皆川純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
みながわ じゅんこ
皆川 純子
プロフィール
愛称 純ちゃん、純やん[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本茨城県
誕生日 11月22日
血液型 A型[1]
職業 声優
事務所 東京俳優生活協同組合
活動
活動時期 2001年 -
デビュー作 デカルン(『それいけ!アンパンマン』)
※ テレビアニメでのデビュー作
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

皆川 純子(みながわ じゅんこ、11月22日[2] - )は、日本の女性声優茨城県出身[1]。年齢は非公表[3][注 1]東京俳優生活協同組合(俳協)所属。

声質が低く、男の子役を得意とする[5]テレビアニメでは『テニスの王子様』の越前リョーマ役、『PandoraHearts』のオズ=ベザリウス役、『LOVELESS』の青柳立夏役、『.hack//黄昏の腕輪伝説』のシューゴ役など、少年役で主役を演じた[2]

経歴[編集]

声優を目指すまで[編集]

幼少の頃から芝居が好きで、学芸会では積極的に劇に参加した[6]。幼稚園では『みにくいアヒルの子』のみにくいアヒル役、小学校では『かぐや姫』で帝役を演じる。帝役について皆川は「その時すでに男役だったんです」と自己分析している[6]。 中学・高校時代は、バレーボールの部活動に専念した。中学のバレー部では先輩・後輩の縦の人間関係が厳しく社会の縮図を学んだという[6]。高校のバレー部は練習が厳しく休みがなかった。バレーボール一色の生活で、友達と学校帰りに余暇を楽しむといったことができなかったため、部活の引退時には「これでようやく普通の高校生になれる」と思ったという[6]。これらの部活動の経験は辛いことから逃げ出さない精神力が身につき、心身ともに鍛えられて良かったとしている[6]。高校卒業後は、日本国外に住んで働くことを希望してスチュワーデス(現在の名称は客室乗務員)を志す。英語専門学校のスチュワーデス科に通うが、勉強をおろそかにして学生生活を楽しんでしまったため、どこの航空会社にも受からなかった[6]

その後、普通の会社に就職する[6]。会社での人間関係は良好で楽しかったが、「これが私の一生の仕事なのだろうか」「夢中になれるものがほしい」という思いから、自分が本当にやりたかったことを全力でやってみようと子供の頃の夢だった役者になることを決意する[6][7]。当初は劇団の養成所に入ろうとしたが、毎日のように稽古があることを知り、学費や生活費などの金銭の問題から断念する。会社員を続けながら芝居の勉強ができる場所を探した結果、声優養成所を見つける。もともと漫画やアニメが好きだったこともあり、声優業に興味をひかれて映像テクノアカデミアに入学した[7]。こうした経緯から最初は「絶対に声優になるんだってわけじゃなかった」と振り返っている[8]。学んでいくうちに徐々に「声優になりたい。一生の職業にしたい」と本気で志すようになる[6]。2000年3月に映像テクノアカデミアを卒業[7]、同年に俳協に所属し[2]、会社を退職した[6]

声優デビュー後[編集]

デビュー作は整髪料のラジオCM[注 2]。アニメのデビュー作は『それいけ!アンパンマン』デカルン役[1][注 3]。俳協に所属して3か月後に[10]、ゲーム『ときめきメモリアル3』のヒロインの1人である神条芹華役が決まる。『ときめきメモリアル』のオーディションに受かったことは、頑張ればこれで食べられるかもしれないという思いが希望から現実に変わったという[6]。翌2001年にはテレビアニメ『テニスの王子様』の主役である越前リョーマ役に抜擢される。リョーマ役が決まった時は嬉しくて体が震えたといい、無名の新人が週刊少年ジャンプ作品の主人公に受かったことは奇跡だとし、当時の嬉しさは「もう2度と味わえないと思います」と述べている[11]。リョーマ役は皆川に大きな影響を与え、「声優人生を変えた役」「リョーマがいたから今の私がいる」としている[5]。原作者の許斐剛からは「リョーマをやるために声優になったのではないか」と評価されており[12]、他にも「皆川さんはリョーマそのものだと思っている」「皆川さんの意見はリョーマの意見として受け止めている」と語られている[13]。越前リョーマ役は2001年放送以降、10年以上切れ目なく演じ続けている[14]

ライブ活動[編集]

皆川純子名義で、オリジナル楽曲のCD発売やライブ活動も行った[15]。キャラクターとしては、2004年8月18日、Zepp Tokyoにて越前リョーマの単独ライブを行う[16][注 4]。2006年からは「サクラ大戦シリーズ」で、サジータ・ワインバーグ役としてキャラクター衣装を着て歌って踊る舞台(レビュウショウ)に出演している[18]

