏腹に綺麗好きな男子。一人称が「オデ」で、語尾が「~ヘドゥル」と変わった言葉を使う。掃除が好きだが、一線を越えると暴走する。掃除が好きな理由として、本人曰く「魂に恥じない行為をする」ため。ワガママモード最初の犠牲者で、「汚せば汚すほどキレイになる」と言い教室を散らかしていた。
闇文明単色のへドリアンデッキを使う。
切り札:「カビパン男」
山本 エレガンス久美子(やまもと エレガンスくみこ)
声 - 一杉佳澄
通称「ガンス」。語尾に「~でガンス」と付けて話す大柄で筋肉質の女子。大食いで食に対するこだわりは尋常ではない。実は良家のお嬢様だが、その割にかつ丼が好物で、フォアグラが大の苦手(幼少期からフォアグラを食べさせられ続けたことが原因で嫌いとなった)。何故か北斗の拳をモチーフにした台詞を発することが多い。アニメでは厳つい顔に似合わず可愛い声をしている。ワガママモード2人目の犠牲者で、みんなが食べるはずの給食を独り占めしていた。
自然文明単色のジャイアントデッキを使う。
切り札:「大喰の超人(むちゃぐい・ジャイアント)」 / 「再誕の聖地」 / 「偽りの名(コードネーム)ハングリー・エレガンス」 / 「真実の名(トゥルーネーム)ジャイアント・マック」
段田 断(だんだ だん)
声 - 加瀬康之
即断即決の直行型熱血系男子。決断力が早く、何にでも「即○○!!」とすぐ行動に移す。「~だ」なら「~だだだ」というように言葉の最後の一字を続けて言うのが癖。動物が好き。飼っている馬の名は「黒龍号」。ワガママモード3人目の犠牲者で、拾ってきたウリボーの「キャンディちゃん」を元気付けようと、学校を動物王国にして占領しようとした。
闇文明単色のドラゴン・ゾンビを始め「ブラッディ・シンバル」「ダーク・ルピア」「ゼッコウチョ」を入れたデッキを使う。
切り札:「ヤバスギル・ラップ」 / 「偽りの名(コードネーム)ヤバスギル・スキル」 / 「黒神龍ワリー・Go(ゴー)・イネーガー」 / 「黒神龍アバヨ・シャバヨ」 / 「黒神龍ダンチガイ・ファンキガイ」 / 「超神龍ハカイシ・ハカイ」 / 「黒神龍グールジェネレイド」 / 「真実の名(トゥルーネーム)ゼッキョウ・サイキョウ」
緑山 メイ(みどりやま メイ)
声 - 中司ゆう花
いつも眠っている大人しい女子。寝たままでもデュエマができる。アニメでは「クラスのマドンナ」と呼ばれており、発表会では白雪姫の役に抜擢された(しかし発表会当日に寝てしまい、白雪姫の代役は勝太がやることになった)。また、怒らせると怖い面があり、『ビクトリーV』第45話では、寝たまま宙に浮くといった人間離れしている動きを見せた。ワガママモード4人目の犠牲者。
自然文明単色のドリームメイトデッキを使う。
切り札:「眠りの森のメイ様」 / 「メイ様とおサルのシンバル」
火山 羅厳(ひやま らごん)
声 - 小山剛志
物事に感激しやすい直情型の男子。体格はエレガンスと並ぶ。仕切りたがり屋でもあり、生徒会長を務める。漫画では、勝太と亜部の結婚式を企画し、アニメではワガママモードの際、小熊先生の誕生日会を開き感激しながら大暴れした(どちらも本人の勘違いによるもの)。歌はかなり下手。ワガママモード5人目の犠牲者。
火文明のアーマード・ドラゴンを中心に火・闇・自然のファイアー・バードを組み込む勝舞に似たデッキを使う。
切り札:「偽りの名(コードネーム)バルガ・ラゴン」 / 「偽りの名バザガジー・ラゴン」 / 「真実の名(トゥルーネーム)ラゴン・NEX(ネックス)」
鉄条 拷(てつじょう ごう)
声 - 東谷篤門
暗い雰囲気の男子。人を脅かすことが大好きで学校の七不思議に詳しい。怖いのが平気な反面、現実的な面もある。人体模型や骨格標本を操ることができる。ワガママモード6人目の犠牲者で、ワガママモードを七不思議のせいだと言い、勝太たちを驚かせた。
闇文明単色のゴーストデッキを使う。
切り札:「拷問ロスト・マインド」 / 「拷問の魔黒スネーク・テイルコート」 / 「絶叫の影ガナル・スクリーム」
太平 洋(たいへい よう)
声 - うえだゆうじ
通称「太ちゃん」。クラスの陽気な男子。ゴーグルが特徴。泳ぐことが好きだが、今まで一度も海に行ったことがない。「夏だ夏だ、プールだプールだ!」の様に同じ言葉を2回繰り返すのが癖。ワガママモード7人目の犠牲者。
水文明単色のリヴァイアサンデッキを使う。
切り札:「偽りの名(コードネーム)イージス」
才場 源内(さいば げんない)
声 - 宇佐美涼子
発明が得意な男子。「サイバースコープ」と呼ばれる眼鏡をかけていて、背中には機械仕掛けのマジックハンドが付いたランドセルを着用している。語尾に「~メカ」と付けて話し、人を呼ぶとき「○○氏」と言うのが特徴。彼が発明、修理した全てのものに何故か鰹節を削る機能が付いている。ワガママモード8人目の犠牲者。ワガママモードの原因を勝太たちと共に調査したが、自分がワガママモードとなってしまった(ちなみに語尾も「~メガ」に変わった)。
水文明単色のサイバーロードとサイバー・コマンドのデッキを使う。
切り札:「スーパーハッカー サイバー・クーン」 / 「サイバー・B・バック」 / 「サイバー・R(リ)・コンストラクション」 / 「ヒラメキ・プログラム」
大畠 乱(おおはた らん)
声 - 中原麻衣
男子と思わせる容貌をした女子。ユキ子とは仲が良く、「ユキ」と呼んでいる。男勝りな性格でスポーツ万能であり、ワガママモードの際、女子にして重量挙げを難なくこなした。漫画ではデュエマに興味はないが、アニメではおかわりデュエマに参加していたことから全く興味がないという訳ではない。そのため、デュエマのルールはユキ子より詳しく、コンボを駆使してユキ子に勝利することができた。
自然文明単色のワイルド・ベジーズデッキを使う。
切り札:「味頭領ドン・グリル」
鎌倉 ユキ子(かまくら ユキこ)
声 - 田中里和
変わり者の多い5年2組の生徒の中でも唯一普通の女子。乱とは仲が良い。スケッチブック、雪だるまの髪飾りが特徴。編み物が得意であり、ワガママモードの際は延々とマフラーを編んでいた。漫画では乱と同じくデュエマに興味はなく、アニメでもルールの難しさにほとんどついていけず、勝太に教えてもらってからは上達したものの、アタックできないクリーチャーで止めをさそうとするなど、ルールはまだ分かっていない。
自然・火文明のスノーフェアリーやドラゴンの入った羅厳同様勝舞に似たデッキを使う。
切り札:「ドラゴンフレンド・カチュア」 / 「母なる緑鬼龍ダイチノカイザー」
鳥山(とりやま)三兄弟(ふぁいあ / だあく / ああす)
声 - 嶋村侑
語尾に「~だっピ」と付けて話す三つ子の兄弟。家族やペットも三つ子。家はバードショップを経営している。ワガママモードの時はあいこじゃんけんを延々と繰り返していた。羅厳を尊敬している。
火・闇・自然文明のファイアー・バードデッキを使う。
小熊 花子(おぐま はなこ)
声 - 中原麻衣
5年2組の先生で勝太たちのクラスの担任の女性教師。美人だが、職員室の場所を忘れるほどかなりの天然である。彼女も勝太たちの通う学校の卒業生で、過去にカードをトイレに落として詰まらせた経歴がある。

YA・RA・SI(ヤラシ)[編集]

いずれも『ビクトリー』に登場。最強といわれるアイドルグループ。正体はドラゴンやプリンと同じくクリーチャー(アンノウン)である。漫画でのレオはそのリーダーだったが、自由を求めるためメンバーを裏切ることになってしまう。メンバーの名前はオサムを除いてレオのように自身の一人称が由来となっている。尚、アニメでの表記は『YARASHI』。

オサムライ・VAN(ヴァン)・オサム
声 - 桐本琢也 (幼少期:中司ゆう花
ヤラシのリーダー。キーボード担当。一人称は「私」。ピアノとドイツ語を自在に操る。時間を止めたり、人をカードに変える力を持つ。漫画では完全な悪役であり『「運命を操る能力」を持つ極悪人』、または『一番大切なものと引き換えに願いを叶える悪魔』として指名手配されている。自分の名前を「おちむらいおちむ」と書く程字が下手。プリンプリンとは幼馴染で、お嫁さんにしたいと思っており、そのためにはどんな手段も選ばない。「私の記憶が正しければ…」が口癖。アニメでも敵役として登場するが勝太とのデュエマ後は改心し(プリンプリンのことはあきらめていない様子)、勝太たちをデュエマを好きなだけすることができる「トライワールド」という世界に招待する。
火・自然・闇・光文明のキング・コマンド・ドラゴン中心のドラゴンデッキを使う。
切り札:「偽りの王(コードキング)ルードヴィヒ」 / 「偽りの王モーツァルト」 / 「『戦慄』の頂ベートーベン」 / 「運命」 / 「宿命のディスティニー・リュウセイ」(ドラゴンが操られた姿)
久保 聖也(くぼ せいや)
声 - 小平有希
ボーカル担当。一人称は「ボク」。明るい見かけに反して陰湿な性格で、レオに対して「終わったね、おめでとう」や「間抜けでありがとう」と言うなど、えげつない。かつてレオとセンター争いをしていた。
闇文明のエンジェル・コマンドとアンノウン中心に光文明の「DNA・スパーク」などを合わせたデッキを使う。
切り札:「ウェディング・ゲート」 / 「『祝』の頂ウェディング」 / 「偽りの星夜(コードナイト)スター・イン・ザ・ラブ」 / 「偽りの星夜コングラチュレーション」
ラオウ 極丸(ラオウ ごくまる)
声 - 佐藤美一
ギター担当。一人称は「オラ」。口は悪いが意外と面倒見が良く、カードに変えられた5年2組のクラスメートの一部を元に戻す、敵や対戦相手をやたら心配するなど優しい一面もある。
光文明単色のデーモン・コマンドデッキを使う。
切り札:「クリスティ・ゲート」 / 「偽りの羅刹(コードファイト)アガサ・エルキュール」 / 「偽りの羅刹アリバイ・トリック」 / 「凍結の魔天ダイイング・メッセージ」 / 「偽りの羅刹ミスディレクション」 / 「偽りの悪魔神(コードデーモン)バロム・ミステリー」
トラッキングアツシ
声 - 森田了介
DJ担当。一人称は「あっし」。「~だヨ」や「バロメ」などラッパーのように話すのが特徴。胸にパネルを取り付けており、発光してライブを盛り上げる。また、体を叩くと音が出て、漫画のみうるさい音楽で相手の集中力をなくす。
水文明単色のグレートメカオーデッキを使う。
切り札:「偽りの名(コードネーム)iFormula Ⅹ(アイフォーミュラ テン)」 / 「合身巨兵エクスキュベーターMS」 / 「合身秘伝メカ・マシーン」
小岩井 実(こいわい みのる)
声 - 雨蘭咲木子
パーカッション担当。一人称は「ワイ」。ミカンのような髪型とたらこ唇が特徴で、関西弁(アニメでは標準語)を話す。漫画のみ相手の嫌いな食べ物に変身し、困惑させる戦法を使う。
自然文明単色のワイルド・ベジーズデッキを使う。
切り札:「味頭領ドン・グリル」 / 「千切秘伝ワイルド・ベジタブル」

