ふしぎ星の☆ふたご姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ふしぎ星の☆ふたご姫
ジャンル ファンタジー
アニメ
原作 バースデイ
総監督 佐藤順一
監督 河本昇悟
シリーズ構成 中瀬理香
キャラクターデザイン 数井浩子、小林明美
プレックス
アニメーション制作 ハルフィルムメーカー
製作 テレビ東京
日本アドシステムズ
放送局 テレビ東京系列BSジャパン
AT-X
放送期間 2005年4月2日 - 2006年3月25日
話数 全51話
漫画
原作・原案など バースデイ
作画 阿南まゆき
出版社 小学館
掲載誌 ちゃお
発表期間 2005年3月号 - 2006年1月
巻数 全2巻
話数 全11話
関連作品
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

ふしぎ星の☆ふたご姫』(ふしぎぼしの ふたごひめ、「☆」は発音しない)は、日本アニメ作品。およびそれを原作とした阿南まゆきによる同名の漫画作品。双子のプリンセスの成長と冒険を描いた物語である。

概要[編集]

テレビ東京系列2005年4月2日から2006年3月25日まで放送された。放送時間は土曜10時00分 - 10時30分、BSジャパンは火曜18時55分 - 19時25分、AT-Xでの初回放送は火曜10時00分 - 10時30分(再放送は月曜19時30分 - 20時00分)。2007年にはバンダイチャンネルキッズで二週間に一回、4話ずつ無料配信された。

また、小学館の学年誌や少女漫画雑誌「ちゃお」(2006年2月号まで、画・阿南まゆき)などに連載されるなどメディアミックス展開もされた。

バースデイ初のオリジナルアニメ企画として製作された。そのため公式Webサイト(オリジナル)の著作権表示は「(C)2003.'07 BIRTHDAY」となっている。

玩具はバンダイから発売されたが、当時のバンダイでは『ふたりはプリキュアMaxHeart』をアニメ系女児玩具の主力商品としていたため、小規模店では販売していないケースが多々あった。また、文具関連も発売されていない。ただし韓国などではオリジナルの文具が発売されている。

なお、当初はフジテレビ日曜9:30枠で放送される予定だったが、諸事情によりこの放送枠となった。また、本作は系列外の地上波局へのスポンサードネット・番組販売が実施されなかったため、結果的にアナログ放送しか受信環境のない視聴者は無料での視聴ができなかった[1]

あらすじ[編集]

広い宇宙をただよう金平糖型の小さな空洞惑星「ふしぎ星」は、中心に人工太陽をもち、その内側に(ペルシダー、もしくはダイソン球のように)7つの国がある。ところが、ある日突然人工太陽の光(作品では「おひさまのめぐみ」という)が衰え、ふしぎ星に異変が起こる。その光を取り戻すため、太陽光を管理する「おひさまの国」の、ふたごの半人前プリンセス、ファインレインが使命を受けて奔走する。

登場人物[編集]

コミック版について[編集]

  1. 2005年11月29日初版発行 ISBN 4-09-130269-6
  2. 2006年3月1日初版発行 ISBN 4-09-130303-X

コミック版の『ふしぎ星の☆ふたご姫 〜ラブリーキングダム〜』は、アニメと並行する形で、「ちゃお」に連載されていた。設定やあらすじは基本的にアニメと同じであるが、相違点もいくつかある。

主な相違点
  • 主な登場人物はファイン、レイン、プーモ、エクリプス、ブライトに絞られていて、それ以外の王族はゲストキャラクターとしての登場、もしくは一切登場しない。
  • アニメ版では、ファインはエクリプス(シェイド)と接した時に起こる心身の変化(心臓の高鳴りや胸の痛み)を、恋心とそれから来る嫉妬心であることを理解していなかったが、コミック版ではエクリプスが好きであるとはっきり自覚している。
  • レインには、アニメ版には無い「キレると訳が分からなくなって、秘めた身体能力を使って無茶なことをする」という設定が付いている。
  • サニールーチェをサニーチャージする描写が無い。
  • コミック版では、エクリプスは「シェイド」という本名を明かさない。そして好意を持っているレインに対してはかなり積極的。
  • ミルロはアニメ版では大人しい性格だが、コミック版はほとんど正反対になっている。すなわち、非常に高飛車で意地の悪い「主人公のライバル」的存在として描かれている。これが一番大きな相違点と言える。
  • コミック版では、ミルロも「しずくの杖」で魔法が使える。
  • コミック版では、アニメ版では語られていなかったプリンセスパーティの発案がミルロによるものと語られている。
  • アニメ版では、ベストスポーツプリンセスを決めるプリンセスパーティにおいて、運動が苦手であることが明らかになるのはミルロだったが、コミック版では運動が苦手なのはミルロではなくリオーネである。
  • リオーネには、アニメ版には無い「1つの物事に集中すると、周囲の状況が見えなくなり、周囲の声も聞こえなくなる」という設定が付いている。
  • 作者の画風によるものであるが、基本的にキャラクターの等身・外見年齢が高め。