人物像[編集]

性格は負けず嫌いで、悔しい時は涙が出ない、人前でも泣かないと語る[5]。しかし悔しい時以外ではよく泣いているという。自分が演じるキャラクターが悲しいシーンで泣けば、皆川もセリフを言いながら涙し、他人のセリフを聴きながら感動して泣くこともある[5]。『テニスの王子様』の最終話アフレコの時にも泣いたことがある[5]。許斐剛からは皆川をイベント中に泣かせようと作戦が練られたことがあり[19]、「10年間ありがとう。リョーマは君じゃなきゃできなかったよ」と歌唱中に感謝を告げられて号泣したことがある[20]

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター

テレビアニメ[編集]

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

OVA[編集]

出演年不明

2001年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

劇場アニメ[編集]

2000年

2003年

2004年

2005年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

Webアニメ[編集]

2005年

2008年

2011年

2012年

ゲーム[編集]

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

  • 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION(下っ端[28]
  • 魔法少女大戦 ZANBATSU(プリンセスローズ[29]

時期未定

  • Goes!(日向・エリ・ファース[30]

吹き替え[編集]

特撮[編集]

実写[編集]

  • ときめきメモリアル SUPER LIVE 2 DVD
  • 魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部2-A:ホームルーム
  • ネギま! 大麻帆良祭
  • ネギま!?purinces festival
  • テニスの王子様 100曲マラソン DVD
  • テニプリフェスタ2009 DVD
  • テニプリフェスタ2011 in 武道館 DVD
  • テニプリフェスタ2013
  • 恋華の宴-寿
  • 恋華の宴-舞

ラジオ[編集]

ラジオドラマ

CD[編集]

ドラマCD[編集]

ラジオ・朗読CD[編集]

  • 院内彼氏(間宮千尋)※同人CD
  • ニック・シャドウの真夜中の図書館クリスマスBOX I 1 - 4
  • ニック・シャドウの真夜中の図書館クリスマスBOX II 5 - 8
  • 戦国武将物語〜姫編〜(第六話「茶々物語」)
  • パンドララジオ スペシャルCD Vol.1 〜華麗なる美食対決〜
  • パンドララジオ スペシャルCD Vol.2 〜肉、肉、お肉〜♪究極の牛肉パラダイス〜
  • パンドララジオ スペシャルCD Vol.3 〜ロケ?海外?どこでラジオをやっているの!?〜
  • パンドララジオ 〜アヴィスの使者がやってくる!?〜 出張版(月刊Gファンタジー2009年8月号付録)
  • HONEY BEE 羊でおやすみシリーズ Vol.17 「おやすみのその前に」
  • 皆川純子のビタミンR+ vol.1 - 3

その他CD[編集]

CM[編集]

  • 週刊少年マガジン 魔法先生ネギま!(雪広あやか役 2007年2月度)
  • TAKARA TOMYカードゲーム デュエルマスターズ スーパーデッキ・ゼロ(2007年7月)
  • ゴマブックスニックシャドウの真夜中の図書館(ニックシャドウ役 2008年4月)
  • 伊藤園ビタミンフルーツ 熟パイン(ナレーション 2008年)
  • 角川書店月刊Asuka9月号(桃園祐喜役 2008年)
  • ニンテンドーDS幕末恋華新選組DS (主題歌 2008年秋)
  • FictionJunction マキシシングル「Parallel Hearts」(ナレーション 2009年4月)
  • 上達!まんがのテクニック
  • 花王 リーゼ ヘアリフレッシャー
  • FANCL 企業CM 健康食品篇

テレビナレーション[編集]

その他[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • Say Hello(2003年6月4日)
  • TRUTH / Darkness of chaos(2004年4月21日)
  • Endless way(2005年1月26日)
  • De Ja Vu(2006年2月22日)
  • SHOUT IT LOUD(2007年1月24日)
  • Forever & ever(2008年3月14日)

アルバム[編集]

  • Future of Blue(2003年8月23日)
  • アイコトバ(2005年4月27日)
  • ビタミンJ(2007年5月10日)
  • My Journey(2007年11月22日)

キャラクターソング[編集]