オラクル[編集]

いずれも『ビクトリー』に登場。アニメでは「宗教団体」と名乗り様々な悪事を働かせている。アウトレイジとは元々は一つの種族であったらしい。

ヨミ
声 - 星野貴紀
オラクルの長。カツドンの持つレイジクリスタルを狙って勝太の学校を襲撃した。カツドンとは同じ星の出身で北九州弁を話す。一人称は「私」または「オレ」(漫画)、「余」(アニメ)。
アニメでは宗教団体オラクルの親玉として登場。かなり非道な性格で人間とアウトレイジを見下しており、目的のためならば仲間でさえも捨て駒にする。アウトレイジとオラクル、2つの書の力を使い、次元リアクターを使って人間界の征服を試みる。後に勝太によって消滅され、オラクルは壊滅したかと思われていたが、長い時を経て人間の恐怖と絶望を吸収し復活。ゾロスターが奪ったオメガクライマックスを使い、オラクルによって完全に支配され、「個人の感情、考えまでも奪われた人間らしさのない世界」(ヨミ曰く「争いや苦痛のない、平和で統制された世界」)に変えられたパラレルワールドを現実世界に開放しようとする。しかし、その野望も勝太によって再度打ち砕かれ、最期にはパラレルワールドもろとも消滅した。
イズモ
声 - 根本圭子
神の子と呼ばれる謎の少年。地球を我が物にしようと企む。無邪気さと冷酷さを合わせ持つ。レイジクリスタルを手に入れカツドンを連れ戻そうとするが、勝太に敗れた後、地球を潰そうとする。しかしその瞬間宇宙パトロールの一人に銃で撃たれ連行された。
アニメでは最初はヨミの部下として暗躍しており、アウトレイジの書の力を引き出せんとする勝太を仲間に誘おうとする。後にヨミの命令で勝太を始末しようとするも、勝太に敗れ消滅したと思われたが、とある山奥の洞窟で繭の中に封印される形で生存していた。配下の神官が集めた恐怖と絶望により復活を果たしたが、この時は傷は完全に癒えてはおらず、全身に包帯を巻いた状態で安静にしていた。南極にて秘宝オラクルジュエルの力により、神を超える存在「超神類 イズモ」となった。
レイジクリスタルを奪い、オラクルジュエルとの融合により地球をオラクル世界へと変化させようとする。当初は2つの秘宝の融合に手間取っていたが、零が勝太たちの仲間としての記憶を取り戻したことで怒り狂い、オメガクライマックスへと融合を完了させた。そして「無法人類 G(ゴッド)・イズモ」へと覚醒し、今まで妹として大事にしてきた零を瀕死に追いやる。しかし勝太に敗れたことで、自分が本当に望んでいたのはオラクル世界ではなく絆であったことに気づき、自らオラクルの書を消滅させ、オラクル零と共にこの世を去った。
ゾロスター
声 - 斎賀みつき
カツドン同様宇宙より飛来し勝太たちの前に現れたクリーチャー戦士。カツドンを狙っている。怒ると名古屋弁を使う。
アニメではヨミの下に就き(漫画ではヨミとの関係は描かれていない)、イズモの命によりオラクルのカードをばら撒き暗躍していた。オラクルが一時壊滅した後も行動を続け、オラクルの書の奪還に成功するが、同時にデトロイト・テクノとバラモンの封印を解いてしまう。
神官たちが復活させたイズモによって、生命エネルギーを全て吸い取られ消滅したかと思われたが、イズモによって「破獄のマントラ ゾロ・ア・スター」にされていたようで、オラクルエリアに侵入してきた勝太達を倒そうと奮闘した。このときは、ゾロスターとしての意識は完全になかったが、倒されてからは自身の新たな切り札として使っている。
勝太に倒されて元の姿に戻ったあと、オラクルエリアを徘徊する中でヨミの復活の兆しに気づき、オラクル世界の実現をしようと、カツドンからオメガクライマックスを奪い取る。その後、パラレルワールドでヨミの側近として零と戦うが、敗北し消滅した。
デトロイト・テクノ
声 - 大川透
オラクルの神官。イズモに仕えている。
バラモン
声 - 佐々木望
デトロイトと同じくオラクルの神官。
アニメでは共に神官の地位にありながらヨミに反感を持ち、オラクルの書に封印されていたが、ゾロスターによってその封印が解除されてしまった。

その他の登場人物[編集]

白凰の母
声 - 皆川純子(『チャージ』)、小田木美恵(『クロス』)
本名不明の白凰の母親。白凰が10歳の時、神殿のカードを狙って現れたゲドーに白凰が戦いを挑み、白凰が負けてとどめの攻撃をくらう寸前に白凰を庇って命を落とす。白凰はその悲しみによって性格が歪み、強さだけを求めるようになった。白凰は原作と『チャージ』では「母さん」と呼び、『クロス』では「母様」。原作では白凰が勝舞に負けて神殿を出た後に三国と愛善が事情を知ったが、『チャージ』及び『クロス』では勝舞が神殿に現れる前に事情を知っている。ミミは原作ではバトルアリーナ中に知ったが、『チャージ』および『クロス』では三国や愛善と同時に知る。
『クロス』では状況が原作や『チャージ』とは異なり、白凰を狙って現れたゲドー、ジェイソン、キルミーに対し、真のデュエマでジェイソンに敗北するも、自身以上にジェイソンのダメージが大きくジェイソンが戦闘不能になるほどの強さを持つ。続けてキルミーとの戦いにも敗北して命を落とす。
キャサリン
声 - 松井菜桜子
ジョージが現在よりもっと幼い頃、道に置かれていたジョージを保護した女性。ジョージがデュエルマスターの証を持っているためガルドに狙われ、キャサリンはジョージを守るために地獄の逃亡生活をすることになる。チャッピーに追いつかれた時には体力が限界となってしまうが、ジョージがデュエリストとして目覚めチャッピーを撃退。キャサリンはその後Dr.ルートに治療される。
『クロス』ではジョージが真のデュエリストの素質を持っているためザキラが仲間にしようとザキラの手下に狙われ、キャサリンはジョージと出会った直後その場に現れたブラーと戦い勝利。チャッピーが現れた時に体力が限界となったのは原作と共通。世界大会2次予選でこっそりとジョージの様子を見に来ており、ジョージがブラーに勝った後は、Dr.ルートやジョージと会話をして会場を去る。
切り札:「護法の精霊アムシオン」(『クロス』)
ドラゴンマスク
番外編に登場するデュエリストで、正体は話によって違う。原作の番外編や『チャージ』では、勝舞は初めて見た時にプロレスラーかと勘違いした。『クロス』では、Dr.ルートが勝舞達の修行のために作ったロボットで5人組のドラゴンマスクが登場。
鍬形 カブト丸(くわがた カブトまる)
声 - 愛河里花子
だべべ村に住む少年。バトルアリーナ1回戦で勝舞と対決するが敗北。後に不亞城に向かう途中の勝舞と再会し、勝舞とデュエルしたがるが、ヤカンマンに事情を説明されて諦める。
自然単色のジャイアント・インセクトメインのデッキを使う。
切り札:「デスブレード・ビートル」 / 「大昆虫ギガマンティス」 / 「大昆虫ガイアマンティス」(『チャージ』)
ゼウス
スペインの城にいる謎の男。かつてはデュエルマスター・ヤエサルを守るガルドの一員にして、「Z」の称号を持つリーダーであったが、称号を与えられる際に最低の「A」ではなく最高の「Z」の称号を求めた少年(後のザキラ)とデュエルし、圧倒的な強さの前に敗北。ザキラに敗れた後の勝利と行動を共にし、勝舞と黒城の修行中は2人を見守る。勝利がホワイトに敗れて瀕死となった時は、黒城に勝利を救うよう求める。
最終回のカラーページでは神殿のマスターと同一人物なことが判明した。
長(オサ)
声 - 園部啓一
幼い頃の黒城を助けた老人。昔は1人で生きていたが、死神城に住み、城の仲間と共に城にある闇のカードを守っていた。しかし本当は人々に好かれたかったため、ザキラに城と闇のカードを売り、光文明専門のデュエリストになり、城の仲間も全員見殺しに。ショックを受けた黒城は長を倒し、自ら「黒い死神」と名乗るようになる。
切り札:「太陽の精霊マルシアス」
ジェド
エジプトのデュエリストでホルスの親友。楽園(パラダイス)へ行くため勝舞のデッキを盗もうとしたが、仲間思いな性格で、勝舞がトトと、エスメラルダがザキラと戦っている時、Dr.ルートのペットの協力もありホルス達3人を助ける。その後は勝舞達と日本へ。闇のティラノ・ドレイク、グランド・デビルデッキを使う。
切り札:「超神星プルート・デスブリンガー」
ペペ
バケツマンと幽が南米で出会ったターザンのデュエリスト。家族をザキラに殺されて以来、ザキラより強くなる事を目標にしている。幽との修行により真のデュエリストに目覚める。最初は幽を家族として認めていたが、幽がザキラの妹だと知ると激怒し、バケツマンとのデュエルに。バケツマンが勝ち、怒るバケツマンの言葉により、幽を本当の家族と認める。
切り札:「超神龍ブラムグレール」
ベルベル
黒薔薇騎士団の一員。かつて世界大会に出場したが、ザキラ率いるガルドに2人の仲間を殺され、ガルドに復讐を誓う。日本で開催された世界大会にて、ホワイト(白凰)に目をつけ、薔薇で縛りつけた上でデュエルを仕掛ける。ホワイトのパーフェクトデュエル宣言以降は全く歯が立たず敗北するが、ホワイトがすでに白凰に戻っていたため殺されず、ホワイトにバッジを託され大会に参加するように促される。
切り札:「戦攻竜騎ドルボラン」
大僧正
インドのデュエルマスターに仕える人物。三体神「ヘヴィ・デス・メタル」を守っていたが、ガルドの襲撃を受け、ザキラと対決するも「ヘヴィ・デス・メタル」の前に敗北。ザキラに「お前の身を滅ぼす」と言葉を残して消滅。
切り札:「超絶神ゼン」 / 「究極神アク」
伍大 翔(ごだい しょう)
元はGBA版とGC版の主人公。デュエル・マスターズカードを全く知らなかった少年。成績優秀でスポーツ万能だが、礼儀知らずな性格。カレーライスが大好物。
切り札:「機神装甲ヴァルボーグ」
メガ吉(メガきち)
翔の友人。デュエルの実力は低い。
ぽく念(ぽくねん)
闇使いである6歳の坊主。翔とのデュエル後は友人に。
黄昏 ナナ
ミミの妹。姉と同じくデュエリストにして黄昏地獄拳の使い手。
ミステリアス仮面 / 山下 太一(やました たいち)
声 - 後藤ヒロキ
『ビクトリー』に登場。通称”魅惑のマスクマン”。過去大会の優勝者。その実力は伊達ではなく、クリーチャーの能力を巧みに使い勝太を翻弄させた。アニメでは勝舞を追い求めていたらしく、勝太に兄と比較するような発言もした。また、デュエル時には「ミステリアス仮面X(エックス)」、勝太に敗れた後は「XD(エックスデンジャラス)」と改名し、マスクも変わっていた。

