1080i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1080iは、世界で最も使用される[要出典][いつ時点?]動画における解像度である。1997年4月の国際電気通信連合 (ITU) 会合で決められた。ディスプレイ、動画の解像度などで用いられる用語で、画面アスペクト比は16:9で、有効垂直解像度1080本かつ、インターレースの動画を指す略称である。正方形比率ピクセルにおいて1920×1080、 2.1メガピクセル(207万3600画素)の動画となる。ハイビジョン、HDTV(高精細テレビ)、2Kに含まれる映像規格の一つ。1080i、フルハイビジョン、またはFHDとも呼ばれる。フレームレートは59.94がよく使われる(他に60P、50P、24P、30P、25P)。放送においてはISDBDVBATSCで使われる。D端子ではD3。

旧ハイビジョンとの比較[編集]

旧ハイビジョン時代に使用された、1035iと1080iは規格が異なる。

  • 1035i/60 (ARIB STD-B4 1.0)
  • 1080i/59.94(Rec.ITU-R BT.709-3)

1997年4 月のITU会合により1080iに統一された。コンピュータ処理としやすさが理由。1035i/60 (ARIB STD-B4 1.0)

名称[編集]

  • JEITAによる定義では720pとともにハイビジョンに含まれる[2]
  • 固定画素ディスプレイにおける画面解像度「FHD」である。

フルハイビジョン[編集]

特定の団体が決めたものではないが、以下のように分類される

  • 1440×1080ではなく1920×1080
    テレビ放送ISDBにおける分類
  • 720p(720×1280)ではなく1080i/p(1920×1080)
    ディスプレイ、テレビ受像機、カメラ、ビデオカメラによる分類。

撮影[編集]

  • HDR-FX1が世界初の家庭用1080i撮影カメラである。(2004年10月15日)DV1080i記録の3板式ビデオカメラである。[3]

ディスプレイ[編集]

放送[編集]

録画・再生フォーマット[編集]

伝送ケーブル[編集]

アナログ

  • D端子
  • コンポーネント端子
  • D-sub
    著作権保護技術における制限により、録画されたテレビ映像などが、2011年から480iに制限、2014からアナログ出力が廃止される。(Advanced Access Content Systemで録画されたもの)[5]

デジタル

ゲーム[編集]

比較[編集]

Common Video Resolutions 2.svg

  • 1080(シアン)720(グリーン)480(レッド)

Vector Video Standards5.svg

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.arib.or.jp/english/html/overview/doc/2-BTA_S-001_C1_0.pdf 標 準 規 格 - 電波産業会 6P
  2. ^ http://home.jeita.or.jp/ce/glossary/answer.html jeita
  3. ^ http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200409/09-0907/ 民生用として世界初*1 1080i方式ハイビジョン記録が可能な HDV規格対応デジタルビデオカメラレコーダー 発売 ~ ハイビジョン映像の高画質が家庭用ビデオカメラへ ~ sony 2004-09-07
  4. ^ http://panasonic.biz/projector/d8000/spec_dz8700.html 仕様[PT-DZ8700]panasonic
  5. ^ http://panasonic.jp/support/bd/info/d_terminal.html panasonic