  • これが私の御主人様(中林義貴)
    • デカくなれ-俺様的な世界-
  • サクラ大戦シリーズ(サジータ・ワインバーグ)
    • 地上の戦士(紐育華撃団・星組)
    • kiss me sweet(紐育華撃団・星組)
    • ダウンタウン・ハート
    • オーバー・ザ・レインボー・サンシャイン(紐育華撃団・星組)
    • ビバ!ハーレム
    • ブラックペッパー
    • ポアゾン〜クレオパトラより〜(サジータ・ワインバーグ&九条昴)
    • 笑って、笑って(帝都花組、巴里花組、紐育星組)
    • シンフォニー ウィズ フレンド(紐育華撃団・星組)
    • ジョージア(サジータ・ワインバーグ&リカリッタ・アリエス)
    • 5つのレシピ(紐育華撃団・星組)
  • 灼眼のシャナ(カムシン)
    • ―tough―
  • テニスの王子様シリーズ
    • RISING(越前リョーマ)
    • future(越前リョーマ)
    • Free as a bird -Return to T-(越前リョーマ)
    • Dreaming on the radio(越前リョーマ)
    • ミンナココニイタ(Unplagged Version)(越前リョーマ)
    • Cool E〈アルバム〉(越前リョーマ)
    • SR -SAMURAI-〈アルバム〉(越前リョーマ)
    • 約束/We Love SEIGAKU(越前リョーマ)
    • PROGRESS〈ミニアルバム〉(越前リョーマ)
    • Everything(越前リョーマ)
    • Flower-咲乱華-(GIGS
    • Don't Look Back/FREEDOM(青酢
    • WHITE LINE/Happy×2☆Day!!(青酢)
    • Birthday〜歩き始めた日〜(青酢)
    • DEPARTURES(青酢+キャップと瓶)
    • Gather(青と瓶と缶)
    • 抱えたキセキ(青酢)
    • 君だけのFine Star(越前リョーマ)
    • Wonder Land(越前リョーマ)
    • Dear Prince〜テニスの王子様達へ〜イケメン侍
    • ACROSS MY LINE(越前リョーマ)
    • また君と(青酢)
    • last game(幸村精市&越前リョーマ)
    • 50/50(越前リョーマ&遠山金太郎)
    • 花びらの行方(越前リョーマ)
    • J〈ベストアルバム〉(越前リョーマ)
    • Love Festival(テニプリオールスターズ)
    • フェスティバルは突然に(許斐剛 Feat.越前リョーマ)
    • Still(越前リョーマ)
    • RYOMA〈アルバム〉(越前リョーマ)
  • 幕末恋華 花柳剣士伝(鹿取菊千代)
  • PandoraHearts(オズ=ベザリウス)
    • swear to…
  • マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ ピュア(ミケル)
    • 翼を抱いて
  • 魔法先生ネギま!ネギま!?(雪広あやか)
    • ネギま! 麻帆良学園中等部 2-A:12月 雪広あやか
    • ネギま!? 1000%BOX
    • ベストアルバム
    • うたのCD (2) 〔永遠のときを越えて・shuger memory〕
    • ハッピー☆マテリアル
    • 1000%BOX
    • 出席番号のうた
    • ハッピー☆マテリアルリターン・輝く君へ
  • 幕末恋華 新選組(山崎烝)
    • 天上の華
  • 少年陰陽師(玄武)
    • 朧月
  • アニメ店長B'店長候補生(夏目修三郎)
    • 宝石
    • 青空のプレゼント
    • Future Scramble
    • サテライト
    • We are Clover
  • 戦場のヴァルキュリア(ロージー)
    • 空は蒼いまま
    • うそつき