テレビアニメ[編集]

デュエル・マスターズ[編集]

2002年10月21日から2003年4月4日にテレビ東京系列おはスタ』内で放送。全26話。おはスタでは途中までの放送で、続きはキッズステーションなどで放送された。DVD全9巻。ナレーションは同番組の司会を務める山寺宏一

ストーリー
原作と違い、最初からデュエル・マスターズカードのアニメとして開始。神殿編の前にアニメオリジナルとして、「デュエル・マスターズバトルアリーナ」というJDC主催の公式大会があり、勝舞が優勝している。神殿編の流れは大まかには原作と共通。勝舞は黒城とのデュエル中に真のデュエリストに目覚め、白凰との真のデュエルにも勝利する。その後、赤ちゃんデュエリスト・ジョージと出会い、Dr.ルートに真のデュエルで敗北した勝舞はデュエル恐怖症に。後に26話以後のストーリーが制作され、海外で放送された。
アニメオリジナルキャラクター
真中 紗雪
声 - 千葉紗子
勝舞のクラスメートの女の子。今作の最初から『チャージ』の最後までレギュラーで登場。素でとぼけた発言の多い勝舞にツッコミを入れることが多く、勝舞以外の人物へのツッコミも多い。デュエルの実力は低く、勝舞には全く勝てないが、れく太が相手なら負けなしの模様。
ナイト
声 - 小西克幸
アジア最強のデュエリスト。原作におけるNACの立場だが、デザインは全く異なり、今作の1話で勝舞と初対面で、『チャージ』の最後までレギュラーで登場する。『チャージ』ではドラゴンマスクとして勝舞とデュエルした事もある。
角古 丸雄
声 - 龍田直樹
れく太の父で、カードショップコロンコロンの店長。原作でカードショップころんころんの店長は、ただの顔なじみ。
小熊 緑
声 - 永島由子
勝舞のクラス担任の先生。勝舞が学校にデュエル・マスターズカードを持ってきては注意しているが、自分も学校にデッキを持ってきており、学校の外ではデュエル仲間。原作での先生は名無しの男性だが、小熊先生に似た女性の先生も登場している。
導師
声 - 中村秀利
神殿にいる謎の男で、原作で「マスター」と言われる人物。白凰を世界に通用するデュエリストにするために神殿を作り、白凰に全てを捨てて強くなるよう命じた。白凰が勝舞に敗れた後は登場せず、ガルドに関する話は全く出ていない。
デュエルジャッカー・ショー
声 - 森久保祥太郎
今作と『チャージ』のバトルアリーナの司会。『ゼロ デュエル・マスターズ』、『デュエル・マスターズ クロス』、『闇の城の魔龍凰』、『黒月の神帝』にも登場。『クロス』では「DJショー」とクレジットされ、劇中で「ディージェイ・ショー」と言われる事もある。
猿山 武志
声 - 鈴村健一
バトルアリーナに登場。外見は猿に近く、竹馬に乗っておりバナナ好き。自然単色デッキを使い、予選の最後に勝舞と戦う。
猿山 剛志
声 - 下山吉光
バトルアリーナに登場。猿山武志の弟。体格がごつく、猿よりゴリラに近い。自然・水のデッキを使い、大会開始前に勝舞に挑み、強力なクリーチャーに頼った戦術が裏目に出て敗北。
トウバン・ジャン
声 - 陶山章央
バトルアリーナに登場。決勝前のエキシビションマッチでの白凰の対戦相手。デッキタイプと戦術が勝舞と酷似。
スタッフ(無印・チャージ共通)
主題歌(無印・チャージ共通)
「夢が叶うとき」
作詞 - Nao / 作曲・編曲 - 五十嵐"IGAO"淳一 / 歌 - Nao
各話リスト

デュエル・マスターズ チャージ[編集]

2004年4月から2006年3月に『おはスタ』内で『デュエル・マスターズラボ』『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』『Hi Hi Puffy AmiYumi』などと交互に隔週放送。全52話。DVDは発売されていないが、2008年6月末よりTSUTAYA限定でレンタル開始。キッズステーションにて頻繁に再放送は行われている。最後は原作第1部と同じバットエンドとなるが、これ以降のシリーズには繋がらない。

ストーリー
(前半)Dr.ルートの元で修行を重ね、バトルアリーナに出場した勝舞、白凰、ミミ、ジョージ。しかし、不亞幽の手により大会は棄権者続出の異常事態に。幽の目的は覚醒したカードと、カードを覚醒させる力を持つデュエリストを探す事だった。謎のデュエリスト・バケツマンと、謎の少女・幽の真実とは。
(後半)勝舞とれく太は奪われた白凰の記憶を取り戻すため、黒城は不亞家への復讐を果たすため不亞城を探し放浪を続ける。しかし不亞家の魔の手は、留守を待つ白凰の元へと忍び寄っていた。果たして勝舞は友と世界を救うことができるのか。
各話リスト
話数 サブタイトル 話数 サブタイトル 話数 サブタイトル
1 チャージ!!!! 19 不亞幽の謎! 37 天才の覚醒
2 バトルアリーナ開幕 20 覚醒の予感 38 不亞城
3 黒い包囲網 21 新たなるデッキり 39 突入!
4 立ち塞がる罠 22 不亞幽の真実! 40 友情
5 ラスト デュエル 23 覚醒!!列車 41 命とカード
6 デュエル道場!! 24 その男、ザキラ 42 崖っぷちの二人
7 おむつデスマッチ! 25 バケツマンVS勝舞! 43 黒の復讐者
8 謎のドラゴンマスク! 26 決着! 44 勝率0%!?
9 最弱のデュエリスト!? 27 失われた記憶 45 運命の糸
10 敵は自分! 28 不亞城へ! 46 ミミとホワイト
11 愛とデュエル! 29 デュエル祭 47 絶望
12 さわやか牛次郎! 30 呪われたカード 48 タイムリミット
13 イエ〜イ! バケツマン! 31 不亞城行きの 49 死神は死なず
14 天使VS死神 32 幽、ひとりぼっち 50 ザキラ起つ
15 オール虫虫大進撃だべ! 33 だべべ村だべ! 51 真実
16 ふたつの裏デュエル 34 死闘! だべべ滝 52 たった一つの希望
17 パーフェクトデュエル 35 ラッキーデュエリスト
18 勝舞を倒せ!! 36 Wデュエル!

新星輝デュエル・マスターズ フラッシュ[編集]

2006年4月10日から2007年3月23日にテレビ東京系列『おはスタ』内で『パコネコのデュエル・マスターズ道』と交互に隔週放送。全24話。2007年9月6日からキッズステーションでも放送。今までのアニメとは世界観を一新。カードのデュエルが忘れられた近未来の世界が舞台。気弱な少年の主人公・夢実テルの成長とアークをめぐるストーリー。松本しげのぶにより漫画化もされているが、内容は設定・世界観・ストーリー共にパラレルである。

ストーリー
夢実テルはある日、町外れの倉庫で1枚のカードを拾う。それは『デュエル・マスターズ』と呼ばれ、昔は誰でも遊んでいたカードだった。カードでのデュエルを覚えたテルとココロはレイと知り合うが、デュエルの際にレイの持つアークがテルに反応して光を放つ。アークを光らせることがレイの両親を助けることに繋がると知り、テルはレイ達に協力するが、それがきっかけでアークの力を狙うネストや、アークを光らせれば世界が滅びると警告するハヤテに狙われることになる。
登場人物
夢実 テル (ゆめみ テル)
声 - 尾崎未來
本作の主人公で、クリーチャーが大好きな小学3年生。アークを光らせる力を持つ事から、アークの力を利用しようとするネストや、アークの開放を阻止しようとするハヤテに狙われる。物語の始めは内気で頑な性格で、他人とは打ちとけようとしなかったが、次第に前向きで穏やかな明るい性格に変わっていく。切り札は「超神星マーズ・ディザスター」「超竜騎神ボルガウルジャック」。
夢実 ココロ
声 - 豊嶋真千子
テルの双子の姉。性格はテルとは対照的に、明るくて気が強い。テルによく「世界一のおせっかい焼き」と言われるほどに世話焼きな性格で気丈だが、それは姉としてしっかりしなければという気負いからきている。
夢実 大
声 - 鈴木琢磨
ココロとテルの父親。デュエル・マスターズカードの遊び方をテルとココロに教えたり、テルが悩んだ時は相談に乗ってくれる。
夢実 陽花
声 - 村井かずさ
ココロとテルの母親。お菓子作りや料理が得意で優しい。
紅騎 チシオ
声 - 陶山章央
テルやココロの友達。熱血漢で天然ボケ。デュエルを好きな気持ちは誰にも負けないが、腕はからきし弱い。「申し訳ない!」が口癖。
瞬王 波子(パコ)
声 - 松井菜桜子
テルやココロの友達。好奇心旺盛で知りたがりだが、友達を気遣う優しい面もある。パコネコのことが大好きでいつも一緒にいる。
パコネコ
声 - 山口勝平
パコが飼っているネコ。言葉を話すことができ、メガネをかけていて太っている。
闇の中に引き込まれ囚われのパコネコとなる
本作のマスコットでありデュエル解説のワンコーナーも担当していた。
九守 レイ
声 - 渡辺明乃
謎の美少女デュエリスト。中学3年生。幼い頃に行方不明になった両親をさがす手掛かりがアークにあると知り、アークを光らせる事のできる人物を探していてテルと出会う。自分も過去に一度だけアークを光らせたことがある。デュエルの腕は超一流で、テル達にカードのデュエルについて教える。切り札は「超神星 ヴィーナス・ラ・セイントマザー」。
九守 元司郎
声 - 大竹宏
レイの祖父。消息不明の九守夫妻を見つける手段がマスターズ・アークにあることを知り、その力を開放する手段を研究している。
九守 玄
声 - 鈴木琢磨
レイの父親。神話の研究をしている学者。5年前に消息不明になる。
九守 サチコ
声 - 夏樹リオ
レイの母親。玄の助手。玄と共に消息不明。
ホーク
声 - 二又一成
物腰の穏やかな紳士で「ネスト」のリーダー格。靴底に仕込んだジェットで空を飛ぶことが出来る。ネストはある目的のためにホークが作った組織で、レイ達と同じようにアークを光らせることのできる人物を探している。アークを光らせる可能性があるとしてレイを狙っていたが、テルがアークを光らせたことで、確実な可能性としてテルを狙い始める。
スワン
声 - 半場友恵
言動、口調、デュエル、全てがエレガントな女性。外へ出る時は常に数人のメイドを従えている。仮面の上に白鳥の模型がついている。
オウル
声 - 宗矢樹頼
マスターズ・アークの秘密を知っている謎の紳士。幼いレイにアークを託し、その際にアークが光るところを目撃している。
テンクロウ
声 - 小形満
見た目どおり、パワーあふれるデュエリスト。ジンクロウとコンビでいる事が多い。デュエルの腕は弱いが、物語後半は意外な強さを見せる。
ジンクロウ
声 - 結城比呂
マスクの下の素顔は超美形らしい。いつもテンクロウをからかって遊んでいる。
鋳門 チカゲ
声 - 三瓶由布子
デュエルの腕とアークへの知識を買われてネストに入った少女。だがその考えや行動は謎に満ちており、誰にも真意はわからない。ハヤテとは同じ里の出身。正体はレイの友達のカスミ。最後は本性を現してテルにデュエル挑み、死闘の末に敗北。
ボス
声 - 村井かずさ
ネストの本部で半石化している謎の女性で、石化は徐々に進行している。時折、予言や忠告めいた言葉を呟く。
イチロウタ
声 - 陶山章央
テンクロウの部下で、ネストでは最初にテルに挑んだデュエリスト。撤退後の消息は不明。
ジ郎太
声 - 西村朋紘
テンクロウの部下で、ボールのように丸くなることができる。S・トリガーデッキの使い手。テルに1度は勝つが、その後敗北。敗れた後の消息は不明だが、作中の発言からすると生きている模様。
サンノスケ
声 - 結城比呂
ジンクロウの部下でテルにあっさり敗れた。その後の消息は不明。
遠射 ハヤテ
声 - 野島裕史
テルにデュエルをやめるよう警告し、執拗につけ狙う謎の少年。アークと大きな関わりを持ちその謎を知っている。チカゲとは深い因縁がある。忍者。切り札は「悪魔神デスモナーク」。
カスミ
声 - 三瓶由布子
レイの友達。いつもレイと一緒に下校していて仲はいいが、レイを遊びに誘っては断られている。裏の顔はネストのチカゲ。
ゴブリン
声 - 麻生智久
神殿のような場所に住み、今まで数多くのデュエリスト達を見守ってきた。ハヤテとのデュエルに敗れて悩むテルを勝舞の元へ導く。
切札 勝舞
声 - 小林由美子
テルがゴブリンに導かれて不思議な世界で出会った少年。本編の勝舞と同一人物かは不明。テルにボルガウルジャックを託す。
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 鈴木輪流郎
  • シリーズ構成 - 植田浩二(第1話 - 第6話) → 藤田伸三(第7話 - )
  • キャラクターデザイン - 長森佳容
  • 美術監督 - 吉原一輔
  • 色彩設定 - 大橋朝子
  • 撮影監督 - 飯尾ひろみ
  • 音響監督 - 山田知明
  • 音楽 - P-H-A-T
  • アニメーション制作 - SynergySP
主題歌
「輝く瞬間」
作詞 - marf / 作曲・編曲 - P-H-A-T / 歌 - マサノスケ
各話リスト
話数 サブタイトル 話数 サブタイトル
1 新たなる輝き! 13 新たな希望
2 運命のカード 14 燃えろ! チシオ
3 奪われたアーク 15 ココロの心
4 ともだち 16 伝説のデュエリスト
5 敗北 17 超竜騎神
6 立ち上がれ! テル 18 ネストの狙い
7 アークの秘密 19 パコネコ危機一髪!
8 仲間 20 めざめろ! チシオ
9 選ばれし者 21 再会
10 ハヤテVSホーク 22 守護竜復活
11 疑い 23 テルVSハヤテ
12 別れ 24 最後の戦い

