グッド・ワイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グッド・ワイフ
The Good Wife
ジャンル 法律ドラマ
政治ドラマ
フォーマット 連続ドラマ
発案者 ロバート・キング英語版
ミシェル・キング英語版
出演者 ジュリアナ・マルグリーズ
マット・ズークリー英語版
アーチー・パンジャビ英語版
グレアム・フィリップス英語版
マッケンジー・ヴェガ
アラン・カミング
ザック・グルニエ英語版
クリス・ノース
ジョシュ・チャールズ
クリスティーン・バランスキー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 6
話数 90
製作
製作総指揮 リドリー・スコット
ディー・ジョンソン
デヴィッド・W・ザッカー
ミシェル・キング英語版
ロバート・キング英語版
ブルック・ケネディ英語版
トニー・スコット
製作場所 カナダの旗 カナダ ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
放送時間 43分
製作会社 スコット・フリー・プロダクションズ英語版
シーズン1-3
CBSプロダクションズ英語版
シーズン4
CBSテレビジョン・スタジオズ英語版
放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 CBS
日本の旗 日本 NHK
日本の旗 日本 女性チャンネル♪LaLa TV
ほか
映像 480i (SDTV)
1080i (HDTV)
放送期間 2009年9月22日 (2009-9-22) – 継続中
外部リンク
ウェブサイト

グッド・ワイフ』(The Good Wife)は、アメリカ合衆国の放送局CBS2009年9月22日から放送されている法律ドラマ政治ドラマシリーズ。

主演女優のジュリアナ・マルグリーズは、2009年・2010年度のゴールデングローブ賞でテレビドラマ部門主演女優賞を受賞。また、2010年度のプライムタイム・エミー賞ドラマシリーズ部門作品賞および主演女優賞にノミネートされた。

日本では、シーズン1がNHK-BS2で2010年10月5日から、シーズン2がNHK BSプレミアム2011年10月7日から、シーズン3が2012年10月4日から放送された。女性チャンネル♪LaLa TVでもシーズン1が2011年11月27日、シーズン2が2012年10月6日から放送された。日本版DVDのタイトルは『グッド・ワイフ 彼女の評決』。

登場人物[編集]

フロリック家[編集]

アリシア・フロリック
演 - ジュリアナ・マルグリーズ/吹き替え:野沢由香里
ロースクールを首席で卒業して2年間弁護士として活躍した後は、良き妻、良き母として家庭に専念してきた。しかし州検事の夫ピーターが逮捕され、家族を養うために13年ぶりに弁護士に復帰。人間味のある優秀な弁護士としてさまざまな訴訟に挑む一方、家庭では母として息子ザックと娘グレースを気遣う。また、夫に裏切られた妻として苦悩する。
ピーター・フロリック
演 - クリス・ノース/吹き替え:中田譲治
アリシアの夫。清廉潔白な州検事として有名だったが、女性と汚職のスキャンダルで辞任。のちに逮捕、収監される。妻アリシアを同伴した辞任会見では、女性スキャンダルは認めるものの、汚職疑惑は否定し、将来の検事復帰を宣言する。収賄罪で懲役10年の判決を受けるが、無実を訴えて控訴する。
ザック・フロリック
演 - グレアム・フィリップス/吹き替え:江口拓也
アリシアとピーターの息子。
グレース・フロリック
演 - マッケンジー・ヴェガ/吹き替え:須藤祐実
アリシアとピーターの娘。
ジャッキー・フロリック
演 - メアリー・ベス・ペイル/吹き替え:藤波京子
ピーターの母。

ロックハート&ガードナー法律事務所[編集]