学年誌の「小学一年生」にもコミカライズ版が掲載されていた。こちらは山辺麻由が絵を担当。

アイテム[編集]

サニールーチェ
変身用のブローチ。蓋を開けて中のプレートを指で回し、以下の呪文を唱える。
  • 「ファンファン ファイン(声ファイン)、ランラン レイン(声レイン)、プロミネンス ドレスアップ」。
「おひさまの恵(めぐみ)」の力で動いており、力を使い切ると「サニーチャージ」する必要がある。ただし、物語後半では、二人のプリンセスレベルアップに先立って十分な量のプロミンが蓄えられたため、チャージの必要がなくなる。クリスタルフォーチュレットの登場後はこの呪文は用いられない。
ロイヤルサニーロッド
「プロミネンスの力」が宿る杖。使う時は先端のチューリップ形の花が開く。プロミネンスは2人用と1人用の2種類がある。通常は2人用を使い物事を解決していく。
プロミネンス
ファインとレインが同時に「トゥイン トゥインクル ブルーミッシュ ○○○」(○○はかなえたい事柄)の呪文を唱えて使用する。フォーチュンプリンセスになると「トゥインクル フォーチュン ブルーミッシュ ○○○」、エターナルソーラープリンセスになると「トゥインクル エターナル ソーラー ブルーミッシュ ○○○」と、パワーアップするにしたがって呪文も変化する。それぞれ強力な力を持つが、命あるものを生み出すという事と自分のために使用してはいけないことになっている。また、おひさまの恵みが弱まっていることを他人に話すと、力を使う権利を失う。
ひとりプロミネンス
「トゥインクル ブルーミッシュ ○○○」(○○はかなえたい事柄)の呪文を唱えて使用する。一人で、かつ自由に使えるが力は限られる。作品中では、「かくれんぼしましょ」(自分の姿が透明になる)、「だるまさんがころんだ」(対象の動きを止める)を出している。
その他、コミック版では「小さくなあれ」(対象を小さくする)を練習する場面が登場したが、成功にはいたっていない(失敗して自分達が小さくなった)。さらに、アニメ版第35話でブライトが「うしろの正面だあれ」(対象を吹き飛ばす)を使っており、呪文からひとりプロミネンスの一種と考えられるが、ふたご姫は未使用。
星の小瓶
二人の修行の進み具合を示すもの。冒険から帰還するたびにプーモが「プリンセスレベル」をチェックする。よい行いをすると星の砂(プロミン)が増え、またよくない行いだと減る。後半ではクリスタルフォーチュレットに変形する。
デコールメーカー
おひさまの国に伝わるデコールを作る道具。蓋から木の実などを入れハンドルを回すとデコールになる。使う者のプリンセスレベルが高いと美しいデコールができる。
はねのミューグラム
月の国の秘宝の一つ。ファインとレインが月の国の問題を解決し、二人がこの星の救い人となるという神託を受けた女王ムーンマリアより譲られた。相手に向けてボタンを押すことで、意志に関係なく踊らせてしまうことができる。また、隠しモードがあるが、正確な発動条件は不明。
クリスタルフォーチュレット
星の小瓶に充分なプロミンを充填して変化したアイテム。このアイテムを使って占いをすることもでき、使用する場合は、片方どちらかのサニールーチェで、「でてきて、フォーチュレット」の言葉で出現し、占いは、ふたご姫がお互いに手をかざし、かなえたい事や疑問のことを言うだけでよい。すると中央の吊るしてあるダイヤが1 - 6の数字(それ以外が表示されることもあり)を指し、答え又はヒントを出す。
また、28話以降ではふたご姫の変身に使われ、変身の際は、2人同時にサニールーチェを開け、「ルーチェルルン フォーチュレット」の言葉で出現する。フォーチュンプリンセスでは、フォーチュレットに、1人ずつ交互に2回手をかざし、「プロミネンス フォーチュン プリティアップ」で変身する。エターナルソーラープリンセスでは、フォーチュレットに2人交互に3回手をかざして、最後に同時に手をかざし、「プロミネンス エターナル ミラクルチェンジ」で変身し、変身直後は従来のドレスだが、2人が交互に歩いていくと同時に白と金色のドレスに変化する。
グレイス・ストーン
ふしぎ星に古くから伝わるプリンセスグレイスゆかりの宝。小粒状の石で、全部で7個ある。各国に重宝として保管してあるが、保存方法はさまざま。持ち歩く際は、専用のコンパクトに収めておく。
ブラッククリスタルに対抗する力も持っているが、グレイス・ストーンが1個でも不足すると、その足りない力を外部から取り入れようとするため、全部揃えずに使おうとすると危険である。1個だけ不足している状態だと、意図とは関係なく力が発動することがあるため、特に注意が必要。