ゼロ デュエル・マスターズ[編集]

主人公は切札勝舞。これまでのアニメや原作とメインキャラクターは同じだが、設定に違いが多く、完全新作ストーリーとなっている。本作以降の作品には『チャージ』まで登場していたアニメオリジナルキャラ、真中紗雪とナイトは登場していない。おはスタ枠内で2007年4月9日から9月28日まで、『今日から勝てるデュエルマスターズ最強攻略法』と交互に隔週放送。全12話。2008年12月14日からキッズステーションでも放送。川久保榮二により、『小学3年生』にてアニメのコミカライズを連載。

ストーリー
海上都市で行われるデュエル大会に招待された勝舞達。そこで再会した白凰はまるで人が変わっていた。謎の主催者、勝ち残る5人は果たして誰か、ジュラを始めとする新たなキャラクターも続々登場。5つの魂を胸にいざデュエル!
アニメオリジナルキャラクター
ジュラ
声 - 鈴木千尋
プロフェッサー・マーチに育てられた弟子の1人。勝舞の実力を測る目的でデュエルを挑んでくる。デュエルに負け「楽しかった」と手を差し出す勝舞に「勝つ事が全て」、「片目のボルシャックはもっと強かった」と言い放つ。勝利のことを知っているらしいが、詳しい話は出ていない。「リップ・ウォッピー」や「ジオメテウス・無限・ドラゴン」などを投入したデス・メタルデッキを使用したが、オクトに敗北。それ以前はドラゴン中心のデッキを使用。勝舞とのデュエルでデュエルの楽しさと、「デュエルが終われば友達」という考えを理解する。名前の由来は7月(July)。雑誌にはライバル役として紹介されている
『クロス』では世界大会に出場予定だったが、ザキラの手下の襲撃を受け、オクトら仲間と離れ離れに。仲間の捜索中に勝舞らと再会し、一時行動を共にした。
ジューン
声 - 矢尾一樹
オカマ喋りの猿。いつもジュラの肩に乗って行動を共にしている。ジュラとオクトのデュエルでジュラを応援していたが、ジュラが負けた途端にオクトの味方となり、ジュラを「負け犬」などと激しく非難。オクトが勝舞に負けたら今度はマーチの肩に乗ったが、最後の戦いの後は再びジュラの肩に乗る。名前の由来は6月(June)。
『クロス』でもジュラと同時に登場。龍牙が頼りないと感じる。
オーガ
声 - 野島健児
マーチの弟子で、言葉遣いは丁寧な部分が多い。勝舞に真のデュエルを挑むが、その真意は不明。その場であったことをすぐ日記に書き込む。勝舞とのデュエルに敗北し、マーチからの信頼を失う。敗北により全てを失ったと絶望するが、ジュラの言葉を聞いて希望を持つ。名前の由来は8月(August)。
ディッセン
声 - 岡野浩介
勝舞が幼い頃、初めて真のデュエルを行った相手(原作におけるゲドー戦がベース)。地面から浮いていたり瞬間移動をするなど謎が多く、マーチの部下の振りをしていただけで、全人類支配のために「ただひとつのデュエル魂」の入手が目的であった。最後の戦いで勝舞を倒してデュエル魂を手に入れ、ゼロフェニックスを実体化するが、ゼロフェニックスは言うことを聞かず、勝舞の武者ドラゴンも実体化してゼロフェニックスが倒され、1人でどこかに去っていった。名前の由来は12月(December)。
セプテン
声 - 半場友恵
マーチの弟子。金髪の少女で、普段はクールなお嬢様だが、切れると目つきと言葉遣いが悪い関西弁になる。ミミ曰く「インチキお嬢様」。「邪道神キキ」や「外道神カイカイ」などを投入したデス・メタルデッキを使用したが、オクトに敗北。オーガと同じ運命に。それ以前は火・水・闇デッキを使用。切り札は「極仙龍バイオレンス・サンダー」。名前の由来は9月(September)。
オクト
声 - 城雅子
マーチの弟子で、ジュラの弟の小さな少年。無邪気かつ残忍な性格だが、勝舞に負けた後にデュエルの楽しさを理解する。「死の宣告」などを投入したデス・メタルデッキを使用し、セプテンやジュラに勝利。それ以前はワイルド・ベジーズ中心の火・自然・光デッキを使用。切り札は「剛勇幻風ジャガスター」「森の指揮官コアラ大佐」。名前の由来は10月(October)。
『クロス』では勝舞達が入った洞窟内にて、デリートされた姿で発見される。50話で勝舞とザキラの最終決戦中、どこかの街で立ち上がっている姿があった。
プロフェッサー・マーチ
声 - 鈴木琢磨
ジュラ達を束ねるリーダーであり、Dr.ルートの古い知り合い。「デュエルは勝つことが全て」を信念にジュラ達を指導してきた。過去に切札勝利に敗れた恨みから、クリーチャーを操ることができる「ただひとつのデュエル魂」を手に入れ、その力で全人類を支配する野望を持ち、弟子達を使い勝舞達にデュエルを仕掛ける。「ただひとつのデュエル魂」が勝舞の武者ドラゴンのものとなった後は、自分についてくる弟子達とともに去っていった。名前の由来は3月(March)。
坂田ワタル
声 - 徳本恭敏
予選大会参加者。エンジェルデッキを使用。勝つことが全てという考えで、勝舞に負けて大会を落とされたことを恨む。だが、同じくジュラに負けて地下に落とされた勝舞とデュエルし、楽しそうにデュエルする勝舞の姿にデュエルの楽しさを思い出す。
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 鈴木輪流郎
  • シリーズ構成 - 藤田伸三
  • キャラクターデザイン - 伊東英樹
  • 美術監督 - 吉原一輔
  • 色彩設定 - 大橋朝子
  • 撮影監督 - 大井勝利、小西庸平
  • 音響監督 - 山田知明
  • 音楽 - M-Bundle
  • アニメーション制作 - SynergySP
主題歌
「今! 始まる勇気」
作詞 - アンネ / 作曲・編曲 - 明石昌夫 / 歌 - Rey
各話リスト
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 デュエル スタート! 藤田伸三 鈴木輪流郎 陸奥悟楼 粉川剛
加瀬政広
2 スラッシュ・デッキ 三浦浩児 宮田亮
3 マナコスト 青木由香 八尋旭
陸奥悟楼
陸奥悟楼 波風立流
4 五つの魂 藤田伸三 三浦辰夫 宮田亮 粉川剛
5 真のデュエル 三浦浩児 鈴木輪流郎 陸奥悟楼 加瀬政広
6 切り札 藤田伸三 三浦辰夫 宮田亮 井口忠一
7 ドラゴンVSエンジェル 青木由香 中西伸彰 陸奥悟楼 粉川剛
8 無限VS武者 三浦浩児 三浦辰夫 宮田亮 加瀬政広
9 白凰VSミミ 藤田伸三 鈴木輪流郎 陸奥悟楼 井口忠一
10 地の底 三浦浩児 中西伸彰 宮田亮 粉川剛
11 最後の望み 青木由香 三浦辰夫 陸奥悟楼 加瀬政広
12 スーパー・スパーク 藤田伸三 鈴木輪流郎 宮田亮 井口忠一

デュエル・マスターズ ゼロ[編集]

おはコロシアム』内で2007年10月6日から2008年3月29日の期間に放送。『ゼロ デュエル・マスターズ』の続編で、登場人物もほぼ同じ。今作から人物などをトゥーンレンダリングによるCGで表現し、シリーズでは初めてBSジャパンで放送。全25話。

ストーリー
プロフェッサー・マーチ率いる一味は、クリーチャーを操る力を持つという「ただひとつのデュエル魂」を求め、勝舞達に戦いを挑む。その一味にはジュラ、そして白凰がいた。勝舞は、マーチに「デュエルは勝つことが全て」と教えられてきた子供達の目を覚ますことができるのか。
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 鈴木輪流郎
  • シリーズ構成 - 藤田伸三
  • キャラクターデザイン - 伊東英樹
  • 美術監督 - わたなべけいと
  • 撮影監督 - 粕谷宗弘
  • 3DCGクリーチャーディレクター - 工藤洋彰
  • 3DCGキャラクターディレクター - 滝田勇介
  • 3DCGスーパーバイザー - 服部恵大
  • 音響監督 - 山田知明
  • 音楽 - M-Bundle
  • アニメーション制作 - 小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
主題歌
「魂 召喚!」
作詞 - 原田謙太 / 作曲・編曲 - 明石昌夫 / 歌 - Rey
各話リスト
話数 サブタイトル 話数 サブタイトル
1 強化 14 白凰の敗北
2 死神 15 恐怖
3 焦り 16 復活!!
4 オレのデュエル 17 非情
5 陰謀 18 喪失
6 偽物 19 勝舞VSジュラ
7 導き 20 友達
8 強化! ボルシャック 21 死神 死す!
9 勝利デッキVS黒城デッキ 22 勝舞VSオクト
10 バロム・エンペラー 23 ただひとつのデュエル魂
11 キング・アルカディアス 24 武者VSゼロ
12 デス・メタルデッキ 25 特別篇 魂召喚スペシャル!
13 白凰VSジュラ