ケイリー・アゴス
演 - マット・ズークリー/吹き替え:茶花健太
ハーバード大学法科大学院卒の青年弁護士。一つしかないジュニア・アソシエイトの座を、半年の試用期間でアリシアと争うことになる。将来のキャリアアップのための野心は満々。まだ経験は浅いが、目的のためには手段を選ばぬしたたかさを持っている。
ダイアン・ロックハート
演 - クリスティーン・バランスキー/吹き替え:小宮和枝
ロックハート&ガードナー法律事務所の共同経営者。タフでリベラルな独身弁護士。民主党を支持するフェミニストで、事務所の自室にはヒラリー・クリントンとのツーショット写真を飾っている。アリシアのメンター的存在である。
ウィル・ガードナー
演 - ジョシュ・チャールズ/吹き替え:田中明生
ロックハート&ガードナー法律事務所の共同経営者。有能で魅力的な独身弁護士。休日には判事たちとバスケットボールを楽しむ。アリシアの学生時代からの友人で、仕事を探していた彼女を雇い入れる。
カリンダ・シャルマ
演 - アーチー・パンジャビ/吹き替え:米倉紀之子
ロックハート&ガードナー法律事務所の調査スタッフ。クールなインド系美女。アリシアたちの強力なサポート役として、度胸と行動力で仕事をこなす。以前勤めていた州検事局をアリシアの夫ピーターによって解雇された過去がある。
イーライ・ゴールド
演 - アラン・カミング/吹き替え:横堀悦夫
州検事再選のためピーターが迎えた政治コンサルタントで、マスコミ対応やリスク管理を担当。ユダヤ人。
デヴィッド・リー
演 - ザック・グルニエ/吹き替え:真田五郎
ロックハート&ガードナー法律事務所のシニア・アソシエイト。弁護士。家族法部門のチーフ。
ジュリアス・ケイン
演 - マイケル・ボートマン/吹き替え:加藤亮夫
ロックハート&ガードナー法律事務所のシニア・アソシエイト。弁護士。
ジョナス・スターン
演 - ケヴィン・コンウェイ/吹き替え:渡部猛(S1)→加藤精三(S2~3)→津久井教生(S4~)
ロックハート&ガードナー法律事務所の前身、スターン・ロックハート&ガードナー法律事務所の共同創設者。認知症を患ったためオフィスに顔を出さぬようになり、ダイアンやウィルとの関係が悪化する。認知症の事実はアリシアのみが知っている。
ハワード・ライマン
演 - ジェリー・アドラー/吹き替え:佐々木敏
スターン・ロックハート&ガードナー法律事務所創設時からのパートナー弁護士。高齢のためすでに現役を引退しており、現在は名ばかりのパートナー弁護士である。

州検事局[編集]

グレン・チャイルズ
演 - タイタス・ウェリヴァー/吹き替え:水内清光
州検事。ピーターの政敵。ピーターのスキャンダルを報道機関にリークする。
マタン・ブロディ
演 - クリス・バトラー/吹き替え:樋渡宏嗣
検事補。かつてはピーターの下で働いていたが、現在はピーターと距離を置いている。
ウェンディ・スコット=カー
演 - アニカ・ノニ・ローズ/吹き替え:増岡裕子
チャイルズの元部下。アドラー首席判事の推薦により、州検事選に立候補する。アフリカ系アメリカ人

弁護士[編集]

ダニエル・ゴールデン
演 - ジョー・モートン/吹き替え:津田英三
ピーターの弁護士。ピーターとイーライを引き合わせる。
エルズベス・タシオニ
演 - キャリー・プレストン/吹き替え:伊倉一恵
弁護士。赤毛。機械の操作が苦手。話の途中で突然相手が身に着けているものを褒めたり、何かを言いかけたと思ったら途中で話をやめたりする。普段は不思議な言動が多く、精神鑑定にて不安定と認定されてしまうほどであるが、頭の回転が速く、意表をついた弁護をする。物事の本質を掴むことに長けており、一般的な訴訟だけでなく、連邦裁判や大陪審、スポーツ仲裁裁判でも自分の有利な状況に持ち込む。第1シーズンで初登場し、仮釈放中に逮捕されかけたピーターを救い、その後の裁判でもピーターの汚職疑惑を完全に晴らす。第3シーズンでは、財務省での証言と弁護士の守秘義務の狭間に落ちたアリシアを救う。またウィルが判事買収の疑惑をかけられたケースを不起訴に持ち込んだことで、彼の弁護士としての地位や事務所そのものを救う。これらの出来事により、アリシア・ウィル・ダイアンの3人は強く恩を感じており、第4シーズンにてエルズベスが窮地に立たされた際には率先してその弁護やサポートに回った。同様の第4シーズンでは、イーライが共謀罪で訴えられたケースで代理人を担当し、訴えを棄却させる。ロックハート&ガードナー法律事務所にとっては救世主とも言える存在である。
デリック・ボンド
演 - マイケル・イーリー/吹き替え:枝折努
ボンド&アソシエイツを経営する弁護士。ウィルの友人で、ロックハート&ガードナー法律事務所に接近する。
ルイス・ケニング
演 - マイケル・J・フォックス/吹き替え:及川ナオキ
ニューヨークで個人事務所を経営する弁護士。遅発性ジスキネジアと闘っている。アリシアの担当する訴訟で被告側の弁護士を務めることが多く、狡猾な手法でアリシアたちの前に立ちはだかる。
パトリシア(パティ)・ナイホルム
演 - マーサ・プリンプトン/吹き替え:早野ゆかり
弁護士。ブロンド。2児の母。ロックハート&ガードナー法律事務所とは医療に関する訴訟にて対峙することが多い。ロックハート&ガードナー法律事務所を敵視している。第2シーズンでは事務所を一時解雇されて、訴えを起こすためウィルに代理人を依頼する。第3シーズンではケニングと結託してロックハート&ガードナー法律事務所の大口クライアントであるエデルスタインを奪っていったことから、事務所の経営危機を招く。
ナンシー・クロージャー
演 - メイミー・ガマー/吹き替え:小暮智美
弁護士。ブロンド。複数の訴訟でアリシアと対立。法廷ではカマトトぶりを発揮する。
マイク・クレスティーバ
演 - マシュー・ペリー/吹き替え:桐本琢也
弁護士。ブルーリボン委員会委員長。ピーターの対立候補として州知事選に立候補することを画策する。