ダンス[編集]

この作品を盛り上げる要素として、随所にふたご姫のダンスを使用している。

イヤイヤダンス
嫌なことがあったときに披露している。特に使用頻度の高い定番ダンス。一度リオーネやキャメロット、アルテッサ、ブライトも踊ったことがある。
なぜなぜダンス
分からないときに使われる。
プンプンダンス
怒ったときに使われる。
こまったダンス
困ったときに使われる。最後に両腕を上げるのは「お手上げ」の意味だと思われる。
ありがとうダンス
感謝するときに使われる。
がんばろうダンス
自分たちや、自分たちに協力してくれる人たちを励ます時に使われる。
元気だして(元気出して)ダンス
元気の無い人を励ます時に使われる。ブライトが各地で悪事を働くようになってから、使われる頻度が上がった。
  • ダンス名の表記は、CDBでは「元気だしてダンス」、CDB2では「元気出してダンス」。
みんな仲良く友達ダンス
ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!』で使われたダンス。「学園仲良し計画」を立てる為にふたご姫が踊ったダンス。

他多数のバリエーションがある。なお、ダンスのパターンは作画担当が決めている。

プリンセスレベル[編集]

  • しょぼっとプリンセス
  • チカチカプリンセス
  • キラキラプリンセス
  • フォーチュンプリンセス
  • エターナルソーラープリンセス

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「プリンセスはあきらめない」
作詞 - 森林檎 / 作曲 - 本田洋一郎 / 編曲 - 佐藤泰将 / 歌 - FLIP-FLAP
  • オープニング曲を担当したFLIP-FLAPも双子デュオである。

エンディングテーマ[編集]

「おしゃれファンタジー」(第1話(2005年4月2日)- 第28話(2005年10月8日))
作詞 - kenko-p / 作曲・編曲 - 高野康弘 / 歌 - ファイン★レイン(小島めぐみ & 後藤邑子
「パタタタ・ルン♪」(第29話(2005年10月15日)- 第51話(2006年3月25日))
作詞 - 森林檎 / 作曲 - 後藤冬樹 / 編曲 - 中川幸太郎 / 歌 - ファイン★レイン(小島めぐみ & 後藤邑子)

挿入歌[編集]

「パラダイス・プリンセス」
作詞 - 森林檎 / 作曲 - 水谷広実 / 編曲 - 佐藤泰将 / 歌 - ファイン★レイン(小島めぐみ & 後藤邑子)
「らぶ☆らぶ★まじっく」
作詞・作曲・編曲 - 木村真也 / 歌 - FLIP-FLAP