デュエル・マスターズ クロス[編集]

『おはコロシアム』内で2008年4月5日から2010年3月27日の期間に放送。『デュエル・マスターズ ゼロ』の続編。今作からハイビジョン制作になっている。黒城の過去など原作に存在する話をベースにしている部分もあるが、新作要素が主である。2009年3月28日は話数に含めない総集編「召喚スペシャル!」が放送。2010年3月27日は特別編の「召喚!俺達のクリーチャー!」が放送され、テレビ東京公式サイトでは100.5話とされる。

ストーリー
(前半)デュエル・マスターズの世界大会日本予選の会場に大勢の参加者が集まる中、突如ローブをまとった謎の集団が現れる。彼らはいずれも真のデュエリストであり、参加者達にデュエルを強制し、実体化したクリーチャーの攻撃でデュエリスト達にとどめをさし、敗者を次々と結晶体に閉じ込めていく。彼らはザキラを総統とした謎の集団で、各地のデュエリストをデリートするために活動する。ザキラの狙いは「デュエル・マスターの証」だという。
(後半)勝舞達はデュエルマスターヤエサル主催による世界大会予選へと集まった。だが予選の参加者の中には謎の組織の一味達がもぐりこんでいた。彼らはどうやらザキラの仲間であるらしい。白凰ミミと勝舞の出会い、れく太の修行、天地の挫折ライバルミミとの出会い、黒城とサザンクロスとの出会い、ジョージと母の思い出、謎の影が潜む予選大会でデュエリスト達の過去と日常が経過していく。
アニメオリジナルキャラクター
マッキー
声 - 坪井智浩
原作のNACに当たるキャラ。無印と『チャージ』に登場したナイトとは別人。出番は少なく、デュエルの実力は不明。
ルーペット
声 - 田中完
Dr.ルート製作の鳥型ロボット。会話や飛行、さらにデュエルも可能。勝舞や仲間達の反応を捕らえる機能を持ち、Dr.ルートが失踪した時に彼の反応を探り、ジョージや龍牙が倒された時に異変を感知するなどしている。勝舞が間違えて「カーペット」と呼んだ事がある。
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 鈴木輪流郎
  • シリーズ構成 - 藤田伸三
  • キャラクターデザイン - 伊東英樹(第1話 - 第50話)、平岡正幸
  • プロップデザイン - 山崎健志
  • 美術監督 - わたなべけいと
  • 色彩設計 - 長尾朱美
  • 撮影監督 - 八木昌彦
  • 3DCGディレクター - 服部恵大 → 西村博英
  • 音響監督 - 山田知明
  • 音楽 - 五十嵐"IGAO"淳一
  • アニメーション制作 - 小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
主題歌
「心 クロス!」
作詞 - sora / 作曲・編曲 - 五十嵐"IGAO"淳一 / 歌 - lovebites
各話リスト
話数 サブタイトル 話数 サブタイトル 話数 サブタイトル 話数 サブタイトル
1 ザキラ来襲!! 26 死闘! ザキラ 51 ボルシャック・NEX 76
2 デリート! 27 謎のバケツマン 52 勝舞暴走 77 目覚めろ! 白凰
3 白凰死す!? 28 命がけのデュエル 53 白凰の切札 78 約束
4 ザキラの野望 29 海上のピラミッド 54 勝舞との出会い 79 馬太郎の秘密
5 デュエル・マスターの証 30 沈没 55 白凰の過去 80 怒りのデュエマ
6 闇眼 31 幽… 56 本当の強さ 81 小さな世界大会
7 証を追え 32 呪い 57 神羅ドラグ・ムーン 82 守り合うデッキ
8 愛のデュエル 33 ドラゴンの導き 58 究極進化 83 対決! ドラゴンマスク
9 紫電ドラゴン 34 剣誠ドラゴン 59 氷の島のサザンクロス 84 最強の弱点
10 ザキラの怒り 35 黒城再誕! 60 受け継がれた闇 85 デュエマ島(じま)へ
11 謎のピラミッド 36 死神が生まれた日 61 れく太の弱点 86 不気味な野獣
12 見えない敵 37 ヴァルキリアス・ムサシ 62 爆進化コンボ 87 魔法少女
13 W(ホワイト) 38 勝利死す!? 63 予選開始 88 恐怖
14 白凰との別れ 39 すてられた愛 64 マナ破壊 89 迫り来る脅威
15 再会 40 愛の力 65 宿命のライバル 90 起て! 龍牙!!
16 クロスデッキ! 41 ミミとW(ホワイト) 66 龍牙の告白 91 二回戦開始!
17 だべべ村 42 ミミの想い 67 謎のロボット 92 魔法少女との死闘
18 大切なもの 43 死神の復讐 68 れく太の戦い 93 因縁の対決
19 発見! Dr.ルート! 44 白凰の決意 69 ジョージとキャサリン 94 ママンの愛
20 トトの誤算 45 イエスマンの最期 70 ママンとの別れ 95 ゲドー
21 ピラミッド炎上! 46 ヤエサル 71 幽との出会い 96 動揺
22 告白 47 バケツマンと幽 72 喜びのデュエマ 97 心の傷
23 W(ホワイト)襲撃 48 バケツマンの声 73 眠れる強敵 98 ネバー
24 ザキラ復活 49 絶体絶命! 74 目覚めよ! 勝舞 99 ミミの決意
25 決意 50 証の力 75 牛次郎、現る 100 対決! キルミー!!

デュエル・マスターズ クロスショック[編集]

おはコロ』内で2010年4月3日から2011年3月26日の期間に放送。『デュエル・マスターズ クロス』の続編で、世界大会二次予選の終盤から始まる。小学館集英社プロダクションの公式サイトでは話数は新たに1話からとなっているが、テレビ東京公式サイトやアニメ雑誌では話数が続いており、各話数に100を足すことになる。全50話。

ストーリー
(前半)続く世界大会トーイなども加わり試合は進むヤエサルの思惑も絡みつつ、ついに世界の頂点へ
(後半)勝舞とれく太の前にブロンズアームが現れ2人をクリーチャーの世界へと誘う
レッピアイニーやファイブスター達を仲間に加えながら勝舞とクリーチャー達のデュエルが展開される
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 鈴木輪流郎
  • シリーズ構成 - 藤田伸三
  • キャラクターデザイン - 平岡正幸
  • プロップデザイン - 山崎健志
  • 美術監督 - わたなべけいと
  • 色彩設計 - 長尾朱美
  • 撮影監督 - 荻原健
  • 3DCGディレクター - 承山海里
  • 音響監督 - 山田知明
  • 音楽 - 五十嵐"IGAO"淳一
  • アニメーション制作 - 小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
主題歌
「勇気のチカラ」(第1話 - 第26話)
作詞 - sora / 作曲・編曲 - 五十嵐"IGAO"淳一 / 歌 - everset
「My Only Dream」(第27話 - 第50話)
作詞・作曲 - KYOHEI / 編曲 - Motoki Matsuoka・KYOHEI・Takahiro Ito / 歌 - Honey L Days
各話リスト
話数 サブタイトル 話数 サブタイトル 話数 サブタイトル
1 ダブルクロス 18 宣言 35 幸運の精霊?
2 白凰復活 19 ミミファンクラブ!? 36 ファイブスター光
3 ボルシャック渓谷 20 変身 37 賢者の不在
4 二次予選終了! 21 対抗戦! 四対四 38 カンクロウ
5 トーイ 22 二回戦終了! 39 時空の支配者 ディアボロスZ
6 心通わせて 23 最後の四人 40 勝舞VSレイジ・アーム
7 敗者の館 24 激闘! キサナドゥ 41 死神が来た!
8 策略 25 決戦 42 ブラック・ガンヴィート覚醒
9 決勝へ 26 信じ合う強さ 43 ピースとゴンタ
10 サイキック・クリーチャー 27 クリーチャーの世界臨 44 力を合わせて
11 ヤエサルの思惑 28 レッピ・アイニー誕生! 45 光の勇者
12 宿敵 29 伝説のドラゴン 46 カンクロウVSファイブスター
13 暗闇 30 ともに戦う者 47 あせり
14 闇眼封印!? 31 爆竜GENJI・XX 48 信じあうこと
15 愛の旅人 32 宝剣 グランドクロス 49 ゲンジ・ブラスター!
16 目覚め 33 リゾートでバカンス!? 50 五つの文明 ひとつの心
17 シズカVSオアシス 34 ホーガンの怒り

デュエル・マスターズ ビクトリー[編集]

『おはコロっす!』内で2011年4月2日から2012年3月31日まで放送。これまでの世界の少し未来が舞台となり、主人公は切札勝舞の弟である切札勝太となった。新連載開始と同時期に放送されたため、『コロコロ』では異例となる同時進行となった。ストーリーは漫画版『ドラゴン龍編』を素にしている。2011年10月1日からは『おはコロっす!』から独立し、時間も8:30 - 8:45の放送になった(『おはコロ+』とセットで放送)。全52話。