裁判所[編集]

ヴィクトリア・アドラー主席判事
演 - ケイト・バートン/吹き替え:蓬莱照子
ダイアンの友人。州検事選にウェンディを擁立する。
バークス判事
演 - デヴィッド・ウォロス=フォンテノ/吹き替え:田中完
ダン判事
演 - ディック・ラテッサ/吹き替え:側見民雄
クエスタ判事
演 - デヴィッド・ペイマー/吹き替え:をはり万造
バクスター判事
演 - トニー・ゴールドウィン/吹き替え:高橋広司

ゲスト出演[編集]

ケニー・チャタム
演 - スペンサー・トリート・クラーク/吹き替え:杉村憲司
シーズン1第3話に登場。以前フロリック家が居住していた高級住宅街ハイランドパークに暮らすティーンエイジャー。幼少の頃、アリシアに子守をされていた。アリシアのことを慕っており、アリシアを忌避する両親のことを軽蔑している。
リチャード・チャタム
演 - ボイド・ゲインズ/吹き替え:安井邦彦
シーズン1第3話に登場。ケニーの父。
ローレン・チャタム
演 - エリザベス・マーヴェル/吹き替え:佐藤しのぶ
シーズン1第3話に登場。ケニーの母。アリシアが郊外に住んでいた頃の友人。ピーターのスキャンダルが発覚して以来、アリシアのことを疎んじている。
サラ・コンリー
演 - サリー・マーフィー/吹き替え:日野由利加
シーズン1第5話に登場。クロスナショナル輸送社員で、同社のエンジニアと不倫関係にあった。
パトリス・ウィルコックス
演 - リンダ・パウエル/吹き替え:堀越真己
シーズン1第6話に登場。強盗容疑で逮捕された容疑者の妻。
スローン・バーチフィールド
演 - ミランダ・コスグローヴ/吹き替え:水樹奈々
シーズン2第7話に登場。ティーンエイジャーのアイドル。飲酒運転をしたために起訴される。
ナタリー・フローレス
演 - アメリカ・フェレーラ/吹き替え:冠野智美
シーズン2第15話で初登場。大学生。メキシコ出身で、アメリカの市民権は持っていない。
クラーク・ヘイデン
演 - ネイサン・レイン/吹き替え:岡田吉弘
シーズン4第1話から登場。ロックハート&ガードナー法律事務所の管財人。事務所を経済的に立て直すため、判事の決定に従って送り込まれてきた。
マディ・ヘイワード
演 - モーラ・ティアニー/吹き替え:葛城七穂
シーズン4第2話から登場。ロックハート&ガードナー法律事務所が入居するビルの新しいオーナーであり、「半導体の女王」と呼ばれている。

エピソード[編集]

シーズン1[編集]

#
(通算#)
タイトル(邦題) 原題 米国初放送日 日本初放送日
1 夫の裏切り Pilot 2009年9月22日 2010年10月5日
2 正義のかたち Stripped 2009年9月29日 2010年10月12日
3 過去との決別 Home 2009年10月6日 2010年10月19日
4 疑惑の陪審員 Fixed 2009年10月13日 2010年10月26日
5 苦渋の選択 Crash 2009年10月20日 2010年11月2日
6 冤罪 Conjugal 2009年11月3日 2010年11月9日
7 安息日の罠 Unorthodox 2009年11月10日 2010年11月16日
8 放火犯 Unprepared 2009年11月17日 2010年11月23日
9 三人目のパートナー Threesome 2009年11月24日 2010年11月30日
10 判事の器 Lifeguard 2009年12月15日 2010年12月7日
11 言論の自由 Infamy 2010年1月5日 2010年12月14日
12 突然死の謎 Painkiller 2010年1月12日 2010年12月21日
13 悪夢の弁護 Bad 2010年2月2日 2010年12月28日
14 48時間 Hi 2010年2月9日 2011年1月4日
15 夫の帰宅 Bang 2010年3月2日 2011年1月11日
16 堕ちた正義 Fleas 2010年3月9日 2011年1月18日
17 出張法廷 Heart 2010年3月16日 2011年1月25日
18 十二人の善良な市民 Doubt 2010年4月6日 2011年2月1日
19 風刺画の波紋 Boom 2010年4月27日 2011年2月8日
20 ヘンゼルとグレーテル Mock 2010年5月4日 2011年2月15日
21 最終宣告 Unplugged 2010年5月11日 2011年3月1日
22 よみがえる悪夢 Hybristophilia 2010年5月18日 2011年3月8日
23 決断のとき Running 2010年5月25日 2011年3月22日