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 舞台『サクラ大戦』の稽古場で誕生日を迎えて「うん回目の誕生日」「めでたい年ではない」と年齢は公表していない[4]
  2. ^ ただし実際に「オンエアされたかは知らない」と発言している[9]。また初めてのアフレコはアンパンマンだが、放送日が遅かったためデビュー作はラジオCMになっている[5]
  3. ^ 第596回「アンパンマンとスターフルーツ」『それいけ!アンパンマン ザ・ベスト メロンパンナとオーロラの子馬』DVDに収録されている。
  4. ^ 2013年には、4月1日にZepp Fukuoka・4月4日にZepp Namba・4月7日にZepp Tokyoにて越前リョーマのライブツアーも行った[17]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『ボイスクロニクル』71頁。
  2. ^ a b c #外部リンク、所属事務所のプロフィール参照
  3. ^ “テレ朝アニメ「バトルスピリッツ」9・9スタート”. スポニチアネックス. (2012年7月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/23/kiji/K20120723003739080.html 2012年8月7日閲覧。 
  4. ^ 『サクラ大戦 巴里花組&紐育星組ライブ2010 〜可憐な花々 煌く星々〜』DVD特典映像、花組&星組カメラ、再生時間3分20秒 - 3分40秒の発言参照。
  5. ^ a b c d e f 『ボイスクロニクル』69頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k ここまでの出典。『ボイスクロニクル』68頁。
  7. ^ a b c ここまでの出典。卒業生インタビュー 皆川純子”. 映像テクノアカデミア. 2013年6月13日閲覧。
  8. ^ 『みなラジ』2002年6月15日配信。1巻収録、track02、再生時間23分30秒 - 23分40秒参照。
  9. ^ 『みなラジ』2002年5月25日配信。1巻収録、track01、再生時間8分13秒 - 9分8秒参照。
  10. ^ 『みなラジ』2002年10月25日配信。2巻収録、track01、再生時間11分38秒 - 11分48秒参照。
  11. ^ ここまでの出典。『Pick-up Voice Annex Vol.2 2011年1月号』 音楽専科社、26頁。
  12. ^ 許斐剛『テニスの王子様 15巻』集英社、183頁。
  13. ^ 許斐剛『テニスの王子様 20.5巻』集英社、186頁。
  14. ^ 皆川純子、諏訪部順一らからのコメントが到着!JF2011「新テニスの王子様」”. こえぽた. 株式会社MFS (2011年1月25日). 2012年8月7日閲覧。
  15. ^ 皆川純子インタビュー”. エキサイトアニメ. エキサイト株式会社. 2012年8月7日閲覧。
  16. ^ 『アニ基地SPECIAL 2005spring』 集英社、39頁。ISBN 978-4081020539
  17. ^ ジャンプスクエア 2013年3月号』 集英社、260頁。
  18. ^ サクラ大戦・紐育レビュウショウ記者会見」 サクラ大戦ドットコム、2006年2月25日。
  19. ^ 『声優アニメディア 2011年5月号』 学研、260頁。
  20. ^ アニメ『テニスの王子様』も10周年! 新ユニットも決定「テニプリフェスタ2011 in 武道館」”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ. 2013年9月6日閲覧。
  21. ^ 「しまじろう ヘソカ」 2011年7月11日(月)放送内容 カカクコム
  22. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ『アラタカンガタリ ~革神語~』スペシャルサイト. 2013年2月13日閲覧。
  23. ^ CHARACTER”. TVアニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」公式サイト. 2013年8月24日閲覧。
  24. ^ キーキャラクター 物語の鍵”. テイルズ オブ ハーツ R. 2012年12月27日閲覧。
  25. ^ CHARACTERS”. DEAD OR ALIVE 5 ULTIMATE. 2013年8月21日閲覧。
  26. ^ 『バイオハザード6 Special Package(スペシャルパッケージ)』“日本語ボイスパック”など収録DLCを紹介”. ファミ通.com. 2013年7月4日閲覧。
  27. ^ 電撃Girl's Style2013年6月号』、アスキー・メディアワークス、2013年5月。
  28. ^ CHARACTERS”. 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION. 2013年12月19日閲覧。
  29. ^ 47の魔法少女たち”. PlayStation®Vita版『魔法少女大戦』オフィシャルサイト. 2014年3月31日閲覧。
  30. ^ プチレーヴ第2弾「Goes!」発表!”. プチレーヴ オフィシャルブログ. 2014年4月7日閲覧。
  31. ^ 「ワールドトリガー」VOMIC化!皆川純子や逢坂良太ら参加”. コミックナタリー. 2013年12月4日閲覧。
  32. ^ 地獄堂霊界通信第6巻特装版”. 講談社コミックプラス. 2013年5月8日閲覧。
  33. ^ 高山しのぶ「MR.MORNING」続編1巻にドラマCD付限定版”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年5月29日). 2012年8月7日閲覧。
  34. ^ 「ライアー×ライアー」特別サイト”. 「ライアー×ライアー」特別サイト スタッフ・キャスト. 2012年12月24日閲覧。
  35. ^ 「ワールドエンブリオ」10・11巻、ドラマCD付きで同発”. コミックナタリー. 2013年3月7日閲覧。
  36. ^ 「テレメンタリー」2012年5月8日(火)放送内容 カカクコム
  37. ^ shonenjumpofficial. “『ワールドトリガー』少年ジャンプ公式PV”. YouTube. 2013年11月26日閲覧。

参考文献[編集]

書籍[編集]

CD-ROM[編集]

  • 『皆川純子のみなラジ。Radio Days On The web、May…October,2002』 よつラジ、よつや声優ラヂオ局
  • 『皆川純子のみなラジ。Radio Days On The web2、October,2002〜March,2003』 よつラジ、よつや声優ラヂオ局

外部リンク[編集]