五十嵐卓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五十嵐 卓哉(いがらし たくや、1965年12月21日 - 、A型)は埼玉県出身のアニメーション監督。変名に、風山十五(逆さ読みにすると五十嵐(山+風)となる)。

経歴[編集]

高校卒業後、スタジオG7入社。出向の形で東映動画(現東映アニメーション)に出入りするようになる。 東映の仕事が少なかった時はサンライズ作品の『魔動王グランゾート』の制作進行をしていたこともある。 東映アニメーション在籍時は、佐藤順一の下で『美少女戦士セーラームーン』シリーズや『おジャ魔女どれみ』シリーズなど主に少女向け作品の演出に携わる。

東映アニメーション退社後はフリーランスで『桜蘭高校ホスト部』『ソウルイーター』『STAR DRIVER 輝きのタクト』『キャプテン・アース』など、主にボンズ制作作品をメインに手がけている。

エピソード[編集]

  • 演出助手時代、もう辞めようと思っていた時に佐藤順一に出会い、その仕事ぶりを見て思いとどまった[1]。五十嵐は佐藤を師匠と仰ぎ、富士山にたとえ近づけたかと思っても遠く及ばない存在だと語っている[2]
  • 東映所属時、『美少女戦士セーラームーン』や変名で手伝った『少女革命ウテナ』で一緒に仕事をした幾原邦彦とは誕生日が同じ(年齢は幾原がひとつ上)で仲が良かった。
  • ウテナで一度脚本を書いたことがある(第19話「今は亡き王国の歌」)。この話は同時に絵コンテも担当したのだが、脚本の段階で既に絵が想像できてしまい、脚本から絵コンテへの段階での、他のスタッフとの話し合いによる積み重ねが無いと感じる事になった。その為、スタッフが意見を出し合って作品づくりをしていく事を重要視している自分には、脚本と絵コンテを同時に担当するというこのやり方は向いていなかったと語っている[3]
  • おジャ魔女どれみ』に登場する五十嵐先輩の名前の元ネタ。きっかけは、佐藤順一がこれから登場させるキャラをスタッフに説明する時、「五十嵐みたいに爽やかなヤツなんですよ」と言ったところから。ちなみに五十嵐先輩はサッカー部だったが、五十嵐自身は野球少年だった。
  • ボンズで作品を作るようになったきっかけは、鋼の錬金術師の劇場版を制作中だった監督の水島精二から絵コンテの依頼を受けた事から。当初は引き受けるつもりでいたのだが、同時期に金色のガッシュベルの劇場版の監督に決まってしまい、依頼を断るためにボンズを訪れた。そこで当時鋼の制作デスクで、桜蘭高校ホスト部以降一緒に仕事をする事になる大薮芳広と面識が出来、後のホスト部の監督依頼へと繋がった[4]
  • コンテを描く時は必ずその前にまずミニコンテを描いて作る。このミニコンテは鉛筆では優柔不断で決め込めないので消せないボールペンで描かれている[5]

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

東映作品 (演出は絵コンテを含む)※シリーズディレクターは監督と同義

ボンズ作品

その他の製作会社による作品

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

  • おジャ魔女どれみナ・イ・ショ (演出)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『アニメージュ』(徳間書店)2000年2月号「この人に話を聞きたい」第16回より。
  2. ^ twitter(2013年3月13日)より。
  3. ^ 美術出版社「Art of UTENA」より。
  4. ^ 『アニメージュ』(徳間書店)2011年7月号「この人に話を聞きたい」第143回、98頁より。
  5. ^ twitter(2013年2月13日)より。

外部リンク[編集]