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 放送日
1 とびきりスマイル☆ふたごのプリンセス 中瀬理香 佐藤順一 河本昇悟 丹羽恭利 2005年
4月2日
2 メラメラの国☆はらぺこでプロミネンス 奥野耕太 佐藤寿子 4月9日
3 ドラゴン退治☆そんなのむりむり? まさきひろ 河本昇悟 松本マサユキ 塩川貴史 4月16日
4 すてきなデコール☆がんばっちゃおう 福嶋幸典 玉川達文 西位輝実 4月23日
5 今度は優勝☆プリンセスパーティ 高橋ナツコ 井硲清高 江上夏樹
西部師経
4月30日
6 占いで知りたい☆エクリプスの秘密 中瀬理香 小野勝巳 石橋有希子 5月7日
7 お城に帰れな〜い!☆ここほれラビラビ 土屋理敬 奥野耕太 佐藤寿子 5月14日
8 ゴージャスが決め手☆デコールの戦い 高橋ナツコ 河本昇悟 筑紫大介 塩川貴史 5月21日
9 宝石の国☆おもちゃの町においでよ 福嶋幸典 玉川達文 牧内ももこ 5月28日
10 お菓子を作ろう☆プリンセスパーティ まさきひろ 佐藤順一 奥野耕太 西位輝実 6月4日
11 マジ修行☆もっとすてきにプリンセス 土屋理敬 井硲清高 上田繁 吉田伊久雄
村上直樹
6月11日
12 タネタネの国☆ちっちゃいって大変 福嶋幸典 小野勝巳 丹羽恭利 6月18日
13 こわ〜い森☆ちょっぴりドキドキの体験 中瀬理香 玉川達文 石橋有希子
野口孝行
6月25日
14 プーモの修行☆ケンカしちゃったふたご まさきひろ 河本昇悟 筑紫大介 佐藤寿子 7月2日
15 月の国☆謎の招待状 高橋ナツコ 奥野耕太 丹羽恭利
上田幸一郎
7月9日
16 ミルキー大ピンチ☆エクリプスの正体 中瀬理香 河本昇悟
佐藤順一
室谷靖 西位輝実 7月16日
17 燃えろスポーツ!☆プリンセスパーティ 土屋理敬 宮下新平 小野勝巳 牧内ももこ 7月23日
18 かざぐるまの国VS宝石の国☆気球でバトル 福嶋幸典 筑紫大介 佐藤寿子 7月30日
19 しずくの国☆ミルロ結婚か? 中瀬理香 玉川達文 石橋有希子
野口孝行
8月6日
20 海の流れ星☆誰も知らないもうひとつの国 高橋ナツコ 奥野耕太 西位輝実 8月13日
21 おばけやしき☆絶叫プロミネンス 土屋理敬 向中野義雄 近藤優次 8月20日
22 生意気アルテッサ☆ピンチでいやいや〜ん 中瀬理香 室谷靖 丹羽恭利 8月27日
23 運命の種☆なかよしプリンセス!? 福嶋幸典 筑紫大介 上田幸一郎 9月3日
24 かざぐるまの国☆ルーチェとっちゃだめだめ〜ん まさきひろ 宮下新平 藤本義孝 佐藤寿子 9月10日
25 いなごでびっくり☆プリンセスパーティ 吉村清子 奥野耕太 相澤昌弘 9月17日
26 大変大変☆プロミネンスできな〜い 福嶋幸典 玉川達文 石橋有希子
野口孝行
9月24日
27 黒いプーモ☆フォーチュンプリンセス 中瀬理香 河本昇悟 室谷靖 細居美恵子 10月1日
28 ついにフォーチュン☆これってすごいかも まさきひろ 佐藤順一 筑紫大介 丹羽恭利 10月8日
29 元気を出して☆アルテッサ 中瀬理香 河本昇悟 福田貴之 上田幸一郎 10月15日
30 しずくの国☆ニセふたご姫!? 土屋理敬 奥野耕太 若山政志 10月22日
31 宝の地図☆掘って掘って掘りまくれ 高橋ナツコ 数井浩子 則座誠 相澤昌弘
木野下澄江
10月29日
32 がんばれティオ☆メラメラサンバ祭り 吉村清子 玉川達文 原田大基 11月5日
33 ブモブモブウモ☆プモプモプーモ 福嶋幸典 筑紫大介 石橋有希子 11月12日
34 輝け!虹の泉☆ミルロの願い まさきひろ 小野勝巳 細居美恵子 11月19日
35 危機一髪☆プリンセスサミット 土屋理敬 奥野耕太 上田幸一郎 11月26日
36 ダークなブライト☆嵐のプリンセスパーティ 吉村清子 河本昇悟 福田貴之 丹羽恭利 12月3日
37 7つの宝を探せ☆グレイス・ストーンの秘密 中瀬理香 小野勝巳 長尾粛 森川均
金子匡邦
12月10日
38 風の谷の秘密☆ソフィーの宝物 福嶋幸典 紅優 奥野耕太 山本正文
南伸一郎
12月17日
39 パールちゃんの祈り☆クリスマスの奇跡 高橋ナツコ 青木佐恵子 筑紫大介 若山政志 12月24日
40 初笑い☆メラメラ演芸会 土屋理敬 佐山聖子 則座誠 細居美恵子 2006年
1月7日
41 爆裂ベイビー☆子育て日記 まさきひろ 玉川達文 原田大基 1月14日
42 ゲットだ満月草☆ムーンマリアを救え! 吉村清子 福田貴之 上田幸一郎 1月21日
43 ミラクルサーカス☆とべ!ナッチ 福嶋幸典 奥野耕太 細居美恵子 1月28日
44 めざせ優勝☆シャル・ウィ・ダンス? 土屋理敬 紅優 成川武千嘉 柳瀬譲二 2月4日
45 最後のパーティ☆勝利は誰の手に!? 中瀬理香 小野勝巳 木野下澄江 2月11日
46 行く?行かない?☆ブライトからの招待状 吉村清子 佐山聖子 水本葉月 南伸一郎
山本正文
2月18日
47 逆転☆闇のプリンス まさきひろ 筑紫大介 細居美恵子 2月25日
48 最後の宝☆恋するブウモ!? 土屋理敬 青木佐恵子 奥野耕太 若山政志 3月4日
49 みんなの心☆届け、ブライトに! 福嶋幸典 小野勝巳 成川武千嘉 柳瀬譲二 3月11日
50 大暴走!☆ブラッククリスタル 吉村清子 河本昇悟 小野勝巳 上田幸一郎 3月18日
51 ファイナルプロミネンス☆プリンセスはあきらめない 奥野耕太 丹羽恭利 3月25日

