水島精二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水島 精二(みずしま せいじ、1966年1月28日 - )は、日本アニメーション監督東京都府中市出身。

経歴・人物[編集]

東京デザイナー学院卒業後、東京アニメーションフィルムに入社。『ドラえもん』『おぼっちゃまくん』の撮影の傍ら、撮影監督熊谷正弘に師事。その後、本格的に演出を目指すためサンライズ制作進行として勤務する。退社後、ゲーム用ムービー制作に従事したのち、アニメーションへ移行する。

ほとんどの監督作品では三間雅文音響監督を務めている。また、大半の作品に出演している小西克幸の他、一度自身の作品に起用した声優を後の作品でも積極的に起用している。

絵コンテ、演出では「ミズシマセイジ」、または「ミズシマセイヂ」の名義を用いることがある。

同じくアニメ監督である水島努とは親族ではない。しかし、Twitterでは努を「兄者」と呼んでおり、努からは「兄貴」と呼ばれている。

PUFFYのファン。駄目元でアニメの主題歌歌唱を依頼したところ、PUFFYに快諾され、それがきっかけで『大江戸ロケット』の主題歌を彼女達が担当することになった。また、『月刊ニュータイプ』2007年8月号には、PUFFYに囲まれて満面の笑みを浮かべる水島の写真が掲載された。また、『機動戦士ガンダム00』シリーズに出演した高垣彩陽を高く評価しており、『はなまる幼稚園』のED主題歌に使われた『キグルミ惑星』は高垣だからこそ出来た曲と絶賛し、高垣が出演するイベントにも頻繁に足を運ぶほどである[1]

尊敬するアニメ監督には庵野秀明の名前を度々挙げており、庵野と関わりの深いガイナックスから『はなまる幼稚園』の監督を依頼された際には、それまでとは異なる方向性やスタッフと仕事してみる意義もあり、引き受けた旨を明かしている。

2011年には、日本アニメーター・演出協会主催の『平成23年度 若手アニメーター育成プロジェクト』に選定・評価委員として参加する[2]

エゴサーチの趣味があり、2ちゃんねる・ツイッター・blog等で自作の感想を検索している事を度々明かしている。

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]