シーズン2[編集]

#
(通算#)
タイトル(邦題) 原題 米国初放送日 日本初放送日
1
(24)
新たな闘い Taking Control 2010年9月28日 2011年10月7日
2
(25)
軍事法廷 Double Jeopardy 2010年10月5日 2011年10月14日
3
(26)
贖罪(しょくざい)の日 Breaking Fast 2010年10月12日 2011年10月21日
4
(27)
大掃除 Cleaning House 2010年10月19日 2011年10月28日
5
(28)
聖人の素顔 VIP Treatment 2010年10月26日 2011年11月4日
6
(29)
華麗なる駆け引き Poisoned Pill 2010年11月9日 2011年11月11日
7
(30)
バッド・ガールズ Bad Girls 2010年11月16日 2011年11月18日
8
(31)
盗聴 On Tap 2010年11月23日 2011年11月25日
9
(32)
9時間 Nine Hours 2010年12月14日 2011年12月2日
10
(33)
引き裂かれる愛 Breaking Up 2011年1月11日 2011年12月9日
11
(34)
心理戦のゆくえ Two Courts 2011年1月18日 2011年12月16日
12
(35)
ネガティブ・キャンペーン Silly Season 2011年2月1日 2011年12月23日
13
(36)
償いの値段 Real Deal 2011年2月8日 2012年1月6日
14
(37)
若き億万長者 Net Worth 2011年2月15日 2012年1月13日
15
(38)
未熟な信徒 Silver Bullet 2011年2月22日 2012年1月20日
16
(39)
閉ざされた国 Great Firewall 2011年3月1日 2012年1月27日
17
(40)
麻薬王の離婚 Ham Sandwich 2011年3月22日 2012年2月3日
18
(41)
殺人の歌 Killer Song 2011年3月29日 2012年2月10日
19
(42)
不当解雇 Wrongful Termination 2011年4月5日 2012年2月17日
20
(43)
原告は独裁者 Foreign Affairs 2011年4月12日 2012年2月24日
21
(44)
肝臓移植 In Sickness 2011年5月3日 2012年3月2日
22
(45)
夫婦の絆 Getting Off 2011年5月10日 2012年3月9日
23
(46)
最終弁論 Closing Arguments 2011年5月17日 2012年3月16日

シーズン3[編集]

#
(通算#)
タイトル(邦題) 原題 米国初放送日 日本初放送日
1
(47)
新たな時代 A New Day 2011年9月25日 2012年10月4日
2
(48)
死の領域 The Death Zone 2011年10月2日 2012年10月11日
3
(49)
調停の攻防 Get a Room 2011年10月9日 2012年10月18日
4
(50)
弁護士の倫理 Feeding the Rat 2011年10月16日 2012年10月25日
5
(51)
採用面接 Marthas and Caitlins 2011年10月23日 2012年11月1日
6
(52)
外交特権 Affairs of State 2011年10月30日 2012年11月8日
7
(53)
大統領命令13224 Executive Order 13224 2011年11月6日 2012年11月15日
8
(54)
死刑囚の助言 Death Row Tip 2011年11月13日 2012年11月22日
9
(55)
事実の重み Whiskey Tango Foxtrot 2011年11月20日 2012年11月29日
10
(56)
家族の絆 Parenting Made Easy 2011年12月4日 2012年12月6日
11
(57)
陪審員室の謎 What Went Wrong 2011年12月11日 2012年12月13日
12
(58)
婚姻妨害 Alienation of Affection 2012年1月8日 2012年12月20日
13
(59)
デジタル通貨 Bitcoin For Dummies 2012年1月15日 2012年12月27日
14
(60)
大陪審再び Another Ham Sandwich 2012年1月29日 2013年1月10日
15
(61)
ウィルの決断 Live From Damascus 2012年2月19日 2013年1月17日
16
(62)
転落の後 After the Fall 2012年3月4日 2013年1月24日
17
(63)
遠き我が家 Long Way Home 2012年3月11日 2013年1月31日
18
(64)
ホッケー訴訟 Gloves Come Off 2012年3月18日 2013年2月7日
19
(65)
ブルーリボン委員会 Blue Ribbon Panel 2012年3月25日 2013年2月14日
20
(66)
新たなライバル Pants on Fire 2012年4月15日 2013年2月21日
21
(67)
判事のプライド The Penalty Box 2012年4月22日 2013年2月28日
22
(68)
家族のかたち The Dream Team 2012年4月29日 2013年3月7日