アニメオリジナルキャラクター
右近 / 左近
声 - (右近)小山剛志 (左近)川田妙子
ドラゴン龍と行動を共にする二人組。瞬間移動などの特殊な力を使い、グライダー等も使用する。実は彼らもまたドラゴンと同じく、プリンプリンの力で人間の姿になったクリーチャーである。正体はそれぞれ「ウコン・ピッピー」、「サコン・ピッピー」。『ビクトリーV』にも登場したが、なぜか『V3』での出番は無かった。
ハコ
声 - 田中里和
ケンの孫娘。容姿端麗で可憐な美少女。勝太たちの修行を見て自身もデュエマに興味を持ち、勝太にレクチャーを頼む。「運がお悪い」が口癖。
ケン
声 - 西村知道
勝三の友人で朧山離れ嶺山荘のオーナー。大会にも出場したが惜しくも予選落ちとなった。「賢」の文字が刻まれた甲冑を被っている。
モンジロー
声 - 西村知道
猿軍団のボス。猿たちを従えており、デュエマもできる。ケンと共に大会に出場したが彼も予選落ちとなった。
浦無ズバ子
声 - 片岡富枝
有名な占い師で、通称「デュエマの母」。彼女のカードを使った占いは百発百中で、人探しも可能。かなりの大食い。関西弁を話す。
井伊香 玄
声 - 岡本寛志
次世代WHFで勝太と対戦したチャラ男。有名なデュエリストに勝負を挑んでは倒している実力者。しかし「日本一ビクトリーなヤツ決定戦!」決勝ラウンドでは1回戦でオンセンにあっさり負けている。
火賀 まさる
声 - 嶋村侑
勝太の予選最終戦の相手。小さな島で生まれ育ち、島の皆から優勝の願いを託されている。勝太にカレーパンを分けてあげたことがある。
ユウ
声 - 岡村優
デュエルヒーロー。自称「勇気と友情の炎の勇者」で熱い性格。アツトと共にイベントや大会の進行を務める。
アツト
声 - 東谷篤門
デュエルヒーロー。飴とダジャレをこよなく愛するロマンチスト。ユウと共にイベントや大会の進行を務める。
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 鈴木輪流郎
  • シリーズ構成 - 田辺茂範
  • キャラクターデザイン - 平岡正幸
  • 美術監督 - わたなべけいと
  • 色彩設計 - 長尾朱美
  • 撮影監督 - 松田範雄
  • 3DCGディレクター - 承山海里
  • 音響監督 - 藤田亜紀子
  • 音楽 - 五十嵐"IGAO"淳一
  • アニメーション制作 - 小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
主題歌
オープニングテーマ「Myビクトリー!」
作詞 - rui / 作曲・編曲 - 五十嵐"IGAO"淳一 / 歌 - デュエル・ヒーロー ユウ&アツト
  • 第27話よりロングバージョンが公開された。
エンディングテーマ「召喚最強ブイ!」
作詞 - rui / 作曲・編曲 - 五十嵐"IGAO"淳一 / 歌 - デュエル・ヒーロー ユウ&アツト
各話リスト
話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 放送日
1 ピンチヒッター 切札勝太! 田辺茂範 鈴木輪流郎 宮田亮 2011年
4月2日
2 おれにルールを教えろ! 4月9日
3 奇跡の決勝進出!? 永野たかひろ 4月16日
4 ニクいぜ、ドラゴン龍! 4月23日
5 ぼろ負け天才勝太! 田辺茂範 4月30日
6 ドラゴン龍 ふたたび! 5月7日
7 デュエマ狩り、現る! 松本めぐみ 5月14日
8 デュエマをバカにするな! 5月21日
9 嘘だと言ってよ、べんちゃん! 亀井壮太郎 5月28日
10 これがビクトリーカード! 6月4日
11 衝撃のエイリアン占い! 永野たかひろ 6月11日
12 ズバっと占い大合戦!! 6月18日
13 来たぞ! ワールドホビーフェア! 田辺茂範 6月25日
14 決めろ、ビクトリーポーズ! 7月2日
15 ドラゴンからの果たし状! 松本めぐみ 7月9日
16 ダッシュ本部ビルの決闘! 7月16日
17 地獄のお化け合宿!? 亀井壮太郎 7月23日
18 怪奇デュエマに大苦戦! 7月30日
19 勝太、先生になる! 永野たかひろ 8月6日
20 デュエマ猿軍団!! 8月13日
21 べんちゃん、まさかの告白 田辺茂範 8月20日
22 修業完了、感無量! 8月27日
23 来たぜ、日本一ビクトリーなヤツ決定戦! 永野たかひろ 9月3日
24 ダメじゃん、予選10連敗! 9月10日
25 未来をてらせ、闇デッキ! 松本めぐみ 服部恵大 9月17日
26 決勝戦へのきっぷ! 9月24日
27 友情決裂! 亀井壮太郎 鈴木輪流郎 宮田亮 10月1日
28 ライバルは自分自身! 10月8日
29 ずるっ子リキシ対あたふたドラゴン 田辺茂範 10月15日
30 勝太を信じろ! 10月22日
31 トキメキのヨロレヒモード! 永野たかひろ 10月29日
32 秘策対決、決着す!! 11月5日
33 シャチホコ、悪のたくらみ限りなし! 松本めぐみ 11月12日
34 Vモードを取りモードせ!! 11月19日
35 宿命悲鳴! 激突オンセン対ドラゴン龍 亀井壮太郎 服部恵大 11月26日
36 決着、フィニッシュ、ジ・エンド! 12月3日
37 プリンプリンってカードじゃないの? 田辺茂範 宮田亮 12月10日
38 決勝戦なんていらねーよ! 12月17日
39 男・勝太、いざ決勝戦! 永野たかひろ 鈴木輪流郎 宮田亮 12月24日
40 日本一ビクトリーなヤツ! 2012年
1月7日
41 表彰式なう! 田辺茂範 服部恵大 1月14日
42 我らデュエルヒーロー! 1月21日
43 親友はエイリアン!? 鈴木輪流郎 1月28日
44 親友はオレがたおすんだな! 2月4日
45 その男、切札家最強! 永野たかひろ 2月11日
46 勉強よりも大事なこと 2月18日
47 巨大なる丸き門、開かれん 田辺茂範 服部恵大 2月25日
48 ひとりはみんなのために 3月3日
49 みんなはひとりのために 永野たかひろ 鈴木輪流郎 3月10日
50 運命のラストターン! 3月17日
51 終わっちゃいねぇーぜ! 田辺茂範 服部恵大 3月24日
52 オレたちデュエマなう!! 3月31日

デュエル・マスターズ ビクトリーV[編集]

2012年4月7日から2013年3月30日まで放送。『デュエル・マスターズ ビクトリー』の続編。ストーリーは勝太が通う小学校が主な舞台の『クラス編』をベースにしており、同じクラスの愉快な仲間たちとのデュエマがストーリーの中心として展開され、よりコメディ要素が増している。全51話。

アニメオリジナルキャラクター
ジョウ太郎
声 - 松岡禎丞
キュウ作
声 - 水野麻里絵
セイ子
声 - さとう実琴
勝太の学校の上級生たち。
ニヤリくん
声 - 田中敦子
「トライワールド」の住民で案内役。「~ニャリ」が口癖。
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 鈴木輪流郎
  • シリーズ構成 - 田辺茂範
  • キャラクターデザイン - 平岡正幸
  • 美術監督 - わたなべけいと
  • 色彩設計 - 長尾朱美
  • 撮影監督 - 松田範雄
  • 編集 - 伊藤潤一
  • CGディレクター - 安田兼盛(第1話 - 第6話)、滝田勇介(第7話 - 第51話)
  • 音響監督 - 藤田亜紀子
  • 音楽 - 五十嵐"IGAO"淳一
  • アニメーション制作 - 小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
主題歌
オープニングテーマ「鬼最強ビクトリー」
作詞 - 高杉美緒、栗林美智瑠 / 作曲・編曲 - 持田裕輔 / 歌 - デュエル・ヒーロー ユウ&アツト
エンディングテーマ「ミラクル☆ビクトリー」
作詞 - 高杉美緒、栗林美智瑠 / 作曲・編曲 - 持田裕輔 / 歌 - デュエル・ヒーロー ユウ&アツト
  • 第1話 - 第8話は1番、第9話 - 第26話は2番、第27話 - 第51話は3番が使用された。
各話リスト
話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 放送日
1 はちゃめちゃクラス、5年2組! 田辺茂範 鈴木輪流郎 宮田亮 2012年
4月7日
2 喧嘩上等! 上級生! 4月14日
3 オレらの勝太はウソつきだ!? 4月21日
4 おこって、わらって、同級生 4月28日
5 ヨゴれたそうじ係! 永野たかひろ 5月5日
6 そうじ係は正直者? 5月12日
7 福引き100回できるかな? 吉田正幸 5月19日
8 給食はエレガンスに! 5月26日
9 ウリボーがやってきたーたーたー!! 田辺茂範 6月2日
10 生き物係、パニック!! 6月9日
11 そのカード、ゼロ文明!! 服部恵大 6月16日
12 ガチンコ・ジャッジでいざ、勝負!! 6月23日
13 シラユキヒメは誰だ!? 永野たかひろ 鈴木輪流郎 6月30日
14 シラユキヒメがシュラになる!? 7月7日
15 感激男、ラゴンくん! 吉田正幸 7月14日
16 モーレツに! 感動に! 誕生会!! 7月21日
17 ドキドキ! 夜中の学校は恐怖がいっぱい! 田辺茂範 服部恵大 7月28日
18 ぎゃあ〜! あかずのトイレで呪いのデュエマ! 8月4日
19 結成! ワガママモード防衛隊!? 永野たかひろ 鈴木輪流郎 8月11日
20 巨大ロボ、あらわる! 8月18日
21 終わりなき勉強地獄! 吉田正幸 服部恵大 8月25日
22 新学期! ワガママモードで登校せよ!? 9月1日
23 死闘! ワガママ大連合 田辺茂範 高本宣弘 9月8日
24 ボクにはなんもない 9月15日
25 人気をかけた男たち 永野たかひろ 鈴木輪流郎 9月22日
26 もう一度、オレのターン! 9月29日
27 運命の調べ、聞け! これがヤラシだ! 田辺茂範 高本宣弘 10月6日
28 クラスメイトが大切だから! 10月13日
29 激突! アイドルVS小学生! 吉田正幸 鈴木輪流郎 10月20日
30 Vモード、それはキミへの架け橋! 10月27日
31 お前は強い、だがおれ達は2人だ! 永野たかひろ 高本宣弘 11月3日
32 格の違い! 11月10日
33 悪魔が来たりて、天使が笑う 田辺茂範 鈴木輪流郎 11月17日
34 ボクらの声はキミの勇気! 11月24日
35 怖いぞ、すごいぞ、運命の男!! 吉田正幸 12月1日
36 やっぱ、かっこいいぜレオ! 12月8日
37 あやつられた友! 永野たかひろ 高本宣弘 12月15日
38 暴君の運命! 12月22日
39 サイコークラス、5年2組! 田辺茂範 鈴木輪流郎 2013年
1月5日
40 デュエマ、好き放題! 1月12日
41 幸せのコンボ講座 吉田正幸 1月19日
42 愛と青春、友情コンボ! 1月26日
43 ノンストップ! 特急エイト!! 永野たかひろ 高本宣弘 2月2日
44 いじわる女神の幸福スマイル! 2月9日
45 おたがいムカムカ、男子と女子! 田辺茂範 鈴木輪流郎 2月16日
46 どっちが上? かしこい男子と強い女子! 2月23日
47 ぶっちぎり! オレがナンバー1! 吉田正幸 3月2日
48 最高の対決、最高のライバル! 3月9日
49 意外なる最強オニつよ戦士! 永野たかひろ 3月16日
50 ラストターンの奇跡! 3月23日
51 ねがいは… 田辺茂範 3月30日

デュエル・マスターズ ビクトリーV3[編集]

2013年4月6日から2014年3月29日まで放送。アニメ『ビクトリー』シリーズ第3弾。これまでの15分番組から、8:30 - 9:00の30分番組となっている[6][7]。ストーリーは『カツドン編』をベースに、勝太たち「デュエマ探偵団」の奮闘や、宗教団体オラクル及びその影響で暴走したクリーチャーとの戦いを描く。漫画版や前期二作と比べ全体的に(特に中盤から終盤にかけて)シリアスで暗い展開が多く、コロコロコミック原作のアニメとしても異例である。長年このシリーズの監督を務めた鈴木輪流郎から加戸誉夫に交代するなど、一部のスタッフが変更された。全51話(特別編含む)。