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2005年4月2日 - 2006年3月25日 土曜 10:00 - 10:30 テレビ東京系列 製作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
日本全域 BSジャパン 2005年4月5日 - 2006年3月28日 火曜 18:55 - 19:25 テレビ東京系列
BSデジタル放送
AT-X 火曜 10:00 - 10:30 CS放送 リピート放送あり

DVD[編集]

DVDはバンダイビジュアルより、2005年9月23日から2006年9月22日にかけて発売された。

巻数 発売日 収録話
VOL.1 2005年9月23日 第1話 - 第4話
VOL.2 2005年10月28日 第5話 - 第8話
VOL.3 2005年11月25日 第9話 - 第12話
VOL.4 2005年12月23日 第13話 - 第16話
VOL.5 2006年1月27日 第17話 - 第20話
VOL.6 2006年2月24日 第21話 - 第24話
VOL.7 2006年3月24日 第25話 - 第28話
VOL.8 2006年4月26日 第29話 - 第32話
VOL.9 2006年5月26日 第33話 - 第36話
VOL.10 2006年6月23日 第37話 - 第40話
VOL.11 2006年7月28日 第41話 - 第44話
VOL.12 2006年8月25日 第45話 - 第48話
VOL.13 2006年9月22日 第49話 - 第51話

日本国外での放送[編集]

時間帯は全て現地時間。

韓国
2006年10月23日より、韓国のアニメ専用ケーブルチャンネルTooniverseで、『신비한 별의 쌍둥이 공주』のタイトルで毎週月曜・火曜16時55分-17時55分に放送[2]
台湾
2006年12月3日より、東森幼幼台(YOYO TV)で、『不可思議星球的雙胞胎公主』のタイトルで毎週日曜18時30分-19時00分に放送[3]台湾での主なキャラクター名表記は、法伊恩(ファイン)、蓮伊恩(レイン)、波夢(プーモ)など[4]
中国大陸
2007年3月27日より、CCTV-少児で、『神秘星球孿生公主』のタイトルで毎日18時00分から放送。中国では国家広播電影電視総局の指導により、ゴールデンタイムに海外産アニメの放送が禁じられているため、「大連東方龍動画発展有限公司」(ハルフィルムメーカーの親会社であるTYOが31%出資)の制作と表示している。
香港
2007年7月17日よりTVBにて、『雙子公主』のタイトルで毎週月曜から金曜の16時30分-17時00分に放送。子供向けバラエティ番組「放學ICU」(毎週月曜-金曜16時15分-17時15分)内の1プログラムとなっている。オープニングでは、台湾版タイトル(『不可思議星球的雙胞胎公主』)もクレジットされる。
イタリア
2009年1月19日から同年5月23日までItalia 1にて、『Twin Princess - Principesse gemelle』のタイトルで放送された。他、Hiroでも放送されている。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フジテレビ系列日曜9:30枠のアニメはスポンサードネットと番組販売を組み合わせて全国の大半の地域で(遅れネットを含めて)放送されていたため、予定通りのネット体制なら、相当数の地域で放送されていた可能性がある、
  2. ^ ふしぎ星のふたご姫Gyu!公式サイト・なんでもニュース
  3. ^ ふしぎ星のふたご姫Gyu!公式サイト・なんでもニュース
  4. ^ 台湾版・ふしぎ星のふたご姫公式サイト・キャラクター紹介

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 土曜10:00 - 10:30枠
前番組 番組名 次番組
ケロロ軍曹(第1話 - 第51話)
(2004年4月3日 - 2005年3月26日)
【金曜18:00 - 18:30枠に移動】
ふしぎ星の☆ふたご姫
(2005年4月2日 - 2006年3月25日)
ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
(2006年4月1日 - 2007年3月31日)