480i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

480iは、日本など放送方式NTSCが採用されていた地域においてのSDTV、標準画質。有効垂直解像度480本かつ、インターレース(飛越走査)の動画を指す略称である。これは日本や南北アメリカで使用されていた放送方式NTSCやPAL-Mの有効垂直解像度が483本だったためで、それを放送、録画、再生するために使われた。画面アスペクト比は4:3もしくは16:9である。480iは日本の放送規格ISDBで放送できる。フレームレートは59.94がよく使われる。その後、世界的に480iの約2倍の垂直解像度を持つ1080i(HD)に少しずつ移行した。NTSCの有効垂直解像度から若干減少しているため、NTSC映像を扱うには480以外にも483、486、720x512(XDCAM)が存在する。

正方形ピクセルにおいて640×480、つまりVGA、30万7200画素の動画となる。

放送、DVDでは720×480704×480が一般的である。

名称[編集]

  • 525i、すべての走査線を合わせた数。
  • 「標準画質」、「ノーマル」
  • 「SDTV」を略して「SD」
  • D端子から「D1」

NTSC[編集]

グリーンとブラジルが480i地域、それ以外は576i

日本やアメリカで使用された、NTSCと呼ばれるアナログテレビ規格に480iは由来するが、480は正確なNTSC解像度より少ないので注意が必要である。例えば「VHSは480iである」とするのは正確ではない。

483[編集]

483が正しいNTSCにおける有効走査線である。480は若干少ない。

486[編集]

486は放送局・業務用機材で使われる。SD-SDI(SMPTE 259M)で270Mbit/sである。放送用ビデオD1-VTRではデジタル非圧縮で720×486にて記録できる。

525本から480本[編集]

NTSCの映像信号、525本から240本のフィールドずつ取り出して、合計480にしている。これには2種類のパターンがあり、確認しないと1ラインずれることになる。

CRTディスプレイ[編集]

CRTコンピュータ、CRTテレビ受像機における水平走査周波数は。15.75kHzである。

他の動画における解像度と比較[編集]

おおよそハイビジョン放送、1080iの1/5の画素数である。

Common Video Resolutions 2.svg

  • 1080i/p(シアン)720p(グリーン)480i/p(レッド)576i/p(レッド+イエロー)

ゲーム[編集]

任天堂はNINTENDO64まで、ソニーはPlayStationまで480i(D1)までの出力(CG、PS2は480p対応)。

放送[編集]

  • ISDB
    日本ではマルチチャンネルが行われている場合480iになる(最大3チャンネル)
  • DVB
  • ATSC
  • スカパー! チャンネル一覧(HDとなっていないもの、スカパー!プレミアムサービスはDVB準規である、2014年終了予定。)

関連項目[編集]