シーズン4[編集]

#
(通算#)
タイトル(邦題) 原題 米国初放送日 日本初放送日
1
(69)
マディソン郡の道 I Fought the Law 2012年9月30日 2014年4月3日
2
(70)
デモで消えた命 And the Law Won 2012年10月7日 2014年4月10日
3
(71)
第三の道 Two Girls, One Code 2012年10月14日 2014年4月17日
4
(72)
憎悪犯罪 Don't Haze Me, Bro 2012年10月21日 2014年4月24日
5
(73)
ノックを待ちながら Waiting for the Knock 2012年10月28日 2014年5月1日
6
(74)
法律の壁 The Art of War 2012年11月4日 2014年5月8日
7
(75)
ジョークの解剖学 Anatomy of a Joke 2012年11月11日 2014年5月15日
8
(76)
判事の偏見 Here Comes the Judge 2012年11月18日 2014年5月22日
9
(77)
結婚防衛法 A Defense of Marriage 2012年11月25日 2014年5月29日
10
(78)
代理戦争 Battle of the Proxies 2012年12月2日 2014年6月5日
11
(79)
新しい債権者 Boom De Ya Da 2013年1月6日 2014年6月12日
12
(80)
スポーツ仲裁裁判所 Je Ne Sais What? 2013年1月13日 2014年6月19日
13
(81)
パートナーの条件 The Seven Day Rule 2013年1月27日 2014年6月26日
14
(82)
赤組VS青組 Red Team, Blue Team 2013年2月17日 2014年7月3日
15
(83)
狙われたイーライ Going for the Gold 2013年3月3日 2014年7月10日
16
(84)
悪魔のささやき Runnin' with the Devil 2013年3月10日 2014年7月17日
17
(85)
死因審問 Invitation to an Inquest 2013年3月17日 2014年7月24日
18
(86)
依頼人の死 Death of a Client 2013年3月24日 2014年7月31日
19
(87)
史上最速の裁判 The Wheels of Justice 2013年3月31日 2014年8月7日
20
(88)
匿名の支援者 Rape: A Modern Perspective 2013年4月14日 2014年8月14日
21
(89)
労働争議 A More Perfect Union 2013年4月21日 2014年8月21日
22
(90)
疑惑の投票箱 What's in the Box? 2013年4月28日 2014年8月28日

シーズン5[編集]

#
(通算#)
タイトル(邦題) 原題 米国初放送日 日本初放送日
1
(91)
Everything is Ending 2013年9月29日
2
(92)
The Bit Bucket 2013年10月6日
3
(93)
A Precious Commodity 2013年10月13日
4
(94)
Outside the Bubble 2013年10月20日
5
(95)
Hitting the Fan 2013年10月27日
6
(96)
The Next Day 2013年11月3日
7
(97)
The Next Week 2013年11月10日
8
(98)
The Next Month 2013年11月17日
9
(99)
Whack-a-Mole 2013年11月24日
10
(100)
The Decision Tree 2013年12月1日
11
(101)
Goliath and David 2014年1月5日
12
(102)
We, the Juries 2014年1月12日
13
(103)
Parallel Construction, Bitches 2014年3月9日
14
(104)
A Few Words 2014年3月16日
15
(105)
Dramatics, Your Honor 2014年3月23日
16
(106)
The Last Call 2014年3月30日
17
(107)
A Material World 2014年4月13日
18
(108)
All Tapped Out 2014年4月20日
19
(109)
Tying the Knot 2014年4月27日
20
(110)
The Deep Web 2014年5月4日
21
(111)
The One Percent 2014年5月11日
22
(112)
A Weird Year 2014年5月18日

シーズン6[編集]

#
(通算#)
タイトル(邦題) 原題 米国初放送日 日本初放送日
1
(113)
2014年9月21日

外部リンク[編集]