アニメオリジナルキャラクター
プラマイ零
声 - 桑島法子
勝太のクラスに転校してきた謎の少女。語尾に「~なのだ」とつけるのが特徴。漫画におけるプラマイ・ゼロの立場であり(ただしゼロは勝太たちとは常に別行動)、名前が似ていて闇文明の使い手、パートナーがブータンであることも共通している。
転校早々、オラクルの影響を受けたクリーチャーのカードが、個々の能力で引き起こす「カード事件」を目撃している勝太たちに「デュエマ探偵団」を結成することを持ちかける。一度やり始めたことは最後までやる主義らしく、「ヨミの討伐」という探偵団の本来の目的を果たした後も「オラクルに支配されたすべてのカードの浄化」を目的に探偵業を続けていた。
ヨミの手下だった時には、覆面デュエリストとなって勝太の前に立ちはだかり苦しめることもあったが、イズモを捨て駒にしたヨミと決別したり、オラクルの封印を受けたクロスファイアを転生させたり、ヨミがいなくなった後も一度だけ、覆面デュエリストとしてクリーチャー島でデトロイト・テクノと対峙しヨミとの関係を問うなど、完全な悪役に徹することはなかった。
その正体は、クリーチャー世界の住人であり、イズモの妹である。アウトレイジの襲撃によりイズモと生き別れ、人間に転生したことで、オラクルとしての記憶を失っていた。頬についている0の模様は、それを知っていたイズモによってつけられたものだった。
第35話で、イズモによる荒療治(神官2人との同時デュエマ)によってすべての記憶が戻った後は、勝太たちの敵として現れ、ブータンを連れ去り、オラクルにしてしまうなど、完全な悪人となってしまった。しかし第45話にて、次元リアクターを使った勝太の呼びかけで、人間として転生していたころの人格(白零)が戻り、黒零VS白零の対決で白零が勝ち、元に戻った。
元に戻った後、イズモを説得しようとデュエマを挑むが、無法人類G・イズモへと最終進化したイズモに敗れ、意識を失ってしまう。しかし勝太がイズモに勝ったことにより、人間だったころの零に戻り、オラクルとしての零はイズモと共にこの世を去った。
アラシ
声 - 高下三佳内野孝聡(ハリケーン時)
チームエグザイルの後輩。覆面デュエリストの手で蘇った暴剣王邪ハリケーンの進化前の姿。「~っす」が口癖で、勝太やカツドン達を「○○の兄貴」と呼んで慕う(零の場合は「姉貴」を使う)。小刀を武器にする。
刑事
声 - 大林隆介
カード事件絡みで度々勝太たちが出くわす人物。第44話ではオラクルエリアに突入しようとする勝太達に協力した。
甘杉
声 - 小田久史
井札川リュウマ
声 - 森優子
水道橋彩
声 - 宮崎羽衣
青砥礼二
声 - 浜添伸也
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 加戸誉夫
  • シリーズ構成 - 荒木憲一
  • キャラクターデザイン - 平岡正幸
  • 美術監督 - わたなべけいと(第1話)、平良亜梨沙(第2話 - )
  • 色彩設計 - 長尾朱美
  • 撮影監督 - 松田範雄
  • 編集 - 沖田秀樹
  • CGディレクター - 滝田勇介
  • 音響監督 - 藤田亜紀子
  • 音楽 - 五十嵐"IGAO"淳一
  • アニメーション制作 - 小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
主題歌
オープニングテーマ「スタート革命」[8]
作詞・作曲 - Charm / 編曲 - Hemenway / 歌 - ヘメンウェイ
エンディングテーマ「ハチャメチャ・オレ!キング」
作詞 - CHiCO・持田裕輔 / 作曲 - 持田裕輔 / 編曲 - Yousuke Mochida / 歌 - デュエル・ヒーロー ユウ & アツト
各話リスト
話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 放送日
1 アウトレイジの書 荒木憲一 加戸誉夫 関野関十 2013年
4月6日
2 デュエルゾーン 高本宣弘 宮田亮 4月13日
3 オラクルは危険な香り! 阿部雅司 4月20日
4 出動! デュエマ探偵団 北嶋博明 江副仁美 4月27日
5 ダムッシー現る!? 永野たかひろ 吉川浩司
竹内光
吉川浩司 5月4日
6 完全無欠のスイーツバトル! 丸川直子 宮田亮 5月11日
7 芸術大暴走! 千葉克彦 高本宣弘 関野関十 5月18日
8 謎の覆面デュエリスト!? 荒木憲一 阿部雅司 5月25日
9 最強の敵、その名はヨミ! 北嶋博明[10] 久保田雄大 宮田亮 6月1日
10 忍びよるオラクルの手! 永野たかひろ 江副仁美
加戸誉夫
江副仁美 6月8日
11 発動! ドロン・ゴー!! 丸川直子 吉川浩司
竹内光
吉川浩司 6月15日
12 お化け屋敷の超決戦! 千葉克彦 宮田亮 6月22日
13 三神合体ヨミ! 黒田幸生 6月29日
14 激闘! ヨミVS覆面デュエリスト 北嶋博明 高本宣弘 関野関十 7月6日
15 オラクルをぶっとばせ! 荒木憲一 阿部雅司 7月13日
16 正義は絶対カツキング! 江副仁美 7月20日
17 女の闘い! 千葉克彦 吉川浩司
竹内光
吉川浩司 7月27日
18 ドキドキメラメラ ドロン・ゴー! 北嶋博明 宮田亮 8月3日
19 ベンちゃん、友情を語る! 丸川直子 大畑晃一 黒田幸生 8月10日
20 公園の守り神! 永野たかひろ 阿部雅司
加戸誉夫
阿部雅司 8月17日
21 ナゾがナゾ呼ぶ都市伝説! 荒木憲一 高本宣弘 関野関十 8月24日
22 カツドン・勝太の夏休み! 永野たかひろ 加戸誉夫 加戸誉夫
川崎比佐雄[11]
8月31日
23 アウトレイジ大抗争! 北嶋博明 江副仁美 9月7日
24 ジェニーがいっぱい! 丸川直子 吉川浩司
竹内光
吉川浩司 9月14日
25 ゾロスターの逆襲! 永野たかひろ 宮田亮 9月21日
26 ぶっちゃけVSおっかけ! 千葉克彦 黒田幸生 9月28日
27 ジャスミン、愛の奇跡! 丸川直子 阿部雅司 10月5日
28 空飛ぶミステリーツアー! 千葉克彦 高本宣弘 宮田亮 10月12日
29 大熱唱! アオトレイジ・ブラザーズ! 北嶋博明 江副仁美 10月19日
30 湯けむりヨロレヒ温泉事件! 永野たかひろ 関野関十 10月26日
31 復活のオラクル! 荒木憲一 吉川浩司
竹内光
吉川浩司 11月2日
32 潜入! クリーチャー島! 宮田亮 11月9日
33 アウトレイジの導き! 丸川直子 黒田幸生 11月16日
34 大覚醒! カツキングMAX! 北嶋博明 阿部雅司 11月23日
35 オラクルの記憶! 荒木憲一 高本宣弘 宮田亮 11月30日
36 イズモの妹・零! 永野たかひろ 江副仁美 12月7日
37 裏切りのブータン! 千葉克彦 関野関十 12月14日
38 ふたつの秘宝! 荒木憲一 吉川浩司
竹内光
吉川浩司 12月21日
39 戻ってこい! 零! 千葉克彦 飯村正之 12月28日
40 目を覚まして切札勝太! 永野たかひろ 加戸誉夫 加戸誉夫
川崎比佐雄[12]
2014年
1月11日
41 禁断の秘宝 オラクルジュエル! 北嶋博明 宮田亮 1月18日
42 超神類イズモ! 丸川直子 黒田幸生 1月25日
43 奇跡の3体ドロン・ゴー! 永野たかひろ 阿部雅司 2月1日
44 突入! オラクルエリア! 荒木憲一 江副仁美 2月8日
45 相手は自分!? 零対レイ! 宮田亮 2月15日
46 零VSイズモ 宿命の対決! 北嶋博明 関野関十 2月22日
47 大決戦! クライマックスドロン・ゴー! 丸川直子 加戸誉夫
千葉悠麿
加戸誉夫 3月1日
48 さらば カツドン! 千葉克彦 吉川浩司
竹内光
3月8日
49 ラストバトル! ヨミの惑星 荒木憲一 加戸誉夫 加戸誉夫
黒田幸生
3月15日
50 オレ達ずっとデュエ友! 宮田亮 3月22日
51 アウトレイジよ! 永遠なれ!![13] 永野たかひろ - 川崎比佐雄[14] 3月29日

デュエル・マスターズ VS[編集]

2014年4月5日より放送。再び漫画との同時進行となり、『ビクトリー』で主人公だった切札勝太が引き続き主人公となる。

前作(主に『ビクトリーV3』)との相違点
  • アニメーション製作にアセンションが加わり、『デュエル・マスターズ ゼロ』から続いたトゥーンレンダリングを廃止し、従来の2Dアニメーションに変更となった[15]
  • 上記に伴い勝太をはじめとする人物は漫画版により近いデザインになっている。
  • ストーリーはシリアスな展開が多かった前作とは打って変わって、漫画版同様ギャグが強調されている。
  • スタッフが大幅に変更され、シリーズ構成には加藤陽一、監督には本作が初監督となる佐々木忍が担当。
  • これ迄のシリーズ作では採用されなかった"影の声"(ナレーター)の存在、ゲーム等に良く見られる"FLASHアニメ風"や"カットイン"画面の多用等の視覚的インパクトの高い挑戦的構成となり、より低年齢向けの作風とする工夫が見られる[16]
登場人物[17]
滝川るる
声 - 丹下桜
主要人物(『VS』編)を参照。
ホカベン
声 - 菅原雅芳
ルシファー
声 - 水沢史絵
佐々木コジロー
声 - 檜山修之
大ジロー
声 - 優希
中ジロー
声 - 水沢史絵
小ジロー
声 - 奈波果林
毒島サソリ
声 - 進藤尚美
井戸中カエル
声 - 松野太紀
ジャスティス / 鎌瀬正義
声 - 佐藤はな
ヘレン
声 - 冨岡美沙子
レナ
声 - 奈波果林
土瓶先生
声 - 三戸耕三
熱血ナレーター
声 - 佐藤せつじ
スタッフ
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 監督 - 佐々木忍
  • 助監督 - 宮西哲也
  • シリーズ構成 - 加藤陽一
  • キャラクターデザイン・キャラクター総作画監督 - 薮本陽輔
  • クリーチャー設定 - 石垣純哉、難波孝、鈴木克、浜津武広
  • クリーチャー総作画監督 - 浜津武広
  • 美術監督 - 河合伸治
  • 色彩設計 - 酒井美晴
  • 撮影監督 - 梅田俊之
  • 編集 - 中葉由美子、村井秀明
  • 音響監督 - 藤田亜紀子
  • 音楽 - 五十嵐"IGAO"淳一
  • アニメーションプロデューサー - 長南佳志
  • プロデューサー - 吉野文(テレビ東京)、長谷川友紀
  • アニメーション制作 - ascension、小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
主題歌
オープニングテーマ「こんちきしょうめ」
作詞・作曲 - 山本聡 / 編曲・歌 - ガガガSP
  • 第4話、第8話からオープニングアニメーションが一部変更されている。
  • 主題曲を担当するガガガSPはテレビ東京製作の同一対象年齢の作品『ケロロ軍曹[18]のアニメでもOPを担当した事があり、出版社が同じ小学館の作品である『ムシブギョー』でもOPを担当している。今作でもバンドや曲のイメージに合わせた様に疾走感溢れる過激なOPになっている[19]
エンディングテーマ「全然 大丈夫だぜ OK!」
作詞 - 松浦有希 / 作曲 - 持田裕輔 / 編曲 - Yousuke Mochida / 歌 - デュエル・ヒーロー ユウ & アツト
各話リスト
話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 放送日
1 デュエマ解禁っ! 熱血デュエ魂っ! 加藤陽一 佐々木忍 宮西哲也 薮本陽輔
藤原彰人
2014年
4月5日
2 べんちゃんとの再会っ!! 佐々木忍
宮西哲也
冨永恒雄 加野晃 4月12日
3 龍解っ!! 宮田亮 栗尾昌宏 4月19日
4 飢えた狼っ! コジローあらわるっ!! 高橋ナツコ 上原秀明 江島泰男 細川修平
小平はじめ
4月26日
5 ヌメっと開幕っ! 町内デュエマ大会っ!! 永野たかひろ 村木良幸 加藤顕 金子匡邦 5月3日
6 勝太龍解っ!? ガイギンガっ!! 田村安彦 阿泉紫苑 山岡実 飯飼一幸
藤原彰人
5月10日
7 蒼薔薇の貴公子っ! その名はルシファーっ!! 根元歳三 山崎茂 南伸一郎 5月17日
8 屋台引いてるっ!? ドラゴン龍ーっ!! 加藤陽一 宮西哲也 薮本陽輔
KIM YONGSIK
5月24日
9 愛とっ! サソリっ!! 永野たかひろ 中川忍 加野晃 5月31日
10 熱血っ! プロレスレッスンっ!! 田村安彦 暮田公平 栗尾昌宏
LIM CHEA DUCK
LIM SEUNG BONG
KIM YONGSIK
6月7日
11 始動っ! 新たなる切り札っ!! 高橋ナツコ 江島泰男 細川修平
大原和男
6月21日
12 開幕っ! ルシファーワールドカップっ!! 根元歳三 宮田亮 飯飼一幸
藤原彰人
6月28日
13 サソリのっ! ハニートラップ大作戦っ!! 永野たかひろ 加藤顕 金子匡邦 7月5日
14 熱闘っ! 勝太VSコジローっ!! 田村安彦 山崎茂 福島豊明
南伸一郎
7月12日
15 準決勝っ! ルシファーVSべんちゃんっ!! 高橋ナツコ 山岡実 薮本陽輔
栗尾昌宏
KIM YONGSIK
7月19日

劇場版[編集]

デュエル・マスターズ 闇の城の魔龍凰[編集]

劇場版第1作『劇場版デュエル・マスターズ 闇の城の魔龍凰』(- カース・オブ・ザ・デスフェニックス)は、2005年3月12日に東宝系にて公開。同時上映は『ロックマンエグゼ 光と闇の遺産』。映画オリジナルシナリオ。キャラクターなどは『チャージ』が基準だが、『チャージ』のストーリーに入れられるのかは不明。

登場キャラクター
オルフェ
声 - 虻川美穂子北陽
エレクトラの弟。暗い地下に長くいて、父親に裏切られたと思い豹変していたが、勝舞とのデュエルを通じて目を覚ます。切り札は「神滅竜騎ガルザーク」「暗黒王デス・フェニックス」。
エレクトラ
声 - 伊藤さおり北陽
オルフェの姉。オルフェと共に世界を闇に包もうとしていたが、白凰とのデュエルで目を覚ます。
アガメムノン
声 - 玄田哲章
オルフェとエレクトラの父。子供達を守るためガルザークを封印し、命を落とす。切札勝利とは親友で、死ぬ前に勝利に遺言と「龍炎鳳エターナル・フェニックス」を残していた。
スタッフ
  • 監督・絵コンテ - 鈴木輪流郎
  • 脚本 - 西園悟
  • キャラクターデザイン - 平岡正幸
  • アニメーション制作 - スタジオ雲雀

デュエル・マスターズ 黒月の神帝[編集]

劇場版第2作『劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝』(- ルナティック・ゴッド・サーガ)は、2009年9月19日に東宝系で公開。同時上映は『劇場版ペンギンの問題 幸せの青い鳥でごペンなさい[20]。映画タイトルは『月刊コロコロコミック』5月号で発表され、予告編では勝舞が木下ベッカムと共演。ミカドの部下の1人が『クロス』58話・59話に登場しており、はっきりとはしていないが、テレビシリーズとのリンクが見られる。

初日2日間で19万9433人を動員し興行収入は1億9626万円となり、シルバーウイークの5日間(-23日迄)で44万人を動員し興行収入は4億4500万円を記録し、2009年9月19日から20日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で『20世紀少年-最終章-ぼくらの旗』を抑え映画興行成績1位を獲得している。また、雑誌ぴあ調査による9月18日から19日公開の映画満足度ランキングでも『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』を抑え1位に輝いている。

登場キャラクター
神月 ミカド(かみづき ミカド)
声 - 櫻井孝宏
4体神を操るデュエリスト。全てのデュエリストに恨みを持つ。
神月 ルナ(かみづき ルナ)
声 - 平野綾
ミカドの妹。闇のドラゴンと共に勝舞に近づく。
スタッフ
  • 総監督 - 鈴木輪流郎
  • 監督・絵コンテ - 服部恵大
  • 脚本 - 藤田伸三、西森英行
  • 演出 - 藤原智樹、佐藤明登
  • キャラクター・アートデザイン - 平岡正幸、掛流夏巳
  • 撮影監督 - 八木昌彦
  • 音響監督 - 山田知明
  • 音楽 - 五十嵐"IGAO"淳一
  • エグゼクティブプロデューサー - 佐上靖之、中沢利洋
  • アニメーションプロデューサー - 上野勲
  • プロデューサー - 神宮字真
  • 3DCGアニメーション制作 - 小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
  • 制作 - 小学館集英社プロダクション
  • 製作 - 2009 劇場版『デュエル・マスターズ』製作委員会(小学館、タカラトミー、三井物産、東宝、テレビ東京、電通、キッズステーション、小学館集英社プロダクション)

デュエル・マスターズ 炎のキズナXX!![編集]

劇場版第3作『劇場版デュエル・マスターズ 炎のキズナXX!!』(- ダブルクロス)は、2010年8月21日に東宝系で公開。同時上映は『劇場版メタルファイト ベイブレードVS太陽 灼熱の侵略者ソルブレイズ』。来場者特典は『爆竜ストームXX<天地爆裂>』カード。

全国216スクリーンで公開され、2010年8月21,22日初日2日間で興収1億1,969万4,900円、動員は11万7,418人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位となった[21]

前2作とは異なり、勝舞達がクリーチャーの存在する異世界で冒険を繰り広げる内容となっており、デュエルをするシーンは無い。

登場キャラクター
レッピ・アイニー
声 - 福圓美里
勝舞に助けを求めてきたファイアーバード。ストームXXの親友。
爆竜ストームXX(- ダブルクロス)
声 - 大西健晴
火文明の切り札だが、ボロボロにやられて自信をなくしていた。コロコロが大好き。
殲滅の覚醒者 ディアボロスZ(せんめつのかくせいしゃ -)
声 - たてかべ和也
闇文明のボス。
スタッフ
  • 監督 - 服部恵大
  • 原作 - 松本しげのぶ
  • 脚本 - 日高勝郎

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アニメ『VS』OP内でその銅像の前に立つ勝太の姿を見る事が出来る。
  2. ^ 尚、『VS』で明らかになった事だが、4歳時分は未だ入院していたものの他の患者よりは元気だった。その頃にるると出会い、病に苦しむるるに元気を分け与えていた。つまり、『スタークロス』時代は勝太は4歳になっていない。
  3. ^ カレーパンの本作に於ける功績は目覚しく、『スタークロス』での昏睡からの復活に加え、ドラゴンやプリン、カツドンやアニメ『V3』での零達仲間との絆を深めたり、『VS』での2年間の禁止期間の勝太のモチベーションの元になり、るるとの再会及び再びデュエ魂に燃えるきっかけを作ったりと枚挙に暇ない。又逆にカレーパンが切っ掛けで危機に陥った事もこれ又多々あり過ぎる(イズモに誘き出しの餌にされる等)。
  4. ^ もっとも最近は食生活の欧米化・飽食化からか小学女子高学年の巨乳化も珍しくない。又、小林立の漫画『咲-Saki-』(同じテレビ東京系列でアニメ放送もされている)の清澄高麻雀部員・原村和も小学校当時の写真で同じ位である事が判明している。
  5. ^ 勝太はるるをいつもそう呼んでいるが、他の人物からの認定呼称かは定かではない。
  6. ^ テレビ北海道番組表
  7. ^ テレビ愛知番組表
  8. ^ 歴代デュエマアニメのテーマ曲を集めた主題歌集では、CDの不人気の為OPでありながら唯一収録されていない(あまりの不評ぶりにCDシングルのCMが僅か1週で打ち切られている)。代わりにボーナストラックとしてEDの「ハチャメチャ・オレ!キング」が収録されている。
  9. ^ デュエル・マスターズ ビクトリーV3 アニメ公式サイト”. 小学館集英社プロダクション. 2013年8月13日閲覧。
  10. ^ 荒木憲一とクレジットされていたが、後に公式サイトで訂正された[9]
  11. ^ 本編演出
  12. ^ 本編演出
  13. ^ Aパートは第22話、第40話同様、これ迄の戦いを振り返る総集編、Bパートは次期作『VS』のダイジェスト版イントロダクションとなっている。るるやホカベン等の一部のキャラはこの時点で存在や役割が明確になっているという極めて珍しい構成を取る。
  14. ^ 本編演出
  15. ^ それでもHDによる鮮麗な画質となっており、月刊コロコロ2014年4月号では「D.M史上ガチNo.1クオリティ」と謳われている。
  16. ^ 主人公達の年齢的或いは精神的な成長とは逆に、作品は原作掲載誌の"コロコロコミック"の読者対象年齢(所謂"キッズ"層)に合わせた展開と構成になっている。
  17. ^ るるやホカベン等一部の人物は『ビクトリーV3』最終話『アウトレイジよ!永遠なれ!!』の後半、『VS』紹介パートが初出となる。熱血ナレーターも前期初出時から全開バリバリで、その乗りは本編で更に加速する。
  18. ^ ケロロ軍曹』原作掲載誌は"少年エース"(所謂"ボーイズ"層対象)と"ケロケロエース"(コロコロコミックと同じ"キッズ"層対象)と"ケロロランド"(より年齢層の低い、プレスクール層対象の知育雑誌)とがあったが、現在は少年エース以外は二誌共終刊となっている。アニメはこの内、ケロケロエース読者層に合わせたテレビ東京のレギュレーションで作成された。
  19. ^ 尚、切札勝舞の銅像が建立されており、その前に決意を新たに立つ勝太がいる…という、兄弟の新しい関係を仄めかす部分がある。
  20. ^ 同じく『おはコロシアム』内で放送されているアニメ作品の映画作品。
  21. ^ 映画興行成績ランキング2010年8月21日〜8月22日goo映画 2010年8月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 おはコロシアム内 アニメ枠後半
前番組 番組名 次番組
サルゲッチュ 〜オンエアー〜 2nd
(2006年10月 - 2007年9月)
デュエル・マスターズ ゼロ
(2007年10月 - 2008年3月)
デュエル・マスターズ クロス
(2008年4月 - 2009年3月)
【アニメ枠前半へ移動】
テレビ東京系列 おはコロシアム内 アニメ枠前半
ペンギンの問題
(2008年4月 - 2009年3月)
【アニメ枠後半へ移動】
デュエル・マスターズ クロス

デュエル・マスターズ クロスショック
(2009年4月 - 2010年6月)
【アニメ枠後半から移動】
ペンギンの問題Max
(2010年7月 - 2011年3月)
【アニメ枠後半から移動】
ペンギンの問題Max
(2010年7月 - 2011年3月)
デュエル・マスターズ ビクトリー
(2011年4月 - 9月)
(廃枠)
テレビ東京系列 おはコロシアム内 アニメ枠後半
ペンギンの問題
(2009年4月 - 2010年6月)
【アニメ枠前半から移動】
デュエル・マスターズ クロスショック
(2010年7月 - 2011年3月)
【アニメ枠前半から移動】
(廃枠)
テレビ東京系列 土曜8:30枠
おはコロっす!
※8:30 - 9:00
【15分短縮、改題し継続】
デュエル・マスターズ ビクトリー

デュエル・マスターズ ビクトリーV

デュエル・マスターズ ビクトリーV3

デュエル・マスターズ VS
【前番組から独立】
-
テレビ東京系列 土曜8:45枠
おはコロアップ
【土曜9:00 - 9:15枠へ移動の上
『おはコロポップ』と改題して継続】
デュエル・マスターズ ビクトリーV3

デュエル・マスターズ VS
-